芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

タグ:代表者会議

今日は市役所にて、以下の会議がありました。

  • 議会運営委員会
  • 代表者会議
  • 議会報編集委員会
  • 議会報告会検討会議

えらく沢山の会議をやっているように見えますが、僕が参加したのは一番下の議会報告会検討会議だけでした。あとは傍聴です。

代表者会議については、非公開会議なので紹介は割愛させていただいて、それ以外の内容について触れておきます。

  1. 議会運営委員会について
  2. 次営業日である来週の月曜日が本会議なので、その進行についての打合せがメインとなる会議でした。来週月曜日の本会議では、先般委員会審議を行った現年度分の議案の採決と代表質問が行われます。

    代表質問は、市長が示した次年度の施政方針に対して各会派から代表者1名が質問するというものです。なので、会派に所属していない議員さんは行いません。

    月曜日に登壇する議員さんは3人です。基本は人数の多い会派から順に質問しますので、あしや真政会、公明党、日本共産党の3会派が質問する格好になります。僕の所属する日本維新の会については、3月7日の火曜日です。

  3. 議会報告会検討会議について
  4. 次年度の議会報告会の方針について、結構細かなところまで議論できました。報告するにしても、市のホームページを見たら載っているような総花的な報告じゃなく、報告事項の背景やストーリーに触れるような形でもう少し興味を持ってもらえるような内容にしましょうよという話になりました。

    ここに来て良い感じの議論になってきた感があります。次年度の議会報告会にはご期待いただきたいと思います。

さて、来週は代表質問、次年度の予算審議と大変な会議が続きます。体調を崩さずにしっかり頑張っていきたいと思います。

今日は議会運営委員会、代表者会議、議員互助会理事会と3つの会議がありました。議会運営委員会については公開の会議ですが、それ以外については非公開の会議です。僕はいずれも参加対象ではないので、傍聴してました。

議運では、月曜日からの一般質問の進行についてと議員提出議案、請願、陳情のホームページ上の取り扱いについての提案がありました。

一般質問は、17人の議員が実施します。議長と副議長は一般質問をしないルールなので、2名の議員が登壇しないという格好ですね。順番と通告内容は以下の通り。
http://www.city.ashiya.lg.jp/shigi/documents/28-4.pdf

一般質問は3日間に渡り行われますので、以下の割り振りになります。

  • 12/12(月)1番の中島かおり議員~6番の寺前議員まで(6人)
  • 12/13(火)7番の岩岡議員~12番のひろせ議員まで(6人)
  • 12/14(水)13番の徳田議員~17番の前田議員まで(5人)

ちなみに大原は10番目なので、2日目の13日です。時間は、だいたい1人あたり30分~1時間ぐらいの計算なので、13時~14時の間ぐらいのスタートになるんじゃないかな。一番眠たくなる一番嫌な時間帯です(笑)

平日のお昼ですから、多くの皆さんは絶賛お仕事中だと思います。でも、もし興味のある方はネット中継もありますからご覧いただければと思います。
http://gikai.gikai-tv.jp/dvl-ashiya/2.html

もう一つの議題だった議員提出議案と請願、陳情の取り扱いについては、現状、内容についての公開が無かったり、一部透明性を欠く状態になっているのでそれを再検討しようというもの。今日のところは会派持ち帰りですが、芦屋市議会は議会改革に前向きですから、前向きな決定になるんじゃないでしょうか。

さて、来週月曜からは一般質問。一般質問が終わった後は、いつも反省してる気がします。一度ぐらい、自画自賛できる質問をやってみたいところです。

今日は市役所にて以下の複数の会議がありました。

  • 全体協議会
  • 議案説明会
  • 議会運営委員会
  • 代表者会議
  • 議員互助会理事会

全体協議会と議案説明会については全員参加の会議です。その他の会議については代表者だけが参加する会議になるので傍聴しました。

全体協議会について

浜風町にある環境処理センターの今後の方向性について説明がありました。同施設は20年以上が経過しています。H32までの延命化を実施しているものの、H33以降の対応について検討しなければならない段階にあります。

市としては、一般廃棄物処理基本計画に関するパブリックコメントの実施を検討しているようです。12月15日付の広報紙にてパブリックコメントの募集が掲載されるようなので、関心のある方は是非ご確認ください。

議案説明会について

第67号議案~第78号議案まで説明がありました。一回聞いただけでは完全に理解できないちょっと難しい議案もあったので、後でもう少し読み込んで、しっかりと理解をしたいと思います。

議会運営委員会について

以下の議事が執り行われました。

  • 明日行われる本会議の進行についての確認
  • 委員会のインターネット中継についての協議

委員会のインターネット中継については、各会派とも実施への大筋の合意が取れました。細かい部分の詰めと、中継に必要な機器の設置がまだなので、今すぐ実施!という訳ではないですが、これから前に進んでいくと思います。

代表者会議について

先般行われた議会報告会についてのフィードバックが説明されました。前期から始めている議会報告会ですが、少しずつノウハウが貯まってきたのかな?というところです。徐々にいい感じになってきているような感覚があります。今後は、よりよいものにしていくために、協議を進めていくことを期待します。

議員互助会について

同会の予算が余り気味ということで、セミナーの実施などで効果的に使っていきましょうという事務局からの提案がありました。一旦、会派持ち帰りとなりましたが、内容的に異論を唱える会派はないんじゃないかな?というのが感想です。

今日は市役所にて、以下の3つの会議がありました。

  • 議会運営委員会
  • 代表者会議
  • 議会報編集委員会

と言いつつもどれもメンバーじゃないので、議運と代表者会議については傍聴を。議会報編集委員会については傍聴席がないので参加してません。それぞれについて、簡単に紹介しておきます。ただ、代表者会議は非公開の会議なので、すみません。

議会運営委員会

委員会のインターネット中継についてが話題に上がりました。芦屋市議会は他市に比べても議会改革が進んでいると思うんですが、委員会の公開についても積極的。

今日のところは一旦会派持ち帰りになりました。ただ、機器が揃えば直ちにインターネットに公開する・・・というのもちょっと急ぎすぎなのかなと思います。

というのも、芦屋市は委員会についてはかなりガチでやってます。他市で行われているような事前の質問通告もありませんし、台本もありません。だから、予想外の方向からの質問が出たときなど、資料の持ち合わせがなく当局の方がすぐに答弁できないような時もあります。

それぐらいガチなので、時々、インターネットに流すのはどうだろう??というような質問や答弁が出てきたりする恐れもある訳です。発言訂正があることも少なくありません。開き直ってる訳では無いんですが、お遊戯会のような形式的な委員会運営より、今のガチ度が高い委員会運営の方が良いと思っています。

という背景もあるので、議員側と当局側でしっかりルールを決めた上で公開をした方が後でトラブルにならないんじゃないかなって個人的には思っています。

議会報編集委員会

確定はしてませんが、議会報の増ページを検討しているようです。一般質問ページや議案内容の説明や賛否の分かれた議案の討論内容などが充実すると、読み応えのある良い議会報になりますよね。

定例会ごとに個人のビラを作成していますが、スペースの問題で議案の説明とかまではフォローできません。だから個人的には増ページはかなり助かります。

今日は議会運営委員会と代表者会議がありました。僕はどちらも委員ではないので、傍聴です。

議会運営委員会については、明日行われる本会議の進行についての打合せ。代表者会議は、11月15日に行われる議会報告会についてがテーマでした。

11月15日に行われる議会報告会ですが、以下の要旨で行われます。

  • 日程:11月15日(火)
  • 時間:
    • 10:00~11:30
    • 13:00~14:30
    • 16:00~17:30
  • 内容:
    • 議会改革について
    • 決算の審議結果
    • 常任委員会の審議内容

開始時間が3枠ありますが、議員が3班に分かれて報告会を実施します。報告内容は同じです。班分けは以下のとおり(敬称略、順不同)

10:00~11:30長谷、長野、山田、ひろせ、中島(健)、松木、田原
13:00~14:30岩岡、寺前、中島(か)、重村、帰山、平野
16:00~17:30福井(利)、いとう、福井(美)、大原、前田、徳田、森

また、今回行うものはあくまで「議会としての」報告会です。議員個人の考えはお伝えいたしかねます。議員個人の考えが知りたい方は、各議員による報告会にご参加いただきますようお願いいたします。

さて、明日は本会議。長かった9月議会もいよいよ最終日です。僕は決算に関する賛成討論を行う予定です。

↑このページのトップヘ