芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

タグ:視察

今日も昨日に引き続き、総務常任委員会の行政視察。 2日目の今日は、渋谷区にて「AIの活用について」を視察しました。

渋谷区では、LINEを用いたAIによる自動応答サービスについて、 平成29年度に実証試験を行い、今年度より正式に運用を開始しました。 子育てに関する問い合わせに特化する形で、子育て世代をメインターゲットにした運用です。

LINEとの協定

渋谷区ではLINE社とS-SAP(シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー)協定を結んでいます。 同協定とは、区内に拠点を置く企業や大学等と区が協働して地域の社会的課題を解決していくために 締結する公民連携制度だそうです。各企業や大学が持つ技術や特色を活かし、新たな区民サービスを 提供するとのこと。現時点で、大学と企業合わせて25件ほどの協定を締結しているとか。

この協定があるため、LINEの公式アカウントのコスト等は無償で提供を受けているとのこと。 これについては、芦屋での導入は難しい。芦屋大学と同様の趣旨の協定を結んでいますが、 芦屋にLINE社はありませんので。

IT系の企業とのCSR協定を狙っていくという方向性はないことも無いんですが、 市内にはまだ少ないですしねぇ。家賃等が高い芦屋にわざわざオフィスを設けてくれる企業も 無いような気がします。

LINEとAIの連携の仕組み

細かい仕組みの部分は割愛しますが、ざくっと書くと以下のような感じ。 LINEから受け取った質問をシステムに連携し、自然言語処理にて質問内容を解析。 FAQの回答データを保持しているDBにアクセスし、適当な回答を取得。 各システム、APIを介してLINEに返信という形です。

質問者からの質問が質問になっていなかったとしても、システム側である程度は 判断して、適当な質問になるように処理されます。

AIのチューニング

AIに問い合わせた内容は、FAQ用のDBに予め登録したデータになります。 なので、回答のデータを追加する作業が必要になります。 AI自動応答の窓口としては経営企画課さんで行っていますが、 データの登録については子育て関連の所管課にも協力を依頼しているとのこと。

また、質問のミスマッチ等があるため、そのへんの設定を随時見直しているということです。 要は、現在は渋谷区さんの資産とするためにAIを育てている状況ということだと思います。 SIRIみたいなAIになれば良いでしょうが、地方自治体の対応でそこまでの高性能AIにするのは 現状では難しいのかなとは思います。

登録者の割合

主に子育て世代の女性に多く登録が見られるとのこと。 LINEを友達登録しており、かつブロックしていないアクティブユーザー数は 約7400人ほどだそうです。渋谷区の子育て世代が約10000人らしいので、 ターゲットとしている層のうち、7割ぐらいが登録しているとのこと。

通常の電話やメール、窓口対応と異なり、24時間365日体制というところが大きな魅力のようです。 問題解決の比率も、概ね65%ほどの成果も出ているようで、渋谷区の子育て世代にとっては かなり有益なサービスになっているようです。

確かに、LINEは相談や問い合わせの敷居がかなり低く、かなり気軽にご利用いただいているようです。 副産物として、従来のやり方ではなかなか集まらないような情報聴取にも繋がっている模様です。

芦屋での導入について

AIの利活用の研究は、職員の超過勤務の抑制にも繋がります。 全ての業務を職員がやる必要はありません。よく、自動化は職員の削減に繋がるみたいな話があると思いますが、 はたしてそうでしょうか。まず、大よそ1.5倍ほどの超過勤務が発生しています。やらなくてもいい仕事を 他に回すことで仕事量を減らし、残業時間を減らすことは働き方改革にも繋がりますし、通常業務の作業効率も改善できます。

また、各部署において「やりたいけど(時間が無くて)できない」と 棚上げされている業務が結構あるはずで、手が空くことでそういう業務への着手にも繋がってきます。 生活残業と言われるとどうしようもありませんが、避けられる残業は避ける方向性を模索すべきだと考えます。 AIの導入も、当初は劇的な効果は無いと思いますが、第一歩を踏み出さなければ何も始まりません。

兵庫県下では、丹波市と尼崎市が同様の取り組みを始めています。 芦屋市でもやれないことはないと思っています。AIという流行りに乗っかるというよりは、 市民サービスの向上と職員の負担を軽減するための研究として、進めていく価値は大いにあると思っています。 12月での提案を考えたいと思います。

今日から二日間、総務常任委員会の視察で東京都に。 主に、行政改革に関する事業について、お話をうかがいます。 視察先については各委員さんから委員長一任と言われていたので、個人的に聞いてみたい事業をセレクト。 適当な宿が無く、事務局の方のお手を煩わせてしまいました。 申し訳ないと思いながらも、聞きたい事業だったんだ…。

ちなみに、総務常任委員会の行政視察としては、同委員会で所管する部署の案件に限定されます。 総務は非常に限定的なので、視察先も限定されます。

企画部市長室
政策推進課
情報政策課
広報国際交流課
お困りです課
市民参画課
総務部文書法制課
人事課
用地管財課
契約検査課
財政課
課税課
債権管理課
会計課
消防本部
監査委員
公平委員会
選挙管理委員会

行くとすると行政改革しかないですよねぇ。 総務の委員会を振り返ると、市民参画に関する視察なんかはちょいちょいありました。 でも地域性や文化、住民性などが全く異なる他府県の事例を聞いたところで 芦屋での実現可能性は極めて低い。そんなことを視察しても「素晴らしいですね」 で終わってしまうので、地域性等に捕らわれない行政改革に特化してチョイスしました。 せっかく視察するなら、芦屋に持って帰れそうなものを聞きたいですから。

前置きが長くなりましたが、今日視察したのは町田市の「自治体間ベンチマーキングについて」。 これは総務省の行革事例で紹介されている のを見て以来、視察してみたいと思っていました。 そんな折でちょうど総務委員会での視察が決まったので、ちょうど良かったです。

けっこう盛り沢山なんですが、ポイントが何点かあると思うので ポイントを絞ってメモっておきたいと思います。ちゃんとした視察報告書は後日書きます。

自治体間ベンチマーキングとは

自治体間で業務プロセス、パフォーマンス、コスト等を比較し、差異を見える化するとともに、 自治体間で共通化できるベストプラクティスを検討し、業務改革・改善に繋げる取り組み。

比較対象は人口規模等、類似する自治体。 国や市長から言われて取り組んだ事業では無く、職員からのボトムアップで取り組んだ事業と言う特徴があります。

これまでの取り組みと今後の取り組み

No対象業務参加自治体数参加自治体
1国民健康保険業務4団体江戸川区、八王子市、藤沢市、町田市
(2015~2016年度)
2介護保険業務4団体江戸川区、八王子市、藤沢市、町田市
(2015~2016年度)
3市民税業務8団体江戸川区、八王子市、藤沢市、多摩市
(2016年度~)船橋市、郡山市、厚木市、町田市
4資産税業務6団体八王子市、市川市、松戸市、郡山市
(2016年度~)厚木市、町田市
5保育関連業務3団体江戸川区、三鷹市、町田市
(2017年度~)
6住民基本台帳業務5団体八王子市、厚木市、郡山市、目黒区
(2016年度~)町田市

相互比較が可能な法定業務に限定しているとのこと。 また、概ね2年間で比較を行い、2年目に最適化を図っているとのこと。

かなり細かく比較するため、これまで完成していると思っていた業務でも自治体間の差があるとのことで 気付きも多いというのが現場の感覚だそうです。

実施に至った要素

  • 財務情報と稼働時間の見える化を推進していた
  • 業務単位での稼働時間の把握が既に行われていたということが大きい。 芦屋市では、まだここまでには至っていない…というか、タイムカードもないので 客観的手法による稼働時間管理は行われていないと言うのが実態です。 最大のハードルかと思います。
  • 事務局の協力体制が取れていた
  • イノベーションのインフラづくりがスムーズだった
  • 他自治体との繋がりがあった
  • 東京都のモデルを使った公会計制度を実施している自治体からとっかかりをつくった。

事務と執行体制の確認シートの活用について

業務プロセスのコスト算出はどうやっているのかと疑問でしたが、答えが出ました。 町田市さんでは、業務だけでなく、作業単位での稼働時間を管理しているとのこと。 しかも、正規職員のみならず嘱託、臨時職員も含めて対応しています。

業務単位でどれだけの時間をかけたのか?という情報はマネジメントを行う上で非常に重要。 業務単位での稼働時間が分からないと、業務量を見誤ってしまうためです。 業務量の見誤りは超過勤務を増やすことにも繋がりますし、結果的に非効率になります。

芦屋でも是非進めていきたいところなんですが、現状、最大のハードルになっているのではなかろうかと。 確かに大変ですが、毎日記録をつける形を取れば、そんなに大変なものでも無いと思うんですね。 1日の振り返り効果も期待できるため、様々な方面での効果があると思っています。 粘り強く提案していきたいところです。

その他

別件ですが、公会計制度による財務諸表を決算審査に間に合わせているのはすごいなと。 芦屋市では、どうしても年度末になってしまうようです。決算で出てきたら、 もっと深い議論ができるとは思いますが、数すくないリソースの中で頑張っていただいているので もうしばらく時間が必要かと思っています。財務諸表を使った決算審議をするには、議員側の勉強も必要ですが 会計に関する勉強は望むところです。

今日は昨日に引き続き、議会運営委員会の視察です。 今日は山口県防府市で視察させていただきました。 視察項目は「議会改革の取り組み」。丁寧にご説明いただき、実り多き視察になりました。 ありがとうございました。

さて、視察内容について簡単に書いておきたいと思います。

議会報告会について

  • 自治会連合会と協定書を交わし、共催で開催。
  • 小学校区(16か所)全てで毎年開催。
  • 班構成は2年間は固定メンバー。
  • 受けた質問や要望は一般質問や委員会での質問で市に確認。結果をHPで報告する。なお、担当は班内で調整。
  • 全体の時間は概ね1時間程度。その後、個別相談を別途実施(20分~30分程度)

全小学校区で実施するのは大変だけど意義があると思います。 市長も各集会所で市民との懇談の機会を設けています。今年はもう無理ですが 来期には、議会としても検討しても良いかと。

また、受けた質問や要望を一般質問等できっちり確認するというのも素晴らしい取り組み。 「やって終わり」ではなく、その後のストーリーをきっちりつくっていくことで、 参加者も増えてくるんではないかと思います。これは別に難しいことでもなく、今年からでもできること。 準備会でも提案してみたいと思います。

全体の時間としては1時間、個別相談を別途設けるという形は 全小学校区で開催する形が生きる気がしますね。これも今年はもう無理ですが 来期には検討できるようにしたいです。

政策討論会について

条例提案が必要な案件等を絞り、個別の協議会(プロジェクトチーム)を 設ける形でどんどん揉んでいく。昨日の視察でもありましたが、 個人で提案するよりも会派。会派よりも委員会。委員会よりも議会として提案する方がインパクトがあります。

僕たち市議会議員は、行政をより良くするために存在しています。 だから、政策実現をするためにより効果的な方法で進めていくべきかと思います。 個人の手柄云々を追い求めると、結局市民が不利益を被る恐れがあります。 また、政策についての討論会を行うことで議員としての能力向上にも繋がります。 これも来期には是非、実施したいです。

議会モニター制度について

  • 性別の偏りを防止するため、公募枠と団体推薦枠を設けている。団体推薦枠では、集まりが悪くなりがちな女性に来てもらうようにしているとのこと。
  • 再任を禁止(1人でも多くの市民に加わってもらうため)
  • 元職は禁止(意図的な発言で混乱を招いた事例があるため)
  • 事前にレポート提出を義務付け、内容を確認した上で偏り等が無いように選んでいる。

昨日の視察でもありましたが、防府市さんは更に一歩進んだ形で進めている印象でした。 色々と気になるところは、事前に払い落せるような仕組みにしていると思います。 うまくやれば、効果的に市民意見を聴取できると思いますので、これも来期の検討事項にしたいところです。

議会改革推進協議会について

議会改革を継続的に取り組む組織として、各会派から委員を選出して構成される会議体。 芦屋では、議会改革に関する取り組みの主担当は議会運営委員会。ですが他の要件もあるため、 議会運営委員会だけでは議会改革の部分がなかなか進まない現状です。前期では特別委員会として設置していたようですが、 もっと平場でざっくばらんに協議できる形の方が話が進みやすいです。なので、こういう協議会の常設も必要なんではないかと 思います。来期への宿題ですね。

今日から明日まで、議会運営委員会の行政視察。山口県に来ています。 初日の今日は、山陽小野田市さんにお邪魔しました。視察内容は以下のとおり。

  • 議会の政策・立案機能の強化
    • 議会政策討論会について
    • 議会提出による政策条例
    • 決算審査における「議会の評価」について
  • 広聴機能の充実
    • 議会市民懇談会
    • 議会報告会
    • 市議会モニター制度

山陽小野田市さんは、議会活動量全国4位というランキングもあったようで 市民の意見を聴取する部分に特化した取り組みを色々とされています。 今日はその一部をご教示いただきました。色々と参考になるものも多く、 芦屋に持ち帰って検討を進められることも多そうです。有意義な視察になりました。

議会政策討論会について

委員会などで意見を集約し、市に対して政策提言を行う取り組みは必要だと思っています。 個人で言うよりも、会派で言うよりも、議会として言う方が行政にとってもインパクトがあるからです。 去年と今年と委員長をさせていただいています。例えば、視察した内容に基づいた協議等、 できたら良いなぁと思っていながらも、なかなかできていない状況。

山陽小野田市さんのように、政策討論会を開催するのは良い取り組みだなぁと思います。 初めはクローズドな会議でも良い訳ですし、議案審査以外のところで政策討論を行うことで 何か新しい提言を生み出すことができるのであれば、それは市にとってすごいプラスです。 次の会期には、なんとか実現できれば良いですよね。

市民懇談会について

市民懇談会については、10人程度の団体と懇談する取り組み。 意見をお聴きする格好の機会になりますから、やること自体は良いことだと思います。 ただ、一つの事柄についても、片方だけの意見を聴くのではなく、 なるべく双方の意見を聴くことが重要だと思います。勧善懲悪の世界ではなく 見る方向が変わればまったく違う意見にもなりますから、それらの情報を複合的に聴いた上で 判断材料に加えるのは非常に有意義だと思っています。

こういう取り組みをする場合、声の大きい団体からの要望は殺到すると思います。 ですが、もうちょっとフワッとした関係者の意見も聴くことができるメカニズムにできるなら 是非とも取り入れたい制度だと感じました。

市議会モニター制度について

2年間の任期の間、以下のような取り組みをしてもらう制度だそうです。

  • 本会議等の傍聴・ネット中継の視聴
  • 議会報告会への参加
  • 議会だより、ホームページ等への意見
  • 議会との意見交換会に参加

昨年度から始めた取り組みで、まだまだ試行錯誤の段階だそうですが 取り組みとしては面白い。

モニターっていうとハードルが高い感じがして、集まる人の性別、年齢層、バックボーン等、 偏りができそうだなぁと思いながらも議会運営の方向性についての参考情報にはなりそうです。

山陽小野田市さんでは、公聴の部分については別途特別委員会を設置して 議会として検討を進めているそうです。そういう議会多いですよね。

公聴については、本当に難しいと思っています。 議会報告会をしても、会派の報告会をしても、なかなか人が集まりません。 コンテンツとしての魅力に欠けていたり、政治に対する敷居の高さなども 影響しているんだろうと思いますが、本当に難しい。

芦屋市議会としても、公聴に関する特別委員会を設置し、 分析・調査・方向性の決定等を進めていく必要があるのかもしれません。

今日も昨日に引き続き、建設公営企業常任委員会の行政視察。

2日目の今日は川越市の「無電柱化の取り組みについて」視察しました。景観を重んじる芦屋市においても、無電柱化の取り組みは重視したい事業。行政と議会と一体となり、芦屋市の景観行政を進めていく必要があると考えており、無電柱化の先進自治体である川越市さんを視察させてもらいました。

今日も昨日と同様、座学視察の後に現地視察もさせていただきました。小雨の中ではありましたが、道路の美装も含めたまちづくりについて実際に拝見することでその効果を実感しました。

川越市における整備効果

中央通り線(H18)

  • 歩道の拡幅
    • 整備前:0.4~2.3m
    • 整備後:1.1~2.6m
  • 歩道材質のグレードアップ化
    • 整備前:アスファルトカラー舗装
    • 整備後:御影石による石張り舗装

その他

対象となる街路は以下のとおり。

  • 菓子屋横丁通り線(H2)
  • 養寿院門前通り線(H3)
  • 長喜院門前通り線(H3)
  • 行伝寺門前通り線(H13)
  • 大正浪漫通り線(H2)
  • 寺町通り線(H20)

それぞれの対応は以下のとおり。

  • 道路材質のグレードアップ化
    • 幅員:4.0~6.0m
    • 整備前:アスファルトカラー舗装
    • 整備後:御影石による石張り舗装

街路の整備により、にぎわい創出に貢献している。大きく分けて以下の効果が見られた。

  • 歩行者の安全性の向上
  • 街区道路との一体感
  • 町並みとの調和
  • 川越まつり会館の利用者数が32%増加
  • 川越市の観光客の増加

無電柱化について

手法

  1. 単独地中化方式
  2. 電線監理者が単独で地中化を実施するもの
  3. 自治体管路方式
  4. 地方自治体が管路設備を整備するもの
  5. 電線共同溝方式
  6. 「電線共同溝の整備等に関する特別措置法」に基づき、道路管理者が電線共同溝を整備するもの。芦屋市における、さくら参道の無電柱化はこの方式を採用している。国庫補助を受けることが可能で、同事業においても国庫補助を受けている。財源の内訳は以下のとおり。
    • 国 :13200万円
    • 市債: 9720万円
    • 市 : 1080万円
    電柱を地中化するに当たり、地上機器(トランス)を配置する必要がある。民地等に設置することで、良好な景観を形成することができる。

    川越市では、民有地の一部を借りて設置していた。だが代替わりの際の問題などが懸念されるので、近年では民有地の一部を買い上げて設置している。また、地上機器を見えないように配置する工夫も多々見られる。

[参考] 無電柱化の概要と事務手続き 1.無電柱化の手法(国土交通省)

美装も含めたまちづくりについて

川越市では、無電柱化工事だけでなく道路の美装化も行うことでトータル的に景観を向上させています。従来の手法では、石貼り舗装を実施していました。ただ、高コストの問題、強度の問題から、近年では石貼りでの舗装では無く、アスファルト舗装で疑似的に石貼りのような舗装を行う取り組みを行っています。

芦屋市は川越市と違い、観光地としての顔色は持ちません。ですが、道路の美装化も含めた街路整備を進めていくことで優れた住環境への寄与に繋がっていくものと考えます。

↑このページのトップヘ