芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

タグ:2016年6月定例会

今日は本会議。6月定例会最終日で、採決の日でした。市長から提出された9議案、議員から提出された3議案、請願1件が全て可決されました。

議案の内容については、以下を参照ください。

我々の会派としては、議員提出議案第12号「司法修習生の待遇改善と修習期間中の給費制の復活を求める意見書について」に反対しました。それ以外については全て賛成です。

反対理由については、委員会でも述べましたが、めちゃくちゃざっくり言うと、経済状況が芳しくない状況下において経済的不安を抱えていない人まで押し並べて給料を支払うという制度は問題だよねという事です。

この辺は寺前議員が説得力のある反対討論をしてくださいました。詳しくは議会中継をご覧ください。ただ、まだ動画がアップされてないみたいですけど。あと、InternetExplorerでしか観られないので、多分、スマホやタブレットで観るのはしんどいと思いますけど。
http://gikai.gikai-tv.jp/dvl-ashiya/2.html

議会中継については、同じ業者が提供しているスマートデバイス対応のサービスに切り替えたらスマホとかでも見られるようになります。簡単にできるものなのかな。また聞いてみよう。

今日は議会運営委員会と代表者会議がありました。いずれも参加委員ではありませんが、傍聴。同じ会派の寺前議員が出席しているので寺前議員から聞いても良いんですが、直接聞いた方が早いので。

議会運営委員会は、明日行われる本会議の進行と9月定例会の予定についての報告。明日の本会議は採決だけなので、特に変わった事はありません。

代表者会議では、政務活動費のWeb公開についての申し合わせ。事務局から提示された案のとおりで進める事となります。ひとまず、昨年度(平成27年度)の政務活動費をWeb公開する事になります。またアップされたら紹介しようと思います。

あと、独自の試みとして各議員が配布している広報物を陳列するラックを設けるそうです。議会に来れば、議員の全部の広報物が見られるという寸法ですね。個人的には人の広報物を見て参考にできるじゃん!と思います。でも反面で自身の広報物はまだまだ発展途上の出来なので他の議員さんに見られるのはなんだか恥ずかしいという思いも。なるべく他の議員さんに手の内を明かしたくないという話もあります。

我々の会派としては、政党色の濃い広報物は趣旨と違ってるんじゃないかと主張しました。結果的に、議員個人の裁量に任せる形で良いんじゃない?という話になりました。確かに、政党の広報活動に利用されるなどで目に余る場合、その時に協議する事になると思います。だから大きな問題にはならないかもしれないですね。こちらについても、運用スタートした時に紹介しようと思います。

今日は民生文教常任委員会がありました。僕の所属委員会ではありませんので、傍聴。委員外議員には前日にメールで周知されるという、急遽予定が組まれた委員会でした。にもかかわらず多くの議員、市民の方々が傍聴に来られていました。

さて、今日の委員会。あくまで経過報告という扱いであり「何らかの結論を出す」という性質のものではありません。ただ、傍聴の多さから分かる通り、関心の高い案件です。委員会での内容をご紹介したいと思います。ちなみに、今回の委員会は6月14日に開催された委員会での所管事務調査報告の続きになります。前回の委員会の詳しい話はこちらをご覧ください

委員会の開催理由は?

今日の委員会は認定こども園の運営法人に選定されていた法人より辞退の申し出があったことの報告のため、招集をされました。

市と法人との間にどういうやりとりがあったのか、具体的には分かりません。しかし芦屋市は同法人の処分庁でも監督庁でもありません。芦屋市から辞退を促すような話をしたという訳では無いようです。よって、同法人の判断で撤退になったと推測します。

同法人が芦屋で運営している他の認可保育所はどうなる?

同法人は、既に芦屋市において下記3か所の認可保育所を運営しています。

  • 浜風夢保育園
  • 山手夢保育園
  • 夢咲保育園

なので、辞退したからもう関係ない!というものでもありません。芦屋市からは、同法人に対して以下のような指導をしたとの報告がありました。

  • 既に開園している認可保育所については、今まで以上に誠意を持って運営を進めること
  • 浜風夢保育園については、浜風幼稚園跡地に開園する認定こども園の目処が付くまで事業継続する(廃園しない)こと
  • 芦屋市が支給している補助金の使途について、芦屋市の監査を受けること

浜風小学校の敷地を間借りして運営していた浜風夢保育園については認定こども園開園に伴い、廃園という事になっていました。ですが上述のとおり、認定こども園開園の目処が付くまでは廃園しないことが決まりました。

浜風幼稚園跡地はどうなる?

同地に認定こども園を設置するという方針には変わりありません。ただ開園のタイミングについては未定という状況になりました。

芦屋市としては、待機児童問題を重く見ています。平成29年4月に認定こども園を開園したい!という強い意気込みを持っています。

市の意気込みは買いますし、現状でタイムリミットを完全にオーバーしているとも言いません。ですが再公募~選定~園舎の建設工事というような段取りを消化していくには時間的に厳しいというのも事実。

仮に平成29年4月の開園が間に合わないとなると、開園は翌年の平成30年4月となります。加えて平成30年4月に間に合わせようと考えると、最遅でも9月には再公募をかける必要があるとのこと。タイムスケジュール的には非常に厳しい状況です。

今後の議論は?(私見)

今回発生した一連の顛末については非常に残念としか言いようがありません。でも、一番残念に思われているのは認定こども園の開園を心待ちにされていた保護者の方々だと思います。

  • 浜風の地に素晴らしい教育施設をつくること
  • 同じような問題の再発防止

以上2点のミッションを達成することが議会に課せられた責任だと思っています。そのためにも、今後の議論が重要です。議会としての責任を果たすためにも、しっかりと議論を進めてまいります。

昨日に引き続き、今日も本会議。一般質問の最終日です。6人の議員さんによる一般質問が行われました。

議論を聞いていてへぇと思ったのは、狂犬病に関する議論。狂犬病の予防接種は、狂犬病予防法にて1年に1回行わないといけないと定められているそうです。ですが、予防接種を受けていない犬が増加しているとのこと。芦屋市内でいうと2001年時点で82%、2014年時点で72%と年々予防接種率が落ち込んでいるようです。

また、「芦屋市内で飼われている犬のうちで畜犬登録されていない犬は、およそ2800頭ほど存在しているとの予測があり、未登録犬を含めた場合の予防接種率は45%程度になるのではないか」との答弁がありました。

ちょっと信じがたい事実です。よく犬は家族とか言うのに、届出もせずに飼っているご家庭がこんなにあるんですね。人間の子供の場合は役所に届け出るのに。

ただでさえ犬が苦手だというのに、犬が更に怖くなりました。あ、小型犬は大丈夫です。弟がトイプードル飼っていて、ときどき連れてくるので。でも、ときどき家の前を通るだけですごく吠える犬がいます。ガルル・・・って唸ったり。すごくびっくりしますし、何より怖いので堪忍してください。

とにかく、皆さん犬を飼われる時は畜犬登録をしてください。あと、毎年狂犬病予防をしてくださいという事ですね。飼い犬を守るためにも、よろしくお願いします。

僕ら的には本会議ですが、世間的には参議院選挙の告知日かもしれませんね。僕も議会が始まる前と昼休みにもポスター貼りに行きました。また議会が終わった後、17時からポスター貼りに行きました。他の地域で早くおわった人が助けに来てくれたので、無事22時に貼り終わりました。。。ヘルプが無かったら・・・というのは考えないようにします。

今日も昨日に引き続き、本会議。一般質問二日目です。

今日は僕も登壇しました。5番目。なるべく要点を絞り、端的に質問できるように心がけたつもりですがどうだったでしょうね。自分で動画を観るのは怖くてできません(笑)

今回は2つのテーマで質問しました。

  • ごみ収集におけるカラス対策について
  • 動画コンテンツ配信による広報力強化について

一つ目のテーマについては、質問前から厳しそうな雰囲気でした。本当は夜間収集など、カラス対策に対する根本解決を求める方向性での質問の予定でした。ですが、市長答弁の第一声が「ごみの出し方について、個別で指導して回ります」という趣旨の答弁だったのでそれに合わせた質問になりました。僕の考えるアプローチとは異なりますが、描いているゴールの方向性は同じです。方法論について議論しても堂々巡りになりそうと思ったので、当局側の主張で対応可能なのか、体制やスケジュールについて確認しました。うーん。微妙だったかな・・・。

二つ目のテーマについては、質問前から好感触でしたが、実際には思った以上の良い答弁でした。当局の考えている方向性と近くてタイミングの良い質問だったという話もあるので何とも言えないところですが。とりあえず、僕が要求したとおりにYouTubeを使った動画配信が行われることになりました。

今回質問した経緯は芦屋市が制作している広報番組について、あまりにもったいないと感じたところにありました。というのも、せっかく制作しても放映期間は半月だけ。放映期間が終わると、市役所にDVDを借りに行かないと観られない。せっかく制作したコンテンツが半月と言う短い期間でほぼ死んでいたという状況でした。税金で制作してるんだから、もっと長い期間、多くの人が観られるようにしないと予算を投じる意味が無いよねと。

なので、今回の前進で税金の無駄も少しばかり無くなったのかなとポジティブに思うようにしています。

さて、明日が一般質問の最終日。そして、ご存知参議院選挙の告知日でもあります。告知日と言う事は、公選ポスターを貼る作業があります。でも芦屋は明日は議会。そう、議会終了後にポスターを貼りに行きます。議会の終了目処は17時ぐらい。ノルマ枚数はだいたい150枚ぐらい。華やかに始まる参議院選挙の裏側で誰も知らない厳しい戦いに挑みます。なんとか日が変わるまでに帰宅したい。。。

↑このページのトップヘ