今日は市立芦屋高校跡地に建設された「CCRC豊泉家 芦屋山手」さんの内覧会に参加しました。参加は任意だったんですが、14人ぐらいの議員が来ていたように思います。

DSC_0236 DSC_0235

市立芦屋高校は僕が議員になる前に廃校になっているため、結局行ったことがありません。なので、ビフォーアフターとしてではなく、芦屋の剣谷というかなり山手の方にどういった施設ができたのか?ということで拝見させていただいた次第です。

ケアハウスと特別養護老人ホームが設置されています

とりあえず、今の段階では以下の二つの性質の機能を有した施設になっています。

  • 介護型ケアハウス
  • 特別養護老人ホーム

2期工事が現在進行形で行われているようで、完成した際には厚労省管轄の福祉型の介護施設になるようです。全部完成後は、かなりの規模の施設になりますね。

今日の内覧では、上述の両方の施設を見せていただきました。僕は専門ではないので、介護の観点に立った良し悪しは評価できません。なので、例えば家族が利用するということを想定した場合、どうかな?という目線で見たところ、いいやん!と思うところがありました。

屋上や居室からの眺望は最高。心穏やかに過ごせると思う

芦屋を一望できます。夜景になると更にきれいだろうなぁと思います。恐らく、良い景色を見て腹を立てる人はいませんから、これは良いんじゃないかなと。フェンスじゃなくてアクリル板になっていたので、目線の低い車いすの方でもよく見えるようになっています。

DSC_0231

まあ、今の季節は暑すぎるので屋上で景色を見るなんて選択肢はないと思いますが。もう少し涼しくなってきたら、良いと思います。23日にサマーカーニバルがありましたが花火もよく見えるんじゃないでしょうか。

また、全部屋ということではないんですが、窓からも眺望が楽しめるお部屋が多かったです。これは嬉しいですよね。特にケアハウスの方は、4階から部屋が埋まって行ってますとのこと。良い景色を見て暮らすというのは、心穏やかに過ごせますから。

DSC_0234

施設内にレストランが設置されているのは家族目線で利便性が高いです。

施設内に和洋中それぞれのレストランが設置されています。特に、鉄板焼き。これは夜に来ると最高ですよ。普通にレストランとして利用したいぐらい。

DSC_0232

ただ、これって別に贅沢施設ということではないと思います。家族が来た時には、ご飯を食べに連れて行ってあげるというシーンが多いです。その際、外に連れていくとなると色々大変です。億劫で出たくないとおっしゃる高齢者の方もおられますし。

なので「施設内にある」というのは、痒いところに手が届くサービスなんじゃないかなと思います。

時間はかかったが

こちらの法人さんに決まるまでの過程も色々と紆余曲折があり、ここまで来るのに時間がかかりました。しかしながら、地に足ついた素晴らしい施設になったかなと思います。

個人的には、有料老人ホームではなく、ケアハウス。また特養を設けていただいたのは良かったなと思っています。特に特養は令和2年度で待機者が461人と、数が全然足りていません。

もちろん、重複申し込みなどあるので461人が実数ではないものの、施設として足りていないのは事実であるため、市内に特養の施設が増えたのは大いに歓迎すべきことだと思います。

地域に愛され、長く続く施設となることを強く期待したいと思います。