芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

タグ:2015年9月定例会

今日は本会議でした。本日をもって、9月定例会終了となります。
8月31日からやっていたので、長かったです。。。
会期37日!一ヵ月以上やってました。

本会議では、決算に関する議案が賛成多数で可決されました。
ちなみに、議決の前に壇上で賛成討論を行う必要がありました。
おかげで最終日まで気が抜けない定例会になりました。

本会議後は、議会報編集委員会が開かれました。
要は、市議会事務局が発行している議会報『市議会だより』の編集についての
打合せですね。議会報については、特にレイアウトの変更は必要なしという事で
この委員会は滞りなく終わりました。

午後からは、JR芦屋駅にて議員有志で豪雨災害被災者救援の募金活動を行いました。
被災者救援の気持ちは政党会派関係なしで、募金活動にはほとんどの議員が集まりました。
議案審査においては色々な意見があって然るべきですが、
被災者救援という内容で議員の気持ちが一つになるのは嬉しいですね!
みんなで声を出して募金を募る、初めての共同作業はとても楽しかったです
なお、一生懸命募金活動しすぎて写真を撮り損ねました(笑)

今日は議会運営委員会代表者会議ICT検討会の会議3本立てでした。

まず議会運営委員会ですが、明日行われる本会議の進行がメインテーマ。
これはどの会派も特に異議はないので事務局からの提案通りに進みます。
12月定例会の予定も決まりました。11月25日から始まります。
またビラを配り切る前に次の議会が始まりそうだ。。。

代表者会議では、以前から話題にあがっている議会報告会について協議しました。
日程も内容も班分けも決まりました。3回に分けて実施しますので、
各議員を3か所に割り当てて実施します。大原は、11月1日の福祉センターが出番です。
僕のテンパリ具合をチェックしたいという物好きな方は、入場無料で申し込み不要なので
ぜひどうぞ(笑)
なお、事務局の方がかわいいチラシを作ってくれました。
市内の公共施設等で配布するようです。
001
最後にICT検討会ですが、議会のICT化を進めようという、ふわっとした検討会です。
何度も書いてますが、「ICT化」というフレーズがとても素敵なフレーズに聞こえます(笑)
よく「何ができるの?」と聞かれますが、基本、大概の事は何でもできるんですよ。
逆に「何がしたいの?」と聞きたいです。結局、「何がしたいか」が一番大事なんですね。

システム導入は、一部の人には超有名なブランコの画像のとおり(※)
ユーザー側の認識がふわっとしていると予期せぬ結果を招きますので、ビジョンと目的を明確にした上で進めていきたいと思います。
-----------------------------------------------------------
一部で超有名なブランコの画像
 プロジェクトマネージャーやシステムエンジニアの中では常識的になっている
 システム開発を揶揄したブラックジョークの画像です。
 要するに、プロジェクトにかかわる人々の思いがてんでバラバラだと
 えらい事になると。そして、それは呆れるほど頻発しているという事です。
 無断転載できないので「システム開発 ブランコ」とかで検索してください。
-----------------------------------------------------------

今日も決算特別委員会。今日は3日間続いた委員会の最終日でした。
最終日の会議は、例年だと21時ぐらいまでかかっていたようですが
今年は19時半で終わりました!
10時から19時半までなので、それでもめちゃくちゃ疲れましたが(笑)

本日行われた教育関連の予算の審議の中で、
教育現場におけるタブレットに関する話題がありました。
個人的には「ICT導入=タブレット導入」の考えのもと、
とにかくタブレットを導入しとけば間違いない的な風潮に辟易していたので
「結局タブレットはPCと変わらないんだから、PCが使える状態において
 並行してタブレットを購入していくのには賛成できない」
「タブレットは魔法のツールではない」
「教師が本当の意味でのITを指導できないなら導入しても効果はでない」
といった持論を言わせていただきました。

幸い、教育センターのセンター長の方も「タブレットは魔法のツールではない」と
答弁してくれ、主張に同調してくれたので、少し安心しました。
(というか、芦屋市の教育長は元システム畑の人で、もともと話が合うんですが)
芦屋市には、流行だけでない、先進的でかつ意味のあるICT教育ができる
自治体になれるよう、頑張っていってもらいたいと思います。
もとい、僕も一緒に頑張ります。

さて、明日は総務常任委員会です。
といっても、議案審査ではなく所管事務調査と言って
所管部署からの調査報告を聞くという時間になります。
8月31日から長らく続いてきた9月定例会もあと少しです!

今日も昨日に引き続き、決算特別委員会でした。
今日は10時から18時過ぎまでの長丁場でした。
最終日となる明日は更に長いそうですが・・・。

僕はシステム周りに明るいつもりなので、システム開発や改修費用が非常に気になります。
金額は書けませんが、こんな額で改修の発注が来たらウハウハやん!
ってぐらいの費用が投じられていました。

質疑にて、「改修と言いつつ、抜本的にシステムを作りなおしたんですか?」
と聞いても「○○を改修しました」という答えしか返ってこなかったので
追及はしませんでしたが、たぶん、多めに見積もられてます。
法改正に基づくシステム改修では抜本的な修正は必要ないはずで、
こんな額にはならないはずなんですよ。

まあ、公共事業は品質の担保が絶対なので、テストにすごいたくさんの工数を使うんだろう
という事で今回のところは納得しておきました。
おいおいそれは高すぎやろ。っていうのは予算だてのところで頑張ろうと思います。

しかしながら「ああ、大きなSIerはこうして簡単に高額案件を受注して
二次請け三次請けに開発を流して行くんだなぁ」と
日本のシステム開発の悪習に思いを馳せた一日でした。

今日は決算特別委員会でした。行政の決算内容の審査を行うものですが、
10時から17時過ぎまでのタフな会議になりました。

従来の委員会のように、当局からの説明が先にあるのかなって思っていたら、
いきなり質問から進行していくので若干面食らいながらのスタートになりました。

決算の評価なので、どっちかというとマクロ的な視点で話が進んでいくのかと思い、
その準備をしていましたが、先輩方はかなりミクロな質問をしていました。
なるほどと思う反面、細かな部分についてはあんまり準備できていませんでしたので、
その場で考えつつ質問をするはめに・・・。
まあ、準備不足は反省して明日はちゃんと細かいところも準備して臨みます。

それにしても、タウンページ2冊ぶんぐらいの資料をみるのはとても大変です。
多岐にわたる情報があちこちに書かれていますから、当然、情報を多角的に見て
判断する事なんてできません。あと重いし。
迅速かつ正確な経営判断を下すためにも経営コックピットシステムを導入してほしいなぁと
思いました。けっこうマジな感想です(笑)
お高いんですけど、いいものですよ。あの手のシステムは。

さて、決算特別委員会は今日から3日間にわたって繰り広げられていくのですが、
噂によると最終日は例年、21時とかまでかかるそうです。
きっっついですが、頑張ります。

↑このページのトップヘ