芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > その他会議

今日は議案説明会。 8月31日から始まる9月定例会で上程される議案の内容をご説明いただくというものです。 謙譲な言い回しをしているのは、当局のご協力を得たうえでの開催だからです。

コロナ対策を考えると、いらんと思うけど

といっても議案の内容をちゃんと理解しようと思うと、結局議案を細かく読み込む必要があります。 そういうことを踏まえた上でコロナ対策を考えると、議案の説明を聞くためだけに集まるのもねぇ…っていう。 この議案説明会自体を考えた方が良いのでは…とは思ってます。

ただ恐らく、こういう機会が設けられた背景として、 各会派から「説明しに来いや!」って言われていた経緯があるのだろうと。 各会派から「説明しに来いや!」と言われると「(当局側が)しんどい」という背景が あるのであろうと想像しますので、止めてしまえとは言わないでおこうと思います。

でも良いやりとりもありました

議案については、上述のとおり、もうちょい読み込まないといけません。 というか、基本的には31日の本会議で初出しということになると思うので、そのときに。

あ、でも、一つだけ指摘がありました。

各議案書の1ページ目には「提案理由」を書く欄があります。 ちゃんと書いてる議案もあるけど「○○を変更するため、この条例を制定しようとするもの」 みたいな書きっぷりの議案もあります。

例えば、平成30年12月議会に出されたこれとか。

簡単でも良いので「何で変えるの?」というところにも触れないと、1ページ目見ただけでは分からんと。 1ページ目は一応概要を書いているページなので、そこを見たら大枠は分かるような立て付けじゃないと 文書としてアカンよねっていう指摘です。

これは目からうろこ。 議員は基本、全部読み込むありきだと思っているので意外と気づかない指摘です。 でも、情報公開の観点で言うと、とてもとても大事な指摘。何10ページもある議案書を 読まないと概要が分からんということでは困りますね。

こういうやりとりがあると、集まった甲斐があるねぇというものですね。

議案説明会の招集=一般質問通告開始を意味する

さて、議案説明会というのは議会開会の1週間前に行われます。 1週間前というと、一般質問の通告が始まる日。僕は通告したか?というと、 余裕でまだです!通告書もつくってません。31日の17時が期限なので、 26日中に出せたら良いやってぐらいの感じです。

芦屋市の質問順は出したもん順

初日から通告している人は偉いなぁって思います。 他の議会だと、大会派順とかくじ引きとかで順番を決めるそうですが 芦屋市議会における一般質問の順番は通告した順となります。

これが面白いところなのかなと。 人によって好きな順番があるようで、ちょっとした駆け引きがあるとかないとか…。

僕はそういうのは全くないので期限の真ん中ぐらいの日にしれっと出します。 真ん中ぐらいになる理由は以下のとおり。

  • 「ああ、もうすぐ議会だなぁ」と尻に火がつかないと通告書が書けない横着者気質なため
  • 通告後、ヒアリング⇒原稿提出という締めがあり、ギリギリはしんどいと思うため

順番も、本当は朝イチ、午後イチが良いなぁという希望はあります。 要するに、始まる時間が分かりやすいのが良くて、一日の終わりの方はしんどいから嫌っていう。 でも希望の順番にするために通告を待ったりするのはめんどくさいので、通告しちゃってます(笑)

する質問は大体決めてます。コンセプト通り

肝心の一般質問ですが、一応、ネタ帳はあります。 なので、今、右往左往している訳ではありません。ぼちぼち通告書にしたいと思います。

今期は歳入増、コストリダクションに繋がるものを…と意識して質問しているつもりですが、 誰にも気づかれません。建設的な議論になるように!と意識もしているつもりですが、 誰にも気づかれません。でも頑張ります。

今日は議案説明会。 6月定例会で協議されることになる市長提出議案が示されました。

例年、6月議会ではそこまで多くの議案が出ない風潮があります。 多分、3月に予算を組んで間もない議会だから、あまり動きがないということなんだと思いますが 専決処分報告が3件と議案が9件と今回も少なめ。

詳しい内容については、6月8日の本会議において上程された後、 お知らせしたいと思います。

6月は体制が変わる時期

6月からは常任委員会の体制が変わります。 各会派から希望が出された後、調整を経て決定となります。 うちの会派は希望票を提出していますが、あくまで希望は希望なので どの委員会に属することになるでしょうか。希望通りなら良いですけどね。

ちなみに、副議長を初めとする3役の人事も変わります。誰になるのか楽しみですね。 なお、うちの会派…というか個人的には「役職」には全く興味がありません。 役職によって生じる業務(特に監査委員)には興味がありますが、役そのものはホンマどーでもいい。 なので、僕は今年も無役でフリーに発言していきたい(笑)

一般質問の通告も始まっています

フリーに発言と言えば、今日から一般質問の通告が始まっていますが、 未だ何も書いていない(笑)

質問したいことは決めているので、折を見て通告したいと思います。 提案ありきじゃなくて、課題解決ありきの実のある提案をしたいと思います。

芦屋市役所もテレワークを開始することになりました。 前々から、利用するかどうかはさておき、フレックスとともに制度として用意しておく 必要があるだろうと提案していましたが、特にテレワークはイントラなどネットワークの 整備も必要なので、あまりスピード感を伴わない進み方でした。 ただ、新型コロナの影響もあり、急ピッチで進めてきたんだろうと想像します。

議会もStay Homeの一環か、Web会議を実施

芦屋市議会としても足並みを揃え、なるべく登庁しないようにしようよと。 とりわけ、3密に該当する要素が多い顔を突き合わせての会議はなるべく減らす必要があります。 議会はとかく会議が多いんです。そして、1回の会議時間がとにかく長い。

そうした動きの一環か、本日早速Web会議を実施。 なんの会議かというと、精道ブロック会議です。

精道ブロックとは、先日策定した議会BCP(議会機能継続計画)の中で決めている ブロック体制の一部です。各議員の居住地ベースで山手、精道、潮見の3つのブロックに分けて 災害時の情報収集などを行う体制をつくっています。

Web会議は災害発生時においても有効な可能性があります。 通信インフラが死んでいる場合は無理ですが、そうでない場合は有効に活用できます。 ということもあるので、Web会議は率先して実施すべきかと思います。

今日はLINEを活用

今日は公式な会議ではなくて打ち合わせベースのものでしたし、 Web会議のお試しという位置づけが強かったので無料で使えるLINEを活用。

今回のコロナ騒動を受け、LINEのグループ通話においても画面シェアができるようになったようです。 コンフィデンシャルな情報を取り扱うのはどうかしら?と思いますが そうでないような会議のケースであれば、LINEはお手軽で良いかもしれません。

なお、今日の会議については僕を含め、ほとんどの方が在宅で参加されました。 Stay Homeすべき!という状況ですから、望ましい参加の仕方かと思います。

市議会の公式会議においてもWeb会議の導入を検討すべき

市議会の本会議や委員会もWebでできないのかな?って思います。 WebEXとか、Microsoft Teamsとかを導入して、Webでの会議も真剣に検討すべきかなと。

世間は一気にテレワークが進みそうですから、 議会も柔軟な発想で展開していく必要があるのだろうなと強く思います。 新たな議会改革の発想ですね。

今日はBCP検討ワーキンググループがありました。今日で11回目。

策定完了はあくまで初版

8月に議長から諮問を受けて立ち上げた会議体による会議ですが、 本日、ようやく一定の原案が固まりました。それぞれの会で大体2時間ぐらいは 協議してきましたので、相当な時間をかけてつくっています。

来週以降、全体協議会と代表者会議での承認が受けられれば晴れて策定完了です。 ただし、これはあくまで初版。災害など、緊急事態に終わりはありません。 初版における抜け漏れ・宿題は今後の活動の中でブラッシュアップをしていこう! ということになっています。

議員同士で議論するのは良いですよね

こうした会議を行ったあと、いつも大変やったわーと思いながらも良いなぁと思っています。 議員になってからの議論はどうしても対行政になりがち。フェアな立場でのやり取りじゃないというか、 あくまで「質疑」の枠組みから出られません。ホントは僕はこれはあんまり好きじゃなくて こうした未来志向の話をガンガン進める方が好きです。

いつになるか分かりませんが、議員同士でもガンガン議論ができる議会にしていきたいと思います。 正常な議論は、自分の考えと違う考えの人を否定しないことから始まるんですけどね。 いつも柔軟な発想を忘れないようにしたいところです。

お知らせ

さて、議会BCP。策定完了後はホームページにもアップされることになりますので また良ければご覧いただければと。特に同業者の方。視察もお待ちしておりますよ(笑)

なお、一連の流れについて、市議会事務局がFBページにおいて写真付きで公開してくれていますので 連携します。僕の駄文よりも分かりやすいんだな(笑)

良ければ、同ページへの「いいね!」よろしくお願いします。

今日は議案説明会。 現年度分議案と新年度分議案。そして次年度予算の概要についての説明がありました。

議案の解説?

議案について、委員会が始まる前に解説が欲しいという声がありました。 解説と言っても、実際に委員会で説明を受けているわけではないため 僕も議案書を読んだ上での理解の範囲を出ないですが、議案書が市議会HPに公開された暁には ちょっと紹介してみたいと思います。

ただ、委員会の前に個人的見解を述べるのは事前審査にもなりかねないところがあるので、 どんな議案が出ていて、どう変わるのか?というところを機械的にご紹介ということになると思いますが。

新年度予算について

今日はあくまで概要だけの説明でした。 予算についても、2月18日の本会議において市長による施政方針演説が行われるので それが初出しということになります。

ちなみに伊藤市政になり、初めての予算です。 新市長のカラーがどれだけ出ているのか。注目はそこですよね。 僕はチラッと読みましたが、おっ!と思うところもありました。 前期から提案していたことが進んでいるなと。

議案説明会の開催=質問の通告の開始

3月定例会は、前述の施政方針に対する総括質問が行われるため 一般質問は行われません。総括質問は各会派から代表して1名が行うことになっています。 うちの会派からは僕が質問する予定になっています。

一般質問と違い、総括質問の持ち時間は1人60分。 対象の範囲も広く、かつまだ事業が進んでいないところなので 細かいところを掘り下げて聞いていくというよりは、大きな視点で質問する必要があります。

所管部署も広い範囲で質問するので、原稿の準備もヒアリングも大変です。 質問通告の期限は21日。質問通告が終わるまでは、寝られない夜が続きそうです(笑)

もう新人でもないですから、当局をギャフンと言わすのではなくて、 問題提起として参考にしてもらえる意義ある質問にしたいですね。

↑このページのトップヘ