芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > 議員研修会

今日は芦屋市議会主催の議員研修会。 緊急事態宣言発令中ということもあり、オンラインで実施しました。 議員研修会のオンライン実施は初めてですが、オンライン会議の実績を 重ねるというのは良いことだと思います。

今日のテーマは「自然災害・コロナ禍での避難所運営」ということでした。 タイムリーなテーマです。

関連死は避けられる犠牲

避難後の環境を保持できない場合、関連死が増えます。 2004年に起こった新潟県中越地震の際には直接死16名、関連死52名と 直接死よりも関連死のほうが多くなっています。

関連死の原因は、以下のようなケースが考えられます。 いずれにしても運用をうまくできれば避けられる犠牲です。

  • ストレスによる心臓への負担の増大
  • エコノミークラス症候群
  • コミュニティの崩壊・雇用の喪失等の悩みによる自殺

関連死という防げる犠牲者を出さないためには こうした状況を避ける環境づくりが必要となります。

自治体職員は、避難所運営の他にもやることがある

発災時には、避難所運営も大事ですが、 同時に自治体職員による災害対応業務も非常に重要です。 災害対応業務は職員にしかできませんから、限りあるリソースは 避難所運営には用いるべきではありません。

ということを考えると、地域・住民の運営による避難所をどれだけ 増やすか?ということが重要です。なので、各地域の自主防災会は 地味ながらも重要な役割を担っていると思います。

感染症流行下の避難所運営について

芦屋市としても、感染症流行下の避難所開設運営マニュアルを策定しています。

新型コロナウイルス等感染症を踏まえた避難所開設運営の対応方針(芦屋市)

有事の際、この通りにやれるか?という疑問はあります。 ですが、訓練をしたりと準備は進めているという状況です。

密を防がないといけない状況下なので、民間施設(ホテルなど)も 避難所として活用できるよう協定を結ぶなど、事前の準備も必要になると思います。 「公立だけで準備する」という考えに固執するのではなく、多様な可能性を模索するべきかと。

在宅避難の可能性

近年の住宅は新しい住宅が多くなっています。 1981年以降の建築物の場合、新耐震基準に基づいて建設されているため、 「震度6強~7程度の大規模地震で倒壊・崩壊しないこと」が担保されています。

なので、阪神淡路大震災のような直下型地震の場合、倒壊・崩壊しない住居も 多くなると予想します。その場合、在宅避難という避難形態も用いられることになると思います。

津波被害の場合は難しいですが、近々あると言われている南海トラフ地震の場合、 本市に津波は到達しないと言われています。ということを考えると、やはり 在宅避難という選択肢も多くなるのだろうと予測します。

今日は芦屋市議会主催の議員研修会がありました。 テーマは「ハラスメント防止研修」。その名のとおりですね。

10月8日に行われた総務常任委員会にて報告を受けた 「芦屋市職員ハラスメント実態把握調査結果報告書」において、 「議員からハラスメントを受けている」と答えた方が5件あったことを受けての研修なのだろうと思います。

研修の内容については、昨今のビジネスパーソンにおいては 常識的に言われているところが多かったので、そっちには特に触れません。

ただちょっと思うところがあるので、ツラツラと書いておきます。

議員にはパワーがある

職員さんとやりとりする機会も少なくありませんが、その中で常々感じているのは 職員さんにとって「議員はパワーがある」立場であるということです。 だからこそ、色々な調査ができるのかもしれません。 ですが一方で、とても怖いシチュエーションだと思っています。

僕個人としては、「議員の権威」なるものはないと思ってます。 あるとすれば、権威じゃなくて調査権です。市の事務について調査するためのものであり 職員さんに対して偉そうにするためのものではない。

ハラスメントで一番やっかいなのは悪気ないハラスメント

ハラスメントで一番やっかいなのは、悪気ないハラスメントです。 場合によっては、良かれと思って行った指導がパワハラ認定を受けるというケースもあります。 というか、こういうケースが多いですよね、多分。

パワハラは許されないことではありますが こういう人に対し、犯罪者のように断罪するような気にはなれません。 会社を辞めさせて、家族ともども路頭に迷えばいいんだ!という気にもなりません。 まあ、2回目、3回目となるとアウトでしょうけども。

だからこそ、定期的なハラスメント研修が必要なんでしょうね。 プラス、相手への気遣い。ズレた気遣いもありますが、相手のことを考えた コミュニケーションが必要なのだろうと思います。 人によっては、アンガーコントロールも必要かもしれませんけど。

研修の必須化による根本解決。には時間がかかるだろう

議員にせよ、職員さんにせよ、研修を任意で受けましょうね。 と言ってもなかなか受講率は上がりません。忙しいので。 だからこそ、強制的に受けなさい!っていう環境をつくるのが重要だろうと思います。

ハラスメントは民間でもなかなか減ってません。減らないから、法改正されてる訳で。 それぐらい大変な相手です。議会も行政も本腰入れて取り組んでいかないといけませんね。

今日は議員研修会。 例年だと、年度のなかで3~4回は開催されていましたが、 今年は新型コロナウイルスの関係で順延となり、今回が第1回です。

今日は『外部監査制度について』というテーマの座学を聞きました。 備忘録的に、簡単に書いておきたいと思います。

外部監査制度

外部監査制度は、平成9年6月の地方自治法の一部改正により創設された制度。 市の執行機関として位置している従来の監査委員とは別に外部の専門家による監査が実施できる。

その目的は、監査委員による監査を補完し、外部の目から地方公共団体の事務をチェック。 それにより、行政体制の強化と予算執行の適正化を更に強化するというところが狙い。

外部監査制度としては、包括外部監査と個別外部監査の2つがある。

包括外部監査

外部監査人が市の財務に関する事務の執行及び経営に係る事業の管理の中から自ら特定のテーマを選定し、 毎年度実施する監査。

条例で定めることで、公認会計士など特定の個人と包括外部監査契約を締結することが可能に。 なお、以下の自治体については包括外部監査人による財務に関する事務の執行等の監査が義務づけられている。

  • 都道府県
  • 政令指定都市
  • 中核市

一般市は設置の義務はないが、条例で定めたら設置することは可能。

個別外部監査

議会、市長又は住民からの事務監査請求や住民監査請求などがあった場合に、 監査委員に変わって外部監査人が行う監査。

個別外部監査のメリットとして、以下のようなものが挙げられる。

  • 専門性が期待できる(ただし、十分な専門的能力を持つ外部監査人の選任が条件となる)
  • 選任次第で独立性が高まる(独立性の低い外部監査人の選任は、コンサルティングや結論ありきにつながる可能性がある)
  • 外部の目線で組織を活性化するきっかけとなる

内部統制

地方自治法第150条で定められた制度。

財務に関する事務その他総務省令で定める事務の管理および執行について、 法令に適合し、かつ適正に実施するための方針を定め、方針実現のために必要な体制を組むというもの。

更に、以下のスキームで評価される。 全て必須なので、内部統制を敷くため、かなり厳格に制度化されている。

  1. 首長は、整備した体制について評価した報告書を作成。
  2. 報告書について、監査委員の審査を受ける。
  3. 報告書について、監査委員の意見を付して議会に提出。
  4. 議会に提出した報告書を公表。

なお、都道府県と政令市については設置が必須。中核市と一般市については努力義務。 将来的には、中核市・一般市においても必須となるかもしれないとのこと。

感想

芦屋市については、包括外部監査、個別外部監査を制度化した条例はありません。 監査機能の強化は、するに越したことはないです。

当然、専門家の方を拘束することになるのでそれ相応のコストはかかります。 ですが行政体制の強化と予算執行の適正化の強化。そしてそれらの不備により生じる 諸々のリスクに対するリスクヘッジと考えると、高い投資でもないのかなと思います。

芦屋市の監査委員のうち、識見を有する委員は1名。 弁護士の方が任命されています。財務分野についてのより高い識見という意味では、 もう一名定員を増やしても良いのかもしれません。

今日は議員研修会。 ここのところ、ずっと取り組んでいる議会BCPについて 先進的に策定されておられる兵庫県南あわじ市さんにて、 議会BCPの内容についてご説明いただきました。

委員会視察などと異なり、20人を超える大所帯でお邪魔しましたが 快く受け入れてくださり、本当に感謝です。

南あわじ市議会のBCPはネットにもアップされていますので 詳しい話を書くというよりも、お話をうかがって「いいね!」と思ったところを 書いておきたいと思います。

想定しうるケースを7つに分類してマニュアル化

議会の会期中だとか、閉会中の期間など災害が生じるシチュエーションは様々です。 南あわじ市議会では、想定しうるケースを以下のとおり、7つのケースに分類し、 マニュアル化しているとのことでした。

  • 会期中:5ケース
  • 閉会中:2ケース

これは良いと思いました。 なるべく冗長的に書いた方が、あの場合はどうやった?こうやった?みたいなことになりにくいです。 また具体的にケースを洗い出しているため、日常の議会活動や訓練の中でブラッシュアップしやすい状況になっていると思います。 それらのケースを表にしているのも見やすくていいなぁと。

情報収集の仕分けも含めて訓練実施

議会からの要望事項は、行政にとっては無視できません。 平時だと、色々な市民の声を行政に届けて対処いただくわけですが、非常時はそうはいきません。

各個人がおのおので行政の災害対策本部に持っていってしまうと災害対策本部の本来業務に支障をきたす恐れがあります。 災害対策本部の足を止めてしまうことは、災害救助や災害復興など、命にかかわる問題にもなりかねません。

SNSもあり、簡単に情報発信ができる状況です。 スタンドプレーしたくなる議員が出てくる恐れがありますが、 それは絶対に控える必要があります。緊急事態に個人の手柄云々というのは論外です。

判断の指針は必要になるだろう

スタンドプレーを防ぐためにも、情報を議会として集約し、 行政の災害対策本部に連携する情報について優先順位付けをする必要があります。 芦屋でもそのように計画しています。

でも、それって結構難しいものです。 がちがちにマニュアル化する必要はないと思うものの、 予めある程度の指針を用意しておかないと、そのときの正副議長も判断に迷うことが あるのではないかと想像します。

緊急事態は判断を間違えてしまうのが一番アウトですから、 本部機能のところの訓練も重要ではないのかなと、今日の話を聞いて思いました。

あえてファジーなところを残す

震度など、定量的なものだけでは測りきれないものがあるのが災害です。 と言っても震度6とか、7とか大きな数字になると、半ば自動的に大災害になると思いますけど。

南あわじ市の行政側の災害対策本部としては、市内で「震度5弱」の地震が発生したときに立ち上がるそうです。 ただ、新耐震基準でつくられた住宅、建物が増えている昨今、震度5弱で直ちに市内全域な甚大な被害が生じるということも考えにくい。 ケースバイケースのことも多いと思います。なので、市議会の災害対策本部の立ち上がりについては ある程度ファジーなところを残しているとのことです。

議会という組織を考えると、標準化は必要だと考えるが

議会という組織は4年に1度メンバーが変わる組織であることを考えると、 なるべく細かくマニュアライズして標準化を図ったほうが良いのではないか?と考えてしまいます。

まあ、確かにあまり雁字搦めにしてしまわないほうが良いのかな?とも思いました。 難しいところなんですが、でも極端な話、経験者がゼロ人になってしまう可能性もはらんだ組織です。 そうした組織の在り方を考えると、なるべく標準化できるようなマニュアル化は必要なんじゃないかなーと考えます。 元システム屋だから、そういう風に考えるのかもしれませんけど(笑)

災害対策というところだけで考えないほうが良いのかも

BCP発動のトリガーについて、災害対策や災害支援という観点は重要です。 大きなトリガーになりえるものですから当然。しかしながら、そうじゃなくて 議会機能が継続できない事態に陥ったときに発動すべきものでもあると思います。

本来、BCPってそういうことなので。災害対策マニュアルとは似て非なるものだと思っていますので。 例えば、サーバの不調等で議会システムが使えなくなったというケースでも、BCP発動は必要だと思います。 他にも伝染病の流行とか。コロナウイルスが本土上陸して、パンデミックが生じた!という事態でも BCP発動は必要になります。

災害も含めて、議会機能の継続が困難になった場合に発動する計画という観点でも チェックしたほうが良いような気がした研修会でした。いずれにせよ、色々と考えさせられる機会となりました。 本当に貴重な機会をありがとうございます。

【お知らせ】議会事務局のFacebook

話が変わりますが、今日の模様は、議会事務局が写真付きでアップしてくれています。 僕は参加側で写真は撮れないので助かります。

他にも市議会の情報を適宜アップしてくれているので 良かったら「いいね!」してくれるとありがたいです。

今日は芦屋市議会主催の議員研修会。 今月なんと2回目です。個人的には、研修を受けるのが 一番の気づきになると思っていますのでありがたい話です。

今日の研修テーマ

テーマは『ファシリテーション研修』。 議員にそんなスキルいるのか?って思うかもしれません。

議員は市民の皆さんのご意見をうかがうことも大事な仕事です。 1対1でうかがうときはともかく、1対多というシチュエーションも少なくありません。 今度行う議会報告会(意見交換会)も同様です。

多くの方のご意見を聞くと、結局何が問題なのか?がぼやけます。 せっかく複数人数が集まって色々な意見が出る訳ですから、 建設的に意見交換をしたいと思いますが、なかなかできません。

長い会議

また、議員同士の会議も少なくありません。 基本的に、議員さんは話好き。だいたい、長くなります。 気が遠くなるぐらい長くなることもあります。

長い時間をかけて、一定の結論が出るなら良いですが 結局何も決まらず…みたいなことも少なくありません。

コスト削減!コスト削減!といいますが、タイムイズマネーです。 時給換算すると、時間が無駄に浪費されることが一番の無駄遣いになります。

今日の内容

詳しい内容は公開NGということですから、 一般論的なところと感想に留めておきたいと思います。

座学だけでなく、演習がふんだんに盛り込まれた内容でした。 5人一組の島に座っての受講で、それぞれが1回はファシリテーター役をやるという 形での取り組みでした。

なるほど!と思ったこと

アイスブレイクの効果的なやり方など、なるほど!と思ったことがたくさんありましたが 一番なるほど!と思ったのは、ふせんにアイディアを書いて模造紙に貼り付けるKJ法。

貼り付けた後はグルーピングしますが、どうしてもキーワードとかに縛られる区分分けになってしまいます。 そうじゃなくて、アイディアの本質的なところを踏まえたグルーピングをする必要があると実感しました。 本質的なところを捉えた分類を見ると、話し合われた内容が一目瞭然だからです。

また、事前にアジェンダを確認し、目的と目標を共有化した上で 話をしなければ、的を得た会議にならないということも改めて分かりました。

アジェンダ=議題的なぐらいにしか認識がありませんでしたが、 ここをしっかりやらないと会議の効率性が上がりません。

ファシリテーションのコツ

ファシリテーションのコツは、場数だそうです。 会派での話し合いのときなどにも使ってみたいと思います。

また、子育てにも役立つようです。 子供が勉強しない!という問題がある場合、なぜ勉強しないのか? どうすれば勉強するようになるのか?というように、ともに問題解決のための ワークショップをすれば、子どもの方も納得して勉強するようになったという話がありました。

これもなるほどです。頭ごなしに注意するよりも どうすればいいのか?という問題解決への意識を共有することが大事だと思います。

本当に色々なところに応用ができるようです。 議会報告会にもしっかりと活用し、施策反映に活かせるような 意見交換をしたいと思います。

↑このページのトップヘ