芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

タグ:2019年9月定例会

今日は本会議。9月定例会の最終日です。 以下の議事が執り行われました。

  • 市長提出議案2件の討論、採決
  • 閉会中の継続調査について

市長提出議案2件の討論、採決

以下の議案についての討論、採決が行われました。 結論としては、いずれも可決となりました。

以下の議案についての討論、採決が行われました。 結論としては、いずれも可決となりました。

なお、決算の資料については議案書には何も情報がないので、気になる方は決算の概要を見てください。 見るのには、めっちゃ時間かかるけどね(笑)

議員ごとの賛否についてはこちら

決算の認定について

細かい施策の結果について、指摘しているところはあるものの 予算の執行という意味では特に文句はありませんでした。

なお、各委員さんの指摘事項は、決算特別委員長報告資料という格好で提示されています。 ホームページにはありませんので、PDFを貼っときます。 8ページもあり、Htmlにするとたくさんになってしまうので、横着してPDFにします。

財政指標

個人的に賛否の大きな判断要因としているのは各種の財政指標です。

 28年度決算29年度決算30年度決算
経常収支比率(単年度)99.2%112.6%102.9%
財政力指数 (3か年平均)0.9560.9710.985
実質赤字比率
連結実質赤字比率
実質公債費比率3.48.310.6
将来負担比率96.090.497.0
資金不足比率
  • 経常収支比率
  • 経常収支比率は良化していますが、100%を超えています。 経常収支比率とは、経常的経費に充てられた一般財源が 経常一般財源に対してどの程度の割合となっているかを示す数値です。

    地方税などの経常収支でどれだけ経常的な経費の支出を賄えているか?というところです。 この数値が100%を超えているということは、経常的な収入では経常的な経費を支払うだけで 手いっぱいということになります。

    その他プラスアルファの事業を進めようと考えると、 市債の発行など、別の資金繰りをしなければならなくなります。 経常的な収支の中に余裕がなく、財政が硬直していることを示します。

  • 将来負担比率
  • 悪化はしたものの、100%は下回っています。 将来負担比率とは、借入金(地方債)など現在抱えている負債の大きさが 財政規模に対してどれぐらいの割合なのか?を示す指標です。

    100%を超えていると、 芦屋市の1年分の収入(含む基金)を全て市債の返済に回しても足らんということになります。 30年度はなんとか100を下回っているので、1年分の収入で返済可能な分しか債務が溜まっていないということになります。

    これがべらぼうに高くなってしまうと、借金返済は将来に棚上げ!という状態になってしまいます。 財政では、長期的な収支見込みを見ながらこの辺の数値をコントロールして予算編成する必要があります。

将来的には厳しいです

人口減少や少子高齢化は、歳入のほとんどを個人市民税に頼っている芦屋市的には結構な痛手です。 また、将来的にある公共施設の老朽化対策とか、財政を圧迫しかねないマイナス要素がかなり多いんちゃうか!? とかなりの危機感を覚えています。

ですが、コストカットは自らの首を絞めていってしまいます。 なので、サービスの質と量を落とさずにコストを下げるコストリダクションの考え方が必要だと思っています。 だからこそ、個人的には今期は行革という名のコストリダクションを大きなテーマに掲げています。

というか、議員としての大きなテーマだと思っています。 福祉とか教育とか、そういうところにお金を回すにしても、お金をつくらないと。

○○費が少ないじゃないか!という話

○○費が多い少ない云々というのは、政策判断として、どこに重きを置いているか? というところになると思っています。芦屋は財政規模も大きくありませんから あっちも手厚く、こっちも手厚く…ということはできません。

なんでもかんでも手厚くできるのが一番理想ではありますが、 入ってくるお金の規模が決まっている以上、あれもこれもという訳には行きません。 家計と同じで、ない袖は振れません。

考えるべきは、どこに重きを置くか

よく子育て支援子育て支援と言いますが、それ、どこの市でも言ってます。 少子高齢化は全国的な問題ですから、若い世帯に入ってきてほしいのはどこも同じ。

ですが芦屋の場合、子育て世帯にとって大きな大きなハードルがあります。 それは不動産価格の高さ。芦屋は各種物件がかなり高めで、若い世帯が転居してくるにはハードルが高い。 また、市域が狭いと言うこともあり、手頃な物件も少ない。

そういった前提条件の中で、他市と子育て支援合戦を繰り広げ、 子育て世帯の呼び込みに費用を投じていくのが正しい戦略なのか? ということも考える必要があると思っています。

芦屋が目指すべきところ

多分、芦屋の場合、○○費を無償化!みたいな部分に力を入れるのでは無くて さすが芦屋!と言わせるだけのクオリティで勝負していくしかないのだろうと思います。

そういう意味では、ここんところ、力が入っているエリアブランディングなどの 戦略の方向性は間違っていないのかな?と思います。ただ、気になるとすれば ゴールのビジョンをどう描いているか?というところでしょうか。

今年度は、第5次総合計画を策定しようという動きが出ています。 総合計画でのビジョンがどうなっているか?というところが凄く大事だと思っています。

今日は議会運営委員会。 明日行われる本会議の進行についての協議が主な議題です。

明日は9月定例会最終日の本会議になりますが、 決算認定と補正予算の議決の2件のみなので、そんなに時間がかからないと思います。

2期目になってからは、時間の流れが速いような気がします。 未経験のことが多いと新鮮で、時間の流れは遅く感じるようです。 やばいですね。初心を忘れないようにと思っていながらも、 慣れが出てしまってきているようです。

変化は重要

前期(19期)では、議会改革?改善?について、色々と話し合いました。 時間の関係で解決しきらなかったものについては、申し送りという形で今期に引き継がれています。

なので今期は、申し送り事項の対策という形で 議会運営委員会の場でも、細々と変更をしていっています。

色々と話を聞く限り、議会の中の動きはゆっくりです。 それでは世の中の変化に取り残されているような気がしてなりません。

が、芦屋市議会では、一応、変わろうという姿勢は見せられていると思います。 スピード感は小規模自治体のメリットだと思います。 今日も、申し送り事項についての協議が行われました。

協議事項

  • 総括質問の質問方式について
  • 3月定例会における一般質問について

いずれも結論には至りませんでしたが、各会派の意見が披露されました。

  1. 総括質問の質問方式について
  2. 3月定例会では、市長による施政方針全般を問い質す総括質問を行っています。 これは各会派から代表して1名が質問するため、代表質問とも呼ばれています。

    それは良いのですが、その際の質問方式は一括質問方式を採っています。 壇上での質問を合わせて3回だけ発言できます。なので細々と質問することはできません。

    しかし実態は、質問範囲が市政全般に広がっているため 部長さんが入れ替わり立ち替わり答弁をします。 それは聞いている方としては何の質問をしているのか訳が分からなくなります。 僕らもよく分からなくなるので、傍聴の人だと尚更分かりづらい。

    なので一般質問と同じように、一問一答方式での質問を許可しては? という問題提起が出されています。

    個人的には、傍聴者が分かりやすいようなやり取りにすべきだと思いますので、 一問一答方式での質問を許可すべきだと考えています。

  3. 3月定例会における一般質問について
  4. 3月定例会では、総括質問がある関係で各議員が行う一般質問はありません。 他市の議会では、総括質問プラス一般質問という形式を採っているところもあります。

    一般質問で取り上げることは、多くは総括質問の中に含有されるはずです。 ですが、次年度予算とは直接関わらないところでの提起もあって然るべき。

    絶対にやるべき!と固執する考えはありませんが、 やらない積極的な理由もないと言うのが実際のところ。

    時間の制約もありますから、通常通りのフルスペックでの質問を認める必要はないと思いますが 検討しても良い点だと思います。

今日も決算特別委員会。 3日目は最終日なので、審査に加えて討論・採決も行われました。 終わったのは19時過ぎ。最長記録からしたら全然ですが、それでも 10時~19時の会議って長いですよね(笑)

今日の審査対象費目は以下のとおり。

会計区分費目(審査順)所管
一般会計土木費都市建設部
特別会計下水道事業都市建設部
都市再開発事業都市建設部
駐車場事業都市建設部
一般会計災害復旧費都市建設部
教育委員会
教育費教育委員会

自分が質問したところを中心に書いておきたいと思います。

土木費【土木管理費、道路橋梁費】

放置自転車について

どの時間帯の放置が多いか? 何時間ぐらい放置されているのか?盗難届が出ている自転車の割合はどれぐらいなのか? などのデータは取れているのか?放置の動機によって対策方法は変わる。
データは取れていないが、ピーク時(4000台代)と比べると1000台代にまで減っている。 また、一時的な停車については移送の対象としないように運用で対応している。

要望

移送に関する業務だけで毎年1000万円近いコストがかかっている。 移送された自転車を受け取る際に自転車3000円、原付5000円の返還料を徴収するものの、 平成30年度は売却代金と合わせても262万円ぐらい。750万円ほどの赤字が出ている。

長期スパンで見ると台数は大きく減っているが、理想としてはゼロ台。 理想を目指すための対策は講じてほしい。

土木費【都市計画費】

屋外広告物条例について

市内の看板を調査した後に開業した事業所についての状況は捕捉できているか?
市内を巡回している際にチェックしている。

要望

県条例のときには、未申請の物件など、ほとんど捕捉できていなかった。 条例の見直しはいずれ必要かもしれないが、既に施行されている条例であるから 新規の物件も取り逃すことなく、条例の遂行を目指してほしい。

公園トイレの清掃について

現状、公園トイレは湿式が多いが、衛生面を考えると乾式が望ましい。 清掃コストなどの関係で乾式での改修ができないのか?
そのとおり。

要望

公園は老若男女集まる空間だが、唯一トイレだけは近寄りがたい。 子どもを1人でトイレに行かせられないし、女性も1人で行くのは怖いと思う。

乾式だと、衛生面の担保もあるが明るい色見の床にできるので、トイレも明るくなる。 トイレがきれいになると、公園の魅力が更に向上するので清潔なトイレの設置のための検討をしてほしい。

公園再生工事について

使われていない公園を手入れするという趣旨だと思うが、 具体的にはどこの公園を改修したのか?今は使われるようになっているか?
岩ケ平公園を改修した。工事前後の状況については確認していないので 工事による効果は測定していない。

要望

再生工事にかかわらず、工事を行う際には工事の結果を分析することが重要である。 その後の工事に生かしていくためにも、工事前後の状況を確認し、工事結果の分析をしておいてほしい。

教育費

数学等のチューター(支援員)について

導入の成果として、どのように評価しているか?
学力テストの結果等を見る限り、効果が出ていると評価している。
中学校の数学で「授業がよくわかる」と答えた学生の割合について、総合計画で目標を定めている。 しかし、この数字が伸び悩んでいる。生徒の体感としては効果が出ていないのでは?
この指標も含めて、成果が出るように取り組んで行く。

要望

数学については、本当は習熟度別にクラス分けして授業をするのが理想。 しかし、現状でそれの実現は難しいと思うので支援員との情報交換など、 うまく使いながら成果を出してほしい。

打出教育文化センターICT活用研修講座について

昨年度よりもメニューが減っている。研修をしなくてもスキルが身に付いているということか?
来年の新学習指導要領に向け、プログラミング研修を各学校に戻している。
総合計画で目標設定されている「ICT化などによって、子どもと向き合う時間が増えたと感じる教職員の割合」を見ると、 平成28年度の75%から41%にまで落ち込んでいる。研修等のバックアップが必要なのではないのか?
ICTの導入によって時間はつくれている。しかし、その空いた時間を新学習指導要領の対応に使ってしまっているために 子どもと向き合う時間をつくれずにいる。

要望

ICTを使うことで業務の効率化が進んでいるのは明確である。 ICTスキルが高ければ、更なる効率化も期待できるため、ICT関連研修による スキルアップのサポートをしてほしい。

部活動指導員について

導入により、教員の負担軽減に繋がっているか?
各学校1名の配置であるので、負担軽減に直結しているかは分からない。

要望

部活動も大事だが、教員の最優先業務は授業の準備とか、生徒の生活指導などであるはず。 ベテランの教員や、当該クラブの経験者である教員であれば部活動の対応に取られる時間は短縮できるかもしれないが 経験の浅い教員や、当該クラブの経験がない教員に両立を求めるのは酷。

先生側の時間が取られ、本来業務がおろそかになった場合、あおりを受けるのは生徒。 部活動指導員の活用や、顧問の体制を検討することで、経験の浅い先生や部活動の経験がない 教員の負担を軽減するようにしてほしい。

今日も昨日に引き続き、決算特別委員会。 昨日も結構長かったんですが、今日は終わったのが18時半を過ぎており、更に長め。

審議時間は1日で稼ぐのではなく、日数で稼ぎたいですね。 この辺も、芦屋市議会の決算審査の改善点なのかも。

それはともかく、今日の審査対象は以下の通り。

会計区分費目(審査順)所管
一般会計民生費市民生活部
福祉部
こども・健康部
総務部
特別会計介護保険事業福祉部
国民健康保険事業市民生活部
後期高齢者医療事業市民生活部
一般会計労働費市民生活部
福祉部
農林水産業費市民生活部
商工費市民生活部
衛生費市民生活部
福祉部
こども・健康部
総務部

明日もあるので、今日のところは自身の質問したところを中心に、 簡単に書いておきます。

民生費【社会福祉費】

生活困窮者自立相談支援事業について

相談実績を見ると、家計の相談が半分以上を占めている。 テクニカルな対応も必要となり、自立相談支援員だけでの対応は難しいと予想する。 家計相談支援事業の導入も検討する必要があるのでは?
弁護士の協力を受ける、研修等でスキルアップするなどで対応している。 家計相談支援事業の導入については今後、状況を見つつ検討。
利用者、自立支援プランの作成者数について、総合計画で定めた目標と開きがある。 特に利用者数については、相談を必要としている人が相談に来られていないのではないかと危惧する。 この数字についてはどのように評価しているか。
認知度がまだまだ足りていないところもあると思う。 何らかの形で市役所に訪れた際に気になる人については、横断的な情報共有をしながら 漏らさないように対応をしている。

芦屋市障がい者支援ウェブサイト制作業務について

検索で見つけられなかったがどのようなサイトなのか?
今年の7月より、『あしやねっと♪』という名前で公開を開始している。 障がい者支援の情報を集めたサイトである。

民生費【老人福祉費】

老人福祉会館について

利用者数が年々減少している。また、総合計画で定めた目標値とも開きがある。 認知度不足による利用者減なのか、どのように評価しているか。
認知度不足の部分が大きい。啓発しながら利用者増を図りたい。

生きがいデイサービスについて

開催状況を見ると、山手圏域(特に阪急以北)の件数が少ない。 場所がなかったりと、難しいところだとは思うが新規開拓を目指してほしい。

民生費【児童福祉費】

家庭児童相談室について

相談件数が減っているが、どのように評価しているか。
新規分のみを計上するように集計区分が変わった。 なので、実態としては件数に大きな開きはないと考えている。
昨今の虐待報道などで、市民の間でも関心が高まっている。 今後、件数も増えてくるのではないかと危惧するが 現行の4名体制で対応しきれる体制なのか?
現状は問題ないが、今後は状況を見つつ対応する。

民生費【生活保護費】

就労自立給付金について

前年度よりも件数が減っているが、何か理由があるのか。
平成29年度にかなりの人数に自立していただいたため、就労可能世帯数が減っているのがある。 取り組みとしては、大きな効果が出た平成29年度と同様の取り組みを行っている。

介護予防特別会計

介護予防・通いの場づくりについて

数があまり増えていないのではないか。
平成30年度としては、新規に3か所増えた。
特に、山手圏域についてはこの手の施設が少ない。 個人宅でも開催できるこの取り組みだと、山手の手薄さをフォローできるのではないか。
ハードルが高いところもあるが、引き続き、周知を進めながら場所を増やしたい。

国民健康保険事業特別会計

重複投与者是正通知業務について

平成29年度から開催されている事業だと思うが、平成30年度の成果は?
特定の条件で絞り込みを掛けた630人を対象に実施。 うち、1名については薬剤量の減少、医療費の抑制につながった。

重複投与者是正通知業務について

平成29年度から開催されている事業だと思うが、平成30年度の成果は?
特定の条件で絞り込みを掛けた630人を対象に実施。 うち、1名については薬剤量の減少、医療費の抑制につながった。

要望

薬の多重服用は副作用リスクも高まるため、医療費抑制の観点以外にも 利用者の健康という観点でも大きな事業であると考える。引き続き、周知をしながら 事業の継続を要望する。

特定検診について

受診率について、総合計画での目標値が60%であるのに対して平成30年度で39.4%と低い。 ただ、人間ドックなど、代替検診で補っている層もいるはずであるが、実態把握はできているか。
芦屋病院での人間ドックなどは受診率に含んでいる。 民間医療機関で受けている検診のデータについては把握できていない。

要望

受診率については、総合計画にて目標として定めている。 民間のところの実態把握は難しいとは思うが、実態を掴まないと適切な対策も講じられない。 実態把握にも努めながら、受診率向上に努めてもらいたい。

商工費

ふるさと寄附金について

例年だと、芦屋市民による寄附も一定数行われていた。 平成30年度の状況はどうだったか。
芦屋市内居住者からの寄附は約11%。 今年度からは、居住自治体に対して寄附できなくなるため、 市外の方への発信に努めていく必要がある。

要望

制度の問題点はあるものの、現行制度である。 うまく活用して市内事業者のPRに使ってもらいたい。

衛生費

市民マナー条例について

喫煙禁止区域における発生件数が減っている。 巡回員さんのご尽力によるものか?
そう認識している。

要望

長くやっているため、市民への浸透はそれなりかもしれないが市外にはまだまだ。 禁止区域となっている駅は市外の利用者も多いため、市外への発信も必要だと考える。 JR芦屋の駅の出口付近には大きな看板があるが、マナー条例自体を知らない人からしたら 良く分からない。看板による啓発のやり方も考えてほしい。
タイルでの啓発についてはどう考えるか。 昨年度に設置された「犬のお散歩マナー向上モデルロード」については 犬の糞も散見されるし、手作りの禁止看板やペットボトルの設置も復活しつつある。
あくまで試験実施なので、今後広めていくかどうかは検討する。 対策としては、様々考えられるので、色々と取り組んで行く。

要望

マナー条例は当たり前のことしか書いていないと思うが、なかなかゼロにならない。 芦屋はマナーを重んじるとかの標語を掲げるとか、市外に対しても芦屋はごみが少ないと 発信してもらいながら、市民の意識向上に努めてもらいたい。

今日は決算特別委員会。 金曜日までの3日間で平成30年度決算についての審査が行われます。

今日の審査対象は以下のとおり。

会計区分費目(審査順)所管
一般会計議会費市議会事務局
総務費企画部
総務部
市民生活部
都市建設部
各種委員会
公債費総務部
諸支出金総務部
予備費総務部
特別会計公共用地取得費総務部
宅地造成事業総務部
財産区会計打出・芦屋総務部
三条・津知総務部
一般会計消防費消防本部
都市建設部

一般会計に行ったり、特別会計に行ったり財産区会計にとバラバラのようですが 決算審査となると、執行部側の体制もかなり大所帯になります。 なので、なるべく部門ごとにまとまるような順番で審査をすることになります。 効率のためです。

細かいことまで色々と聞きたいところなんですが、 時間的制約もあります。1人でやっている訳でもないので ある程度は自重しながらの質問です。

明日も引き続き、決算審査があるので 質問したところから代表的なところをさっくりと。

総務費について

時間外勤務手当について

民間で言う36協定(月45H、年360H)を超えている部署が多い。 この傾向は例年変わらず、目に見えて減っている訳ではない。 公務員は労基法の対象外だが、ある程度の遵守は必要では?
今年度より、時間的上限を設けることとしている。

要望

上限を設定しても抜本的解決にならないこともある。 超勤が増えている原因分析を進める必要がある。 業務内容を見直し、時には業務の中の一部をアウトソーシングする等で そもそもの業務量を減らす取り組みも重要であるので、進めてほしい。

システム関係経費全般について

全部クラウドにすべきとは言わないが、庁舎でサーバを管理するオンプレミスの割合が多くないか? 庁舎で管理をしている積極的理由があるのか?
かつては情報漏洩の心配もあり、庁舎内で管理をしていた。 状況によりけりだが、システム更新の折にはクラウド移行も視野に入れて検討する。

要望

パブリッククラウドに置き換えて支障がないシステムは更新のタイミングで全部パブリッククラウドに置き換えるべきだが 自治体クラウドについては他自治体と共同契約が必要になる。置換自体が低コストに繋がるとも言いきれないところがある。 ただ、他自治体でクラウド化の話が具体化したときには検討をしてほしい。
各種システムをひも解いていくと、大がかりなシステムが不要なケースもある。 近年、自治体での導入も進められているSFAツールを導入し、自分たちでツール的なシステムを設けて 運用するという考え方もあるのでは?
人事異動が盛んであり、対応できる職員とそうでない職員の差があるため 慎重に考えたい。

人事評価について

評価シートの目的は何なのか? 人事評価制度については目的と手段が逆になってしまいがちで 民間においても難航している。
人材育成に主眼をおいて実施している。
目標管理も行っているのか? その際、数値目標で以って取り組んでいるのか?
業績評価という形で行っている。 なるべく数値化するようにはしているが、 必ずしも数値化できない部分もあるので、 場合によっては数値化しないことも認めている。
管理職について、部下の稼働時間抑制も評価に含まれるのか?
含むようにしている。 ただ、そこだけで評価はしていない。

新公会計制度による財務諸表等について

財務諸表は年度末につくられているのか?
基本は職員で対応しているので、年度中に間に合わせている状況。
財務諸表について、何らかの活用ができているのか?
基本は情報公開強化の観点で取り組んでいる。

要望

かなりの労力をかけてつくっているものなので、 情報公開強化以上の活用も検討してほしい。

オープンデータソンについて

結果はどうだったのか?
21人の参加があり、wikipediaページの新設につながった。 今後もオープンデータの活用という観点で、様々な取り組みを進めたい。

旧宮塚町住宅とエリアブランディングについて

旧宮塚町住宅はエリアブランディングの拠点と聞いている。 目標に対する状況としてはどうなっているのか?
特定の面整備計画に基づくものでは無く、周辺エリアのハード整備等を ひとまとめにしてエリアブランディングとしている。

要望

JR芦屋から阪神芦屋のエリアは、オシャレな店舗なども増えている。 芦屋は大規模ショッピングセンターは設けられないので個性のある店で勝負するしかない。 現状、アクセスが良いために買い物は他市に流れがちであるが、芦屋にも良い店があることを 発信してほしい。
また、当該エリアが盛り上がることで新規参入も増え、更に活気があふれると 自ずと魅力発信に繋がる。色々な相乗効果、波及効果が期待できるので 商業分野の活気づけという観点でも取り組んでほしい。

消防費について

芦屋市Web版防災情報マップについて

災害時にはアクセスが集中し、繋がりにくくなることが考えられるが 対策は講じられているのか?
クラウドのサービスを使って作成しているので 大丈夫だと考えている。

119番通報について

間違いによる119番通報が前年度より40件増えている。 本来必要とする通報の妨げにならないのか?
スマートフォンからの誤発信が増えている。また、110番通報と間違えてダイヤルしてしまうケースもある。

要望

一部機種だと、ロック画面からワンプッシュで通報できるものがあるが バージョンアップすることでダイヤルしないと通報できなくなるとされている。 間違いやいたずらを抑制する啓発を行う際には、こういった啓発も実施してほしい。

↑このページのトップヘ