芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > 決算特別委員会

今日は決算特別委員会総務分科会。 以下の費目についての審査を行っています。

会計区分費目
一般会計1款 議会費
2款 総務費
9款 消防費
12款 公債費
13款 諸支出金
30款 予備費
特別会計公共用地取得費特別会計
打出芦屋財産区共有財産会計
三条津知財産区共有財産会計

ふるさと納税。制度の趣旨は分かる

多くの人が取り上げていた要素であるのがふるさと納税です。 ふるさと納税のもともとの制度趣旨を考えると、故郷を支援したいという思いが集まって然るべきなので、 都市部から田舎にお金が流れる仕組みになっているのは仕方がない部分があります。

地域地域の地場産業や特産品の知名度アップという観点から、 寄附の対価として返礼品を渡すというところも、まあ分からなくもない。 ただ、現状の制度設計だと、既に全国的に知名度が高い返礼品に人気が集まります。 特に、和牛とか海産とかフルーツなどの美味しい特産品。

現制度の場合、住宅都市だけが煽りを受けてしまう

この制度設計の場合、一番あおりを受けるのは芦屋市のような住宅都市です。 毎年、5億円以上のお金が流出してしまっています。芦屋市も魅力的な返礼品があると思いますが、 ブランド和牛などの有名特産とガチンコ勝負っていうのは…さすがに厳しいです。

ふるさと寄附金は全国的な制度なので、芦屋市単体でどうこうできる代物でもありません。 国に制度変更を求めながらも、流出の幅を少しでも小さくするためにも返礼品を集める。 ここ数年は、議会・職員ともに強い問題意識を持ちながらもこの繰り返しです。

「ふるさと」ってついてるのに、関係ない自治体からも一律で返礼品がもらえるのは納得しがたい

ふるさと寄附金の考え方は、まあ分からなくもないんです。 シンプルな「寄附」自体をするか否かは個人の自由ですし、 寄附をしたことによって自由に使える所得が小さくなることによる寄附控除も適当です。

たた、「ふるさと」と銘打っているのに、自身のルーツと全く関係ない自治体からも 返礼品という恩恵が受けられるというのは、釈然としない。それって、ただのネット通販ですやんと。 地場産業を宣伝しようという考え方自体も分かりますが、それって別に寄附とリンクさせる必要はないと思います。

せめて、居住歴がある地域からの返礼品だけを認めるという制度にはできないものか

故郷に対してお金でバックアップしたいという趣旨は分かるので、 例えば、出身じゃないところに対しては返礼品なしっていう風にできたらなと思います。 マイナンバーカードは普及していませんが、マイナンバーは国民に採番されているので 各自治体で情報をつかむことは可能です。

ただ、芦屋市だけでも2000件を超える件数があります。 人気の返礼品を誇る自治体だと、もっとたくさんの件数が集まると思います。 なのでマンパワーでやるのは多分無理。国でそういうシステムを組んでくれたら、 全国的な対応も可能だと思います。ふるさと納税制度で得をしている自治体もあるので 難しいとは思うんですが、税金を取り巻く制度でここまで不平等が生じているのは 制度上の不備だと思うので、国はちゃんとしてほしいです。

菅総理には、お辞めになる前に、ご自身がつくられた制度の見直しをやっていただきたいです。

今日は決算特別委員会民生文教分科会。 審査対象の費目が多いこともあり、1日では終わらず。 続きは週明けの火曜日です。

今日の審査対象は以下のとおり。

会計区分費目
一般会計3款 民生費
特別会計介護保険事業特別会計
国民健康保険事業特別会計
後期高齢者医療事業特別会計

委員じゃないので聞いてました。 気になるところを書いておきます。

高齢者バス運賃助成について

満70歳以上の高齢者を対象に、阪急バス運賃の半額を助成するというものです。 都市部の高齢者は運転免許証を返納されている方も多く、日常の足という形で バス運賃を助成しているものです。芦屋市のみならず、色々な自治体で行われている福祉施策です。

介護予防の観点で必要なもの

基本的に、高齢者の場合、引きこもってしまうと認知症を悪化させてしまうかもしれません。 高齢者が元気に毎日を送るための秘訣として、「きょうよう」と「きょういく」が大事と言われます。 それぞれは教養、教育ではなく、「今日も用事がある」「今日も行くところがある」ということを指しています。

バス運賃助成がある=外出するという単純なものでもないかもしれませんが、 運転免許証を返納されている方も多く、日常の足としてバスを利用される方も非常に多くなっています。 利用者数も年々増えているため、一定の役割を果たしている福祉施策であろうと思います。

介護予防は、高齢者の尊厳を守るということも然ることながら、制度開始以降、減ることを知らない 介護保険料や高齢者医療費の抑制にもつながる効果があります。だから、子育て世代などの若い人にとっても間接的に意義あることなんですよ。

芦屋市には立地の問題がある

ただ、芦屋市の場合、阪急以北。特に芦屋川よりも西側については阪急バス路線が少なくない関係もあり、 利用者数に地域差が出ているという課題が長いこと議論されています。

手っ取り早いのは、タクシー代助成とバス代助成のメニューをつくることだと思うんですが、 費用的にもタクシー代助成にまで間口を広げるのは難しいとのこと。

確かに、タクシー代とバス代についてはベース料金が違うので 同じような使用感では使えないだろうと思います。

既存のタクシー会社以外の道もちょっと厳しい

タクシー会社が対応しきれないようなケースを対応ということでは Uber(Eatsじゃない)はすごく効果的だと思うんですが、日本の場合は白タクを認めない規制が ガチガチにかかっているので、それも難しい。

例えば、公共交通網が整備されていないような過疎地の場合、例外的に規制緩和されているんですが 芦屋市の場合、本数が少ないといえど、阪急バスも通っている以上、規制緩和の対象に入れてくれー といってもなかなか厳しいところがあります。

コミュニティバスとかの話もありますが、多くの場合は地域で面倒を見ることになります。 結局、持続的に運用できるか?って言われると、難しいんですね。

悲しいかな、現状では要望する以上のことができていません

なかなかに八方塞がりな感じがあります。何とか、ブレイクスルーできるような プランがあればいいんだけど…といつも思っているんですが、なかなか効果的な案もなく…。 各会派とも、タクシー代助成もやってくださいよーと要望はしているんですが。

養護老人ホームについて

芦屋市は、市立の養護老人ホームを持っています。 利用者が少ないのに、なんで芦屋市が持つ必要があるねん的なやりとりがありました。

高齢者にとってのセーフティネットであり、行政として持つ意義がある施設

うーん。それは違うんだな。控室で聞いていましたが、思わず「それはねえわ」っていう独り言を言ってしまいました。 養護老人ホームは、特養や有料老人ホームともちょっと違って、経済的に困窮している高齢者を受け入れる、 いわゆるセーフティネットの役割を果たします。

入居基準も少し厳しくて、芦屋市としては「おおむね65歳以上の高齢者で、環境上の理由及び経済的理由により居宅において養護が受けられないかた」 としています。こういう人たちを市長の決定を伴って入居いただいています。これは老人福祉法で定められているものです。 環境上の理由及び経済的理由っていうのが明確ではありませんが、ちょっと色々な事情が孕んでいることは容易に想像がつきます。 また、虐待などのケースが避難するためにショートステイするという用途でも使われている施設です。

官民問わず、有料老人ホームは結構増えていますが、養護老人ホームは全国で950件ぐらいしかありません。 民間の場合、どうしても採算性も意識する必要があります。そうなると、セーフティネットとしての位置づけの施設である 養護老人ホームを積極的に設立しましょう!という社会福祉法人もあんまり多くないだろうなと。 それが施設数の極端な少なさを物語っているのだろうと思います。

利用者少ないから無くせという議論よりも、どう有効活用するか?の議論が適当

この分野について、個人的には「利用者が少なくて非効率だから潰せや」的な議論ではなく、 「利用者が少なくなってきているから、空いている部分をどうやって有効活用しようか」という議論が望ましいと思っています。 特に、養護老人ホームについては、いたずらに無くしてしまうと行き場をなくす高齢者が出てきてしまう可能性があります。 他に行き場がない高齢者を放り出す行為は、命にも関わる可能性があります。他に民間でやりますよって言ってくれる声があるような状況ならならまだしも、 そういう声も挙がっていない今の市内の状況で直ちに手放すっていうのは難しいです。

今日は決算特別委員会建設公営企業分科会。 予備日はありますが、例年、民生文教分科会の審査が長くなる(審査対象がそもそもぶっちぎりで多い) ので、建設公営分科会は1日で頑張りました。

審査対象は以下のとおり。

予算種類
令和2年度芦屋市病院事業会計予算 
令和2年度芦屋市水道事業会計予算 
令和2年度芦屋市下水道事業特別会計予算 
令和2年度芦屋市一般会計予算11款 災害復旧費
8款 土木費1項 土木管理費
2項 道路橋梁費
4項 都市計画費
5項 住宅費
令和2年度芦屋市都市再開発事業特別会計予算 
令和2年度芦屋市駐車場事業特別会計予算 

それなりに質問しましたので、これ!というものをピックアップして書いておきます。 ただ、基本的に原稿を読むのも読んでるのを聞くのも好きじゃないので いつも簡単なメモぐらいしかつくらず、基本アドリブでやっているんですが、 そうすると発言が冗長的になってしまいますね。僕、頭悪いんで。ついつい、思いが先走る的な。

芦屋病院の決算

単年度黒字です。コロナで営業収入は減少しているものの 国や芦屋市からの補助があったので、単年度黒字。

コロナで営業収入というのは、そのほとんどは外来患者の減です。 明確に、診療控えがありました。特に昨年度の初めの方は、新型コロナは未知だったので。

最近は、いや、コロナも怖いけど、病院行かないのも怖いやんということで 徐々に戻ってきているそうです。ただ、ビフォーコロナの水準ではないそうです。 と言いながらも、数年で改善されていくものだと思います。

営業収入にダイレクトに影響する診療控え

ただ、個人的に言いたいのは診療控えですよ。

これだけは声を大にして言いたい。体の不調があれば、すぐに病院に行きましょう。 行って、診察を受けて空振りならそれで良いじゃない。検査だけならそんなにお金もかからないし。 何もないならそれはそれで安心だし。何かあっても、早期発見であればあるほど、治る可能性も高くなります。

なんか体が不調だな。。。っていうのは、何某かのサインである可能性が極めて高いから、 二日続くとかなら早めの受診をおすすめしたいです。コロナが怖いってのはよくわかるんですが、 他にも死に至るような怖い病気もたくさんあります。

結局、早期発見で治療できた方がトータル的な医療費も安くなります。 本人や家族の心身の負担、財政負担も小さくなると良いことづくめです。

病院としては感染対策を講じていますし、別に診察を受けるために通院した場合 ペチャクチャしゃべる訳でもないですし、何よりもコロナ以外の怖い病気を早期発見できないリスクは あまりにも痛いと思います。

なので、市長部局と連携しながら「病院は感染対策もしてますし、受診が必要な人は受診してください!」 というPRを強めにやってほしいということを要望しています。

屋外広告物条例の話

市条例に不適格な物件について、改修費用を補助を出しています。 条例に適合した物件の数については、当初予定通りに来ています。 第4次総合計画で計画されていた目標値にも到達しているため、まさに予定通りと言えると思います。

その上で。市内を歩いてみた感じ「景観が劇的に良くなったぜ!」という印象は正直持てません。 もともと、県条例が存在しており、多くの事業者さんは県条例にしたがってくださっていました。 芦屋市の条例は「日本一厳しい」というキャッチが独り歩きした感がありますが、 県条例と比較すると、突拍子もないほど厳しいということでもなかったと思います。

なので、条例が施行されたとしても、劇的に変わるということでもないのかなとも思います。 景観がどうなったの?という分析をする一方で、屋外広告物も含めて、芦屋市としては どういう景観を目指しているのか?というビジョンを明確にしてほしいなと。

補助も一段落ということで、条例は次のフェーズに入るのかなと思います。 お店をしていない市民も含めて、芦屋市として目指したい景観ビジョンを目指していく というのが次のフェーズなのかなと個人的に思っています。

景観は良いほうが良いよねって言うのは、市民の共通認識だろうと思いますので そこんとこはちゃんとやってほしいと思います。

今日は決算特別委員会と総務常任委員会がありました。

決算特別委員会

以下の議案に対する採決を実施しています。

番号件名
第62号令和元年度芦屋市各会計決算の認定について
第63号令和元年度芦屋市下水道事業会計決算の認定について
第64号令和元年度芦屋市下水道事業会計未処分利益剰余金の処分について
第65号令和元年度芦屋市水道事業会計決算の認定について
第66号令和元年度芦屋市病院事業会計決算の認定について

審査結果について

結果としては、第62号議案は賛成多数で可決すべきもの。 その他の議案は全会一致で可決すべきものと決しています。 うちの会派としては、いずれの議案も賛成という態度を示しています。

なお、各分科会で行われた質疑を踏まえた要望事項については 分科会座長報告資料として提出されています。

決算は超長いやりとりなので、全部見るのは大変です。 でも、これらを見ればアウトラインが分かるようになっているはずです。

各会派、会派に属さない議員が討論を実施

決算については、大きな話になりますので 各会派、会派に属さない議員が討論を実施しています。

別にやらんとアカンよって話じゃないですが、大きい話だから 態度を示しておかないとなぁ的なところなんだろうと思います。

僕は副委員長であり、委員会を進行する側だったため 討論については浅海議員にやってもらいました。

決算の各議案については、10月9日の本会議において 議決することになります。その際にも討論を行うシーンがありますが こっちは、僕がやることになりそうです。

なので、詳しい賛成理由についてはそのときに。

総務常任委員会

9月23日開催の同委員会において審査した議員提出議案第15号について、再審査するものです。

再審査の理由

そもそも、何で再審査になったかというと 決議案の文面の中に職員さん個人について触れている内容があったためです。 個人情報保護、まだ確定しているとは言えない事項を決議文に含めるのは 良くないよね?という観点での話です。

なお、対象の議案書についてはこちら

委員会の中で、議案の内容を修正

再審査。要するに、議案の内容を修正しています。 修正箇所は以下の通り。

No修正箇所修正内容
1第1段落2行目~3行目修正前「長期療養休暇の職員や退職を余儀なくされる職員までもが発生する極めて」
修正後「令和2年6月29日に設置された芦屋市ハラスメント調査委員会においてパワハラが認定されるという」
2第2段落1行目「令和2年6月29日に芦屋市ハラスメント調査委員会を設置し」を削除
3第2段落3行目「透明性」を削除
4第2段落4行目~5行目修正前「今回のパワハラのために退職された方、長期療養休暇の方から事情を聴くことさえできない状況の中、調査を終了することは言語同断である」
修正後「今回一部の方からは事情を聴くことさえできない状況の中、調査を終了することは誠に遺憾である」
5第3段落1行目「この問題の全容を徹底的に解明するため、」を削除

修正後の議案について、会派として賛成しています。 理由は上述のブログ記事に書いているのと同じです。

議会として配慮不足だった。

前回の委員会の時点で、この決議文は問題やんねっていう話で修正しています。 でも、修正が足らんかったねということでで再審査になりました。

初めから、もっと配慮すべき事案でした。 僕自身、もっと気を付けないといけないと痛感しています。

議員は偉いとは全く思いませんが、対職員という話だと、言うなれば、 株式会社と株主ぐらいの立ち位置になります。 よって、対職員に対してはとても強いパワーを持つ存在です。 なので、やりすぎ!ってぐらいに配慮しながらやって丁度いいなと思います。

今日も決算特別委員会。 民生文教分科会が1日で終わらなかったので、予備日を使って延長戦です。

例年の決算審査だと、駆け足で3日間で終わらせていたので それを考えるとじっくり時間をかけて審査できるようになっているのでしょう。 結果的に、予備日を1日に余らせることになったので、 もっと色々と問題提起した方が良かったのかもしれませんけど。

今日は民生文教常任委員会所管のうち、教育費を審査しています。

個人的に気になること

個人的には、教職員の負荷軽減のところが気になります。 今回の決算では教職員の大きな負担に繋がっている部活動指導について、部活動支援員を入れながら 緩和してますよって報告がありましたが、各中学校1名ずつ。

無論、予算が絡むことなので無限に投入するという訳にはいきません。 ですが教員の人の仕事は、第一義的には子どもたちに教育サービスを提供することです。

授業時間のみならず、授業の準備や子どもたちと向き合った上でのコミュニケーションなど。 教員免許を持っている人に求められている本来業務に注力できる環境をいかにして つくっていくか?これが教育委員会に求められているのだろうと思います。

某失敗しない女医じゃないですが、 「(免許がなくてもできる仕事は)致しません」というのは 本質をついているような気がします。

部活動指導だけじゃなくて単純労務などもそうですね。 教員の人たちから、こういう業務を如何にして引き剥がすか。 本来業務への注力による教育の質の向上が実現すれば、 教育を将来への投資に繋げていくことができると思いますので。

ITの活用も一つでしょうし、ドラスティックな教育現場の改革も行ってほしいですね。 僕も調査しながら、適宜、問題提起をしたいと思います。

決算審査の行方

各分科会では、質疑だけを行います。 討論と採決は、10月5日に行われる全体会にて行います。 その後、10月9日の本会議にて討論と採決を行って終了です。

↑このページのトップヘ