芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:その他議員活動 > 市内イベント

今日で阪神淡路大震災が起こって丸25年。 例年だと、精道小学校で行われていた追悼式に出席させていただいておりましたが、 今年からは議会への案内を控えるようにしたとのことでしたので、参加は差し控えました。 NHKを見ると、精道小学校の児童と遺族の方々のみで行ったとありますね。

芦屋 児童ら死亡の小学校で追悼(NHK 関西 NEWS WEB)

芦屋公園での「1.17芦屋市祈りと誓い」については例年通り行われておりますので、 哀悼の意を込めて献花してきました。写真を撮るのは不躾な感じがしたので、写真はなしです。

再認識の一日

よく、震災は大丈夫だった?ということを聞かれます。 僕はそのときは父の仕事の都合でオーストラリアに在住しており 震災を直接経験していません。地震の揺れの恐ろしさも 震災直後の混乱も経験していません。

親戚は阪神間に在住していましたが、幸いにも犠牲者はいませんでした。 なので、知識として震災の恐ろしさは知っているものの、体験ベースによる理解はありません。 被災者の方々の痛みを分かると言うと嘘になります。伝聞や本を読んだだけで理解できるほど簡単な感情ではありません。

1月17日になると、関西のテレビ局では毎年震災の特集が放送されています。 こうした放送を見て、大変なことが起こったことを再認識しています。

議員として、防災は避けて通れない

災害は自然のものですから、発生を防ぐことはできません。 ですが、災害に強いまちづくりを進めることはできます。

阪神淡路大震災を契機に、日本の防災意識が大きく変わりました。 今では、建物自身の耐震基準もあがり、家具の転倒防止器具も多数設置されています。 建物の倒壊や家具の転倒が防止されるようになりました。

また、震度5以上の揺れがあるとガスは自動で止まります。多くの犠牲者を出した 火災の予防策も講じられています。

おそらく、阪神淡路大震災と同等の震災が発生したとして、 被害は当時よりもかなり小さくなると思われます。

可能な範囲での再発防止を繰り返しながら災害に強いまちづくりを進め、 また、ハードでは対策しきれない部分はソフト面の強化により、犠牲者を少なくするための 取り組みが進められます。

防災や災害対策の前では党派は関係ありません。 色々な考えの議員がそろっている芦屋市議会において、一致団結できる分野であります。 個人として、議会として、しっかりと災害対策にも力を入れていきたいと思います。

今日は市民センターで行われた芦屋市学校保健大会に来賓出席。 毎年、とても良い話を聞くことができるので、ひそかに楽しみにしている行事です。

今年のテーマは「動画投稿とネットゲームに潜む危険について」。 個人的に得意にしている分野で、今日は専門的な見地に基づく高度なお話が聞けるのかしら? と楽しみにしていました。

うなづける話もあったんだけど

個人情報を公開しないLINEの設定の仕方など、僕的には「それは知ってる」という話が多かったのは少し残念。

といいつつも。スマホ等の使い方で問題があるのは保護者のほうが多いということや 子どもに理解してもらいながらスマホのルールを設ける話など、うなづけるところもありました。

ただ一方で、SNSは怖いとか、一部のソーシャルゲームには問題があるという イメージが先行しないかなと少し不安になる内容でもありました。

デメリットとか、極端に怖い話だけをピックアップするのではなくて メリットの話もしっかりやらないと、あまりITに明るくない保護者の方にとっては 誤解を招きかねないところもあるなと。

SNSもあくまで道具

SNSもあくまで道具です。 結局のところ、どう使うか?が全てです。

SNSもあくまで道具です。 結局のところ、どう使うか?が全てです。

はさみやナイフなどの道具。これの使い方を知らない保護者さんはおられないと思います。 いずれも、うまく使えばとても役立ちます。しかし、一方で使い方を間違えると人を傷つけます。

ネットやIT機器も同様だと思います。 スマホやSNSの良くないところだけを取り沙汰して、 子どもたちからいたずらに遠ざけてしまうのは、根本解決には至りません。 そればかりか、ただでさえIT後進国である日本の将来を更に後進させることにもつながりかねないと思います。

難しいと思いますが、親のほうで使い方をしっかり把握したうえで 子どもと対話しながら、各家庭でのルールをしっかり定める必要があると思います。

偉そうに言いながら、僕も完っ全にスマホ依存なので そういう姿を子どもには見せないようにしないといけないのかもしれませんね。 子どもおらんけど。

今日はルナホールで行われた成人式に来賓出席。 今年は全てそうなんですが、令和の時代になって初めての成人式。

0001

今年は何人の方が成人になられたんだろう。いつもは山中市長の式辞の中で 触れられていたと思いますが、今年は特になかった気がします。でも、ルナホールは 概ねいっぱいになっていたように見受けられました。

ルナホールが最大700人収容なので、新成人さんも600人ぐらいはいたんでしょうね。

芦屋の成人式は新成人が企画している

芦屋の成人式は平成22年以降、新成人の有志による 成人式企画チームによる企画での運営となっています。 ということもあり、行政では思いつかないような楽しい企画が実行されています。

今年のテーマ

今年の成人式のテーマは「Grade up」だそうです。 おじさん的には、upgradeが正しいような気がしますが、Grade upです。 もしくは、そうするならカタカナで「グレードアップ」ってした方がええんじゃないか… って思いますが、Grade upです。

  • 成人式をグレードアップ
  • 芦屋市をグレードアップ
  • 今までの自分からグレードアップ

ということを目指しているとのこと。 芦屋市のグレードアップは僕らの仕事でもありますね。 グレードアップさせるためにも、政治にも関心を持ってくれると嬉しいな。

今年の催し

今年は某大喜利バラエティ(落語家さんが座布団をもらったり取り上げられたりするやつではない)風の 大喜利大会が催されました。平均年齢が高めの来賓側の席は沈黙していましたが、会場は盛り上がってました。

大喜利って難しいですよね。テレビのやつは、 芸人さんのキャラクターありきでウケてるところも多分にありますから。 素人がやっても火傷しちゃうだけだよなぁと。てか、てれるしね。

大喜利はステージ上がやっていたんですが、それ以外の新成人に対しては 「芦屋あるある」というフリが行われていました。これも難しいんだよなぁ。 あるあるネタは、なるべく短いフレーズの方がええんよね。

はい、お笑いは大好きです。ホントはゲラです私。

おじさんなので、おじさんぽいことも言ってみる

新成人が想いを訴えるコーナーでは、夢の話がありました。 夢があるのは素晴らしいです。本気であればあるほど、力をくれるはずですから。

ただ、夢が叶わなかったからって人生に諦めることなんてないんです。 目の前の仕事には必ずやりがいがあります。無駄かと思うかもしれませんが、 その仕事で、きっと誰かが助かっています。

仕事をする上での最大の報酬は、顧客からの「ありがとう」だと思います。 過重労働するのも、お客さんのため、社会のためと思ってやるんですよね。 それがやらされてやっていると、ホンマにキツイと思いますけど。

社会のためと思ってやると、仕事は面白いですよ。 間違っても金儲けのためと思ってやってはいけない。 そうすると失敗します。

世界は誰かの仕事でできている

ほとんどの人は組織に属して仕事をすると思います。 こんな仕事はしたくない。しんどい。そう思うことも多々あると思います。 でも、組織の中では役割分担があります。全員が嫌なことを断っていると 組織としては回らなくなる。

同年代の中でキラキラしている人を見ると、羨ましくなると思います。 でも、隣の芝は青く見えるものです。組織の中で踏ん張っている人たちも、負けじと輝いていますよ。

某缶コーヒーのCMで「社会は誰かの仕事でできている」というフレーズがありました。 これ、僕は大好きなフレーズです。仕事がんばろう!と思えるフレーズ。 そういうことなんですよね。

新成人の皆さんはこれから社会に荒波に漕ぎだすことになると思います。 社会に役立つことをやってるんだ!と自信を持って言える仕事を頑張ってもらいたいと思います。 その積み重ねで社会は良くなっていくと思いますから。

おじさんもまだ30代ですから、もっともっと頑張りたいと思います。

今日は精道小学校で行われた芦屋市消防出初め式に出席。 当然ながら、令和の出初め式としては初という記念すべき出初め式です。

出初め式の構成

出初め式は2部構成で行われます。

  • 第一部:式典
  • 第二部:演技

来賓の方、めちゃ多かったです。 式典終わりで帰られる方も結構いらっしゃりますが、 僕は演技の終わりまで見ていました。この季節、外で2時間座りっぱなしは めちゃくちゃ寒いですけど。

救助参加型展示ブース、消防車・救急車展示ブースも併設されていたためか、 一般のお子さん方も多数来られていました。

演技

消防操法訓練

消防団の方々が消防操法訓練を披露されていました。 女性団員の方々は、昨年11月に行われた第24回全国女性消防操法大会で 6位入賞の快挙を成し遂げられました。

今日もその方々が訓練をされていましたが、なんか凄かったです。 女性団員の前に男性団員の方々も訓練をされていましたが、男性よりも迫力がありました。 放水までのスピードも速かったです。

一斉放水訓練

今年度から導入された大型のはしご車からも放水がありました。 はしごの上のクレーンからも水が出るんですね、すごいテクノロジー。

DSC_0030 DSC_0031

はしご車については話では聞いていましたが、 すごい高いところまで上がれるんだなぁと。こういう働く車は 大人が見てもテンションが上がります(笑)

消防の方々には頭が下がる思いでいっぱい

出初め式には、いつもその年の火災・救急・救助概要が配布されます。 今年もされましたので、展開しておきます。Htmlに起こすのがめんどくさいので画像です(笑)

当然、火災や救急、救助件数がゼロになるのが理想です。 ですが、実際にはそうもいかない。件数が増えることもあると思います。 そんな中、平時にも訓練や啓発活動を行っておられる消防の方々には頭が下がる思いです。

消防の方々と同列に語るのはおこがましいですが、僕も政治家として 市民を守るための政策に尽力したいと思います。

今日は芦屋市立保育所の生活発表会。

僕は精道こども園の生活発表会を見に行きました。 というのも、市立のこども園は精道が初めてのことだから。 こども園になって、どんなもんなんかなーというところを確認したかったのもあって 精道にお邪魔しました。

保護者を全員収容するのは難しい

精道幼稚園と精道保育所が合体している施設ですから、 市内の既存の幼稚園や保育所と比べて単純計算で倍の人数がいます。

彼らとその保護者が一堂に会してというのはお部屋の容量的に難しい。 そして、全員を収容できる大きなホールを設けたとしても、 後ろからだと子供の姿はよく見えないですから。

こうしたハードルの解決策として、精道こども園では会そのものを3部に分けて実施していました。

  • 第1部:2、3歳児(9:00~9:40)
  • 第2部:4歳児(9:50~10:45)
  • 第3部:5歳児(10:55~12:00)

実際、2~3歳児の子たちに長い時間大人しく見ていてねというのも酷な話だと思います。 また、実際に来られるご家族にとっては、お子さんの出番以外は別に見なくても良いかなって感じでしょうし。 複数部会の構成で実施するやり方は課題解決でありながら、生活発表会としては適当なのかなと思いました。

異なる施設の利用者が一緒になることの弊害?

幼稚園と保育所は似ているようですが、少し異なる施設です。 大人目線で言うと、大丈夫なのか!?と心配になるところです。

ですが、子供たちにとっては大人の心配はあまり関係ないようです。 実際、発表会を見る限り誰が幼稚園出身で誰が保育所出身なのかがパッと見では分からないほどでした。 幼稚園出身の子も、保育所出身の子もたくさん練習していることがよく分かりました。

大人は施設が変わると色々と御託を並べて心配するけど、 実際にはそこまで心配しなくても良いのかなと思いました。 子供の適応力はやはり凄いものがあり、大人の予想を上回ります。 当然、先生方のご尽力あっての賜物だと思いますけどね。

特に5歳児は良かった

年次が上がるごとにお話も難しくなっていきますし、 通しで見ていたら子供たちの成長がよく分かりました。

特に5歳児クラスの出し物は友情とか親の愛情など 深い心情のところも取り入れられた出し物でした。

親が子供を叱るのは、愛情があるからこそなんだ ということをお話を通して子供たちが知ったようです。 大人が見ても、ストーリーとしてしっかりしているお話でした。

あと、『こころのねっこ』という歌は良かったです。 調べてみると、卒園式で歌う歌のようですね。モロにそういう歌詞でした。 僕は別に子供いませんけど、子供の声で歌われると泣きそうになるやつです。 でも、ロングトーンがあったりして難しい歌だったんじゃないかな。

素晴らしい第1回目の発表会でした

ただ、どの学年の子もたくさん練習したんだろうなぁというのがよく伝わりました。 第1回と、緊張感もあったと思いますが、結果としては素晴らしい会でした。 同園には、これからの新しい芦屋の幼児教育のフラグシップとしての活躍を期待したいです。

↑このページのトップヘ