芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > JR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会

今日は以下のとおり、二つの会議が開かれました。

  • 本会議
  • JR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会

重たい会議になるのではないかとドキドキしてましたが、それほど遅くならずに終わって良かったです。 一般質問の原稿作成もまだ残っているので、時間が欲しい!という状況です(笑)

本会議

今日から9月定例会が始まります。9月議会は決算もあるため、結構長いです。 会期としては、10月9日まで。この間に新型コロナウイルスに感染したら大変なので、 気を付けながらやりたいと思います。

さて、今日は大きく分けると以下の議事が執り行われました。

  • 議案・請願の上程と各委員会への付託
  • 人事案件の即決

議案・請願の上程と各委員会への付託

以下のとおり、委員会に付託されました。

  • 建設公営企業常任委員会
  • 種別番号件名
    市長提出議案第52号芦屋市附属機関の設置に関する条例の一部を改正する条例の制定について
    第56号阪神間都市計画事業芦屋西部第二地区震災復興土地区画整理事業施行規程を廃止する条例の制定について
    第58号令和2年度芦屋市都市再開発事業特別会計暫定補正予算(第3号)
    第59号令和2年度芦屋市病院事業会計補正予算(第1号)
  • 民生文教常任委員会
  • 種別番号件名
    市長提出議案第54号芦屋市立幼保連携型認定こども園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
    第55号芦屋市障がいを理由とする差別のない誰もが共に暮らせるまち条例の制定について
    第57号令和2年度芦屋市一般会計補正予算(第6号)
    第60号財産の取得について
    第61号財産の取得について
    請願第5号保健所統廃合に関する意見書採択を求める請願
    第6号少人数学級への前進を求める意見書採択を求める請願
  • 総務常任委員会
  • 種別番号件名
    市長提出議案第53号芦屋市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定について
    請願第5号保健所統廃合に関する意見書採択を求める請願

人事案件の即決

以下の2議案については、委員会審査を飛ばして即決となりました。 人事案件については、反対したところで行政が出してくる以上の人を推薦できないです。 パイプが違いすぎる。ということで、質問等を飛ばして全会一致です。

第50号議案教育委員会委員の任命につき市議会の同意を求めることについて
第51号議案人権擁護委員の候補者の推薦につき市議会の意見を求めることについて

こうした人事案件はいつもの通りなんですが、今回は少しだけイレギュラー。 なので、ちょっとだけ触れておきます。

教育委員の任命について

今回は小児科の先生が選ばれました。お医者さんです。 教育委員に選ばれる人は「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」で以下のように定められています。

  • 日本国民で満25歳以上である
  • 人格が高潔
  • 教育、学術、文化に関し識見を有するもの
  • 委員の中に保護者を含める必要がある。
第四条
2 委員は,当該地方公共団体の長の被選挙権を有する者で,人格が高潔で,教育,学術及び文化(以下単に「教育」という。)に 関し識見を有するもののうちから,地方公共団体の長が,議会の同意を得て,任命する。
5 地方公共団体の長は、第二項の規定による委員の任命に当たつては、 委員の年齢、性別、職業等に著しい偏りが生じないように配慮するとともに、 委員のうちに保護者(親権を行う者及び未成年後見人をいう。 第四十七条の五第二項第二号及び第五項において同じ。)である者が含まれるようにしなければならない。

これまでだと、4名の委員の内訳は以下のように分類していました。

  • 学術枠×2(教育関連、弁護士)
  • 文化枠
  • 保護者枠

しかし、昨今の新型コロナウイルスの問題で、子どものストレスなど、心身に影響が出るような事柄がいつも以上にクローズアップされています。 実際、テレビ等では心身の不調を訴える子どもたちも増えていると言われています。 芦屋の教育を円滑に進めるにあたり、健康面に精通しているお医者さんの見地が必要だとのこと。 当該の委員さんは、市内で小児科を長くやられており子どもたちのことは熟知されているとの判断が下されたそうです。

なお、法的根拠としては今回のケースだと「学術」にカテゴライズされるそうなので、 以下のような内訳になります。

  • 学術枠×3(教育関連、弁護士、医者)
  • 保護者枠

文化に精通された委員さんがおられなくなるところは一抹の不安もあります。 ただ、子どもたちの健康を最優先するという市の考え方も分かります。 新たな体制で、教育を更に推進することを期待したいところです。

人権擁護委員の推薦について

人権擁護委員は、全国で2万人という枠があり、法務大臣(法務省)の方で調整した上で 各自治体の枠を設けています。SNS等での誹謗中傷など、人権擁護が必要となるケースが 非常に増えている背景を受け、芦屋市でも定員が1名増員ということになりました。

今回増員されるのは民生児童委員の方で、今回の増員で以下のメンバー構成になるそうです。

社会事業家家事調停委員2名
民生児童委員3名
教育家3名
弁護士会2名
その他団体保護司1名

JR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会

事業費が高すぎる!ということで、議会の反発を受け塩漬け状態となっている本事業。 現状は「コスト縮減のための見直しを行い、12月議会で報告します」というフェーズ。

今日は中間報告ということでしたが、資料には特段新たな情報はなかったかなと。 資料は後日ここにアップされますので興味があればご覧ください。

補助金の行方

今日は国庫補助の行方というのが議論に及びました。 というのも、今年度当初予算では、国庫補助を受けた上で事業を進めるという計画がありました。 ただ、3月の臨時会にて行われた再議の場において、当初予算が否決されちゃったので、 国庫補助を受け取る予算がなく、宙ぶらりんになっている状況です。

それが約11億。国としては、芦屋市が必要というから確保したお金です。 補助金という「限られたパイ」を各自治体で取り合っている状況ですから、 年度に入ってから「やっぱいらんわ」と言われても困ると。いらんのやったら、 初めから申請しないでよ…というのはありますね。

使えと言われても使えないしっていう

不用額という形で処理しても良いのでしょうが、国からは、他の自治体も欲しがっているけど 芦屋市の案件が優先順位高と判断し配分しているわけなので「使ってほしい」と言われているそうです。 国…といっても国交省の担当者さんなんだろうと思いますが。

仮に12月に動き出したとて、1年の3/4が経過している段階で芦屋市が使い切る目途はありません。 なので、県内の他の自治体で使ってくれる自治体はありますか?と探しているようです。 しかし、年度途中で別途予算を確保して事業を進めてくれる自治体も出てきていないようです。

他、使える人いる?って探してるけど

まあ、そらそうです。 今回宙ぶらりんになっている補助金というのはあくまで「補助」。 財源内訳のメインは市のお金である一般財源が中心になります。

なので、補助をもらったからそのお金でなんかやるわ!っていう訳にもいきません。 補助金に一般財源をプラスして何らかの事業をやるということになります。 しかし、補助金もなんにでも使える魔法のお金ではなく、交通課題の解消とかにしか使えないものです。 交通課題の解消という大きな事業を年度途中で急きょ差し込める自治体もいないよね… ということで、今は補助金が宙ぶらりんになり、そのまま焦げ付きそうな模様だそうです。

次年度以降の内示に影響するか?誰にも分からない。

一度はくーださい!と手を挙げておきながら、 指名された後、議会がアカンていうから止めときますわ! というようなことをやっちゃった場合、今後の補助金申請の内示がどうなるか分かりません。 ということでした。というのは、脅しとかそういうことじゃなく、国の担当者も初めての経験だから 分かりません。ということなんでしょう。

個人的に気になるところ

また、今までのやり取りでは出てこなかったところで 個人的に気になるところを確認しました。個人的には、結構踏み込んだつもりですけど。

一連の塩漬けによる進捗率への影響は?
半期止まっているので、それ相応の影響が出ている。
事業の継続可否を決めるデッドラインは設けているのか?
現状は、12月の説明に向けて注力しているので、その先のことは考えていない。
地権者の年齢構成を考えると、ここでストップすると地権者の顔ぶれが変わる。 地権者の顔ぶれが変わると、協議もイチからやり直しになるので、 前と同じように長い年月が必要となる。また、芦屋市の財政状況を鑑みると、 今止まると、リスタートできるのは20年、30年後ということになるのでは?
今止まると、すぐにリスタートするのは難しいと考える。
JRの駅舎改良についての協定書を締結している中で、JRの支障移転 (再開発を進めるにあたり邪魔なので、JRさん動かして~という工事) については全額市負担だが、内訳として国庫補助を活用する予定。 再開発が止まった場合、この補助は期待できず、20億円は市がまるまる負担することになるか。
そのとおり。
JRの駅舎改良についても、約11億円を市が負担する。この内訳にも 国庫補助を活用するが、これは再開発と別物のメニューとなるのか?
再開発とリンクしているものなので、再開発が止まった状況では 補助は受けられないものと考える。

答弁の裏にはまた別の思いがあるのでしょうが、 答弁できないということだろうと飲み込みました。

再開発を止めてしまった場合、JRの駅舎改良一つとっても10数億の実損失が出ます。 数十億単位のお金を使って話を動かしておいて、お金かかりすぎるから止めるわ!というのは あまりにも…。その議論は立ち上がる前にすべきもの。

12月議会での報告を待つしかありませんが、その時点でかなりの進捗遅れも生じています。 終わった後、なんだったんだろう…ってならないようにお願いしたいです。

今日は議会運営委員会のあと、JR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会。 なんかよく分からんけど、長くなりました。コロナのあと、時短でやろうという流れはあると思うのですが…。

議会運営委員会

議会運営委員会は、8日に行われる本会議の流れとかを確認するいつものやつなので 特に書くことはありません。ただ、6月は「役選」というものがあります。 役職を決める選挙(主に調整かもしれん)です。僕は肩書には全くこだわらないので、 役選のときはいつも大変だなぁって思いながら傍観しています。今年も同じです(笑)

JR特委

さて、興味があるのはJRの特委でしょうか。 この会議。字面を見る限りだと、疑問点や課題を1個ずつ潰していこうぜ! っていう会議を想像されると思いますが、実際には特にアジェンダに従った 会議ではないので、今何を調査していて、どこまで調査が終わっているのかが よく分からない会議になっています。そんな感じですが、今日も長い会議がありました。

特段、新しい話はなかったように思いますが、今日のまとめをば。 基本的には数値的な話がありました。もうちょっとめんどくさいので、 当日の資料のPDFをベターっと貼ってしまいます。 数値のコピーができなくて二次利用はできないですが、数が多くて 大変なのでご勘弁を。

細かな数字よりも全体のスケール感・波及効果が大事だと思う

細かな数値がどうこうっていう話に終始していましたが、個人的には 細緻な数値をどうこうというよりも、事業によって発生する効果について、 全体のスケール感を見た方が良いと思うんですよね。数値はあくまで試算でしかない訳ですし。

また、あくまで再開発にかかる情報なので駅南の数値しか出てきていませんが、 実際にはもう少し広範囲に再開発の恩恵が生じます。 事実、既に北側に位置する船戸町の地価がグーンと上がっています。

住宅地の公示地価 芦屋・船戸町が初の県内1位に(神戸新聞NEXT)

他にも、駅の北側のバス停で発着していた南行きのバスを全て南に集約するので、 北側の交通課題にも少なからず影響を与えます。色々と問題点が多い北側に対しても 波及効果が及ぶものだと思います。

細かな数字を捉えて話をするのが大事ではないとは言いませんが、 こうした大型事業の場合は全体のスケールをはかる方が大事なのかなと思っています。 そうしないと、とどのつまりどうなんの?っていうのがぼやけてしまうと思います。

今日は議会運営委員会やJR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会がありました。 その他も色々会議があったんですが、非公開なんで割愛。

議会運営委員会も大事なことを決めたんです

週明けから始まる本会議の進行についての協議がメインでしたが、 プラスアルファで大事な議論がありました。

新型コロナの対策は最重要課題

それは新型コロナウイルス対策。連日連夜、テレビ等で報道されています。

政府の対応も色々と言われていますが、パンデミックを避けるためにも ここ1~2週間がヤマという見解については同意です。 感染を止めることはできないにしても広がり速度を緩める対策は必要です。

民間企業でもテレワークが制度化されており、在宅でも対応可能な業種の方については 基本在宅で仕事するという対応が採られています。これは、社員の方々にとってはありがたい対応でしょうが 加えて、満員電車に乗る人を減らす=感染の広がる速度を緩めるという社会的な効果もあると個人的に思っています。

議会に当てはめてみると、3月定例会は次年度予算の審査もあり、それを止める訳にはいきません。 そのため議場や大会議室といった閉鎖空間での会議になるのもやむを得ません。 ですが、対策として何もしないわけにはいかない。議会が感染源になることだけは避ける必要があります。

3月定例会はマスク着用励行

結論としては、議会では、3月定例会中はマスク着用を励行しましょうよということになりました。 本音は、着用の義務化まで持って行きたかったです。ですが全会一致には至らなかったので「励行」という 位置づけになりました。それでもやらんよりはマシと思っています。

マスクには予防効果はありませんが、保菌者が菌をまき散らすことを防ぐ効果は十分にあります。 ただ新型コロナウイルスについては自覚症状なしの潜伏期間でさえも感染しうるということが言われています。 今やマスクをするのは予防のためじゃなくて、人に移さないためです。

ということで、3月3日には大原は総括質問で登壇しますがマスクを着用して臨む予定です。 どんなに気を付けても喋ると唾が飛ぶんだから当たり前の対策です。 マスクをうまく入手できたということもあるんですが…。

JR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会。タイトルも長いが会議時間はもっと長い

開催時間13時~18時。あいだ、休憩もありましたがめちゃ長い。 タイトルも長いけど審議時間も長い。その間、僕が喋れたのは20分ぐらいかなぁ。 まあ自分が喋れないのは別に良いんですけど。

主な話は費用負担の明示

委員会は、話がどんどん広がっていたんですが、 今日のメイントピックとしては事業費の内訳を明示した資料が出てきた!ということだと思います。

0002

特定建築者負担とか、ちょっと分かりづらいかもしれませんが これまでは市が建てたマンションを特定建築者が販売するというスキームで計画していたのを 建築も特定建築者にお願いすることにしたということです。デベロッパが建てる物件なので、 デベロッパ的には、市が建てたあまりイケてない物件を売るよりも売りやすいわねって話。 その代わり、建築費の多くはデベロッパが出してくださいということです。 総事業費が高騰したところをそうやってフォローしようということですね。

ただそうなると、市が所有する保留床が減り、保留床処分金が少なくなるので やっぱり市の負担増を抑えきれないということだと理解しています。 (事業費が約60億ほど増えるところ、市の負担は33億増なので、緩和策にはなっている)

事業計画変更には地権者の意見も含まれる

また、この60億ほどの上乗せすることになった事業計画変更には 地権者の方々の意見の反映も含まれるということを確認しました。

地権者を中心とした会議体である「まちづくり協議会」では、 この事業計画変更に関する報告を臨時総会でやっていますが、 その参加者は「かなり少ない」人数だったようです。

手続きとして、計画内容の決定を左右する立場ではないものの 内容はこれでよかったですか?というところの承認をするのが総会だと思うので、 まちづくり協議会の総会についての規約もガバガバなままで来ているところにも 問題がある気がします。

事業費が大きいからこそ、どう生かすかのプランが重要

金額的にどうなんだろうね?という話があります。 確かにかなり大きな事業になっています。芦屋市の今後10年の財政が厳しい状況なので かなりシビアに判断していく必要があると思います。

と言いつつも、再開発は投資的経費です。 一般的に、投資と言えば出費額以上の効果を生み出すための出費。 将来的な経済効果や市民にとってのプラスを生み出す事業であれば 多少値が張っても良いとは思います。

ですが、恐らく再開発を行うだけでは投じた費用を回収するだけのプラス効果は難しい。 再開発を起点として、どういったまちづくりを進めていくのか?というプランをかなり 具体的に持っておかないと、それこそ負の遺産にしてしまいかねない。

歳出削減も大事だけど、財源確保も同時並行的にやらないとキツイ

個人的には、歳出削減の取り組みも大事だけど、お金を集める努力もしないといけないと思っています。 というのも、芦屋市は平成15年行革でかなり絞っています。なので、また絞ったとしても 前回ほどの削減には繋がらないのではないか?という懸念があります。

というか、行革を声高に旗振りしないといけない組織ではこれからは厳しいやろなと。 当然コストリダクションの考え方は常に必要です。あえて首長が行革の旗振りをしなくても、 職員が常時原価意識を持ち、もっと効率的にできないだろうか?と考えられる組織風土を 作る必要があるんだと思います。

ま、こういう大きな話の続きは総括質問ですね。 上述のとおり、改革維新の会からは大原が登壇します。 JR再開発のお話もします。3月3日の朝イチです。

↑このページのトップヘ