芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

帰宅すると、ポストに国勢調査に関する郵便が入ってました。 あて先は書いてないので、ポスティングなんだと思います。

DSC_0014

国勢調査は統計法に基づき、5年に一度、 日本に住む全ての人、世帯(外国人含む)に対して行う調査です。 同法第13条では、報告義務が定められています。

(報告義務)
第十三条 行政機関の長は、第九条第一項の承認に基づいて基幹統計調査を行う場合には、基幹統計の作成のために必要な事項について、個人又は法人その他の団体に対し報告を求めることができる。
2 前項の規定により報告を求められた個人又は法人その他の団体は、これを拒み、又は虚偽の報告をしてはならない。
3 第一項の規定により報告を求められた個人が、未成年者(営業に関し成年者と同一の行為能力を有する者を除く。)又は成年被後見人である場合においては、その法定代理人が本人に代わって報告する義務を負う。

新型コロナウイルスの影響でオンライン or 郵送対応に

国勢調査の調査員は、超大変なんだよっていう話を聞いたことがあります。 共働き家庭とかは、日中は留守だし。仮に在宅していたとしても居留守使われたらチーンだし。 粘り強く聞き取ってたんでしょうか?今までは。

そもそも戸別訪問っていうのが、詐欺の温床になりそうだっていう。 詐欺師の人たちも行動開始してるんじゃないんですか?今のところ、 そういう特殊詐欺の報告は聞いてませんけど。

そういう諸々の課題があるなかで、今年は新型コロナウイルス。 渡りに船じゃね?って感じですが、訪問による対応ではなくて オンライン or 郵送でヨロシク!という対応になったようです。

もうこれがデフォルトの運用で良いよ…って感じです。 恐らく、オンラインが主になりそうだし、そうなると回収コストも安くなるんじゃないだろうか? と予想。

僕は余裕でオンライン。封筒なんぞイラネです

統計法に基づき、回答義務がある!と銘打たれていますから 僕もさっそく回答しました。手書きで郵送というのはめんどいので、インターネット経由で。 漏洩大丈夫??的な意見があると思うのですが、国勢調査オンラインはTLSによる暗号化がされているそうなので 基本的には大丈夫かなと思います。

え、不安ですか?

かつてはSSLで暗号化されていましたが、SSLの脆弱性が見つかったので 新しい規格として採用されているのがTLSです。今どきの暗号化は全部TLSで行われていると思います。

仕組みはバクっというと、以下のような感じです。

  1. サーバがブラウザに公開鍵とSSLサーバ証明書を送付
  2. ブラウザは公開鍵を使って共通鍵を暗号化
  3. ブラウザはサーバに暗号化された共通鍵を送付
  4. サーバは共通鍵を秘密鍵で復号
  5. サーバとブラウザ双方が上記でできた共通鍵を使い、本番データを暗号化と復号

要するに、データが格納されている鍵付きの箱を開けられるのは ブラウザが持っている鍵とサーバが持っている鍵だけという状況をつくりだしているということです。 仮に通信が傍受されたとしても、中身は見えませんよってことです。

Webサーバやブラウザがハッキングされたら…っていう話は、また別物です。 あくまで、通信についてはセキュアなものになっていますよってことです。

統計を取るのは大事ですから、皆さんぜひご回答を

官民問わず、効果的な策を講じるためには情報は必要不可欠です。 しかも、その情報がなるべくデジタルで正確なもの。母集団が多い方が良いのは 言わずもがな。法律では義務とされていますし、皆さん、回答しましょうね。

今日は本会議。一般質問3日目であり、最終日。

今日の質問者は以下のとおり。

No氏名会派名質問項目
1徳田 直彦公明党◆行財政改革について
◆広域連携について
◆パワハラ問題について
2寺前 尊文会派に属さない議員◆感染症流行時における避難所設置運営について
◆アフターコロナの学期編成について
◆気象警報に依存しない学校独自の対処方針を
3ひろせ久美子日本共産党◆高齢者の健やかな暮らしのために
4平野 貞雄日本共産党◆新型コロナウイルス感染症対策について
◆国民健康保険について
◆防災について
◆平和行政について
5川島 あゆみ日本共産党◆市内公立保育所・認定こども園及び私立保育園の定員について
◆パワハラ問題について
6山口 みさえ会派に属さない議員◆芦屋市の新型コロナ対策について

パワハラの話

今日もパワハラのことが出てます。 新たな情報があるか?っていうと、ないです。

ただ「ここまで大きな話になるとは思ってなかった。もうそっとしておいてほしい」 という職員さんの気持ちを代弁したやりとりがありました。今までのやりとりとは真逆ですね。

信憑性は?っていうところですが、元芦屋市職員という経歴を持つ議員さんの発言です。 この議員さんの発言を信じるかどうかはお任せします。

夏休みを短縮するかどうか?という話

あと、気になるところというと、学校関連でしょうか。 個人的には、長期休校になったから、リカバリのために夏休み短くしたら良いじゃんって思ってました。 芦屋市はエアコン完備だし、授業における支障はない。

また平時でも、新学習指導要領で科目が増えるから、 夏休み短縮で対応という判断があっても良いと思ってました。

教室はクーラーあるけど、通学路は外

でも、よくよく考えると、夏休みである真夏日は登校がめちゃ暑い。 もうここ数年は、クーラーが壊れたら死ぬってぐらいの猛暑です。

僕ら大人も、昼間はなるべく車を使ったりして外を歩かないようにしています。 子どもは風の子かもしれないが、猛暑にはかないません。

そう考えると、暑さのピークである夏休み期に 学校に歩いていかせるのはどうだろうねって思うようになりました。

車送迎とかで対応できないこともないんでしょうが、そんなん毎日とか親がキツイ。 やっぱり夏休みはゆっくり休んだ方がいいかなって思います。 長い夏休みがあるのは子どものときだけだから。大人になったら、取りたくてもバカンス取れないんだから…。

どうしても長期休暇を短縮でっていうなら、冬休みの方が良いんじゃないかなと。 寒さは厚着で耐えられますが、暑さはほんま我慢できない。 裸になっても回避できないですからね。

熱中症はマジで怖い病気

熱中症は、すでに新型コロナウイルス以上の人が亡くなっています。 本当に恐ろしい病気。兵庫県たつの市の高校生(当時)に重大な障がいが残ったケースもあります。

あんまりこういうのをアップしたくないけど、 文字で見るよりも写真で見たら本当に痛ましいと思うし、 真剣に考えなあかん。と思うから、敢えてリンクを貼っておきます。

兵庫龍野高校のブラック部活動の実態…!!!事故から8年後の姿が衝撃的過ぎる…(HACHI8)

僕は、熱中症は本当に恐ろしい病気だと思っています。 そして、ここ数年は本当に命に支障をきたすレベルの猛暑です。 授業時数も大事だけど、命が一番大事だと思います。「生きてるだけで丸儲け」とはよく言ったもの。 安全面を最優先に考えた上で検討してもらいたいと思っています。

決算特別委員会も立ち上がった

本会議終了後に決算特別委員会も行われました。 今日は正副委員長の互選と、決算の概要説明を受けただけですけど。

例年は、各会派からの代表者が委員となって委員会審査を行っていましたが、 それだと一部の人しか決算審査に携われないということで、全員で審査することになりました。

常任委員会で所管している費目別に分科会という形式で分けて審査。 僕は総務常任委員会に属しているので、企画部とか総務部とか、総務常任委員会で所管する 費目を審査することになります。

なんか副委員長になった

別に特筆すべきことではないんですが、知らぬ間に、副委員長になることになりました。 一言もやりたいとは言ってないんですが、なんか回ってきました。

と言っても、審査は各分科会で行いますので、特にやることはないです。 まあ、全体会の日とか、本会議の日に委員長が休んだら代打っていうことになりますが、 あまりないことですしね。

今日も本会議。昨日に引き続き一般質問です。

今日の質問者は以下の通り。

No氏名会派名質問項目
1田原 俊彦公明党◆公共の場所におけるマナー向上について
◆行動経済学「ナッジ」理論を行政に活用しては
2米田 哲也自由民主党◆芦屋市内防犯カメラの現状について
3大原 裕貴日本維新の会◆人口の社会増減についての分析及び流入促進のための取り組みについて
◆業務量の可視化による業務改善について
4長谷 基弘あしや しみんのこえ◆芦屋市の財政力と街づくりについて
5中村 亮介あしや しみんのこえ◆財政の考察とこれからの政策の推進・まちづくりについて
6たかおか 知子あしや しみんのこえ◆学校教育における子どもの未来への投資の重要性
◆教育現場における熱中症対策について
◆幼稚園・保育園、小学校等で災害発生時の連絡の取り扱いについて

僕も登壇しています。 なので、自分の質問について書いときます。 まあまあ建設的な議論ができたかしら?と自分では思っています。

なお、当局の答弁については間違いがあってはいけないので、 確認した上で後日更新します。

人口の社会増減についての分析及び流入促進のための取り組みについて

質問に至る背景

人口減少社会に入っており、歳入の多くを個人市民税に依存している芦屋市としてはつらい状況となる。 人口減少社会は全国的に同様の傾向にあり、自治体間での人口の取り合い、自治体間競争に繋がる恐れがある。 人口を確保しないことには自治体存続さえも危ぶまれるため、人口の社会増減の流れを掴み どこの層へのアプローチをするのか?を明確にしておく必要がある。

質問要旨

  • 住民基本台帳人口移動報告によると転出超過にあるのは10代20代が中心だが、その理由について分析済みか?
  • 10代20代の転出者については、恐らく実家が芦屋にあるため将来的なUターンによる再流入も期待できる。こうした層に対するアプローチについてどう考えるか?
  • 今後、人口流入のためのアプローチとして、引き続き首都圏を狙うのか。それとも大阪経済圏内を狙っていくのか。中長期スパンでの戦略はどうなっているのか?

質問の前提

総務省が公開している「住民基本台帳人口移動報告」から芦屋市関連のデータを引っ張り 抜粋した上で議論を行っています。これが結構見にくいデータで…。加工して、見やすい形にしています。 データとして見ると、イメージが少し変わる可能性があります。

当日、使用した資料もアップしときます。

年齢別人口流出数

スライド1

プラスは人口流入超過。人口が増えた年です。 マイナスは人口流出超過。人口が減った年です。

人の出入りを集計した社会増減については、 過去5年間だと基本的には流出超過傾向にあります。

その中でも、20代の転出超過が圧倒的に多くなっています。 一般的に子育て世代と言われている30代、40代については概ね横ばいという感じです。

芦屋市は子育て世代に優しくないから子育て世代が出て行ってしまう! という議論がなされることが多いですが、それはイメージによるものであり、 データから見ると、必ずしもそうとも言い切れないよね。ということが分かります。

地域別人口流出数

スライド2

人口流出を地域別に分けると、圧倒的に流出しているのは首都圏を中心とした他地方。 他地方への転出は、学校や職場に依存するものが多いです。例えば、職場が東京の人が 芦屋から通勤するなんてことは現実的にはあり得ないため、そういう人が流出するのは当然。

芦屋の場合、大阪経済圏に属しており、大阪で勤務する人が圧倒的多数です。 他地方への流出を止めるということを考えると、大阪経済圏vs他の経済圏という話になり、 芦屋単体でどうこうできる話ではありません。ということで、ここの数字は敢えて考えない。

とすると、やはり阪神間への流出が多くなりがちということが言えます。

阪神間人口流出数

スライド3

最も多く流出しているのは、尼崎市と神戸市中央区。 これは大阪、三宮へのアクセスの良さというところに引きずられているのだろうと思います。

また、神戸市長田区、兵庫区、伊丹・宝塚・川西の阪神北圏域の3市への流出も多くなってます。 これについては、何がキーになっているのか?現時点ではちょっと予測が立てづらくなっています。

業務量の可視化による業務改善について

質問に至る背景

行政組織の中に極端に稼働時間が多い部署が散見される状況が続いている。 過重労働が続くとパフォーマンス悪化や組織内の空気が悪くなるなど、市民サービス低下にも繋がる可能性を孕んでいる。

質問要旨

市役所で抱えている業務を工数管理し、各業務の細かな単位でのボリュームを可視化。 それにより効率的な業務運営を進めることはできないか?

期待される効果

  • 業務量を定量的に把握することができる。
  • 業務を細かな単位で分類することができるため、外注や応援要員に外出しできる業務を切り出せる。
  • 本来業務に注力できる環境づくりが可能となり、稼働時間抑制・パフォーマンス改善にもつながる。

↑このページのトップヘ