芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:その他議員活動 > 総会など

今日は芦屋市学童保育保護者連絡会の平成29年度総会に来賓として出席させていただきました。

今日の議決事項の中に平成28年度の活動報告がありました。同会からは昨年の12月定例会において1件の請願が出されたという背景もあり、その辺も興味深く聞かせていただきました。

請願内容は、学校休業日における8時開級と3月31日の開級についてのもの。結果としては全会一致で採択ということになりました。僕も確か紹介議員になったはず。学校休業日における8時開級については、今年度の夏休みから実施できるよう調整中。3月31日の開級については、平成30年の3月31日から実施できるよう調整中とのこと。先生側との調整なども必要なので、直ちにというのが難しいことは承知しています。でも前に進んでいるようで良かったです。

今日、話を聞いている限りでは直近の課題は大きく言うと以下の2点だと感じました。

  • 4学級において4年生の待機児童が発生している
  • キッズスクエア、コミスクとの連携ができていない

4年生については、平成28年度から受け入れを開始したということも影響しています。定員超過による待機だったとのことですが、施設のキャパの問題、指導員の要員配置の問題など改善に向けての課題が色々とあるようです。

現在の施設にプラスして、新たな施設を設けるというのはなかなか難しいかもしれません。でも違う小学校校区に行くこともOKにするなどで弾力的に対応してくれればと思います。低学年の場合は別校区に通うのはちょっと危ないかもですが、4年生なら行けると思いますし。

キッズスクエア、コミスクについては、学童に通っている児童がこれらのサービスに参加するとその日は学童に戻れないというルールがあるそうです。率直に「変なの~」って感じです。確かに活動母体が異なる活動ではありますが、同じ小学校でやってるのに。学童に通うお子さんは友達がグラウンドで遊んでいても、遊びに参加できない訳ですからね。

僕が小学校のときは学童保育には通っていませんでしたが、通っている友達と学童の教室で遊んだような記憶があって昔はもっと寛容だったように思うんですけど・・・。違ったかな。

学童保育の保護者連絡会の方々はとても熱心に活動されている印象があります。だから今年度も請願が出てくるかもしれませんね。そのときは、真摯に対応したいと思います。

今日は芦屋モノリスで行われた芦屋JCの新年互礼会に参加しました。JCと言っても、女子中学生ではなくて青年会議所のことです。会場の芦屋モノリスは、旧逓信省芦屋別館を利用した施設でクッソオシャレな建物です。

今日は市議のみならず、国会議員も多数来られていました。兵庫維新の会の清水参議院議員、片山参議院議員も来られていました。何気に芦屋市内のイベントで維新の国会議員をお見かけしたのは初めてです。参議院の選挙区は兵庫全域なので仕方がないですね。

今年の芦屋JCのスローガンは「アシヤサイコウ」とのこと。これは「最高」と「再考」のダブルミーニングになっているそうです。良いスローガンですね!

また、若い人が頑張らないと・・・という話が多く出ていました。もちろん若い人も頑張らないといけないんですが、女性や高齢者、全ての世代が頑張らないと少子高齢化、人口減少社会を乗り越えられないと思います。だから僕もJCの方々と連携して、しっかりと頑張りたいと思います。

なお、この会は40歳までなので僕も入会資格があるんですが、市議会からは福井利道議員が入会されているということもありますし、JCだけが芦屋のために頑張る団体という訳でもないですから、僕は市議会や別のフィールドで芦屋を盛り上げるために頑張ります。

ちなみに余談ですが、昨日ぐらいから歯茎が腫れているのか親知らずが悪さしているのか分かりませんが、親知らず付近が痛いです。普通にしていると大丈夫ですが、口を開けるとめっちゃ痛いのでちょっとしかご飯が食べられません。なので、今日はせっかく美味しい食事が出されていたのに全然堪能できませんでした。早く治したいですが、連休だから歯医者さんが休みで困ります。土日祝もやってる歯医者さんもありますが、大人気すぎて急に言っても予約が取れません。連休はやく終わって欲しい。。。

今日はホテル竹園にて「第2回 日台交流芦屋の会総会」が行われたため、会員の1人として参加。

総会が始まる前に、台湾についての講演をいただきました。その中で特に興味深かったのが「台湾のテレビ局は100チャンネル以上存在している」ということ。単純に多さにびっくりするというのもありますが、注目すべきはニュースひとつ取っても局によって報道内容に対するスタンスが大きく異なっているということです。

どの報道を信じれば良いの??ってなりそうですが、それが良いんです。台湾の人は、報道局によって政治的なスタンスが違うことを理解しています。だから報道局によるバイアスを差し引いて報道を受けとめるそうです。偏向報道や誤解を招く表現によって振り回されることもないですし、自身のスタンスと近い報道局を自ら選ぶことができます。日本の場合、基本的には同じことを報道します。が、実際には微妙に局によってニュアンスが異なります。なので情報を受け止める側が気を付けなければ、振り回されてしまう恐れがあります。日本の報道局も、自身の立ち位置を表明した上で報道してほしいです。

今の日本は鎖国状態では無く、国際社会の中の一部として存在しています。なので、異なる文化を持つ外国との交流を進めることはとても重要。異文化に触れることで、学ぶことはたくさんあります。

芦屋では、民間レベルで台湾との交流を進めようと交流会が立ちあがっています。まだ立ち上がって1年しか経っていない小さな会ではありますが、市民自らが国際交流を図ろうとする心意気が素晴らしいと思います。

芦屋市は国内で唯一の国際文化住宅都市です。細かいんですが、他は国際文化観光都市です。これからも国際交流を進めていき、芦屋らしい国際色も含んだ住環境を築き上げていきたいところです。

今日の午後からは芦屋市学童保育保護者連絡会の平成28年度総会に来賓として出席させていただきました。
13221009_964657013655157_5992361380621048847_n

児童福祉法の改正で、学童保育の対象が小学3年生までだったのが小学6年生までに拡張されました。それを受けて、芦屋市でも今年から小学4年生の受け入れを開始。しかしながら、施設のキャパや指導員の人数の問題などから23人の4年生が待機に。

今日の話の中では、この点についての懸念が多数聞かれました。小学校も高学年になってくると、友達と遊びたいとか習い事や塾の関係で、むしろ行きたくない~っていう子も多いんじゃないかなぁと思ったりするんですが、確かに4年生って微妙なところなのかもしれないですね。

他にも、開級時間への改善要望というのもありました。盆と3月31日、あと警報が出た日は休みになるんですね。また、朝は8:30からだそうで。通勤を考えると、8:30に家を出たんでは始業時間に間に合いません。なので子供を置いて先に家を出るか、遅れて出社する事を勤務先に理解をしてもらうかのどちらかです。どっちにしても、厳しい話です。

子供の受け入れについては、ハード面の整備も必要になります。なので予算の関係で早急な対応も難しいとは思います。しかし開級時間なんかは、指導員の体制を見直すことで解消可能な問題です。この辺は積極的に対応してあげるべきなんじゃないかと思います。公営で開級時間の拡張が難しいのであれば、民営化も考えないと。

正直な話、学童保育の実態についてはあまり知りませんでした。ですが今回、総会に参加することで、同事業が抱えている問題点が少し見えたような気がします。今後の政策提案に繋げていきたいと思います。

今日は日台交流芦屋の会の講演会と新年懇親会がありました。講演会は、張仁久氏による「台日関係について」という内容。張仁久氏は1月20日に台北駐大阪経済文化弁事処処長にご就任されたばかりの方です。
1382339_894041907383335_1909602021914595854_n

日本と台湾は、国交という形が取れません。しかし、芦屋の交流会を始めとした民間レベルでの交流を図ることで友好関係を深めています。これは国際的に見ても希有な関係。

台湾人を対象に2012年に実施した「どの国 or 地域が好きか」というアンケートにおいて、41%が「日本」と回答しています(残る59%のうち、20%は台湾)また、日本人を対象に2011年に実施した「台日関係は良好と思うか」というアンケートでは「良い」の回答が全体の91%だったとのこと。両者は非常に強い友好関係を築き上げています。

国際的な友好関係というのは、築きたいと思ったからといって築けるものでもありません。また「こうすれば上手くいく」というハウツーがある訳でもありません。異文化を理解し、互いを思いやる気持ちを持って初めて築き上げられるものだと思っています。そして、信頼関係は作るのは大変ですが失うのは一瞬です。これからも、互いを思いやる気持ちを持ち、大切な関係を更に強固なものに育てていかなければなりません。

「人類みな兄弟、話せば分かる」という考え方はとても素敵な考え方ですが、残念ながら現実には理想論の域を出ておらず、綺麗事です。しかし、綺麗事が実現すれば、それはとてもとても素晴らしいこと。日本と台湾のような友好関係の輪を更に広げていき、理想論を現実に近付けていきたいところです。

国際交流を進めるというのは、異なる文化、価値観、宗教観を理解することです。口で言うほど簡単にはできません。僕も含め、これからの日本を背負う若い世代の人たちに課せられた難しい宿題ではありますが、国際交流についても積極的に取り組んでいきたいと思います。

↑このページのトップヘ