芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > 日台友好議員連盟

今日はJR芦屋駅のペデストリアンデッキ上、ミスド前の交差点において 芦屋市議会日台友好議員連盟主催の台湾東部地震被災地支援募金活動を実施しました。
2018台湾東部地震募金_180225_0013 2018台湾東部地震募金_180225_0006

地震が発生したのは日本時間7日0:50頃。 本当はもっと早く行動すべきだったのかもしれません。 臨時議会や3月定例会などでバタバタしていたため、 発生から半月ほど経過した本日となってしまいました。

前回台湾に訪問した際、台湾の方々にはよくしていただきました。 僕自身、今回の地震の報道を受け、何らかのことをしたいと考えていたため 募金活動にも全力で取り組み、頑張ってずっと声を出し続けました。

いただいたお金の集計はまだですが、たくさんの方にご協力いただきました。 いただいたお金は、台北駐大阪経済文化弁事処を経由して被災地に届けられます。 皆さま方からいただいた貴重な貴重なお金ですから、しっかりと届けたいと思います。 ご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

なお、僕自身も少しばかり募金をしています。お願いしてばかりではダメですから。 本日参加できなかった議員さんも募金をしていただいたと聞いています。 本当に心ばかりのものでありますが、被災地支援の前では党派は関係ありません。 市議会全体として活動ができたこと、嬉しく思います。

今日は日台議連の台湾訪問の最終日。 朝から台湾見物をした後、台湾日本関係協会の方々と会食。 今日はお昼だったということもあり、お酒は控えめでご飯中心の会食でした。 お酒を飲んだ状態で飛行機に乗るとえらいことになりそうだったので、 個人的には助かりました。

台湾日本関係協会とは、台湾の対日関係窓口機関です。 芦屋市議会日台議連として普段からお世話になっている台北駐大阪経済文化弁事処の 台湾本部といったところでしょうか。

中華民国(台湾)の対日窓口機関であり、台北駐日経済文化代表処の台北本部である。 日本との間に国交がないため形式的には非政府機関であるが、実質的には中華民国外交部の所管。 日本側のカウンターパートは公益財団法人日本台湾交流協会。

台湾日本関係協会の方からは、様々なお話を聞かせていただきました。 とても有意義な時間となりました。貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございました。

2泊3日だったので、だいたい丸2日ほど台湾にいた計算になります。 僕としては初めての訪問でしたが、台湾でお会いした方は皆さんとても親切にしていただきました。 市内においてもセブンイレブンやファミリーマート、吉野家など日本で馴染みのあるお店も多く、 日本のお店が台湾の人たちに受け入れられていることが嬉しかったです。

また、現地のテレビを観ていて感じたのは日本企業のCMの多いこと! 中には日本のCMそのまま流してるのもありました。 ネットで調べてみると「日本」という表現は現地におけるキラーワードであるとのこと。 ネットの話なので、正しい話かは分かりません。ですがCMで日本製品や日本語を見かけるケースが あまりに多かったので、あながち間違った情報でもないのかなと。

ちなみにこれは個人的な話ですが、僕は中国語が全然分かりません。 なので向こうの人とコミュニケーションするときは基本英語。 初めは違和感がありましたが、2日目ぐらいからは普通に英語が出てました。 でも、国際文化住宅都市の議員としては、英語ももうちょっと勉強しないとダメですね(笑) 久々の海外で、改めてそう感じました。

色々な経験をさせてもらいましたが、とりあえず事故もなく無事に帰国できてよかったです。 明日から再び通常営業に戻りますが、芦屋のためにしっかり頑張りたいと思います。

今日は芦屋市議会日台議連台湾訪問の2日目。 今日は新北市議会の議員の皆さんとの懇親会の中で、乾杯(カンペイ)文化に触れたため 非常にしんどいので、超手短に。噂では聞いていましたが、実際に体験してみないと 分からないもんですね。

今日は新北市立三重高級中学校に訪問。というのも、県立芦屋高校と姉妹校提携を結んでいるため。 芦屋高校は県立とついているとおり、県が運営する学校です。芦屋市議会がどうこうできる学校ではありません。 ですが、芦屋市内にあり、我々としてもなじみ深い学校です。 せっかく新北市に訪問しているのだから…ということで、訪問させていただきました。

新北市立三重高級中学校は、中高一貫校プラス幼稚園という一風変わった構成をしています。 校長先生が校内を案内してくれたのですが、すれ違う園児や生徒たちが大騒ぎ。 校長先生は大人気のようです。一部しか拝見していませんが、子供たちは楽しい学園生活を謳歌しているのではないだろうか?と感じました。また、芦屋高校と姉妹校提携をしているとおり、 国際的な子供たちを育てるための教育に力を入れているそうです。

芦屋高校の生徒たちは、11月末頃には三重高級中学校を修学旅行で訪問されるとのこと。 県立の学校ではありますが、芦屋市民に親しまれている学校です。 芦屋と台湾の交流を更に深めるための推進剤となってくれることを期待するばかりです。

写真は、姉妹校提携を記念した記念品。 本日訪問した際にいただきました。
無題

今日はなんと台湾からの投稿です。芦屋市議会の日台友好議員連盟として 台湾を訪問しています。今日から2泊3日で滞在する予定です。

今回の訪問は日台友好議連としての活動なので、公務ではありません。 なので政務活動費を使わず、実費での訪問です。と言いながらも、 気持ちとしてはほとんど仕事のつもりで来ています。 また、党派の壁を超えたメンバーでの訪問と言うのも特徴でしょうか。

初日の今日は、先日芦屋市議会を表敬訪問してくださった新北市議会の皆様を表敬訪問。 Wikipediaによると、新北市は以下のような都市です。人口は約400万人。めちゃくちゃ巨大な自治体です。 規模的には、芦屋市みたいな小さい自治体が交流させてもらえる都市では無い気がします。 しかし、こうして交流させていただいています。感謝です。
23244001_1463747740412746_5842042626985551539_n 23244210_1463747710412749_6149854417862440031_n

中華民国北部に位置する台湾最大の行政区。 中華民国の首都である台北市の衛星都市である。 元々は台湾省の県である台北県だったため、市域は台北市と台北市の外港である 基隆市の近郊を取り囲む形となっている。 2007年10月以降、財政上「準直轄市」扱いされていたが、2010年12月25日付けで直轄市に昇格し、 新北市(新しい台北市の略)と改称された。

今日は議会棟にお邪魔しましたが、市役所とかなり離れたところに独立して存在していました。 市役所と議会棟は同じ場所にあるもんだという僕の常識が打ち砕かれました(笑) でも、市役所とこんなに離れてたら議会や日常の相談事などもやりづらいだろうなぁと。 議会独自の宣伝ムービーや議会関連の展示場などが設置されており、規模がすごい!と驚きの連続でした。

夜は自由時間になったので、ホテル近くの夜市を散策。 初めて行ったんですが、軽くカルチャーショック(笑) 他に日本人らしき人が見受けられなかったので、かなりローカルな夜市に行ってしまったのかも…。 せっかくだから、なんか食べたろ!と思ってましたが、ちょっと食べられませんでした…。
23319017_1463747797079407_4359980810509015110_n

僕にとっては初めての台湾訪問です。見るもの全てが珍しい。 明日は地元の学校を訪問させていただく予定ですが、今から楽しみです!

今日は台湾の新北市議会議員団の方々に芦屋市議会を表敬訪問いただきました。芦屋市議会では、議会全体で歓迎することを代表者会議で決めていました。なので、今日は党派を超えて全ての議員で新北市議会の皆さんをお出迎え。

議場を開放し、全議員が出席する形で歓迎セレモニーを実施。新北市議会の皆さんの次の予定が決まっていたため、30分程度の簡単なセレモニー。ですが、同市議会の方々が関西の議会にお見えになったのは芦屋市議会が初とのこと。歴史的な交流ができたと嬉しく思います。

また、今日のセレモニーは議会だけの出席ではなく、市長、副市長、教育長、企画部長も参加。遠路はるばるお越しいただいた方々に対し、芦屋市全体として歓迎の意を示すことができました。とても喜ばしいことです

僕が所属している芦屋市議会日台友好議員連盟では、11月に台湾を訪問させていただく予定です。僕自身は台湾に行ったことはありません。ですが国際交流をもっとやっていきたいと思っているため、芦屋市議会の日台議連に属しています。本日、新北市議会の皆さんと11月にまたお会いしましょうと約束しました。初めての台湾ですが、11月の訪問が楽しみになりました。

また、今回の訪問で芦屋市議会の事務局の皆さんにも色々とご苦労をおかけしました。会期中で忙しいところであるにも関わらず、快くご対応いただきありがとうございました。

なお、議場に携帯を持ち込まなかったため、写真はありません。ただ、事務局の方々が写真を撮ってくださっていましたので、こちらをシェアします。議会事務局Facebookへの「いいね!」もよろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ