芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > JR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会

今日は建設公営企業常任委員会とJR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会がありました。

建設公営企業常任委員会

以下の議案を審査しています。

種類番号件名
市長提出議案第44号芦屋市自転車駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

結論としては、全会一致で可決すべきものと決しています。

阪神打出駅の狭すぎて危ないホームが拡幅されるということ自体、 駅のユーザビリティが向上することになります。歓迎すべきことだと思います。

それに伴って、市営の駐輪場が押し出される形になりますが、 阪神電鉄さん運営による代替駐輪場が設けられますので、 梅田方面のホームが広くなってユーザビリティが上がるだけだと思います。

同駅の自転車利用については、南から北上する人が多いので 本来筋としては駅よりも南に駐輪場を配置すべきです。 特に、踏切周辺で歩行者と自転車が交差して危ない状況は否定できないので。 ただ、現状、適当な土地もなく…。

なので、社会情勢を見て、駐輪場の必要台数に変化が生じてきたときには 駐輪場の配置についても検討してくださいと要望しています。

JR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会

原則としては資料に基づいてやりとりが進んでいたと思います。 詳しい内容については、市議会HPに後日アップされる資料をごらんください

街路事業は目的達成に資する事業手法か?

市としては、以下の6つのポイントを挙げて、街路事業(現道の拡幅整備)が 適当な整備であるか?ということを報告しています。

  1. 路線バスの運行状況(運行経路と流入出台数)
  2. 路線バスの停留所の方向が限定される(東行き3台・西行き1台)
  3. 必要な交通施設の平面配置
  4. 整備範囲が東西方向に長く円滑な乗り継ぎができず、交通結節機能に劣る。 必要な施設が地区内に収まらない。
  5. 道路の断面構成
  6. 既存道路との滑らかで安全な接続ができない。
  7. 歩行者及び通行車両の交通安全性確保
  8. 事故や円滑なバス運行への支障が懸念される。また、歩行者の乱横断に起因する事故も危惧される。
  9. 駅前道路の一方通行化等について
  10. 道路の構造的な対策(歩車共存道路)と交通規制による対策(一方通行、制限速度) について検証したが、有効な手段にはならない。
  11. JR西日本所有地の有効活用
  12. JR西日本所有地を有効活用できない。

詳しい話は市の資料をご覧ください。 が、特に(3)についてはクリティカルだなと思いますので ちょっとだけ触れておきます。

030608 JR芦屋駅南地区再開発事業について_ページ_07

現道を拡幅する形で整備した場合、事業範囲外の道路と幅員が合わず、 交差点内で中央線がずれることになります。これは法令に照らしても適当な状態ではありません。

解決しようとすると、事業範囲をもっと広げて、一帯の道路を拡幅する必要があります。 コストの話をしているはずなのに、事業範囲が広くなると地権者も増え、コストも大きくなるため 現実的なプランであるとは言い難いです。

確認したところ

個人的な発言として、以下の点を確認しています。 街路事業を推し進めようとすること自体、問題があるということが明らかになったかなと思います。

  1. 街路事業に変更した場合、「今よりマシ」な状態とは言い難いという市の見解は、 公安委員会や芦屋警察に確認したうえでの見解である。
    • もともとの大目的である交通課題を解決できないプランへの変更について、合理的理由の説明ができない。県が事業認可するのか。
    • 交通課題の解消に至らないプランに60億円以上の価値があるのか。安かろう悪かろうでは困る。
  2. 仮に事業認可を受けられるとして、事業手法の変更⇒事業認可に至るまでには 少なくとも10年の年月を要する。
    • 年間に人身事故が1件。物損事故が20件生じている危険地域を最低でも10年間放置することになる。
    • 長らく棚上げされてきた課題について、ようやく一定の着地点を見たにもかかわらず、再度棚上げするのは問題ではないのか。

最悪の場合、10年間棚上げして検討したけど、ダメでしたーということになりかねない。 10年かけて対応する場合、膨大な時間とコストを使うことになるが、それがすべて無駄になる。 課題解決にもならないため、将来への負担は大きくなるだろうと懸念します。

現状のプランがベストプランであるとは言いませんが、10年近く協議をして 一定の着地点として見出された事業手法は重いものだと思います。また10年協議することが ベターな方向性であるとは言い難いものがあります。

今日はJR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会の協議会。

協議会なので委員会ではないものの、公開の会議。 今日の神戸新聞に大きく取り上げられたことも影響しているのか。 一部屋では入りきらないほどの傍聴者がいました。

ただ、新型コロナウイルスのこともありますから インターネット中継をすべきだったなぁと。 僕が決められることではないんで、あれですが。

今日の会議について

さて、今日の会議ですが、乱暴に書くと、市長から議会あてに 「議会の求めるものがわからないんで、意見交換の場をセッティングしてほしい」という申し出が あったということに端を発しています。

修正案の提出議員さんに話を聞けば良いと思うので、 別の会議体を持って実施すれば良いんじゃないかなぁと思ってましたが JR特委の協議会という建付けで行われました。

注目すべきは市⇒議員に質問するという構図であるということです。 いつもと逆。

市からの質問

市からの質問は、大項目3つに分けて質問されています。 いずれ、資料は公開されるのだろうと思いますが、今日のところは横着して画像で。

20210525_1 20210525_2

議員さんの回答は、会派ごとにニュアンスも違ったように思えますし、 ちょっとよく分からないところも多かったです。

そもそも人の発言を僕が書くというのも抵抗ありますし、 それは別のところにお任せします。いずれ会議録も出てきますし。

いや、それはちゃうやろって思う回答もありましたけど、 議員間討議は認められていない感じだったので黙ってました。 なので、また折を見て発信したいと思います。

自身の発言

今日は黙っておこうかなと思いましたが、やり取りの中で確認したいことが 出てきたので、確認しました。

地権者との関係の話

既に売買契約を締結している地権者については、市の路線変更に伴う 損害賠償は発生してしかるべき。

再開発という公共の利益に資する事業に協力する形で私有財産を手放しているので、 市の事情でストップした場合は債務不履行にもあたると思います。

都市計画法第53条の取扱い

ただ気になるのは、長きにわたって私有財産に制限をかけられてきた住民の受け止め。

都市計画の対象エリアには、建設制限が生じます(都市計画法第53条) この制限は非常に長い年月にわたって継続しています。 仮に、地権者も納得する大きな外的要因によるストップ云々ということであれば、 そこに責任は生じないかもしれません。

ただ、今回のように市の事情でストップということになった場合、 長きにわたって私有財産に制限をかけられてきたことに伴う訴訟は生じないのか? という懸念があります。

要はリスクの洗い出し

要するに、内包リスクの問題です。 個人的には、事業手法の是非について云々するフェーズは終わっていると思っています。 今の局面では、そのまま進めるのと路線変更するのでは、 どっちがローリスクハイリターンになるか?という判断が必要だと思っています。

リスクを論じる上では、内包リスクがどれぐらいのものなのか?を把握する必要があります。 訴訟リスクは数値化することは難しいものの、肌感覚として、どれぐらいの規模感になるか? ということは市として持っていてほしいとお願いしています。

コスト縮減の是非について

地下駐輪場、公益施設の面積を小さくすることでのコスト縮減が行われています。 今日のやりとりの中では、市民サービスに資する部分の削減はいただけないという発言がありました。

それは果たしてそうなのか?

地下駐輪場については、今後の人口総計を見ながら、過大見積もりにならないよう見直したとのこと。 過大見積もりでつくり、地下駐輪場を遊ばせてしまうのが一番良くないです。 仮に、過小見積もりだった場合、かっこ悪いけど、地上の駐輪場で補填することもできます。

理想としては、どうせやるならフルスペックが良かったです。 が、コスト縮減の観点も重要ではあるので、やむを得ないと思います。

公益施設の質は面積に依存する?

公益施設についても、広いに越したことはないけど、広い敷地を持つことによる 管理費の高騰というのも見過ごせない問題でもあります。また、サービスの質と 面積は比例関係にあるのか、わかりません。

縮減後の面積が狭すぎるということなら問題なんだろうけど、 市民サービスを展開するには十分な敷地面積を有しているとのことです。

公益施設というのは、当初目的の中で設けられているものではなく 再開発ビルを建てるので、補足的な施設として設けられることになっているものです。 駅前一等地に公益施設用地としての床を所有すること自体に意味があると思います。

そもそも、事業手法の変更は可能なのか?

前も確認していたことではありますが、事業手法の変更は 現実問題可能なのか?ということを確認しました。

地権者のための事業ではないものの、地権者の方々から土地を取得しなければ 何もできない事業である以上、地権者の方々の同意というのは前提条件として必要なもの。

再開発事業という事業手法は、昨日今日で決めた事業手法ではなく 地権者の方々と長きにわたって協議してきた上で、一定の妥協点として見出しているものです。

全員が納得するというのは難しいでしょうが、妥協点として決められた事業手法については尊重すべき。 それを白紙にしたうえで、何十年もかけて再度同じやりとりを…というのは無理だと思います。

ジグソーパズルが途中で崩れるだけで、心が折れてリスタートできなくなります。 地権者と市とで行われてきた協議に要した時間は、ジグソーパズルの比じゃない。 もう一度リスタートすべしっていうのは、さすがに無理筋です。

事務手続きだけでもめっちゃ時間かかる

また、都市計画決定まで進んでいる話を差し戻すには、事業廃止や都市計画の再策定、再認可。 などなどの手続きが必要になります。手続きだけでも、かなりのお金と時間をかけることになります。

それで、やっぱ無理でした~ってな訳にはいかないです。 再開発事業のために使ったお金も、路線変更に要したお金も全て死に金になります。 やれ再開発事業だ、街路事業だの総事業費がどうとかいうレベルではないです。 それこそ、将来への大きすぎる負債になります。それは最悪のシナリオなので、絶対に避けなければならないと思います。

今日は予算特別委員会。終わった後にはJR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会も。

予算特別委員会

以下の3つの分科会での審査結果を持ち寄るという位置づけの委員会になります。

  • 建設公営企業分科会
  • 民生文教分科会
  • 総務分科会

例年なら、一般会計とその他の会計についての賛否等を諮るだけの会です。 ですが、今年は昨年に引き続き、またも動きがありました。 詳しくは本会議の日に書こうと思ってるので、今日のところは簡単に。

修正案が出された件

以下の議案について、修正案が出されました。 結論から言うと、賛成多数で修正案を可決すべきものとしています。 うちの会派は修正案には反対しています。

第20号議案令和3年度芦屋市一般会計予算
第22号議案令和3年度芦屋市公共用地取得費特別会計予算
第23号議案令和3年度芦屋市都市再開発事業特別会計予算

修正案の内容については多岐にわたっているので、細かいことは書きません。 端的に言うと、再開発関連予算を削ったというもの。昨年とほぼ同じ構図です。

一つ違うところとしては、提出者の口から「事業手法の変更」ということが明確にされたということでしょうか。 要するに、再開発手法で事業計画決定したプランを白紙撤回せよということです。 それはアカンやで…。っていうポイントが多々ありますが、それはまた本会議の日に。 ちょいちょい記事には書いてるんですけどね。

ただ、公共用地取得費特別会計については少しイレギュラーなので、 ちょっとだけ解説しておきます。

公共用地取得費特別会計と再開発の関連

地権者からの用地取得に必要なお金

ここで削られたお金と言うのは 結論から言うと、地権者から民有地を取得する際に生じるお金です。 なんでこういう手続きをしているかというと・・・。

用地取得には補助金を充てる

再開発で必要となる民有地については、地権者から用地取得する際に 補助金を活用しながら取得することになります。

ただ、昨年のように補助金を受け取るための予算が否決となると 補助金を受け取ることができなくなります。

急遽取得することになった場合、いったん特別会計で買取

地権者との交渉の折、急遽用地取得をしなければならない事態 (買取請求など)が起こらないとも限りません。

その場合に必要となるお金については、 いったん公共用地取得費特別会計から捻出します。

そして、一般会計で補助金を受け取る土壌ができた後に 一般会計から用地を買い戻す。そうすると、用地取得に補助金を 適用させることができます。

多分、テクニカルな手段だと思いますが 無駄が出ないようにうまいこと編成してくれているという認識です。

反対理由

色々とあるんですが、詳しくは22日に行われる本会議で~ということにします。 本会議で討論した上で、改めてきっちり書こうと思います。

まあ、主張は特に変えていないので過去の委員会や本会議で発言したことを もう一度言うことになると思いますけどね…。時間も経過し、理解も更に深まっている訳ですから、 より洗練された内容を論じようとは思っています。

JR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会

「再開発にかかる広報について」という名目で開かれました。 前回もそうだったんですが、今回も日程調整なしでいつの間にか 日程が決まっていました。日程調整を受けていないにもかかわらず、全員参加。偉い。

自分が発言したことだけ書いときます。

再開発ってなんなん?どうなってるん?の情報は発信すべき

全ての市民が使う可能性があるJR周辺の開発は、多くの市民がかかわる案件

前提として言えるのは、芦屋市におけるJRは特別な場所と言うこと。 駅周辺は、世代を超えて、時代を超えて市民の誰しもが使うことになるスポットです。 手法の是非はさておきとして、多くの市民がかかわる案件であるわけですから、 市民に知っておいてほしい案件だと思います。

とりわけ、芦屋市の再開発については色んな報道機関で取り上げられています。 「よく分からん」という方でも、「なんか揉めてる」ということはご存じだと思います。

色んな数字や用語、諸々をきちんと解説した広報チャネルが必要

広報番組にせよ、広報紙にせよ、限定的な情報であり 再開発を取り上げたとて、概要しか載っていません。

概要さえもご存じない方が多数おられた状況下において、 この広報にはそれ相応の意義はあったのだろうと思います。 と言いながらも、テクニカルな用語が含む案件でややこしい話なのに、 色々な情報が飛び交っている状況です。いわば、「何が正しい情報なのか」がまったく分からない状況になっています。

せっかく市民が「こうあるべきだ」と議論するような土壌ができたとしても、 正しくない情報で以て議論を行っても時間の無駄。芦屋市という公的機関が 正しい情報を掲示しておくというのはとても重要です。

一番いいのは広報あしや特別号。無理ならネットで

リーチの大きさを考えると、全戸配布される広報紙の特別号を出してもらうのがベターだろうと思います。 ですが予算の絡みもあり、それが叶わない可能性もあります。

ただ、広報紙での展開は難しいにしても「ホームページには全部載ってる」 という状況にはしておく必要があると思います。興味を持った市民が知ろうにも、 知りようがないからです。

芦屋市政の周知にかけては、芦屋市の右に出るものはいない訳ですから、 数字など、正しい情報を市民にお知らせするということを意識してもらいたいと思います。

今日はJR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会。 事前の日程調整がなく、いつの間にかスケジューリングされていた 会議ですが、欠席することなく全員参加していました。えらい。

今日のテーマ

さて、今日の内容は「広報番組についての調査」です。 芦屋市の広報番組である『あしやトライあんぐる』。 J:COMチャンネル(11ch)にて、月2回更新で放送されています。

ちなみに、J:COMチャンネル見られへんねんっていう人もいましたし、 バックナンバーの視聴ハードルがすさまじく高かったため、 YouTubeでも配信してもらうようにしています。

広報番組で「JR芦屋駅皆地区再開発事業に関する特集」を取り上げた件が問題に

2月後半分の特集として、「JR芦屋駅皆地区再開発事業に関する特集」が組まれているのが調査の発端です。 「放送内容が不適切」と市長に対して申し入れをした議員がおり、先日行われた建設公営企業常任委員会でも話題に取り上げられ、 かなり長い時間をかけてやり取りが行われていました。

彼らの主張の趣旨としては、以下のような感じだったでしょうか。

  • 議会で否決しているのに、広報番組に取り上げるのは公平性に欠けるのでないか?
  • 再開発予算が含まれる予算を審査している会期中に放送するのは配慮に欠けるのではないか?
  • 賛成意見に偏っているのではないか?
  • 議会が否決した背景を言わないのは公平性に欠けるのではないか?

個人的に思うこと

僕個人の意見としては、そうは思いませんでした。 本件、明確な基準はなく、「見た人の受け止め方」に左右されるものだと思います。 少なくとも、今日のやり取りを聞く限りはそう思いました。両論がありましたから。 なので、僕も個人の受け止めの範疇で書きます。

  • 議会で否決したのは単年度予算であり、事業そのものを否決しているわけではない。
    • 県で事業認可を受けており、関係条例を市議会が全会一致で可決している案件。広義の意味では現在進行形の事業であると考える。
  • 視聴者を誘導するような内容にはなっていなかった(ように感じた)
  • 「再開発どうなってるの?」と疑問に思う市民が多数いた
    • 報道で知るだけでなく、市としての報告が欲しいという声も多数あり。

どんな事業なん?のとっかかりとしては良かった

わずか10分ほどの特集内容ではありますが、 主だったアウトラインの部分は報じられていたように思います。

なんのこっちゃか全く分からなかった人にとっては、大いに参考になったと思います。 また、今回の放送を見て、「市の方向性は正しい」「議員が否決したのはおかしい」と結論付けられる人は少ないでしょう。わずかな時間でもあり、それほどの材料は提供されていないと思います。

広報媒体としては疑問が残る

ただ、広報番組って全員が見られるわけではありません。 YouTubeで配信されるようになって、視聴ハードルはぐっと下がったと思いますが、 高齢の方の中には、YouTubeのハードルが高いという人もいます。 J:COMチャンネルも地上波とは違うので、やはりちょっと難しいと思います。

JRの再開発は、市の事業でも特に広く知ってもらいたい案件

芦屋市において、JR芦屋駅は唯一無二の駅です。 市内に複数駅あるような大きな自治体におけるJRの駅とは位置づけが大きく違います。 シンボリックな施設であると言っても過言ではありません。 また、老若男女、全ての世代の方が何らかの形でご利用になる可能性が極めて高い施設でもあります。

視聴者を選ぶ広報番組よりも、全戸配布の広報紙の方が良かったのでは?

ということを考えると、再開発の件は広く市民に知ってもらう必要がある内容だと思っています。 広く市民に伝えるという観点では、視聴者を選ぶ広報番組では不足があると思います。

なので、全戸配布が基本である広報紙『広報あしや』において広報する必要があると思います。 指摘したところ、3月1日号にて特集記事を組むとのことです。

タイムラグ的に、諸々のやり取りを踏まえてつくったものではないですから、 もう一度同じことを繰り返すことになるような気がしないでもないですが…。

今日はJR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会。 6月定例会以降、ペンディングとなっていた事業費削減の話について 一定の結論が出たので報告しますよという内容です。

委員会資料はこちら

削減の内訳について

0001

再開発ビルが12.3億円で、公益施設、駐輪場、ペデストリアンデッキなどの関連事業が22.2億円。 合計すると、34.5億円の削減となります。

再開発ビルについては、地権者の有する資産と等価交換する必要があり 地権者とのコンセンサスを取りながら進めているものなので、大きな削減があるとは 思ってませんでした。というか、ここまで話が進んでいる現段階での抜本変更は恐らく、無理。

削減しますと聞いたときも、そんなに大きな削減額は無理やろ。。。と内心思っていたので この金額を聞いて、驚きました。かなり努力していただいた形だろうと思ってます。

地権者の方々の大きなハレーションもない形での削減のようなので、 議会が認めさえすれば、再びレールに乗って進んでいくのだろうと思います。

どの手法がベター?

今日は、色々な手法について整理する報告がありました。 これをもう少し早くやってくれていれば…と思いますが、分かりやすく整理されました。 市が再開発事業に固執する理由も分かります。

0010

要するに、当該地の狭い敷地において交通課題を解決しようと思うと 土地を買い上げる必要があります。代替の家や店舗を用意しなかったら、 当然、そこに住んでいた人は立ち退きになります。

何十年も前に再開発の計画が立ち上がって以降、立ち退きありきで話が進んできたというのならまだしも、 そうじゃない状況で立ち退き前提の計画を進めて、地権者の方々が首を縦に振る訳がありません。

買い上げたところに住んでいた人が代替的に住む家というのが、再開発ビルです。

再開発計画≠再開発ビルを建てるための計画ではない

再開発ビルについては、億ションガー的なことがよく言われていました。 再開発ビルを建てるための再開発計画ではありません。

  1. 交通課題を解決するためには、土地の買い上げが必要。
  2. 土地を買い上げたら、住民は住めなくなる。
  3. 立ち退きありきの計画ではなく、再開発後も継続して居住 or 商売ができる形での整備が必要⇒再開発ビル

順番が逆です。市は一貫してそう言っていたような気がしますが。 JR芦屋駅の駅前という超一等地に新築マンションが建設されて、それ相応の価格帯にならない訳がない。 それだけの資産価値がある地域です。デベロッパの利益のための事業というのは、さすがに酷い言い方です。

再開発が進むと、北にも好影響が

JR芦屋駅の北側には大きな交通課題があります。とにかく路駐が多いです。 決して広くない道路でかつ、バスも盛んに通る道なのに、路駐車が道を妨げます。 この問題は、芦屋の人なら誰しもがご存じでしょうし、芦屋警察、頼むから取り締まってよ! っていうのは、かなり多くの方が思っていることなんじゃないかなと。 かくいう僕も、あそこを通るたびに思ってます。

ただ、現状だと送迎の車が停車する場所がないため、取り締まりもしづらい。 南にロータリーが用意された際には、警察も積極的に取り締まりをしてくれるそうです。

南が狭すぎなので、南に向かうバスが北側に発着している状況というのもあります。 この辺が改善されれば、北のバス停で発着するバスも減るので、バスの混雑も多少は改善される 見込みがあるということも聞いています。

ここでとん挫すると、何十年もあのままの可能性

上述の他のプランを実施するにしても、土地の買い上げが必要となります。 なので、地権者との協議が必要になります。でも、ここで再開発の話がとん挫すると 再協議を進めるのは相当難しいです。

芦屋市の財政的な問題もあります。10年後とか、そんなスパンではなく 何十年もあのまんまっていう可能性が高いとされています。

今後も可能な限り、効率的に進めながら、なるべく事業費を抑制しつつ 速やかにゴーしないと厳しいだろうと思っていますが、補正予算が今定例会中に 提案されるそうです。なんとか可決に至ってほしいと願うばかりです。

↑このページのトップヘ