芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:呉川町町内会 > 会議

今日は地元である呉川町町内会の役員会に参加しました。この会ではいつも、地元の情報を教えていただいているのですが、今日のところは特筆すべき問題などは無かった模様です。しかしながら、有益な場であることは事実ですし、地元の方々との信頼関係を築くためにも、今後とも定期的に参加させていただこうと思っています。

呉川町町内会では例年、8月には夏祭り(盆踊り)を行っています。今年は19日(土)と20日(日)を予定日として設定しました。まだ予定なので変更の可能性もありますが、昨年も盆明けの最初の土日に開催したので今年もそうなるんではないかなと。

盆踊りの司会は、いつも同じ人がやってくれていました。僕が子どもだった20年以上前から同じ人です。いわば呉川町名物。でも、今年からはご勇退されるということでした。僕の勝手な言い分としては、残念だなぁ、まだまだやってほしいなぁというところなんですが、ご本人の意思なので仕方がありません。

ということで後任が必要になりますが、色々あって僕がやることになりました。他の場所でも司会的な役割は時々やらせてもらっています。でも別に仕切りが特段うまい訳ではないので心配です。司会のプロの人、どなたかスキルを伝授ください。。。偉大な前任の方には全然及びませんが、若い人にも来てもらえるように頑張りたいと思います。

今日は地元町内会役員会の新年互礼会に参加しました。新年互礼会といっても皆でお弁当を食べるという、とても素朴なもの。個人的には偉い人がたくさん来るようなド派手な会合よりもこういう素朴な会の方が好きです。

新年互礼会が終わったあとは、恒例の役員会が行われました。今月は、特に大きな問題はありませんでした。問題がないのが一番です。

ただ一つ特筆すべきは、会計について。会計のなり手がいなくてずっと困っていたのですが、今日、快諾してくださった方がいらっしゃいました。会計については、どこの自治会さんでもなり手がいらっしゃらないようで特定の方が長きに渡って担当されていることもしばしばだそうです。

しかし、自治会会計というポストはそれなりに大きなお金を扱うことになります。特定の方が長期間担当するというのは組織としては好ましくない状況です。そういう意味では、非常に良いニュースがあった一日でした。

新たに会計を担当してくださる方はPCも使える方だそうで、僕の方でツールを用意することになりました。次、担当される方が使ってくださるということなので、頑張って用意したいと思います。

今日は地元呉川町の町内会の会計についての打ち合わせに参加しました。

これまで呉川町の会計として行われていた業務はアナログの極みと言うかかなり複雑で、成り手を相当選び、かつ担当者の方への負担の大きさも深刻なものになっていました。昨年から行われている打合せにて、会計業務を金額の大きな家計簿レベルにまで簡素化することができました。

今日はどなたにご担当いただくかというところが焦点でした。無報酬でやっていただくことになるということとそれなりの金額を取り扱っていただくということで、やはり抵抗感があるようです。そりゃそうですよね。

恐らく、こういう小規模な団体においては会計担当の成り手がなく、同じ人が長年に渡って担当をされているんだろうなぁと思います。企業向けであれば会計ソフトなどもありますが、高齢の方はパソコンを使えないという方も多いので、なかなか難しいところです。

僕としては、立場上会計を担当する訳にはいかないので、間接的なお手伝いしかできません。次に担当される方がExcelを使える方なのかどうかは分かりませんが、より簡素化するためにもExcelで数字を入力するだけで全部自動計算してくれるツールをつくろうと思います。僕は基本、横着ものなので自動計算じゃないのは大嫌いです(笑)暇があればマクロを組みますが、ちょっと時間がなさそうなのでExcel関数を埋めるだけになると思いますが・・・。

ちなみに全くの余談ですが、連休の初めごろから親知らずが痛くてたまりませんでした。痛くて口が開かなかった。。。ですが今日、ようやく歯医者さんに行くことができました。親知らずのところが炎症して、炎症が関節まで到達しているとのことです。しばらく抗生物質で腫れが引くのを待つということですが、でもとりあえず、原因が分かって良かったです。

今日は地元自治会の役員会に参加しました。といっても、話を聞いているだけですけど・・・。

呉川町では、近日中に災害時要配慮者への対応についての打合せを実施するらしいです。災害時要配慮者というのは、障がいをお持ちの方や高齢者の方が対象となります。要するに、歩くのが困難だったりする方が対象ということです。

災害時要配慮者への対応については市から各自治会に依頼があったようですが、責任重大であり、リストの受け取りをお断りされている自治会もあるそうです。自治会のメンバーも基本的には災害救助の素人ですから全ての責任は持てません。仮に何とかしてあげたいと思っても、できることにも限度があります。要配慮者の話は災害対応の話として必要なことだと捉えていました。ですが実情を聞くと、対応を進めていくに当たり、もう少し考えないといけないんでしょうね。

そしてもう一点、告知です。呉川町自治会では12月3日に防災訓練を行います。AED体験・消防訓練・けむり体験というような防災に絡む訓練がメインです。ですがお楽しみコーナーとして、豚汁の炊き出しとか防災グッズが景品となるじゃんけん大会などがあります。また参加された方には、もれなく参加賞も用意してます。近隣の方は、是非ともご参加いただければと思います。
15193688_1128722567248600_7651613450525443119_n

ちなみに、商品の選定と発注は僕が担当しました。「自分では買わないけど、貰ったら地味に嬉しい」というようなものをチョイスしたつもりです。予算の制約がある中での対応なので、大原マジセンスねぇわとか言わないでくださいね(笑)

今日は、午後から地元自治会である呉川町の役員会に参加しました。

呉川町では、会計担当の方の負担がすごく高いです。なので、なり手がおらず、やむを得ず同じ人が長い期間、会計をご担当くださっていました。課題解決のため、今年は会計事務の負担の軽減化を検討してきましたが、ようやく一定の方針が出ました。

現会計担当の方曰く、負担が1/10に軽減されるはずだとのこと。よって、本日の会にて次の会計担当についての募集をかけました。次からは1人の人に負担が集中するような格好ではなく、規約で定めた任期の期間だけをご担当いただく形になれば良いと思います。

やはり、会計担当は長きに渡って1人の人が担当するよりも、一定の期間で担当者を変えていくべきだと思います。呉川町の方々については、町費の使い込みをするような人はいないと思います。ですが大きなお金を扱う訳ですから、色々な面での負担が大きくなるのは必然です。

会計処理はExcelでやります。マクロぐらいは組んだ方が良いのかなぁと思ってますが、なかなか時間が取れないので、とりあえずは関数を埋め込んで対応してもらおうと思ってます。個人的には、たとえ簡単なマクロだったとしても組みたいんですけどね。

現場から離れて1年半ぐらい経ちますから、プログラムの腕は完全に錆びついちゃってると思いますけど・・・。なお余談ですが、PCスキルが高くない職場において、手作業で頑張っている部分をマクロ化してあげると神扱いされるそうです。日本のITスキル、低いですからねぇ。

↑このページのトップヘ