芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日はBCP検討会。今日で12回目です。 すごい時間を割いて、頑張ってやってます。

茨城県取手市議会さんを視察

今日のメインイベントは、茨城県取手市の視察。 といっても、オンライン会議を利用しての視察なので、 会場は市役所です。

茨城県取手市さんは、一般的にはそんなに有名な自治体ではないかもしれません。 でも、今、議会界隈で注目を浴びている自治体です。というのも、オンライン議会を 進めていらっしゃる先進市だからです。

一番見習いたいと思ったのは、取手市議会さんのマインド

芦屋市としても、要綱を定めたうえで、選択肢としてのオンライン会議を 用意しておきたい~と検討をしている段階です。ということもあり、 今日の視察では、オンライン議会に関する新しい情報は特になかったように思います。

ですが印象的だったのは、取手市議会さんは「やってみよう」マインドで取り組まれているということ。

この「やってみよう」という考え方はとても大事な考え方です。 民間だと、こういう考えは主流だと思います。やってみないことには、 新しいビジネスチャンスが生まれにくいからです。 でも、行政ではなかなか定着しにくい考え方です。市議会も。

芦屋市議会も全くないとは言えないけど、めっちゃあるとも言えないマインド

今日の視察で感じたのは、市議会が一番見習うべきは、こうしたマインドだろうなというところです。 芦屋市議会にそういうマインドが全くないとまでは言いませんが、人に対して胸を張って言えるほどではないです。

オンライン会議以外の議会改革についても「やってみよう」マインドで取り組むと、 いろいろなことが進むと思います。芦屋市議会としても、そういう議論の展開に持っていけるように しないといけないなぁと痛感しているところです。

検討も一段落。あとはトライ&エラーの繰り返しでブラッシュアップを

と、いろいろ思うところがありましたが、今日の会議で一段落つきました。 5月には、議長から諮問を受けていた内容に対し、答申をする予定になっています。 オンライン会議についても要綱のたたき台を出すことになりますから、 やっとこさ、具体的なところまで来たぞっていう感じ。

あとはトライ&エラーで形にすることですね。 議会がオンライン対応できれば、行政もやろうよ!っていうことが言いやすくなります。 成功体験が業務改善をもたらしますから、議会から頑張ってやっていきたいと思います。

今日から芦屋市役所がブルーにライトアップされました。 何のためのライトアップかご存じでしょうか?

DSC_0059

ブルーライト=Light It Up Blue Japanに賛同している証

これは、4月2日世界中がブルーにライトアップする「LIGHT IT UP BLUE」のキャンペーンによるものです。 オーティズム(自閉スペクトラム症/ASD)を啓発するためのキャンペーンだとのこと。 日本では、Light It Up Blue JapanとしてNPO法人「あっとオーティズム」さんが取り組まれています。

芦屋市も活動に賛同し、啓発週間の間、ライトアップを続けます。 他市のシンボリックな建物のライトアップに比べると地味ですが、 参加することに意味があります。

理解されにくい発達障がい。啓発は芦屋市にとっても大事なこと

発達障がいについては、パッと見ではわかりづらいということもあり、なかなか理解が進みません。 周辺の人に理解が得られないことで、ストレスを抱えている人が少なからずいます。 こういうことを避けるためにも、芦屋市としても発達障がいの啓発は率先して実施すべきだと思います。 「芦屋市障がいを理由とする差別のない誰もが共に暮らせるまち条例」を制定している訳でもありますし。

NPO法人あっとオーティズムさんの取り組みが発達障がい啓発の全てだとは言いませんが、 啓発の機会としては十分です。芦屋市としてもやらなければならない取り組みに対し、 芦屋市も協力しているのだから、その旨を広報すれば良いのになぁと思います。

軽く触れるだけでもいいから、オフィシャルの広報媒体で取り上げてほしい

伊藤市長は自身のFBにて、その旨書いてました。 協力しときながら全く触れられていなかったときから考えると、少し前進かな?とは思います。 でも、やはり芦屋市の公式の広報媒体で軽くでも良いから触れるべきだろうと思います。

市役所のブルーライトは何なんやろ?って思う人がいれば 啓発のチャンスなわけなんですから、そこは頑張ってほしいよなぁと思うところ。

市役所1階で準備が進められていたカフェ事業について、 工事が完了し、4月1日からの開業に向けて最終準備が進められています。

カフェ事業については総務常任委員会の閉会中の調査事件として 挙げられていることもあり、オープン前に内覧させていただきました。

運営はNPO法人ホザナ・ハウスとネスレ日本(株)の共同体。

ホザナ・ハウスさんはカフェのノウハウに乏しいが、障がい者雇用のノウハウがある。 一方で、ネスレ日本さんはカフェのノウハウは言わずもがなだが、障がい者雇用については 難しい部分があったとのことで、両社がコラボすることで運営されるそうです。

利用者の利便性向上に民間活力を用いるのは効果的

カフェの専用部分については、行政財産目的外使用料を徴収する形で運営します。 市役所をご利用になる方に対するサービスとしても期待できるものを民間の力を 使って提供するというのは、効果的な使い方だろうと思います。

また、市内障がい福祉サービスなどの事業所で製作された物品などの販売なんかも 行われることになっています。市民への情報提供という意味でも、効果があるものです。

個人的には、就労支援の場が増えるのは良いことと思う

企業サイドとしては、障がい者雇用も求められます。特にネスレさんのように大きな会社だと。 今回、こういう形で事業展開されるのは、ネスレさん的にも大きな旨味のある取り組みなんだろうなと思います。

企業が得するなんて!っていう声もあるかもしれませんが、それによって就労支援の場が増えることにもつながります。 結果的には、よりよい社会につながる訳ですから、こういう場を使ってもらうのは良いことだと思います。

市役所が身近な存在になることにもつながるか

市役所って、基本的には用事があるときしか行きません。 特に現役世代は忙しいので、そうなるのは当然です。

ですが、リタイヤされた方々については居場所の一つにもなり得ます。 市内でも特段アクセスが良いスポットでもありますし。 事実、市役所に行くと、常に一定の数の市民の方がおられます。

コロナ禍でもあるので、あまり大勢でいるのは良くないのかもしれません。 が、市役所は身近な存在であるべきです。困ったときに市役所に行って相談すれば、 何とかなることも多いからです。困ったときも、早期に相談すれば問題が深刻化することを 防ぐことができます。

阪神芦屋駅の駅前には他にもカフェがありますから、 カフェがあるから市役所行こうぜってことにはならないかもしれませんが、 ぜひ一度、足を運んでみていただければと思います。

↑このページのトップヘ