今日は本会議。一般質問3日目であり、最終日。

今日の質問者は以下のとおり。

No氏名会派名質問項目
1徳田 直彦公明党◆行財政改革について
◆広域連携について
◆パワハラ問題について
2寺前 尊文会派に属さない議員◆感染症流行時における避難所設置運営について
◆アフターコロナの学期編成について
◆気象警報に依存しない学校独自の対処方針を
3ひろせ久美子日本共産党◆高齢者の健やかな暮らしのために
4平野 貞雄日本共産党◆新型コロナウイルス感染症対策について
◆国民健康保険について
◆防災について
◆平和行政について
5川島 あゆみ日本共産党◆市内公立保育所・認定こども園及び私立保育園の定員について
◆パワハラ問題について
6山口 みさえ会派に属さない議員◆芦屋市の新型コロナ対策について

パワハラの話

今日もパワハラのことが出てます。 新たな情報があるか?っていうと、ないです。

ただ「ここまで大きな話になるとは思ってなかった。もうそっとしておいてほしい」 という職員さんの気持ちを代弁したやりとりがありました。今までのやりとりとは真逆ですね。

信憑性は?っていうところですが、元芦屋市職員という経歴を持つ議員さんの発言です。 この議員さんの発言を信じるかどうかはお任せします。

夏休みを短縮するかどうか?という話

あと、気になるところというと、学校関連でしょうか。 個人的には、長期休校になったから、リカバリのために夏休み短くしたら良いじゃんって思ってました。 芦屋市はエアコン完備だし、授業における支障はない。

また平時でも、新学習指導要領で科目が増えるから、 夏休み短縮で対応という判断があっても良いと思ってました。

教室はクーラーあるけど、通学路は外

でも、よくよく考えると、夏休みである真夏日は登校がめちゃ暑い。 もうここ数年は、クーラーが壊れたら死ぬってぐらいの猛暑です。

僕ら大人も、昼間はなるべく車を使ったりして外を歩かないようにしています。 子どもは風の子かもしれないが、猛暑にはかないません。

そう考えると、暑さのピークである夏休み期に 学校に歩いていかせるのはどうだろうねって思うようになりました。

車送迎とかで対応できないこともないんでしょうが、そんなん毎日とか親がキツイ。 やっぱり夏休みはゆっくり休んだ方がいいかなって思います。 長い夏休みがあるのは子どものときだけだから。大人になったら、取りたくてもバカンス取れないんだから…。

どうしても長期休暇を短縮でっていうなら、冬休みの方が良いんじゃないかなと。 寒さは厚着で耐えられますが、暑さはほんま我慢できない。 裸になっても回避できないですからね。

熱中症はマジで怖い病気

熱中症は、すでに新型コロナウイルス以上の人が亡くなっています。 本当に恐ろしい病気。兵庫県たつの市の高校生(当時)に重大な障がいが残ったケースもあります。

あんまりこういうのをアップしたくないけど、 文字で見るよりも写真で見たら本当に痛ましいと思うし、 真剣に考えなあかん。と思うから、敢えてリンクを貼っておきます。

兵庫龍野高校のブラック部活動の実態…!!!事故から8年後の姿が衝撃的過ぎる…(HACHI8)

僕は、熱中症は本当に恐ろしい病気だと思っています。 そして、ここ数年は本当に命に支障をきたすレベルの猛暑です。 授業時数も大事だけど、命が一番大事だと思います。「生きてるだけで丸儲け」とはよく言ったもの。 安全面を最優先に考えた上で検討してもらいたいと思っています。

決算特別委員会も立ち上がった

本会議終了後に決算特別委員会も行われました。 今日は正副委員長の互選と、決算の概要説明を受けただけですけど。

例年は、各会派からの代表者が委員となって委員会審査を行っていましたが、 それだと一部の人しか決算審査に携われないということで、全員で審査することになりました。

常任委員会で所管している費目別に分科会という形式で分けて審査。 僕は総務常任委員会に属しているので、企画部とか総務部とか、総務常任委員会で所管する 費目を審査することになります。

なんか副委員長になった

別に特筆すべきことではないんですが、知らぬ間に、副委員長になることになりました。 一言もやりたいとは言ってないんですが、なんか回ってきました。

と言っても、審査は各分科会で行いますので、特にやることはないです。 まあ、全体会の日とか、本会議の日に委員長が休んだら代打っていうことになりますが、 あまりないことですしね。