芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

今日は総務常任委員会。常任委員会終了後には、 予算特別委員会総務分科会も行われています。

常任委員会+予算審査ということで、ボリュームが多く 1日では終わりませんでした。続きは水曜日。

総務常任委員会

審査対象の議案は以下の通り。

区分番号件名
議案10芦屋市パートタイム会計年度任用職員の報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について
11芦屋市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について
32芦屋市指定金融機関の指定について
33芦屋市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について
36令和2年度芦屋市一般会計補正予算(第12号)
請願8春日集会所の統廃合計画に関する請願書

議案書等はこちら。

結論としては、いずれの議案・請願ともに全会一致で可決すべきものと決しています。

請願について

便宜上、「統廃合計画」としてますが、市から示されているのは方針の域を出てません。 プランの具体性については、ほとんど固まっていない状況です。それも今日の委員会で確認済み。 なので、プランの是非なんて今の段階ではなんとも言えません。

うちの会派における判断基準として、本件、どういう趣旨なのか?というところが最大の焦点でした。 結論ありきの願意ということであれば、ちょっと難しいなと。

請願書を読む限りでは、どっち?と言う感じの書きっぷりだったので 願意を掴みかねていましたが、紹介議員とのやり取りの中で 「プロセスの話である」ということが明らかになりました。

その辺については、討論の中で表明したつもりです。 委員会の中で結論を出し、アドリブでワーッと喋ったので原稿はありませんが、 こんなことを言ったよということで、まとめておきたいと思います。

  • 上位計画である、公共施設等総合管理計画で言われている 公共施設の延べ床面積を縮小して、ランニングコスト、更新コストを削減しなければ ならないという大方針については必要であると考える。
  • ただし、やり取りの中で明らかになった「計画の進め方が問題である」。 より丁寧に住民との合意形成を図らなければならないという点については、 全くの同意見であり反対するものではない。
  • コストを含めて総合的に判断する一方で、 丁寧に説明を進めてもらうことを要望する。

予算特別委員会総務分科会

今日の審査はこちら。

予算種類
令和3年度芦屋市一般会計予算9款 消防費
1款 議会費
2款 総務費1項 総務管理費目01一般管理費

僕も何点か質問してますので、かいつまんで書いときます。 どっちかというと、要望ベースですね。未来の話なので。 なので、答弁は割愛しときます。

といっても、やっぱりライブ感で発言してるので、発言とはちょっと違ってるかもしれないですが…。 ちゃんと原稿書いたほうがいいのかしら。メモ程度に書いてても、議論を聞いたり、当局とやり取りする中で変わってて、 後から見返したら全然違うこと言うてたわっていうことがしばしば。うん、やはりライブ感は大事。

自律的な業務改善組織へのプロジェクト関係経費

行革を進めるプロジェクトチームとして、民間の力を借りながら進めるのは分かる。 中長期のゴールは行革のゴールとして明確にされているが、短期的な成果をあげる必要はないか?

この手の取り組みは職員を巻き込んで、理解を示す職員を増やすことが肝要。 成功体験を積み重ねることで、理解を示す職員を増やすことにも繋がると思う。

また、芦屋の場合は超勤過多の部署が見られる。超勤過多=問題があるとは一概に言えないが 問題があるかもしれない有力候補。全庁的にバクっと進めるよりも、ターゲットを絞って 成果をあげていく方が良いのではないか。

RPA等ICTを活用した事務効率化関係経費

特定の部署で深掘りしていくというよりも、なるべく多くの部署において活用する と言う方向性で進めたほうが良いのでは?Excelマクロを組むよりもRPAでシナリオを作る方が 専門知識が不要なので、なるべく多くの部署で活用してほしい。

人事評価システム関係経費

現状では、勤勉手当に反映しているが、昇給への反映は、少し慎重にしたほうが良いのではないか。 人事評価の目的は、昇給システムに組み込むためではなく、人材育成に軸足を置いて取り組まれている。 目的が異なる仕組みを用いると、却って不公平感が残り、モチベーションダウンにつながりかねない。

頑張りを昇給に反映させるのは必要だとは思うが、既存の人事評価を用いるのは気を付けたほうが良い。

今日は民生文教常任委員会と予算特別委員会民生文教分科会。

民生文教常任委員会

以下の議案を審査しています。 いずれも、可決すべきものと決しています。

区分番号件名
議案14芦屋市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の保育料等に関する条例及び芦屋市立幼保連携型認定こども園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
15芦屋市福祉医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について
16芦屋市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例及び芦屋市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例の一部を改正する条例の制定について
17芦屋市指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準等を定める条例及び芦屋市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営に関する基準等を定める条例の一部を改正する条例の制定について
18芦屋市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について
19芦屋市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について
34芦屋市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について
35芦屋市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について

議案書はこちら

予算特別委員会民生文教分科会

以下の予算を審査しています。 一日で終わらなかったので、続きは週明け火曜日に。

予算種類
令和3年度芦屋市一般会計予算3款 民生費1項 社会福祉費
2項 老人福祉費
3項 児童福祉費
4項 生活保護費
5項 災害救助費
令和3年度芦屋市介護保険事業特別会計予算
令和3年度芦屋市国民健康保険事業特別会計予算
令和3年度芦屋市後期高齢者医療事業特別会計予算

高齢者バス運賃助成事業

70歳以上の方を対象に、阪急バスの運賃を5割助成するというものです。

事業の狙い

高齢者の場合、家にひきこもり傾向になると要介護が進んでしまったり 健康寿命を脅かす可能性があります。健康寿命が短くなってしまうと介護が必要な時間が長くなるため、 医療費や介護保険費などの社会保障費が上がってしまうという問題を抱えています。

別にバスがあるから外出するというものでもないのかもしれませんが、 外出のきっかけにもなるものだと思います。類似する事業が他市でも行われていることから、 その効果はある程度評価されているものなのだろうと思います。

事業展開上の課題がある

ただ、芦屋の場合、阪急バスでしか利用できないため、 阪急バスの路線から離れた地域に住む人にとっては使いづらいという課題もあります。

例えば、タクシーチケットや、コミュニティバスという形に変えるというのも一つの案ではありますが、 バス運賃助成とのコスト比較をした場合、なかなか難しいという課題もあります。 現在、研究中とのことですが、ベターなプランの選定さえも難しいなという印象です。

民間の力を使うプランもあるとは思う

「行政がやらない」というのも一つだと思います。 例えば、安価な足の提供と言う意味では、Uberなんかは理想的かなとは思います。 でも、日本の場合、白タクの問題もあったりして、過疎地域以外での規制緩和は 難しそうだったりもします。

あるいは、自動運転技術の発展というのも一つの解決策なのかもしれないなと 思ったりもします。いずれにせよ、行政がやらないといけないことっていうのは テクノロジーの進歩などで減ってくるのかもしれません。

病児・病後児保育事業

これまでは、芦屋病院でのみ行っていた事業ですが 市立精道こども園の開園に伴い、同園の施設内において病児保育を行うことになっています。

芦屋病院って、朝日ヶ丘の坂をめっちゃ上まで上がったところにあります。 ぶっちゃけた話、同じ市内であっても移動が結構大変なところです。 要するに、アクセスに難あり。

病院に併設という意味では安心感があるのかもしれませんが、 忙しい朝、子どもが体調を崩している日に連れていくには アクセスの観点でかなり厳しいものがあったと思います。

一応、病院内に設置されている施設と遜色ない形での整備となるとのこと。 精道こども園は、阪神芦屋駅の近くと、アクセスは比較的しやすい場所になります。 そのまま通勤っていうこともできる立地でもありますから、利便性が向上することになると思います。

ジェネリック医薬品の活用による医療費抑制

後発医薬品であるジェネリック医薬品は、薬価が低く設定されているため医療費抑制には繋がります。

ただし、先発医薬品だったとしても保険適用されるお薬の場合、利用者負担はあまり膨れません。 「なんか怖い」というイメージと、利用者負担があんま変わらないというところもあって、 そんなに普及してないんだろうなぁと思います。

ただ、医療費全体のことを考えると、なるべくジェネリックも使っていこうという理屈はよく分かります。 国は完全にそういう方針で進めてますね。先発医薬品の開発の方もやってほしいと思いますけど。

でも、ジェネリック医薬品の信頼性を貶めかねないインパクトを秘めた報道がありました。 そんなに話題になってないんかもしれないけど。

75品目自主回収 医薬品大手「日医工」に業務停止命令へ 富山県(NHKニュース)

国内シェア上位の会社がこういうことをやっちゃうんだから、 後発品業界全体の信頼性はどうなってるの?っていう疑問が生じるのは避けられないと思います。

医療費抑制は大事な観点なんだけど、やはり信頼性の部分だって大事。 取捨選択については、より一層慎重にやってもらいたいと思います。 市民の中には、ジェネリックよー分からんわ。っていう人も少なくない訳だから 情報提供も本当はしてほしいんだけど、委員会ではそういう話は出ませんでしたね。

今日は建設公営企業常任委員会。 また、常任委員会終了後には、予算特別委員会建設公営企業分科会が行われています。

建設公営企業常任委員会

以下の議案の審査を行っています。 いずれも、全会一致で可決すべきものと決しています。

区分番号件名
議案12芦屋市手数料条例の一部を改正する条例の制定について
13芦屋市震災復興地区住宅市街地整備総合支援事業に係る従前居住者用住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

また、以下の所管事務調査の報告も受けています。

  • バリアフリー基本構想(JR芦屋駅周辺地区)について
  • 芦屋市都市計画マスタープランについて
  • 打出駅ホーム拡幅に伴う代替駐輪場の整備について
  • 市立芦屋病院について

議案書と所管事務調査の資料はこちら。

気になるところを書いておきます。

打出駅ホーム拡幅に伴う代替駐輪場の整備について

打出駅のホーム(大阪方面)が拡幅されることになりました。 今日の報告としては、打出駅は下のようになるよと言う説明を受けました。

  1. ホーム(大阪方面)を拡幅
  2. 拡幅は、市営駐輪場の土地を取得して実施
  3. 拡幅によって使えなくなった駐輪場は、阪神電鉄が整備する駐輪場で代替。

絵で言うと、以下のような形になるとのこと。

0006

朝の通勤ピーク時にはかなりの方がご利用になる駅ですが、ものすごく細い形状でした。 ホームの際を移動するようなシチュエーションも多いです。駐輪場の使用感は変わるでしょうが、 総合的に見ると利用者の利便性が向上することになるだろうと思います。

ちなみに、言い出しっぺは阪神電鉄のようなので、費用としては阪神持ちということになります。 駅の利便性が向上するのは喜ばしいことだと思っています。

予算特別委員会建設公営企業分科会

今日のところは以下の審査を行っています。 時間の関係でお残しがありましたので、続きは週明け月曜日ということになります。

区分番号件名
議案29令和3年度芦屋市水道事業会計予算
30令和3年度芦屋市病院事業会計予算
31令和3年度芦屋市下水道事業会計予算

企業会計だと、財務諸表が提供されます。 予算なので、あくまで計画ではあります。 が、来年度はどういう感じで計画されているの?が一番分かりやすい資料なので、紹介しておきます。

病院事業会計予算

収益力について

営業部門(単位:千円)

営業収益4,517,145
営業費用5,469,859
差額△952,714

営業損失:9億5271万4千円

営業外部門(単位:千円)

営業外収益1,097,439
営業外費用163,227
差額934,212

経常損失:1850万2千円

その他(単位:千円)

特別利益124,600
特別損失153,600
差額△29,000

純損失(予備費含む):7750万2千円

まとめ

単年度赤字です。ただ、コロナ禍の影響を受けた上でこの見込みであるとのこと。 令和元年度決算のときは純損失が6144万9993円だったため、そんなに卑下する見込みではないと思います。 もちろん、この計画値を達成するための不断の努力が必要なのは言うまでもありませんが、 近年の芦屋病院の経営状況を見る限り、目標値にニアリーな実績は挙げてくるんじゃないかなと思っています。

そして、この数字には減価償却費も含まれています。 減価償却費はキャッシュには影響しない話です。 経営状況を見る場合、キャッシュフローも見ておく必要があります。

キャッシュフローについて

営業キャッシュフロー285,668
投資キャッシュフロー△95,492
差額190,176

1億9017万6千円のプラスです。 この数字がどうなのかというと、過去5ヵ年の状況を見てみたら大体わかるかなと。

R1年度△1億7212万3047円
H30年度3億5348万2703円
H29年度9504万4273円
H28年度2億3437万4139円
H27年度7597万4967円

過去5年間の平均値が1億1735万607円です。 異常値(投資を実施したため、キャッシュフローがマイナス)を除いた平均値だと、1億8971万9020円。

極めて平均的なキャッシュフローを見込んでいるとみることができます。 やはり、コロナ禍の影響からは概ね脱却できるだろうとの見込みを立てているのだと思います。

経済界を見ても、次年度、次々年度あたりで回復するだろうとの見込みも立てられていますから、 希望的観測ということではないと思います。

芦屋病院は、基本的には身の丈にあった投資を行う傾向が強いのかなと思います。 確かに、医療機器は高額なので、投資した分を速やかに回収できるかどうかは難しいところがあります。 特に、芦屋病院の位置づけは先端医療を率先してやる類の病院じゃないので、適当な判断なのかな? と思ったりしています。

水道事業会計予算

同じように、収益力とキャッシュフローを見ます。

収益力について

営業部門(単位:千円)

営業収益1,477,715
営業費用1,890,331
差額△412,616

営業損失:4億1261万6千円

営業外部門(単位:千円)

営業外収益220,788
営業外費用65,890
差額154,898

経常損失:2億5771万8千円

その他(単位:千円)

特別利益119,099
特別損失11,994
差額107,105

純損失(予備費含む):1億5970万4千円

キャッシュフローについて

営業キャッシュフロー398,633
投資キャッシュフロー△850,773
差額△452,140

4億5214万円のマイナスです。今年は投資を大きくやってる年度ということになります。 この数字がどうなのかというと、過去5ヵ年の状況を見てみたら大体わかるかなと。

R1年度△1億5806万3154円
H30年度2億8038万575円
H29年度△2億127万1576円
H28年度8968万6719円
H27年度△5億1952万575円

水道は、全体的に投資が多いです。 老朽管路の改修が多いから、投資も多くなっているのだと思いますが、 毎年の営業利益をベースにやっていくのは難しそうです。 水道については、内部留保が凄くたくさんあるから、 それがあるうちに、投資やっちゃいましょうっていうことなのかしら。

委員会において、そういうやりとりはないので、よく分からないんですけどね。

↑このページのトップヘ