芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > 建設公営企業常任委員会

今日は建設公営企業常任委員会、総務常任委員会がダブルヘッダーで行われました。 市長提出議案が中日提案されたため、それの審査です。 いずれの委員会も再開発が絡んだ案件でした。

建設と総務、連動している感がありますので あえて分けずに書いておきます。

審査した議案は以下の3件。

  • 建設公営企業常任委員会
  • 番号件名
    第49号令和3年度芦屋市都市再開発事業特別会計補正予算(第1号)
  • 総務常任委員会
  • 番号件名
    第47号令和3年度芦屋市一般会計補正予算(第5号)
    第48号令和3年度芦屋市公共用地取得費特別会計補正予算(第1号)

結論としては、以下のとおり。

第47号修正可決
第48号可決(全会一致)
第49号否決(賛成少数)

うちの会派は、48号と49号については賛成。 47号については修正案に反対で原案に賛成という態度を取っています。

再開発特別会計

JR芦屋駅南地区第二種市街地再開発審査会の委員報酬を追加計上する補正予算。

この審査会とは、阪神間都市計画事業(芦屋国際文化住宅都市建設事業)第二種市街地再開発事業の施行に関する条例 に定義されているもので、主な役割としては管理処分計画の手続について 適正に進めるためのものとなります。

たかが審査会、されど審査会。影響は大きい

今回、否決されたため、今年度中の審査会の開催が難しくなりました。 審査会を開けないと管理処分計画の策定ができません。 管理処分計画が決まっていないと、国への補助金申請にも影響します。

そして何よりも、年をまたぐと次の基準日である5月末まで待たなければならなくなります。 管理処分計画は、再開発ビルに継続居住を望む地権者の資産を等価交換するためのプランです。 地権者との話は、議会に諮る以前の約束の話。そこはきちんと前に進めないと。

地権者の方々が納得しているかどうかはさておき、答えとしてはイエスと言ってくれている人が多いです。 でも、それはそれぞれのライフプランを熟慮されたうえでの判断。スケジュールがコロコロ変わってもええんよ っていう話ではないと思います。

公共用地取得費特別会計

これも再開発がらみ。 ただ、厳密には、道路用地として必要としている土地の取得になります。

本来であれば、補助金を充てて一般会計で取得するものです。 ただ、今年度は補助金を受け取れていない状況なので、公共用地先行取得等事業債という市債を起債して取得します。 後年、補助金が入った後、特別会計⇒一般会計に買い戻すということになります。

少しイレギュラーな対応にはなりますが、この市債自体は制度として認められている手法です。 全国的にも、先行取得債を使って先行取得するケースは少なくないようです。 若干テクニカルではありますが、補助金が手元にない芦屋市として、最大限の努力であろうと思います。

今回、具体的に取得費が計上されているので、具体的に土地を取得する話がまとまったということです。 これは否決したら完全に債務不履行で、えらいこっちゃになると思っていたんですが、全会一致で可決ということでよかったです。

一般会計

上述の特別会計に繰り出す歳出が計上されています。 修正可決されたのは、それを削ったということ。 特別会計で否決された後の話だったので、まあそうなるわな。と。

再開発事業の行く末はどうなるのか?

再開発の行く末はどうなるのか。 市は、計画段階でのコストカットはもう厳しいと言っています。 僕もそう思います。でも、入札とか、折々の業務の中でのコストカットは間違いなく実施可能。 地価が高騰するかもしれないというのはありますが、それは芦屋市がどうにかできるものではありません。

コストが高いという主張は分からなくはないんですが、もうコストカットは難しいよと。 芦屋市が取れる選択肢は以下の3つかなと思っています。

  1. このままのプランで進める
  2. コスト削減を目指して事業手法を変更する
  3. 事業手法の変更までに少なくとも10年はかかる。10年後に事業が成立するどうかの保証なし。
  4. 事業をやめる

判断は「やるかやらないか」の局面に達しつつある

個人的な見解として、少なくとも2の選択肢だけはないです。ありえない。 そもそも、一度合意に至った話を白紙にして、駅南の状況を10年間棚上げにするのは理解に苦しむし、 それだけの時間とコストをかけた結果、「できませんでしたー」となったら、取り返しがつきません。

なので、1か3かになるでしょう。ただ、3の場合、恐らく駅南はずっとあのまま。 阪神間のJR駅で唯一の未整備駅。芦屋ブランドに傷がつかないか。芦屋市を芦屋市たらしめているのは 芦屋ブランドに他なりません。ブランドは一朝一夕ではできず、先人たちが頑張ってつくってきたものです。

他自治体との競争に勝つためには武器が必要です。 現状、唯一無二の武器を持っているのに、それを自ら手放す可能性がある方向性は 施策展開としては間違っていると思います。

今日は建設公営企業常任委員会とJR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会がありました。

建設公営企業常任委員会

以下の議案を審査しています。

種類番号件名
市長提出議案第44号芦屋市自転車駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

結論としては、全会一致で可決すべきものと決しています。

阪神打出駅の狭すぎて危ないホームが拡幅されるということ自体、 駅のユーザビリティが向上することになります。歓迎すべきことだと思います。

それに伴って、市営の駐輪場が押し出される形になりますが、 阪神電鉄さん運営による代替駐輪場が設けられますので、 梅田方面のホームが広くなってユーザビリティが上がるだけだと思います。

同駅の自転車利用については、南から北上する人が多いので 本来筋としては駅よりも南に駐輪場を配置すべきです。 特に、踏切周辺で歩行者と自転車が交差して危ない状況は否定できないので。 ただ、現状、適当な土地もなく…。

なので、社会情勢を見て、駐輪場の必要台数に変化が生じてきたときには 駐輪場の配置についても検討してくださいと要望しています。

JR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会

原則としては資料に基づいてやりとりが進んでいたと思います。 詳しい内容については、市議会HPに後日アップされる資料をごらんください

街路事業は目的達成に資する事業手法か?

市としては、以下の6つのポイントを挙げて、街路事業(現道の拡幅整備)が 適当な整備であるか?ということを報告しています。

  1. 路線バスの運行状況(運行経路と流入出台数)
  2. 路線バスの停留所の方向が限定される(東行き3台・西行き1台)
  3. 必要な交通施設の平面配置
  4. 整備範囲が東西方向に長く円滑な乗り継ぎができず、交通結節機能に劣る。 必要な施設が地区内に収まらない。
  5. 道路の断面構成
  6. 既存道路との滑らかで安全な接続ができない。
  7. 歩行者及び通行車両の交通安全性確保
  8. 事故や円滑なバス運行への支障が懸念される。また、歩行者の乱横断に起因する事故も危惧される。
  9. 駅前道路の一方通行化等について
  10. 道路の構造的な対策(歩車共存道路)と交通規制による対策(一方通行、制限速度) について検証したが、有効な手段にはならない。
  11. JR西日本所有地の有効活用
  12. JR西日本所有地を有効活用できない。

詳しい話は市の資料をご覧ください。 が、特に(3)についてはクリティカルだなと思いますので ちょっとだけ触れておきます。

030608 JR芦屋駅南地区再開発事業について_ページ_07

現道を拡幅する形で整備した場合、事業範囲外の道路と幅員が合わず、 交差点内で中央線がずれることになります。これは法令に照らしても適当な状態ではありません。

解決しようとすると、事業範囲をもっと広げて、一帯の道路を拡幅する必要があります。 コストの話をしているはずなのに、事業範囲が広くなると地権者も増え、コストも大きくなるため 現実的なプランであるとは言い難いです。

確認したところ

個人的な発言として、以下の点を確認しています。 街路事業を推し進めようとすること自体、問題があるということが明らかになったかなと思います。

  1. 街路事業に変更した場合、「今よりマシ」な状態とは言い難いという市の見解は、 公安委員会や芦屋警察に確認したうえでの見解である。
    • もともとの大目的である交通課題を解決できないプランへの変更について、合理的理由の説明ができない。県が事業認可するのか。
    • 交通課題の解消に至らないプランに60億円以上の価値があるのか。安かろう悪かろうでは困る。
  2. 仮に事業認可を受けられるとして、事業手法の変更⇒事業認可に至るまでには 少なくとも10年の年月を要する。
    • 年間に人身事故が1件。物損事故が20件生じている危険地域を最低でも10年間放置することになる。
    • 長らく棚上げされてきた課題について、ようやく一定の着地点を見たにもかかわらず、再度棚上げするのは問題ではないのか。

最悪の場合、10年間棚上げして検討したけど、ダメでしたーということになりかねない。 10年かけて対応する場合、膨大な時間とコストを使うことになるが、それがすべて無駄になる。 課題解決にもならないため、将来への負担は大きくなるだろうと懸念します。

現状のプランがベストプランであるとは言いませんが、10年近く協議をして 一定の着地点として見出された事業手法は重いものだと思います。また10年協議することが ベターな方向性であるとは言い難いものがあります。

今日は建設公営企業常任委員会。 また、常任委員会終了後には、予算特別委員会建設公営企業分科会が行われています。

建設公営企業常任委員会

以下の議案の審査を行っています。 いずれも、全会一致で可決すべきものと決しています。

区分番号件名
議案12芦屋市手数料条例の一部を改正する条例の制定について
13芦屋市震災復興地区住宅市街地整備総合支援事業に係る従前居住者用住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

また、以下の所管事務調査の報告も受けています。

  • バリアフリー基本構想(JR芦屋駅周辺地区)について
  • 芦屋市都市計画マスタープランについて
  • 打出駅ホーム拡幅に伴う代替駐輪場の整備について
  • 市立芦屋病院について

議案書と所管事務調査の資料はこちら。

気になるところを書いておきます。

打出駅ホーム拡幅に伴う代替駐輪場の整備について

打出駅のホーム(大阪方面)が拡幅されることになりました。 今日の報告としては、打出駅は下のようになるよと言う説明を受けました。

  1. ホーム(大阪方面)を拡幅
  2. 拡幅は、市営駐輪場の土地を取得して実施
  3. 拡幅によって使えなくなった駐輪場は、阪神電鉄が整備する駐輪場で代替。

絵で言うと、以下のような形になるとのこと。

0006

朝の通勤ピーク時にはかなりの方がご利用になる駅ですが、ものすごく細い形状でした。 ホームの際を移動するようなシチュエーションも多いです。駐輪場の使用感は変わるでしょうが、 総合的に見ると利用者の利便性が向上することになるだろうと思います。

ちなみに、言い出しっぺは阪神電鉄のようなので、費用としては阪神持ちということになります。 駅の利便性が向上するのは喜ばしいことだと思っています。

予算特別委員会建設公営企業分科会

今日のところは以下の審査を行っています。 時間の関係でお残しがありましたので、続きは週明け月曜日ということになります。

区分番号件名
議案29令和3年度芦屋市水道事業会計予算
30令和3年度芦屋市病院事業会計予算
31令和3年度芦屋市下水道事業会計予算

企業会計だと、財務諸表が提供されます。 予算なので、あくまで計画ではあります。 が、来年度はどういう感じで計画されているの?が一番分かりやすい資料なので、紹介しておきます。

病院事業会計予算

収益力について

営業部門(単位:千円)

営業収益4,517,145
営業費用5,469,859
差額△952,714

営業損失:9億5271万4千円

営業外部門(単位:千円)

営業外収益1,097,439
営業外費用163,227
差額934,212

経常損失:1850万2千円

その他(単位:千円)

特別利益124,600
特別損失153,600
差額△29,000

純損失(予備費含む):7750万2千円

まとめ

単年度赤字です。ただ、コロナ禍の影響を受けた上でこの見込みであるとのこと。 令和元年度決算のときは純損失が6144万9993円だったため、そんなに卑下する見込みではないと思います。 もちろん、この計画値を達成するための不断の努力が必要なのは言うまでもありませんが、 近年の芦屋病院の経営状況を見る限り、目標値にニアリーな実績は挙げてくるんじゃないかなと思っています。

そして、この数字には減価償却費も含まれています。 減価償却費はキャッシュには影響しない話です。 経営状況を見る場合、キャッシュフローも見ておく必要があります。

キャッシュフローについて

営業キャッシュフロー285,668
投資キャッシュフロー△95,492
差額190,176

1億9017万6千円のプラスです。 この数字がどうなのかというと、過去5ヵ年の状況を見てみたら大体わかるかなと。

R1年度△1億7212万3047円
H30年度3億5348万2703円
H29年度9504万4273円
H28年度2億3437万4139円
H27年度7597万4967円

過去5年間の平均値が1億1735万607円です。 異常値(投資を実施したため、キャッシュフローがマイナス)を除いた平均値だと、1億8971万9020円。

極めて平均的なキャッシュフローを見込んでいるとみることができます。 やはり、コロナ禍の影響からは概ね脱却できるだろうとの見込みを立てているのだと思います。

経済界を見ても、次年度、次々年度あたりで回復するだろうとの見込みも立てられていますから、 希望的観測ということではないと思います。

芦屋病院は、基本的には身の丈にあった投資を行う傾向が強いのかなと思います。 確かに、医療機器は高額なので、投資した分を速やかに回収できるかどうかは難しいところがあります。 特に、芦屋病院の位置づけは先端医療を率先してやる類の病院じゃないので、適当な判断なのかな? と思ったりしています。

水道事業会計予算

同じように、収益力とキャッシュフローを見ます。

収益力について

営業部門(単位:千円)

営業収益1,477,715
営業費用1,890,331
差額△412,616

営業損失:4億1261万6千円

営業外部門(単位:千円)

営業外収益220,788
営業外費用65,890
差額154,898

経常損失:2億5771万8千円

その他(単位:千円)

特別利益119,099
特別損失11,994
差額107,105

純損失(予備費含む):1億5970万4千円

キャッシュフローについて

営業キャッシュフロー398,633
投資キャッシュフロー△850,773
差額△452,140

4億5214万円のマイナスです。今年は投資を大きくやってる年度ということになります。 この数字がどうなのかというと、過去5ヵ年の状況を見てみたら大体わかるかなと。

R1年度△1億5806万3154円
H30年度2億8038万575円
H29年度△2億127万1576円
H28年度8968万6719円
H27年度△5億1952万575円

水道は、全体的に投資が多いです。 老朽管路の改修が多いから、投資も多くなっているのだと思いますが、 毎年の営業利益をベースにやっていくのは難しそうです。 水道については、内部留保が凄くたくさんあるから、 それがあるうちに、投資やっちゃいましょうっていうことなのかしら。

委員会において、そういうやりとりはないので、よく分からないんですけどね。

今日は建設公営企業常任委員会。 以下の議案について審査しています。

区分番号件名
報告3令和2年度芦屋市都市再開発事業特別会計暫定補正予算(第4号)
議案6令和2年度芦屋市都市再開発事業特別会計予算
8令和2年度芦屋市病院事業会計補正予算(第2号)
9令和2年度芦屋市下水道事業会計補正予算(第1号)

議案についてはいずれも全会一致で可決すべきものと決しています。

また、以下の所管事務調査も実施しています。

  • 市立芦屋病院について
  • 芦屋市街路樹更新計画について
  • 芦屋市緑の基本計画について

議案についてはこちら。 所管事務調査の資料についてはこちらをご覧ください。

芦屋病院について

令和2年度の上期の経営状況に関する報告がありました。

やはり、入院患者数や手術件数が減ったことがダイレクトに影響しています。 減少については、利用者側の診療控えや病院側が不急な手術や入院治療を控えたということが影響しているそうです。

 前期上半期実績今期上半期実績前期上半期比目標達成率
1日入院患者数171.9人148.9人86.6%79.6%
1日外来患者数342.4人272.1人79.5%77.7%
手術件数1262件924件73.2%61.6%

治療を遅らせたりする等の方針については、 主治医がきっちりトリアージをした上でやっているとのこと。 結果、医療収入は減っているものの、利用者にとって必要な医療の提供と コロナ感染対策を両立できていたのだろうと思います。

民間病院の場合、売り上げが落ちるとキャッシュフローがえらいこっちゃになる可能性があるんですが、 公立病院の場合は一般会計からの繰入ということで回避できるので、単年で突発的に生じた売り上げ減については あまり心配することはないかなと思っています。

というのも、ここ近年の芦屋病院の経営状況はかなり改善されつつあったからです。 今年の場合は明らかにコロナによる影響と分かっているので、今年はこれでいいかなと言う感じです。

コロナの問題については、コロナワクチンの投与が進むことで収束していく(≠終息)ことになると思います。 それにしたがって、入院患者数や手術件数は改善されていくものだと思います。

今日は建設公営企業常任委員会。新聞等で言われているように JR芦屋駅南の再開発事業に関する予算案の審査でした。以下の議案が審査対象です。

番号件名
第76号令和2年度芦屋市一般会計補正予算(第8号)
第77号令和2年度芦屋市都市再開発事業特別会計予算

議案書の中身はこちら

ちょっと普通とは違う流れになりました。 ひとまず流れを書いておきます。

  • 市長提出議案の原案を審査
  • 修正案の提出
  • 修正案の審査

これだけっちゃこれだけなんですが、修正案の内容は、 僕をはじめ、多くの人にとって正に青天の霹靂。予想だにしない斜め上の展開になりました。

結論としては、修正案と修正部分を除く原案が、賛成多数で可決すべきものと決しました。 ややっこしいですが、原案じゃなくて修正案ベースのものが可決すべきものと決したということです。

今日はまだ委員会であり本会議ではないので確定ではありませんが、 状況としては、再開発事業が止まってしまいそうな雰囲気になっています。

思うところ?今日の議論で個人的に大事だなと思ったやりとりを書いときます。

原案の内容

原案についての詳しい話はこちら。先日の再開発特別委員会で議論されています。

結論としては、35億円の事業費縮減を行いますよというもの。 非常に大変な思いをして、実現されたプランだろうと思ってます。

修正案の内容

修正案は、事業手法の検討をしてほしいというもの。 事業手法変更の検討に要する費用以外の費用を削減するというものになっています。 考えられる事業手法については、市がまとめている資料が分かりやすいかなと思いますので 貼っときます。

0004

修正案の提出者は、具体的には再開発事業⇒街路事業に変更することを主軸に検討してほしいと主張されていました。 特にA案が望ましいと。市がシミュレートしたプランはこちら。 ページが複数なので、PDF貼ってます。

次に、思うところを書いときます。

修正案について思うところ

用地取得の難しさ

JR芦屋の駅前はとても狭いです。示されている街路事業を進めるにしても、地権者からの土地の買い上げが必要となります。 市としては、これまで地権者との交渉を担当しています。その市の担当者が感じる肌感覚として、街路事業の実現性は極めて低いだろうと答弁されていました。

提案者は、市の当初計画よりも地権者数が減るので、前の計画よりも簡単になるはずだと言ってました。 果たしてそうだろうか。市と地権者は、ここまで何年もかけて話し合ってきた歴史があります。 議会から言われたんで、イチから見直しますわー。なので、立ち退きよろしくね。 って言われて、ハイ分かりましたーってなるでしょうか。

仮に、ここの家々が大きなお庭があり、セットバック可能ということであれば 継続して居住と言うこともできるんでしょうが、いずれも建物があります。 家の1/10だけ買い取りますね。なんてことはできないです。

お金もらった⇒引っ越そう!ってなる?

市が提示していたプランの場合、継続して居住することを望む人が住む 代替住居を用意していますので、立ち退きは必要ありません。

民間の事業だったら、もしかしたら、土地公示額以上の費用で買収っていうことはあるかもしれません。 それならば、転居も検討の俎上に挙がる可能性もあるかなとは思います。

でも、行政の場合はあくまで土地公示額の金額でしか買い取れません。 他の場所に家を借りたり買ったりして、引っ越すっていうのもなかなか厳しいです。

安全性の疑問

提案者は、現状よりも遥かに安全面が改善すると言ってました。 果たしてそうだろうか。

恐らく、完成形としてはJRの北側の駅前道路みたいになるイメージです。 道路が広くなったら、ドライバー目線では少しは運転しやすくなるかもしれないです。 でも、車が縦列駐車しまくっている通りはちょっと怖い。車の影から人が出てきたら 分からないですからね。背の低い、子どもは本当に分かりません。

また、送迎者駐車スペースは駅の南側となってます。 朝とか急いでる時、道路を横切る人がいると思います。 横断歩道もありますけど、そこまで行ってらんないでしょうし。

歩行者の立場にとって、以前よりも大幅に改善しているとは到底言えないと思います。

そもそも、実施のメリットがよく分からない

JR北の道路と同じような形状。JR北の道路に課題が山積しているのはご存じの通り。 JR北のカーボンコピーをつくったところで、同じような課題が山積してしまうことになると思います。 市のプランよりも30億安くなると言えど、数十億もかけて対策する価値が見いだせない。

市の試算だと、一番安いとされるA案であっても約60億。 その結果、ちょっと拡幅された道路っていうことだと、市民的にはどう思うかなと。 あんまかわってないやん!って思うんじゃないかなと。 市民目線で言うと「やめる」方がマシじゃない?って思います。

中途半端な投資をするのが一番ダメ。それならやらない方がマシ

結構な額を投じて行う道路整備の場合、事故リスクを可能な限り小さくしたプランを考えるのが妥当です。 そもそも、安全確保。交通課題の解決が根本の目的の事業です。可能な限り、リスクを減らしたつくりを考えるのが 当然だろうと思います。

どっちかというと、防災とかの対策に近しいんじゃなかろうか。 防災対策、お金かかるんで、ケチりました!多分、大丈夫っす!っていうと怒るやんねっていう。

「こういう使い方なら安全」みたいな条件付き道路を整備して、リスクヘッジになりますか? 一番ベストなのは、車と歩行者の動線を明確に分けることであるのは誰の目にも明らかです。

こうした事業において、一番やったらいけないのは中途半端にケチって中途半端な投資をすることです。 中途半端な投資をやってしまうと、将来的には「正直微妙」ってなる可能性があります。 そうなると、また整備が必要やねという議論になる可能性もある。

やるからには、考えられる限り抜本的に解決させるべき。 特に、命にかかわる交通インフラの整備であればなおのことだと思います。

今のタイミングでやり直すことによるリスク

本件、色々なところが進みすぎています。 JRの工事も始まっていますし、地権者との協議もかなりのところまで進んでいます。

そういう状態の中で、やっぱ1からやり直しますわっていうのは通用するでしょうか? もちろん、止めちゃうっていうのも大きなリスクを孕んでるんですけどね。 素人目でぱっと考えるだけでも以下のリスクが考えられます。

  • 地権者や関係各社からの訴訟リスク
  • 各方面の信用を失うリスク

ビジネスだったらえらいことなんじゃないでしょうか。民間のビジネスだと総スカン食らうことでも、 行政なら許されるっていうのは腑に落ちないです。 いずれにしても、金額換算でかなりのリスクが伴うのではないかと思います。 不確定要素なので、僕が心配してるだけですけど。

この話を切り出すのが遅い

こうした議論は、もっと早くにやるべきだったと思います。 少なくとも。平成31年2月の長期財政収支見込みでは、平成40年時点の基金残高は4億円。 この時点で、財政的な危機的状況は間違いなくありました。

だって、ゼロを割るのも4億も危機的状況には変わりないですよ。 平成31年4月の選挙後にこの話題をしたとしても、遅きに失した感はありますが、 早ければ早い方がリスクも小さくなるわけですから、 やはりもう少し早くこの議論をすべきだったろうと思います。

↑このページのトップヘ