芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

タグ:西宮市・芦屋市ごみ処理広域化検討会議

今日は芦屋市環境処理センターにて行われたごみ処理広域化検討会議(第4回)を傍聴しました。 これまでの議事録や会議資料については、芦屋市のホームページにアップされています

今日の内容についても、おいおい議事録がアップされると思いますが とりあえず、メモ的に残しておきます。

今日の協議内容は以下のとおり。

  • 前回指摘事項の回答
  • 広域化の費用対効果について
  • 費用負担について

前回指摘事項の回答について

広域施設(破砕選別施設、焼却施設)設置場所について

破砕選別施設、焼却施設ともに西宮に建設するのが妥当という判断について、 数字での根拠を示してほしいという指摘があったとのこと。今日はその説明が行われました。 最終結論としては、以下のとおりで合意形成ができたようです。

  • 破砕選別施設:西宮市東部総合処理センターでの整備が適切
  • 焼却施設:西宮市西部総合処理センターでの整備が適切

破砕選別施設について

芦屋市の環境処理センターで整備した場合、以下のデメリットがあるため 西宮市東部総合処理センターで整備した方が妥当であるとの結論が出されました。

  • 不燃ごみ等の外部委託先の確保が必要
  • 既存の芦屋市の施設では、両市のごみを受け入れるだけのキャパが無い。 工事が完了するまでは外部委託をしなければならない。
  • ※処理委託費:約3.8億円×3.5年間
  • 仮設積み替え施設の敷地の確保と整備費用(約1億円)が発生

焼却施設について

西宮と芦屋のそれぞれの優位性について焼却炉メーカー6社に問い合わせて確認したとのこと。 以下の理由につき、西宮市西部総合処理センターで整備した方が妥当であるとの結論が出されました。

  • 芦屋市の敷地では整備困難と判断するメーカーが存在(1社)
  • 整備可能と判断したメーカー(3社)は、いずれも芦屋で整備した方がコストが高くなると判断。
  • 芦屋だと、その他運用面の課題も多々存在する。

運搬ルートについて

以下の3つのパターンを検討。 準工業地を通過する湾岸側道経由ルートが住民への影響が一番少ないと説明がありました。

  • 国道43号線経由:商業地を通過
  • 臨港線経由:住宅地を通過
  • 湾岸側道経由:準工業地を通過

広域化の費用対効果について

ライフサイクルコスト削減効果

焼却施設

単位:千円(消費税10%込)
 単独処理広域処理経費削減効果
芦屋市西宮市合計
施設建設費12,760,00025,190,00037,950,00031,240,0006,710,000
運営費(20年)12,650,00018,200,00030,850,00020,700,00010,150,000
25,410,00043,390,00068,800,00051,940,00016,860,000

破砕選別施設

単位:千円(消費税10%込)
 単独処理広域処理経費削減効果
芦屋市西宮市合計
施設建設費2,750,0007,480,00010,230,0008,140,0002,090,000
運営費(20年)4,290,00010,400,00014,690,00011,180,0003,510,000
7,040,00017,880,00024,920,00019,320,0005,600,000

発電効率、売電収入

単位:千円(消費税10%込)
 単独処理広域処理経費削減効果
芦屋市西宮市合計
発電効率(%)17.320.821.8
売電収入1,100,0006,710,0007,810,00011,000,0003,190,000

広域化にかかる費用(施設建設費、運営費除く)

単位:千円(消費税10%込)
項目説明金額
焼却施設基本計画、生活環境影響評価、発注支援等140,000
外溝整備費97,000
残渣運搬および最終処分費(20年間)2,934,000
破砕選別施設基本計画、生活環境影響評価、発注支援等84,000
残渣運搬および最終処分費(20年間)180,000
中継施設焼却施設用施設建設費616,000
運営費(20年間)2,671,000
基本計画、生活環境影響評価、発注支援等32,000
破砕選別施設施設建設費363,000
運営費(20年間)1,473,000
基本計画、生活環境影響評価、発注支援等32,000
仮設中継施設
(破砕選別用)
施設建設費、運営費及び処理委託費(2.5年間)424,000
その他プラ中間処理施設建設費396,000
その他プラ中間処理施設建設費396,000
運営費(20年間)1,100,000
軽量棟建設費(芦屋市側)25,000
既存施設の改修広域化に伴う電気設備改修工事(芦屋市側)195,000
その他広域処理施設設置に伴う環境負荷対策等
10,762,000

まとめ

広域化で得られる経費削減効果額25,650,000千円
広域化にかかる費用10,762,000千円
差額14,888,000千円

広域化を進めるとトータルコストを抑えることが可能。

費用負担について

多岐にわたる判断、慎重な判断が必要となるため、次回会議に持ち越し。

傍聴しての所感

現状ではっきりしているのは「コスト的には広域化を進めた方が良さそう」ということのみ。 芦屋市の行政当局としての結論さえ出ていない状況です。また、細かいところも全く決まっていません。

本件は芦屋市だけの話ではありません。なので、水面下での調整中である現状で我々議員があーだこーだ口を出すとまとまるものもまとまらない。 具体的な判断が必要になってくるのは芦屋市の行政当局としての結論を出し、議案として上程された後です。

現状でのベストな対応は、静観することだと考えています。この場で自らの意見を述べるつもりはありません。というか、「広域化を進めた方が良いはず」という漠然とした考え以上のことを披露するだけの判断材料がありません。

今日は浜風町にある芦屋市環境処理センターにて行われた西宮市・芦屋市ごみ処理広域化検討会議を傍聴しました。なお、傍聴者は両市の市議だけでした。そらそうね。

4月27日に第1回が開催されてから、今日が第2回目の会議となります。ちなみに、第1回のときの議事録と資料の公開もスタートしたようです。
http://www.city.ashiya.lg.jp/kankyoushori/kouikika/kenntoukaigi.html

今日は、以下のテーマについて協議が行われました。いずれにしても、結論を出すようなものではなく、事前の確認段階と言う感じでした。

  1. 各種データなど、基本項目の確認
  2. メリットとデメリットの確認
  3. 運営方式パターンの洗い出し
  4. 費用負担パターンの洗い出し

広域化を考える処理施設としては、大きく分けて以下の二つになります。

  • 可燃ごみ ⇒ 焼却施設
  • 不燃ごみ ⇒ 不燃粗大処理施設

なお、新聞紙やダンボールなどの資源ごみは広域処理の対象にはならず、これまで同様、両市がそれぞれ民間委託を行うことで処理するようです。

広域化をする場合、焼却施設と不燃粗大処理施設の両者を設ける必要があります。西宮市につくるのか、あるいは芦屋市につくるのか?かなり大事な話です。今日の段階では結論は出ていませんが、両市の共通認識としてあるように感じたのは合理的かつ効率的。なるべくコストがかからない形での対応をしたいということです。当然ですが、大事な観点です。

では、それぞれの議論についてもう少し具体的な内容を紹介しておきます。

メリット

大きく分けて以下の二つが挙げられるとのこと。

  • ライフサイクルコストの削減
  • 環境負荷の軽減

環境省によると、処理施設の処理能力と施設整備費には0.6乗則の関係があると示されているようです。つまりは仮に2倍の処理能力を持つ処理施設をつくったとすると、整備費用は1.2倍で済むということ。いわゆるスケールメリットがはたらくためです。大規模施設を設けると固定費用は必要となりますが、その分たくさんのごみを処理できるようになるので、ごみのトンあたりにかかるコストが分散され、ごみ処理の1トンあたりの限界費用が安くなるってことです。

この考え方は芦屋市と西宮市の1トン当たりの処理コストを見たときに芦屋市の方が高くなっていることからも明らかです。

※参考 1トン当たり原価(円)
 H27H26H25
西宮市17,70715,56614,765
芦屋市23,45722,59727,598

デメリット

大きく分けて以下の二つが挙げられるとのこと。

  • 運搬車両の集中
  • 市民の利便性への影響

広域化を行った場合、県道である芦屋鳴尾浜線を使って運搬することになります。芦屋鳴尾浜線を両市の運搬車が行き交うことになるので、交通渋滞などへの心配があるとのこと。今日の協議の中では、中継地をつくったり、ごみを大型車に詰め替えたりすることで運搬車両を抑制できないか?という議論がありました。確かに、やり方次第でどうとでもなりそうな部分です。メリットとして挙げられているスケールメリットと比べても軽微なデメリットのように感じました。

また、ごみの収集区分が変わる可能性があることで市民の利便性に影響するのでは?という懸念が挙げられていましたが、それは一過性のもので、より良い形を模索することでメリットに転じられるのではないか?という議論がありました。そのとおりだと思います。例えば、ビン、カンの収集日が増えるなら、変更に慣れる必要があるかもしれないですが、慣れてしまえばそれはメリットです。

運営のやり方

以下のようなパターンが挙げられるとのこと。

  • 事務の委託
  • 一部事務組合
  • 広域連合
  • 協議会

それぞれにメリットデメリットがあるんですが、今回の広域化のテーマが「ごみ処理」ということを考えると、事務の委託 とか 一部事務組合という選択になるのかなぁって思います。ちなみに先日視察に行った伊丹市と豊中市の広域施設では、一部事務組合をつくっているとのことでした。このへんも次回以降に色々協議が行われていくことでしょう。

費用負担の考え方

費用負担の考え方としては、負担の比率をどうするか?って話ですね。たぶん一番揉めると言うか、激論が交わされるところだと思ってます。他市の事例では、以下のやり方が一般的とのこと。

  • 均等割
  • ごみ排出量割
  • 処理能力割
  • 人口割

広域化については費用負担が肝になってくると思います。なので、次回以降に濃密な議論をするんだろうと予想しておきます。

次回の会議は?

今日のところは踏み込んだ議論にはなりませんでした。踏み込んだ議論は次回以降に持ち越しということですね。次回の会議は7月に行われるとのこと。今回は芦屋でしたから、次は西宮ですね。

↑このページのトップヘ