芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

タグ:川西市議会議員選挙

今日は午前中に市役所で打合せをした後、午後からは川西市議会議員選挙の応援のために川西市に。 日本維新の会として、同選挙には4名の公認候補を出しています。

DSC_0203

僕は現職候補の上田候補の応援に入るよう、指示が出ているために上田候補の応援に。 川西能勢口、川西池田駅前の街宣と最後の駅立ちまでご一緒しました。

DSC_0208 DSC_0212

人のピーク時にはご一緒できませんでしたが、雰囲気を見る限り、 市民の方の反響が良いように感じます。政党支持率を見る限り、 維新の風が吹いているとは到底思えませんので、上田候補の4年間の活動の結果が出ているんだと思います。

上田候補の最大の持ち味は、何と言っても驚異的な体力と行動力、実行力。 あと、本当に良い人だと思います。仲間のために真剣に汗をかくことができる人です。 政治家になる人って、変な人と言うか信用の置けない人も多いです。 そんな海千山千の中で、良い人すぎるというのは時に弱点になるかもしれない。 ですが、人間として付き合う以上、やはり人の良い人を信用したいものです。

上田候補は持ち前の行動力、実行力を生かし、市民の方々からの相談事に対して 親身になって対応してこられました。多分、器用なタイプではないと思います。 ですが、常に全力プレーで体当たりしてこられた候補だと思います。 市民の方の考え方は多種多様ですから、時には相対するのが難しいときもあります。 ですが、上田候補はそういうことから逃げない候補です。

政治家の中では、口が立つ人も少なくありません。 本人の話だけ聞いていると、それはそれは素晴らしい政治家だと錯覚します。 上田候補はそういうのはあまり上手くないかもしれません。 ですが、僕は4年間、上田候補と同じ政党の議員として付き合ってきました。 人として信用のおける候補だと思っています。

上田候補は行動力、実行力、そして情熱は素晴らしいものがあると思います。 もし、川西の方がおられたら、上田候補に話しかけてみてください。 僕の言っていることはよく分かると思います。

余談ですが、川西市内で選挙ポスター掲示板の写真を撮ってきました。 26人の定数に対し、32人の候補が立候補されています。

DSC_0201

32人も出ていると、写真をパッと見ても分かりませんね。 なので、目を引くような工夫が必要だと思います。

伝えたい情報が何か?という目的を考えると、名前や顔写真を大きくデザインする必要があります。 サイズというのは視認度の上では一番基本であり、重要なファクターですから。 しかし、名前・顔が「よー分からん」候補が何人かいますね。誰とは言いませんが。 僕が候補なら、デザイナーから案が上がってきた時点で即却下するデザインです。

選挙ポスターの影響はどれぐらいあるのか?というデータにもなりそうなので、 彼らの結果がどうなるか、見守ってみたいと思います。

今日から川西市議会議員選挙が始まりました。1週間後の21日が投票日です。 この選挙には僕の所属する日本維新の会の公認候補として4名が立候補しています。

なお、川西市長選挙もダブルで行われていますが、こちらについては自主投票です。

維新の特別党員は、各候補のところに派遣される格好になるみたいです。 僕は上田候補に張り付きです。維新の現職の中で一番頑張られた候補だと思うので、 是非当選していただきたいと思います。僕も可能な範囲で頑張ります。

事前の報道では、26人の定数に対して32人が立候補予定という話がありましたが、 最終的には何人立候補したんでしょうね。それについての情報をゲットできなかったので 、また川西に応援に入ったときにはポスターの写真を添えてアップしたいと思います。

一番良いのは街頭演説とかを聴いていただくことだと思いますが、 僕の知る限りでの公認候補の情報をお知らせしておきます。

現職の上田候補も地域密着の議員さんとして4年間、奔走されてきました。 70歳を過ぎてもなお、シニアのサッカー選手として活躍されているその体力は 年齢を感じさせません。これからも「地域の気の良いおっちゃん」として、 住民の皆さんの声に耳を傾け、すぐ動く議員さんとして活躍してくれると思います。

坂口候補は女性目線での提案を続けてきたとのこと。 議会における女性議員率はまだまだ低いですから、若い女性である坂口候補への期待は大きいです。

新人の方は詳しく存じ上げませんが、田中候補も前田候補も 民間のときの経験を生かし、即戦力になり得る候補だと思います。

川西にお住まいの方がおられましたら、とりあえず、1週間の間だけ、彼らの訴えに耳を傾けていただきたいと思います。その上で、投票に価値を見出していただき、投票に行っていただけると嬉しいです。

↑このページのトップヘ