芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > 政務活動費あり方検討会(H30)

今日は政務活動費あり方検討会。

今日で9回目。昨年10月に畑中前議長より諮問を受けて以来、 何度も会議を進めてきました。9回という回数がどうなのかは分かりませんが、 半年と言う期間以上に長い時間を要したように感じます。

本日が最終回で、最終答申案のまとめとマニュアルの改訂について協議しました。 最終答申と改訂マニュアルについては18日に行われる代表者会議において協議されます。 そこで承認を受ければ、晴れて任務完了です。どうなることかと思われましたが、 それなりの着地点を見出せて本当に良かったです。

議会として、正式にフィックスさせた後、ホームページ等で公開されます。 今までのマニュアルは少し分かりづらくて運用でカバーしていましたが、 明文化するところは明文化する等、分かりやすいつくりになっています。

新マニュアルの運用については来期から…ではなく、平成31年度からの運用という方向で進めています。 改選で任期終了と思われがちですが、芦屋市議会は4月に選挙が終わったあと任期は6月まであります。 (任期のずれについては、来期から解消されることになります) なので、4~6月までの四半期分の政務活動費が支払われることになります。

今任期中の大きな改訂は初めてです。面倒な作業ではありますが、社会情勢も刻々と変化しています。 社会情勢に適応した政務活動を的確に行っていくためにもマニュアルの見直しは必須だと思います。 結果として変更なしと言うことになるかもしれませんが、定期的な見直し作業をするという事実が大事です。

来期がどういう顔ぶれになるかは分かりませんが、任期中に少なくとも1度はマニュアルを見直す必要があると思っています。議会の動向をウォッチしながら、僕も見直しについては働きかけていきたいと思います。来期の席があるのであれば…ですが。

今日は政務活動費あり方検討会。今日で8回目です。

2月12日に行われる全体協議会の場において、 無所属の方を含む全議員に中間報告を行うため、開催頻度が多くなっています。

中間報告の後、各議員さんからのご意見を聴取し、 それを反映した後に議長に対して答申と言う格好になります。 初めは進捗がゆっくりだったため、どうなることかと思いましたが ここに来て、ある程度の形になりつつあることを感じます。

今回、マニュアルの改訂も行われます。 現在使用しているマニュアルはイマイチ分かりづらくて使いづらいため その辺の使用感も改められることになります。それだけでも、透明性が上がると思います。 新しいマニュアルが楽しみです。

政務活動費マニュアル(平成28年4月改正)

改訂マニュアルは、来年度の4月から適用となります。 任期は6月10日までなので、議員を続けるかどうかに関わらず 2ヶ月間は新しいマニュアルでの運用を行うということです。

色々ありましたが、現時点で合意できる範囲で変更を加えてきたと思います。 方針が固まったあと、一般にも公開されると思いますので、もし興味があれば また見てください。

しかし…この任期、色々な会議体に参加してきました。 仕事のやり方はどんどん効率的にやっていきたい人なので、現状維持は嫌いです。

実際には、時間は過ぎ去りますし社会情勢も刻々と変わっています。 なので、現状維持をしていたら世の中に取り残される。現状維持はゼロではなくマイナス。 この思いでやってきましたが、議会における変更は難しい。

客観的に考えても改善だと思うことでさえ、なかなかまとまりません。 議会を変えるのは根気のいることだと思います。 でも「変わらないと」と訴える人間がいないと組織の改善はありません。 そして、議会が変わらないで行政も変わりません。根気強く頑張って行きたいと思います。

今日は久々に市役所での会議。 今はタイミング的に、割とバタバタ動いていることが多いので 色々な細々した会議予定をこの日に合わせていただいた格好なんだと思います。 市役所に行かずに何をしているか?それはご想像にお任せします。 とりあえず、サボっていた訳ではありません(笑)

さて、僕が今日参加した会議は以下の通り。 一つ一つの会議時間は特に長い訳ではありませんでしたが、 数が多かったので、頭の切り替え含めてなかなかに大変でした。

  • 議会運営委員会
  • 代表者会議
  • 総務常任委員会・民生文教常任委員会協議会
  • 政務活動費ありかた検討会
  • その他細かい打合せ2件

現時点でオープンにできるところだけ、紹介しておきたいと思います。

議会運営委員会

  • 発言通告の書き方について
  • 議員派遣による行政視察の取り扱いについて

発言通告の書き方について

一般質問をする際、円滑なやりとりを進めるためにも事前に通告しています。 本当は、アドリブで殴り合いをした方が良いのかもしれませんが、本会議はオープンでオフィシャルな場です。 基本的には発言した内容を守る必要があり、当局側も間違った答弁はできません。 事前に予め調べておいてもらわなければ発言できないというところがあります。

議員は、事前に通告するため「発言通告書」なるものを提出します。 問題はこの書き方。「災害時避難所について」「防犯カメラの設置について」など、 この先にどんなやりとりが繰り広げられるのか想像もつかないような書き方も見られたようです。

最終的には対面でのヒアリングをするので、当局側は質問要旨の把握は可能です。 でも、仕事のやり方としてはすごくスマートではない。ヒアリングに参加していない人が 質問要旨を掴むのは極めて難しい。

ということで…次からはもっと丁寧に書きましょね。ということになりました。 作業効率を考えると当たり前やん!って思うんですけども、当たり前ができてなかったんですね…。

次の一般質問のときには議会の顔ぶれも変わっています。 なのでちゃんとマニュアライズした方が良いだろうと思いましたが、 新人さんにお渡しするマニュアル本に書きましょうねということで落ち着きました。

これぐらい簡単な話をするのにも、結構な時間をかけています。 スピード感という意味では、なかなかもどかしい部分があります。 ですが現状、組織としての作法を改めるだけのパワーはありません。 なので、組織としての作法に基づき、粛々と改善策を見出していく以外にはないと思います。 派手なことばっか言う人もいますが、それだけだと口だけ番長になりますしね。

議員派遣による行政視察の取り扱いについて

会派視察と呼んでいる視察の取り扱いです。 芦屋市議会では、政務活動費の他に公務での視察費を別途計上しています。 基本は委員会での行政視察に充てますが、余った額を会派での行政視察として使っている現状です。

議員派遣については、芦屋市議会会議規則において規定しています。

(議員の派遣)
第78条 議会において審査,調査その他の必要により,議員を派遣しようとするときは, 議会の議決を要する。ただし,閉会中は,議長において議員の派遣を決定することができる。
2 議員が派遣を要求するときは,あらかじめ氏名,日時,場所,目的,経費等を記載した 議員派遣要求書を議長に提出しなければならない。

会派としては、本当に派遣が必要な際については議員派遣の制度を使えば良いけど、 毎年定例で行っている会派視察については政務活動費を使えば良いんじゃない? という提案をしてきました。でもそれは全会一致でまとめるのは難しい。 それならば…と、手続きをあるべき姿にしていくという議論で進めてきました。

議会から派遣と謳っておきながらも他の会派が「どこに何を」見に行っているか良く分かりません。 そんな現状はあるべき論で言うと問題があります。 なので、議員派遣による視察については、全て議会で報告するようなスキームに変更することに。

こういう変更は、小さな改善だとは思います。 ですが現状、解釈で片付けているところを明文化していくのは大事なことだと考えています。

政務活動費ありかた検討会

第7回目です。なかなか議論が前に進まず、もやもやするところもありましたが ようやくにして一定の落とし所に落とせるようになってきました。

色々な制度をドラスティックに変えていくのは、今の立ち位置では難しいところがありますが 粘り強く粘り強く改善の方向に持っていきたいと思います。改革!とまで大それたことを言うつもりはありません。 ですが、改善を止めてしまうと組織として死にます。改善と一言で言っても仕事をしやすくするための改善、透明性を向上させるための改善。 大小含めて色々とあります。ですが、今後も常に改善を続けていく必要があると思います。

どういう風にマニュアルを変更していったのか?については、 最終固まった段階で公開されると思いますので、そちらをお待ちください。

今日は政務活動費あり方検討会。

畑中前議長から諮問を受け、10月頃から会議を繰り返してきて今日で6回目。 2月頃の答申を目指し、ぼちぼち終了に近づいてきました。

社会情勢は刻々と変化している訳ですから、政務活動費の使用マニュアルは 一度作成したからオッケーというものではありません。そういう意味では、 任期の終盤で、見直しの機会を設けられたのは非常に良かったなと感じています。

政務活動費は、第二の給料と揶揄されることもあります。 僕の周りの地方議員の方は真面目に使っている方が多いです。 一部の方が不正に使用することで、それが大々的に報道される。 そして、政務活動の幅が狭められる。真面目にやっている側からすれば、 大いに遺憾に感じますし、由々しき事態でもあると思います。

ただ、マニュアルは性善説で成り立っているところもあります。 芦屋市議会の今期のメンバーは、根が優しい方が多く、きちんとした方が多いです。 だから、マニュアルで明記しなかったとしても運用上の工夫で 真っ当な使われ方がされています。

ですが次の改選でどうなるか…分かりません。バッジをつけられたらそれでオッケー。 そういう人が当選できてしまうのもまた選挙です。そういった事態を避けるためにも、 性善説による運用でカバー…というよりもマニュアル上で悪用させないように 規定していく必要があるとの観点から色々な提案をしてきています。

なかなかドラスティックに改善・改革していくのは難しいながらも、 合意形成ができる範囲でマニュアルの改善提案を進めているところです。

いずれにしても、議員が使いやすいものにするという観点と同時に、 市民からどう見られているか?という観点に立って考えていく必要もあると思います。 詳しい話は、また答申書を報告する段になったときに可能な範囲で紹介していきたいと思います。

今日は議会の予定はお休みですが、政務活動費あり方検討会がありました。

今回は5回目。2月までの間で残り3回の会議を行う予定です。結構大変。。。 2月の中旬頃には議長に対して答申を行う予定になっています。スケジュール的には結構タイトです。

まだ協議中なので、現段階では詳しい内容のオープンは控えますが、 何かにつけて注目を集める政務活動費です。必要経費としての透明性を高め より効果的に活用していけるようなルール策定に努めたいと活動しています。

政務調査費から政務活動費に変わったのは、活動の多様性を認めるという趣旨だったそうです。 なので、とにかく削るべき!用途を限定的にすべき!というようなポピュリズムを言うつもりはないです。 ただ個人的には、ルールは性悪説に立って考えていかないといけないのかな? 一般の人もやっているようなことは政務活動とは言わないんじゃないかな? と考えます。

これは個人だったり会派の考えなので、他の人に押しつけるつもりはありません。 が、政治活動を行うときのポリシーとして、仮に期数を重ねたとしても継続したいです。

全会一致ありきで進めているので、さほど大きな前進はないかもしれません。 ですが、どのような結果になるにしても芦屋市議会として作成している 政務活動費マニュアルを見直している行為自体に大いに意義があると思って取り組んでいます。

ちなみに余談ですが、4年の任期の中で、何となく捨てづらい紙資料が膨大になってきました。 議会はペーパーレス化しているので減ってきましたが、研修資料とか視察資料とかは紙ベースです。 これをどうにかしたいなぁ…との思いから、思い切ってスキャナーを購入しました。

立場上、民間企業の製品をブログで紹介するのもいかがなものかと思うので商品名は書きません。 紙を1枚1枚セットしないといけないプリンターのスキャナと違って複数枚分をバーっと処理できるやつです。 しかもスキャン時にOCRまでやってくれる高機能っぷり!

完璧な変換では無いみたいですが、大よそでも検索できるようになるだけで全然違います。 紙でファイリングするよりも圧倒的に省スペースになりますし、検索能力も格段にアップします。 新兵器の導入により、僕の事務能力は格段にアップするだろうとワクワクしています。

43000円と少しお高い買い物でしたが、出費以上の効果を出せそうです。 なお、公私の区別もつきにくいものなので、全額自腹。政務活動費は使ってませんよ(笑)

↑このページのトップヘ