芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > 議会運営委員会

今日は議会運営委員会がありました。

連休明け、各議案等の採決のための本会議が開催されるため、 そのための会議でした。ただ、特に特殊な進行はありませんので、 本会議の進行についてのお話は滞りなく終わりました。

また、本会議ではコロナ支援関連の補正予算も提出されるそうです。 なので、本会議が終わったあとに民生文教常任委員会が開催されることになります。

今回の議案は、特に討論するところはないかなと思っています。 もし万が一、したほうがいいなぁという展開になったらアドリブでやります。

通常の議会だと、議案の採決で終了となりますが、 9月議会は議案採決のあとに決算審査もありますので、 決算の準備もしてきたいと思います。

今日は議会運営委員会。 明日から本会議(一般質問)が行われるため、その運営について。 特筆すべきことはありません。オンラインでやってくれても良かった。

一般質問の日程は以下のとおり。コロナ関係多い目です。 どうせ他の議員も絶対に聞く領域なので、別に僕が聞かなくてもと思って通告していません。 こんだけたくさんの人が聞けば、どっかしらで必要な情報も出てくると思います

  • 9月8日(水)
  • No氏名会派名質問項目
    1福井 美奈子自由民主党◆まちの活性化に向けた道路空間の活用について
    ◆中高年層のひきこもり対策について
    2大塚 のぶおBE ASHIYA◆本市における新型コロナ感染症の現状と芦屋保健所(健康福祉事務所)の存続について
    ◆職員手当等から見た本市の行革について
    3長谷 基弘あしや しみんのこえ◆海を汚染するタバコのフィルターの問題について
    ◆潮芦屋ビーチのコンクリート片について
    4川上 あさえ自由民主党◆防災用トイレについて
    ◆学校における新型コロナ感染症対策について
    ◆ハンセン病元患者に対する差別的発言について
    5米田 哲也自由民主党◆芦屋市ゼロカーボンシティの表明について
    6浅海 洋一郎日本維新の会◆事業者支援緊急融資制度について
    ◆情報の更新について
    ◆コロナ禍の学校園の取組について
  • 9月9日(木)
  • No氏名会派名質問項目
    1中村 亮介あしや しみんのこえ◆委託事業に対する行政の関わり方について
    2大原 裕貴日本維新の会◆ビッグデータを活用した交通安全対策について
    ◆ごみステーションの適正利用について
    3ひろせ 久美子日本共産党◆コロナから市民を守る支援を
    4川島 あゆみ日本共産党◆国民健康保険料の負担軽減について
    ◆芦屋浜の地域要求について
    5平野 貞雄日本共産党◆行政のデジタル化について
    ◆マンション防災について
    ◆平和行政について
    6徳田 直彦公明党◆防災について
    ◆ゴミ処理について
  • 9月10日(金)
  • No氏名会派名質問項目
    1寺前 尊文会派に属さない議員◆自宅療養のコロナ感染者への支援について
    ◆学校園におけるコロナ対応のガイドラインについて
    2田原 俊彦公明党◆子宮頸がん予防ワクチンについて
    ◆コロナ禍における地区集会所の使用について
    ◆スケートボードを楽しむ場所の確保について
    3帰山 和也公明党◆コロナ禍における諸課題について
    4たかおか 知子あしや しみんのこえ◆安全で安心な道路交通環境の実現に向けた市民のための交通安全対策について
    ◆市立小中学校の運営及び新型コロナウイルス対策について
    ◆南護岸工事完成後に起きた台風の影響について
    5山口 みさえ会派に属さない議員◆新型コロナ感染の実状と対策について

コロナ関係多いです。 どうせ他の議員も絶対に聞く領域なので、別に僕が聞かなくてもと思って通告していません。 こんだけたくさんの人が聞けば、どっかしらで必要な情報も出てくると思います

僕は2日目です。順番的には、2日目ぐらいの中途半端な感じが一番好きだったりします。 2番目なので、午前中には出番が来るだろうと思います。

今日は議会運営委員会。

月曜日から始まる9月定例会の運営について

大きな議題としては、週明け月曜日に開かれる本会議の運営について。 一般質問の時間は短縮することに決まっていますが、出席人数の調整については変更なしとなりました。

いずれにせよ、一般質問の日は、質問しない議員は人のやりとりを聞くだけです。 ただ、やりとりを聞いているときに色々とアイディアを思いつくことが多いですから 全く意味がないとも言えないところかなと思います。

委員会中の報道機関の対応について

もう一つ、時間を要した議題が委員会中の報道機関の対応です。

芦屋市議会では、報道機関による写真・動画撮影は開始5分前に限って認めていました。 報道機関側から「委員会中のを撮りたいんやけど」という申し出があったので、この際、 運用ルールを変えましょうかという話を進めていました。

現行の「開始5分前だけOK」ルールも、かなり昔に定めたルールであり どういう根拠で決めたか?などの記録が残っていなかったようです。 なので、今定例会からは、記者席からの撮影は「事前申請制で許可」ということになりました。

あまり大勢に影響が出るような変更ではありませんが、運用上の問題が生じている ルールは変更すべきだと思うので、実運用に適したルール変更ができて良かったと思います。

今日は議会運営委員会。急きょの開催となりました。

9月定例会の一般質問の時間をどうする?っていう話

議題は9月定例会の運営について。 以前の議運では、9月定例会の一般質問時間について「議員一人あたり40分」ということで決まっていました。 この時間設定は、もともとの本則どおりです。つまり、通常運営です。

ただ、ご存じのとおり、新型コロナウイルスの感染がまたも急増している状況。 明日からは、兵庫県にも緊急事態宣言が発令されることになります。 ということを受けて、通常運営でいいのん?ということで協議されました。

結果としては、10分短縮して「議員一人あたり30分」となりました。 時間短縮については科学的エビデンスはありません。が、芦屋市議会の場合、 1日6人が一般質問に登壇します。10分短縮すると、単純計算で1日1時間の時間短縮に繋がります。

たかが10分の短縮だけど、1日単位で見ると時短効果は結構デカイ

発言時間については当局の答弁時間は含まないため、実質の時短効果は1時間以上になると思います。 うちの会派としては、科学的エビデンスはないものの、時短効果は大きいでしょと思っており、 当初から30分で良いんじゃないの?と主張をしていました。

今期は30分での運営が非常に多くなっています。 持ち時間40分とすると、7人登壇する日は終わりが18時とかになります。 議員は、議会が終わったら「お疲れさん」と帰宅することが可能ですが、 職員はそういう訳にもいかないというのもあります。残業必至です。

時短を考える社会情勢になりつつある

職員に忖度する必要はないと主張している会派もありましたが、 忖度っていうか、今時、そんな長時間の会議してる企業ってあるんですか? っていう気がしてなりません。

あと、10分で何が変わるの?っていう素朴な疑問もあります。 僕的にはそんなに変わらないかなって思ってます。

時短すればええってもんでもないのは承知してますが、 会議時間が長ければええってもんでもありません。 各種会議の時短についての研究は真剣にやる必要があるのではないか?と思うところです。

今日は議会運営委員会。

事例研究について

主な議題は、事例研究。5月11日~7月26日までの間、生じたイレギュラーケースについての確認です。 「○○は問題だから、申合せでの確認が必要ですね」などの話をする機会になる訳ですが、今回はそういう事例は特になし。

ただ、最近は議事進行発言が多いという指摘がありました。6月定例会の本会議だけで、10回。 別に多いからアカンということではありませんが、議事進行が持つ意味から考えると多いと思います。

議事進行とは、議事進行上の問題について、議長に対して質疑・注意・希望を述べるための発言機会のことを指します。 芦屋市議会では、会議規則上で議事進行発言についての規定をしています。

(議事進行に関する発言)
第57条 議事進行に関する発言は,議題に直接関係のあるもの又は直ちに処理する必要があるものでなければならない。

議題に直接関係のあるもの又は直ちに処理する必要があるもの。 具体的には、どういうケースでの発言が適当なのか?と言われると難しい気もします。 少なくとも、議事進行上の問題があることが明確である場合に発動されるものだと思います。 ちなみに、僕は今までの議員生活の中で議事進行発言はしたことがありません。

9月定例会の一般質問時間について

新型コロナウイルスの感染予防の名目で、時間を40⇒30分に短縮する措置が長く続いていました。 9月定例会からは、通常通りの一人40分という形に戻すことが確認されました。

全体の決定なので、とやかく言うつもりはありません。 ただ会派としては、以下の理由から30分で良いんじゃないか?という発言をしています。

  • 部屋の換気のための休憩を間に挟むため、一人当たり10分の時間延長となると1日の会議時間がかなり長くなる。
  • 他市の市議会と比較しても、一人当たり30分は短くない。著しく議員の権利を害しているとは言えない。

最大で19人が発言することになるので、3日ある一般質問日の初日は7人が登壇することになります。 7人目のスタートは、17時を超えています。議員は本会議が終わったら帰るから良いんですが、 質問のために待機していた職員はそういう訳にはいきません。なので残業確定。 働き方改革の一環で、なるべく残業を減らそうねという動きがある中で、あまりそういうのはね…と思うので、少し残念ではあります。

↑このページのトップヘ