芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:その他議員活動 > 市内イベント

今日は1月17日。ご存じの通り、阪神淡路大震災が起こった日です。26年前です。 僕は自宅は芦屋にあったものの、当時は海外に在住していたため、 震災の恐ろしさを身をもって体感はしていません。

頭ではわかる。でもそんな簡単なものではないはず

しかし、仕事柄ということもありますし、色々な話は聞いています。 なので、震災の恐ろしさ、震災後の大変さは頭では分かっているつもりです。 ですが、自身が震災を体験していない。そして、幸いにも身内など親しい人に犠牲者がいなかったこともあり、 日常生活の中で震災を意識することはほとんどありません。

経験をされた方。親しい方を亡くした方にとっては、 どれだけ月日が経とうとも忘れられない出来事だと思います。 ですが、実感ベースで経験がないものにとっては、26年という月日は 風化させてしまうだけの時間だと思います。今現在、芦屋にお住まいの方であっても、 そういう方は多いのだろうと思います。

せめて1月17日ぐらいは

ですが、せめて、1年のうち、1日ぐらいは震災のことを振り返る。 思いを馳せる日があるべきだと思っています。震災で大きなものを失った方の 気持ちが分かるというのは嘘です。頭だけでわかるような簡単なものじゃない。

だから、僕としては、悲しみを理解する1日とはしていません。 26年前に大きな震災があり、とても大きな犠牲があったこと。 今ではその影も見当たらないほどに見事に復興していること。 そのありがたみを振り返る1日としています。

例年だと、1月17日には色々な行事が行われます。 行事参加は、震災のことを考えるにはうってつけです。 ですが、今年はコロナ禍。色々な行事は執り行われませんでした。

「1.17芦屋市祈りと誓い」

芦屋市では、芦屋公園内に配置されているモニュメント前で献花と記帳を行っています。 コロナ禍において、例年通りに行われている数少ない取り組みだと思います。

今年も、献花と記帳に訪れました。 色々な思いを持って供えられているお花もあります。 その様を写真に撮るのは無粋だと思うので、写真は撮っていません。

このモニュメント。設置のバックボーンを知らずに公園を利用されているだけだと よく分からないかもしれませんが、その足元には犠牲になられた芦屋市民の方々のお名前を記した 銘板が奉納されています。

奉納されている旨をモニュメントのところに記した方がいいんじゃないか? という提案はしていますが、現時点ではそうした対応はされていません。

1月17日以外にモニュメントで思いを馳せるというシーンはあまりないかもしれませんが、 一見、よく分からないモニュメントであるこのモニュメントには、しっかりと銘板が奉納されていることを お知りいただきたいと思います。

阪神・淡路大震災慰霊と復興のモニュメント(芦屋市)

今日は、あしや市民活動センター リードあしやで行われた 「SDGs de 地方創生」カードゲーム体験会 に参加しました。

SDGsは、キーワードとして市議会でも盛んに出てきています。 それをどうやって市政に落とし込んでいくのか?という議論は聞いたことがありませんでした。 その辺、勉強できたらいいなと参加しました。無料だったし(笑)

カードゲームの感想

カードゲーム「SDGs de 地方創生」(SDGs de 地方創生)

まず、民間の立場か行政の立場をチョイス。僕は行政をチョイス(笑)

SDGs de 地方創生のカードゲームは「人口」「経済」「環境」「暮らし」という 4つの指標で表される社会の中に生きる人々という設定です。

行政の場合、いろんなプロジェクトを成功させて、「人口」あるいは「経済」を レベルアップさせるというのが目的です。

民間の場合は指標のレベルアップではなく、それぞれの仕事に応じたプロジェクトを成功させるのが目的。

プロジェクトの実施には、お金や人的資源が必要になるので それぞれの立場の人と交渉しながら実現を目指します。

このプロジェクトを進めたら人口が増えるんじゃないか?と思ってトライしても 人口が伸びなかったり。プロジェクトを進めて社会を動かさないと お金や人的資源が足りなかったり。なかなかリアルです。

プレイ結果

なお、今日のプレイ結果はこんな感じ。 人口がチーンです。消滅都市じゃんっていう。

DSC_0016

行政マン大原は、目的達成できませんでした。 民間役の各個人は目標を達成したけど、社会としては目的未達成。 100かゼロか?というのがSDGsの考え方だそうです。そらまあ、そうですね。

実際の社会も、こうして分かりやすい指標になれば良いんですけど…。 ここまで分かりやすくデフォルメされた指標は無理でも、進捗が一目でわかる 見える化は行った方が良いと思いますね。今、やるべきことがわかりやすい。

てか、SDGsを地方創生に生かす考え方が具体的に分かりやすかったっていうのもあるんですけど、 シンプルにゲームとして面白かったです。やっていくうちに結構夢中になる。 カードゲームだけでなく、スマホでやりたいからゲーム化してください(笑)

ゲームから改めて気づかされたこと

ゲームではありますが、改めて、行政だけでもダメだし、民間だけでもダメ っていうことが分かりました。芦屋市でも市民協働は盛んに言ってますが、 一緒にやりましょう!というだけでは足りないんだろうなと。

民間の人的資源と行政の資金力を複合させて、社会解決の手法を探る。 一人一人の力は大きくないけど、「もう少しこうなれば良いのに」と思う市民が 一人、また一人と増えていき、プランを具体化していくことで、小さなうねりを生み、 それがやがて大きな波になるというのが理想かなと思いました。

とりあえず、人数が集まらなかったとしても、ポジティブなアイディアがある 人々が集まる場をつくる。これが重要なんじゃないかなと感じました。

でも、普段仕事を抱えていて忙しくしている民間の人が場をつくるのはハードルが高い。 そこは行政がバックアップすれば良いと思いました。

削減だけでは勝ち残れない

芦屋市でも、人口減少が叫ばれています。新型コロナの影響も心配されています。 その影響か、守る議論しか行われていません。確かに守りは重要。 でも、0点に抑えても、点を取らないと勝てません。ゼロに抑えられるかどうかも未知数です。 守り切ったあと、希望があるのかも分からない。守備をおろそかにしすぎるのも問題はありますが、 攻めの考えた方。「こうすれば、もっと良い社会になる」という考え方も醸成したいと強く思っています。

そのためにはどうしたら良いのか。自問自答を繰り返していましたが、 一つのアイディアをいただけたなと思いました。無料でこんな有意義な機会に 参加できることができて、誘っていただけて良かったなと感謝です。

今日は芦屋市立図書館で行われた第31回富田砕花賞贈呈式に来賓出席。

DSC_0012

見識を広げる意味でも、ご案内があった行事ごとについてはなるべく出席するようにしています。 ですが今年はコロナ禍。色々な行事が中止になったり規模縮小だったりと、 よくよく考えると、行事ごとに参加したのは今年度で初めてかもしれない。

富田砕花賞とは?

去年も同じようなことを書いたような気がしますが、 そういう賞があるよとお知らせすることも大事だと思いますので、 再度書きます。

「富田砕花賞」は富田砕花生誕100年・芦屋市制施行50周年を記念して、平成2年に創設された賞です。 震災発生時は芦屋市が主催するのが難しく、継続が危ぶまれたそうですが、その間は富田砕花顕彰会さんが代わりに主催として継続して下さったとのこと。 現在では、また芦屋市が主催として毎年継続している賞になります。

富田砕花賞(芦屋市)

応募作品は芦屋市内のみならず、毎年全国から応募があります。 Wikipediaページもつくられており、全国区の賞であると言えます。

今年の受賞作

金堀則夫氏による『ひの石まつり』(思潮社)が受賞されました。 昨年度は112詩集の応募があったそうですが、今年は88詩集の応募だったそうです。 コロナ禍でも例年同様に多くの応募があったことを受け、如何に関心が高いかというような 話が講評の中でも触れられていました。

「ひ」というのは色々な漢字に置き換えることができ、 漢字が変わると意味が変わるというところに着目した詩集だったそうです。

88もの詩集の中から選ばれてのご受賞となります。 おめでとうございました。

会議(非公開)のために市役所に行っていましたが、 市役所北館1階において第34回学校給食展が開催されていましたので覗いてみました。

DSC_0014

新型コロナウイルスのためにこの時期に開催

学校給食展は、例年だと夏休みシーズンである7月下旬に市民センターにて開催されていますが 今年は新型コロナウイルスの影響があって開催が見送られていました。

展示の目玉として給食の試食があり、夏休みシーズンということも あって多くの子どもたちが来ている印象の強い展示です。

今年はもうやらないのかな?と思っていましたが、 パネル展示のみに規模を縮小し、場所も市役所でっていうことだそうです。

各時代の給食サンプルが面白い

今年は「心と体に栄養を」~食から広がる“健康の輪”~というテーマでの 展示だとのこと。特筆すべきものとして、各時代の学校給食のサンプルが掲示されていました。

僕も小1~小2の途中まで、宮川小学校で給食を食べてました。 当時はそんなに美味しいものだとは思ってなかったですが…。 お米は月一ぐらいで、あとは基本コッペパンだった気がするんです。

僕の時代にストライクのやつはあるかしら?と見ましたが ちょうどいいのはなかったです。ただ、いつの間にか牛乳がビンから 紙パックに変わっていたみたいです。僕が子供の頃はビンのフタを集めてましたが 今の子はそういうのは無いんだ…と衝撃を受けました(笑)

DSC_0016

芦屋市は学校給食甲子園で全国入賞しています。

芦屋市は2017年の全国学校給食甲子園において、決勝に残って 優秀賞を受賞しています。2025団体出場している中の12団体に残っているので とても立派です。しかも、地産地消が優位になる大会の中、 地場産物がない芦屋市の学校が賞を取るのはすごいことかと思います。 そのときのメニューのサンプルも掲示されています。

DSC_0015

9月30日~10月20日までの期間で開催されるそうです。 もし市役所に来ることがあれば、見てみてください。

今日は木口記念会館にて行われた芦屋市障がい団体連合会の新年互礼会に来賓出席。 民生文教常任委員会の委員にお誘いがありましたので、同委員会委員としての参加です。

芦屋市障がい団体連合会とは

芦屋市障がい団体連合会は以下の団体で構成されています。

いずれも当事者やご家族の方々で構成されている団体です。 身体障がい、知的障がい、心的障がい(精神障がい)問わず、 障がいをお持ちの方々をサポートするための団体であると認識しています。

疑似体験、パフォーマンス

特徴的なのは、障がいのことを知ってもらうための疑似体験やパフォーマンスが 催されたということです。

パフォーマンスはコントや寸劇などであり、楽しい雰囲気ながらも 大事なことを教えてもらえる内容になっていました。

車いすの体験では、ちょっとの段差や傾斜があるだけでも通行がとても大変になるということを聞きました。 そりゃそうですよね、台車を押すだけでも段差や傾斜があると大変ですもん。 車いすの場合、台車と違って実際に人が乗るものですから、力任せにえいやーとする訳にもいかないですから 余計に大変だと思います。

また、車いすは道交法上で歩行者の「脚」と同義に取り扱われるため お酒を飲んでも問題ないということを知りました。当たり前なのかもしれませんが、 改めて聞くと、なるほどと思いました。車輪がついているものですから 軽車両と誤解している人も多いと思うので、広くお知らせしたい内容ですね。

疑似体験「書いてみよう」

知的障がいについては疑似体験が披露されました。

「書いてみよう」は以下の4つのお題について、 イラストを描いてみてくださいというもの。

  1. りんご
  2. 「ちょっと」
  3. ボール
  4. 「ちゃんと」

りんごは簡単。絵心の有無はさておき、基本的には誰が書いても同じような絵になります。 ボールは野球なのかサッカーなのか、あるいはラグビーやアメフトetc...というのはあるものの 誰が見てもボールやねと分かるような絵が描けます。

しかし「ちょっと」「ちゃんと」って…。一体どんな絵を描いたら良いのか…。 「ちょっと」はまだ何となく連想できそうな絵が描けます。僕は指で「ちょっとだけ」を ジェスチャーした絵を描きました。ですが「ちゃんと」は無理だー。連想さえ思い浮かびませんでした。

知的障がい者の方は、僕が抱いた混乱を抱くようです。 健常者の場合、「ちょっと」とか「ちゃんと」というような抽象表現をされても察します。 というか、普段の会話でめちゃくちゃ使いますよね。

なるべく具体的な表現をしてあげないとダメだよということは知っていますが、 実際に自身で疑似体験をすると、とてもよく分かります。

疑似体験「聞いてみよう」

4人の人が同時にまちまちのことを発言されていました。 4人のうち3人は世間話をしているだけで、1人が指示を出しているというものでした。

最初は誰が指示を出しているかわからない状態でかつ、 口元が見えないマスクをした状態で聞きました。これでは指示が全く分からない。

続いて、指示者が示され、かつマスクを外した状態での発言。 こうなると、指示者に注目しながら注意して聞くので、聞き取ることができました。

知的障がい者の方には、常に1回目のような状態で聞こえるようです。 これでは集中して指示を聞くのがとても難しい。本当に大変な世界です。

ちょっとした疑似体験ではありましたが、実感ベースで分かるのは とても素晴らしい取り組みだと思いました。

フリートークも勉強になる

この会は昼食付です。各テーブルに分かれて、お昼ご飯を食べながら歓談。 僕のテーブルには、視覚障がいの方が座っておられました。視覚障がいの方と お話しするのは初めてでした。

とてもユニークな方で、とても楽しい歓談でした。 視覚障がいで困ったことなども明るくお話いただけました。 やはり、自身が障がい者であることを周囲に分かってもらわないといけない ということで、バッジなどで障がいのことを周囲に知らしているそうです。

また、視覚障がいを持ちながらピアノを弾くという方ともお話できました。 点字楽譜というものを見て練習するのだとか。

ちょっとググってみたんですが、超難しいです。 僕はピアノ弾けないし、歌う時の譜読みも遅いほうなので シンプルに尊敬します。一度演奏を聴いてみたい!

また参加したい

今年は民生文教常任委員会所属であるということでお声かけいただきました。 ですが、とても楽しく勉強になる会だったため、また参加したいと思いました。 民文だけといわず、議員に広くお声がけしていただきたいと思うけど、無理かな。

障がい者福祉も市の仕事としては重要な福祉事業です。 また色々な形で当事者やご家族の方と交流し、市政に生かしたいと 強く感じました。

↑このページのトップヘ