芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ: その他議員活動

流行ってる流行ってると聞いてましたが、いよいよ僕のところにも届きました。 細かいところは色々違うみたいですが、僕のところに来たのは「これを見て」。 …見るわけがない(笑)

Screenshot_20200926-224544

これはスパムらしい

と言いながら、お試しで開いてみたいゾ…という衝動にかられます。 でもこれは開くとやばいそうです。最近はフィッシングが多い印象ですが これはスパムメール。いわゆる、ウイルスやマルウェアが仕込まれてるよ っていう代物です。

フィッシングの場合、偽サイトに誘導して個人情報等を入手するのが目的です。 だから、アクセスしてみても別に良いですが、スパムの場合、URL先にウイルスが仕込まれているので。 開いた時点でやばめです。一昔前だと、メールに怪しげな添付ファイルが添付されており、 それを開くとアウト-ってものでしたね。

開くと色々やばいみたいです

もうちょっと調べてみると、以下のような可能性もあるとか。 なかなかヤバイ案件です。

  • Facebookのアカウント乗っ取りの恐れ
  • PCで開くと、ブラウザの拡張機能に怪しげな機能がインストールされる
  • 謎のVPNアプリのインストールが求められる(はじめ無料で後から課金のサブスク仕様)

とりあえず、こういう怪しいのは開かないことです。メッセージはいいけど、URLは絶対ダメ。 怪しさ満点だから開かないと思うんだけど、開いちゃう人もいるみたいです。 だから流行ってるんだろうけど。

世界はみんな友達です。ってちょっとおかしくない?

あと、こういう流行を助長しているんじゃないかなって思うことがあります。 議員になって以降、すごくたくさんの友達申請が来ます。基本、会ったことも話したこともない人です。 そういう人の友達リストを見てみると、何千人も友達がいる人がいます。 一般アカウントのMaxである5000人の友達がいる人もいます。

全員顔見知りなんだよ!っていう人は良いですが、 普通、5000もの人と顔見知りっていうのは難しいのではなかろうかと。 少なくとも僕のちっぽけな脳細胞では、5000もの人は覚えていられません。

何が言いたいかと言うと、会ったこともない、話したこともない知らない人と 安易に「友達」になるのはどうなんだろうね?って思います。 Facebookにはフォローという機能もあるわけですから、どうしても投稿を見たいってことであれば それを使えばいいんじゃないかなって。

よく分からん人と友達になっていると、よく分からんところからスパムメールが届いてしまうこともあります。 それで感染して、他の友達のところに拡散…っていうことになりますからね。お気を付けを。

今日は自宅作業です。 議会報原稿の作成(忘れていた)と、来週から行われる決算特別委員会の準備。

議会報は限られた紙面で伝えるのが難しい

議会報については、一般質問のページを割いてもらってるぐらいの感覚で、 タイトル22字、本文130字という非常に限られた範囲でしか掲載ができません。

小一時間の一般質問をわずか130字に落とし込むのは非常に難しいです。 伝えたい内容の極一部しか書けません。と言いながらも、自身の負担なく 発行と配布をやってもらえるのでありがたい話なんですが。

また、最近は関連画像を掲載することができます。 現場写真とかがあればとても分かりやすいんでしょうけども、 僕は割と業務効率とかの話をやりがちなので、そういうのは使えません。

でも、関係してるっぽいイラストでお茶を濁すのも嫌なので、 なるべくデータをグラフ化したものを掲載してもらうようにしています。 今回は、一般質問で使ったデータがあるからまだ楽でしたけども。

ただ、グラフだとめっちゃ小さくなって見づらい問題があります。 紙面でお知らせするのは難しいなぁといつも思ってます。 気になった人は、ブログを見てくれたら良いんですけどね(笑)

決算審査、今年から負担が超ラクに

決算特別委員会は、今年から審査体制が変わります。 7人ぐらいで市の全部の事務を審査していたところから、議選監査委員を除く20人で 審査する体制に変わります。

決算審査が好きで毎年委員になっていた僕的には、 「めっちゃラクになった」です。でも負担が小さくなった分、 狭く深く質問せねばならんなと、しっかり準備をしています。

帰宅すると、ポストに国勢調査に関する郵便が入ってました。 あて先は書いてないので、ポスティングなんだと思います。

DSC_0014

国勢調査は統計法に基づき、5年に一度、 日本に住む全ての人、世帯(外国人含む)に対して行う調査です。 同法第13条では、報告義務が定められています。

(報告義務)
第十三条 行政機関の長は、第九条第一項の承認に基づいて基幹統計調査を行う場合には、基幹統計の作成のために必要な事項について、個人又は法人その他の団体に対し報告を求めることができる。
2 前項の規定により報告を求められた個人又は法人その他の団体は、これを拒み、又は虚偽の報告をしてはならない。
3 第一項の規定により報告を求められた個人が、未成年者(営業に関し成年者と同一の行為能力を有する者を除く。)又は成年被後見人である場合においては、その法定代理人が本人に代わって報告する義務を負う。

新型コロナウイルスの影響でオンライン or 郵送対応に

国勢調査の調査員は、超大変なんだよっていう話を聞いたことがあります。 共働き家庭とかは、日中は留守だし。仮に在宅していたとしても居留守使われたらチーンだし。 粘り強く聞き取ってたんでしょうか?今までは。

そもそも戸別訪問っていうのが、詐欺の温床になりそうだっていう。 詐欺師の人たちも行動開始してるんじゃないんですか?今のところ、 そういう特殊詐欺の報告は聞いてませんけど。

そういう諸々の課題があるなかで、今年は新型コロナウイルス。 渡りに船じゃね?って感じですが、訪問による対応ではなくて オンライン or 郵送でヨロシク!という対応になったようです。

もうこれがデフォルトの運用で良いよ…って感じです。 恐らく、オンラインが主になりそうだし、そうなると回収コストも安くなるんじゃないだろうか? と予想。

僕は余裕でオンライン。封筒なんぞイラネです

統計法に基づき、回答義務がある!と銘打たれていますから 僕もさっそく回答しました。手書きで郵送というのはめんどいので、インターネット経由で。 漏洩大丈夫??的な意見があると思うのですが、国勢調査オンラインはTLSによる暗号化がされているそうなので 基本的には大丈夫かなと思います。

え、不安ですか?

かつてはSSLで暗号化されていましたが、SSLの脆弱性が見つかったので 新しい規格として採用されているのがTLSです。今どきの暗号化は全部TLSで行われていると思います。

仕組みはバクっというと、以下のような感じです。

  1. サーバがブラウザに公開鍵とSSLサーバ証明書を送付
  2. ブラウザは公開鍵を使って共通鍵を暗号化
  3. ブラウザはサーバに暗号化された共通鍵を送付
  4. サーバは共通鍵を秘密鍵で復号
  5. サーバとブラウザ双方が上記でできた共通鍵を使い、本番データを暗号化と復号

要するに、データが格納されている鍵付きの箱を開けられるのは ブラウザが持っている鍵とサーバが持っている鍵だけという状況をつくりだしているということです。 仮に通信が傍受されたとしても、中身は見えませんよってことです。

Webサーバやブラウザがハッキングされたら…っていう話は、また別物です。 あくまで、通信についてはセキュアなものになっていますよってことです。

統計を取るのは大事ですから、皆さんぜひご回答を

官民問わず、効果的な策を講じるためには情報は必要不可欠です。 しかも、その情報がなるべくデジタルで正確なもの。母集団が多い方が良いのは 言わずもがな。法律では義務とされていますし、皆さん、回答しましょうね。

ここ数日、一般質問の通告準備に勤しんでいましたが、今日ようやく通告をしました。 後のスケジュールを考えると遅くても今日には通告したいと思ってましたので、 ちょっと頑張りました。

この後のスケジュール

一般質問に関するこの後のスケジュールは、以下の通り。

  • 所管部署の職員さんとのヒアリング
  • 原稿提出

原稿提出は任意ですが、正確な答弁が欲しいので提出してます。

この工程は一見すると、事前に台本をつくって儀式的に終わらせようという風にも 見えるかもしれませんが、そういうものではありません。 こっちが言いたいこと、聞きたいことを予めすり合わせておくことで 円滑な議論を行うための工程だと思っています。

議論の時間は限られています。議論が噛み合わなかったら議論が終わってしまいます。 貴重な機会をそれで終わらすのはもったいないですよね。

原稿がちょっとめんどくさい

1回目の質問は壇上に登壇して発言するので、一応原稿はつくります。 でも、質問席に戻ったあとに行う2回目以降の質問は原稿はつくりません。 話をするためのメモは用意しますが、基本は答弁を聞きながら考えてしゃべります。 そういう意味では、嫌な議員かもしれないです(笑)

答弁の内容も、忘れそう…っていうような数字とかはメモリますが、 それ以外は頭で整理しちゃってます。字を書かなくなりすぎて、 速記が追い付かないので(笑)

通告内容はまた後ほど…

通告内容もオープンにしても良いんですが、ヒアリングをした後に微調整する可能性もありますので 議会として正式に公開するタイミングでオープンにしたいと思います。

ただ、例によって市民生活に直結しない感じの質問になっています。 議員は21人もいるのに、全員がそういう話ばかりやるっていうのも どうなんだろうねって思っているので、自ずとそういう形になります。

なるべくニッチな領域で!って思っているので質問が重複すると凹みます。 今回はどうなんだろうか。かなりニッチな内容だと思うんですけど。 いつも被りませんように…ってお祈りしながらフィックスを待っています。

今日は芦屋市議会有志で行われた勉強会に参加。 テーマは「性的マイノリティの課題と支援のニーズ」。

いわゆるLGBTとかって言われるものでもあります。 こうした内容は頭では理解しているものの、実感ベースでは分からなかったりします。

折しも、芦屋市では5月17日にパートナーシップ制度を開始したところです。

芦屋市パートナーシップ宣誓制度(芦屋市)

この分野については、なかなか実感ベースでの理解は難しいです。 ですが、色々な方のお話を聞き、知識を分厚くすることで分かることもあります。 多様性が認められだした社会です。芦屋市としても、この分野でも他市に後れを取ることなく、 しっかりと推進する必要があると思います。

性的志向と性自認の違い

性的志向

性的志向とは、その名の通り好きな対象のことを指します。 以下の志向があると言われています。

  • L:レズビアン(女性を愛する女性)
  • G:ゲイ(男性を愛する男性)
  • B:バイセクシャル(男性も女性も好きになる人)
  • A:アセクシュアル(性的欲求がない人)
  • H:ヘテロセクシャル(異性を愛する人)

ヘテロセクシャルというのが、いわゆる「普通」とされてきた性的志向。 LGBだけでなく、AとHがあるということを知りませんでした。

個人的には性的マイノリティについての偏見を持っていなかったつもりですが、 無知による偏見があったのかもしれません。性的志向はノーマルとアブノーマルで カテゴライズされるのではなく、それぞれが別々の性的志向を持つと考えるべきということを 知りました。

性自認

  • T:トランスジェンダー

生まれたときに割り振られた性別とは異なる性別を生きる人。

かつては性同一性障害という名前で精神障害の病名として考えられてきました。

個人的に、性同一性障害というキーワードを初めて知ったのは高3のときにやっていた金八先生。 第6シリーズというやつです。 上戸彩さんが性同一性障害に悩む生徒役を演じられていました。 生まれてきた体と心が異なるから、すごく悩んでいるという表現でした。 今までの人生ではそういう概念を知らなかったため、衝撃を受けたのを覚えています。

当時はまだ、精神障害の病気として考えられていましたが、 今では「病気ではない」という考え方に社会情勢が変わってきました。 今、ドラマがつくられていたら、また違う表現になっているかもしれませんね。

  • シスジェンダー

シスジェンダーという考え方もあるそうです。 トランスジェンダーの逆で、生まれたときに割り振られた性別と同じ性別を生きる人。

僕は、性的志向はヘテロセクシャルで性自認はシスジェンダーということになります。 「普通」ではなくて、一人の生き方であると考えることが重要であることが分かりました。

意義ある研修でした

非常に意義あるテーマであり、意義ある研修だと思いました。 多様性を認める時代でありながら、固定観念に裏付けされた偏見が根強く残る。 有志と言わず、全ての議員が聞くべき内容だと思いましたが 議員の参加者は半分ぐらい。まあ、皆さんお忙しいから仕方ないかー。

↑このページのトップヘ