芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

タグ:2016年3月定例会

今日は議会報編集委員会がありました。

基本的に、市議会だよりはいつも同じレイアウトでの発行です。ですが3月定例会では予算審議を行いましたので、予算編成に対する各会派からの一言が掲載されます。

あと、巻末に掲載している議会クイズ。前回号からEメールでの受付を開始してもらいましたが、アドレスを打ってもらうのが手間だろうと思い、今月号からQRコードを掲載してもらうことになりました。議会クイズの回答は、議会報を読んでいただかないとわからないようになっています。1人でも多くの方に議会報を読んでいただき、ご応募いただきたいと思います。

同委員会では、いつもちょっとした意見が挙がります。今日は議会報の作成のほとんどは事務局任せになっており、議員の関わりが薄い。議会報の作成に対し、もう少し議員が関与することはできないか?という意見が挙がりました。

現状では、議員が原稿に関与しているのは一般質問(総括質問)や会派からの一言というコーナーだけになります。事務局からは、巻末に掲載している議会クイズや一般質問の挿写真を議員が提供してくれれば助かりますとのことでした。

編集委員になり、概ね1年が経過しました。ですが編集委員会といっても、概ねの原稿は事務局の方で作っていただいています。だから修正すべき箇所などがないかをチェックするだけの会に留まっています。もう少し、発展的な話ができればなぁと思いながら1年が経過しました。今後の課題としては先進他市などを参考に、より分かりやすく、情報量の多い議会報に改善していく体制をつくっていく必要があるのではないかと感じます。

うちの自治体の議会報はイケてるで!という情報があれば、是非教えてください。参考に見てみたいので。

今日は芦屋市議会の閉会日。本会議と議会報編集委員会が行われました。

本会議について

芦屋維新の会から提案した「2年間、議員報酬を5%削減する」という議員提出議案の採決も行われました。ですが残念、反対多数で否決となりました。僕は付託対象の委員会である総務委員会に属していたので提出者にはなれません。なので賛成討論でバックアップした・・・つもりですがどうでしょうか。自分的には、それなりに納得感のある内容を簡潔に訴えられたと満足しているんですが。

ちなみに、人数的には11対9(議長除く)でした。なので7名の議員さんが同調をしてくれたという結果になります。数字だけで見ると、結構おしいんですけど否決は否決です。

僕らの会派は、21人中2人という最小会派。だから、提案したとしても結果はしんどいだろうなぁと思っていました。ですが納得感のある提案をすれば、ちゃんと同調してくれる議員さんがいるんだなぁというのが率直な感想です。次はちゃんと数字の根拠を明確に示し、ぐうの音も出ないようにできたらカッコイイよなぁと企んだりしています。

思い通りに事を運びたいなら、大阪のように会派人数を過半数集めたらええんや!という意見もあります。ですが2元代表制で与野党が無いはずの地方議会でそれをやってしまうと地方議会の本質を覆してしまうことになり、問題があると思ってます。

なので動かしたいことがあるなら、今回のように会派間調整が必須だと思います。・・・思いますが、もう少しぐらい会派の人数がいても良いですよね。うん。リクルートも頑張ります。

議会報編集委員会について

本会議が終了した後は、議会報編集委員会。芦屋市の市議会だよりでは、市民の方に関心を持ってもらうため、巻末に賞品付きの議会クイズを設けています。ただこれ、受付がハガキのみでした。今のご時世、ハガキはハードルが高かろうと思うので、前回(2月号)からメールアドレスでの受付を追加してもらいました。

その結果なのかは不明ですが、10代の応募は8月号、11月号とゼロでしたが、2月号では2人に増えました。とても嬉しい反応です。たった2人やんって話かもしれません。でもゼロと2では全然違いますから!

加えて、次号からはi広報紙というアプリを使用してアプリ配信が行われます。RSSリーダー的なアプリで、RSSフィードを受け取るだけの簡単な仕組み(アプリ開発者に怒られるかも)ですが自治体特化のアプリなので、意外と便利と思ってます。

実はこれ、次の一般質問の時にでも提案しようと思っていたことなんです。いやぁ、先を越されました。というのは置いておいて、今回、市議会だよりだけでなく広報あしやでも同様の対応が行われます。何と素晴らしい動き!と1人で感動していました。所管である広報国際交流課の方々、ありがとうございます。

今日は議会運営委員会、代表者会議などがありました。

議会運営委員会について

本会議の前日という事もあり、翌日の本会議の進め方についての打ち合わせがメインでした。

明日は、予算関連の議案を含む新年度議案の討論、採決が行われます。うちの会派では、一般会計予算についての賛成討論と芦屋維新の会から提出している議員報酬削減に関する議案の賛成討論に立つ予定です。両方とも僕が登壇します。2種類の討論を用意するのは地味に大変でしたが、原稿の準備もできました。後は明日読むだけ!ダラダラ話すのは好きじゃないので、簡潔に、てみじかに!

代表者会議について

兵庫県議会、神戸・西宮・芦屋の3市議会で発生している任期のズレの是正に関する内容が主な議題でした。

  • 任期のズレについて
  • ものすごく簡単に言うと、阪神大震災の年と改選の年が被った際に特例で当時の議員さんの任期を伸ばしたために発生しているものです。当時は選挙どころじゃない程の混乱だったとのこと。任期延長自体は悪い判断だったとは思いません。ですが問題はその後の対応。「4月に選挙して当選しても任期は6月から」という空白の2ヶ月が20年もの間、続いてきました。

方法はともかく、任期のズレを是正しなければならないという認識は全会派で一致しています。なので恐らく、次の改選時には是正されるはずです。

是正の方法として考えられるパターンは以下の三つ。

  • 選挙時期を任期に合わせる
  • 任期を選挙時期に合わせる
  • 選挙のタイミングで自主解散

兵庫県議会では、次回改選時に任期を短縮する方針を固めたそうです。尻に火が付いた訳じゃないですが、芦屋でも具体的な話が進みそうです。ただ、それぞれの議会で事情が異なりますから、必ずしも県議会の方針に合わせる必要はありません。といいつつも、今の議会内の雰囲気だと芦屋も次回改選時に任期を短縮する県議会方式になるような気がします。まだ最終結論は出てないので、まだ確定とは言いません。

震災から20年以上経過しています。対応が遅いとお叱りを受けるかもしれませんが、話はようやく動き出しました。ある意味、議員が身を切らないと解決できないこと。話が動き出したところだけでも評価していただければ幸いです。

今日は予算特別委員会がありました。議員全員が集まっての討論と採決です。

予算については細かい部分で要望はあるものの、全体として反対するものではありません。なので芦屋維新の会として、上程されている一般会計、特別会計の予算案について賛成しました。

他多くの会派についても同様の考えで、今回上程されている一般会計と特別会計の予算案についてはすべて可決すべきものとなりました。全会一致ではありませんが。

今日の委員会では討論も行いますので、会派を代表して賛成討論をしました。後日、本会議での討論があるので今日のところは各会派とも簡潔に。毎回登壇していたので、今年1年だけでかなり討論をしたような気がします。やらかしの経験も含めて、経験を積むことができました。ラッキーです。

予算特別委員会が終わった後は、ICT検討会。今日のところは、議長への答申案の打合せと、禁止事項なんかを記載した要綱についての打合せです。要綱の部分についてはかなり慎重に議論を行いました。タブレットは使い方によっては、格好の遊び道具ですからね。ルール決めはちゃんとやらないと。議会をICT化したところで、市民への直接的な利益には繋がりません。ですが芦屋市議会は有効活用してるね!と言われるようにしていきたいですね。

今日は予算特別委員会民生文教分科会。一般会計の教育費についての審議が行われました。

大きく紛糾すると言うことはありませんでした。ですが13時から16時まで3時間ぶっ続けというなかなかスパルタな会だったので傍聴するのもしんどかったです。市長が「3時間は勘弁して」とちょっと怒ってました。

ちなみに市長は、ご自身がしんどいから怒っていた訳ではありません。出席されている職員さんは、お手洗いに立ちづらいという事情があります。だから上司として、それに配慮してほしいと怒っていらっしゃったんですよ。普段は配慮して、大体1時間半~2時間ぐらいで休憩に入るように進行していますけど。長時間ぶっ続けの議論は、間違いなく効率も落ちるから休憩は必要です。

今日の議論は、聞いていていつもよりもしんどく感じました。でもそれはきっと、長かったからですね。うんそうだ、長かったからだ。

それはさておき、今日の話の中で気になったのは給食費です。芦屋市では、昨年10月から潮見中学にて学校給食が開始。その費用として、約4500万円ほどの予算が計上されていました。「そんなにかかるんだ」って言うのが率直な思いです。

別に子供たちに金かかってるんやから、大変やったんやからと恩着せがましく言うつもりは無いですが、残さずしっかり食べてほしいですね。まあ、食料ロスの事や作ってくれた人の事を考えると、給食でなくても残さず食べるべきなんですけど。ちなみに、芦屋市の給食は自校方式なのでとても美味しいです。

給食の話題でもう1点。小学校給食は現状、私会計ですが中学校給食は、公会計で行われています。小学校給食においても4月から私会計から公会計に変わります。これは大きいですよ。何が大きいかは以下の通り。

私会計(変更前)公会計(変更後)
管理担当各校の先生教育委員会
引き落とし口座給食費用に指定された金融機関任意の金融機関
議会のチェックできないできる

変更のメリットはあまり実感が湧かないかもしれませんが、かなり改善されますよ。

さて、今日でようやく予算審議が完了です。3月14日に行われる予算特別委員会にて、討論、採決が行われる事になります。

↑このページのトップヘ