芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:呉川町町内会 > 会議

今日は呉川町町内会の役員会に参加。 6月1日まで集会所が閉館していたため、久々の開催になります。

いろいろなイベントも中止に

状況が状況なので、町内会のイベント類も相次いで中止です。 例年、多くの方にご好評いただいている夏祭り(盆踊り)も中止です。 夏祭りはどこも中止していますから、参加者の殺到を防ぐためにも中止にするのは やむを得ない判断だと思います。早くコロナ騒ぎが終息すればいいんですけどね。

宮川の護岸かさ上げ工事が完了

特筆すべきは宮川の護岸かさ上げ工事が終わったということでしょうか。 6月15日に全ての工程が完了したそうです。台風シーズンよりも早く終わって良かったです。 ひとまず、同規模の災害が発生したときには再発を防止することができるようになりました。 かさ上げ工事が行われると、ハザードマップの絵も自ずと変わります。 県が更新してくれるのかは分かりませんが…。

右岸と左岸で堤防の高さが違う?

その中で、興味深い話が。宮川の右岸(呉川町側)と左岸(西蔵町側)とは歩道の有無の関係で、 目線に対する堤防の高さが異なるとのこと。呉川町側については歩道がないので高くなっているが、 西蔵町側は歩道があるために低くなっているとのこと。気付きませんでした。

後で現地にて、スマホを同じ高さにおいて写真を撮ってみました。 確かに全然違う。

DSC_0002 DSC_0001

西蔵町側は小学生なら登れちゃうから危ないよねっていうことでした。確かに。

「自発的に」乗り越えられる高さなら別に良いのでは

ただ個人的には、小学生以上の子が登れるのは別に良いのかなと思います。 普通に歩いている際に誤って落ちてしまうほど低いとなると大問題ですが…。

自発的に乗り越えて事故が起こる場合、それは自己責任というか家庭などの教育の責任でしょうと思うからです。 高いところに登った場合、危険が付きまとうのは当たり前です。なので「危ないよ」と注意喚起するだけで十分かと思います。 「自発的に乗り越えられないように」敢えて対応する必要はないだろうと思います。

水害リスクは格段に下がった

まあ、いずれにせよ、水害のリスクが格段に下がりました。 思ったよりも立派な堤防になっていたので、更に安心しました。 これは素直に喜ばしいことだと思います!あとは南芦屋浜ですね。

今日は呉川町町内会の役員会に参加。

呉川町担当の民生委員の方が変わりましたので、今日の役員会には 新しい担当の方が来られていました。民生委員ってすごく大変らしいんです。 ちょっと書いておきたいと思います。

民生委員って?

民生委員って、普通に生きていると関わる機会があんまりないです。 実は厚生労働大臣から委嘱されて活動する特別職の地方公務員という位置づけの人なんです。

その仕事は多岐に渡っていて、以下のとおり民生委員法第14条で定められています。

  1. 住民の生活状態を必要に応じ適切に把握しておくこと
  2. 生活に関する相談に応じ、助言その他の援助を行うこと
  3. 福祉サービスを適切に利用するために必要な情報の提供、その他の援助を行うこと
  4. 社会福祉事業者と密接に連携し、その事業又は活動を支援すること
  5. 福祉事務所その他の関係行政機関の業務に協力すること
  6. その他、住民の福祉の増進を図るための活動を行うこと

えっ、やること多くない?そう、それ相応の責任も伴う大変な仕事です。 しかも、一つ目にしれっと書かれてますが、「住民の生活状態を必要に応じ適切に把握」 ってすごい重たいこと書いてます。

民生委員は人口に応じて割り振られる

民生委員法第4条に記載があるとおり、厚生労働大臣の定める基準を参酌して 市町村ごとに都道府県条例で定められます。

県条例(民生委員・児童委員の定数等)を見る限り、芦屋市全体の 民生委員の定数は111人です。

そこから更に、町別に振り分けられているようです。 実際、呉川町は人口的には3人ぐらいの枠があるとのこと。

でも呉川町だけでも1200世帯ぐらいあるんですよね。 単純計算で1人400世帯。めっちゃ大変じゃないですか? 極端な話、400世帯の生活状態を適切に把握しておく必要があるということですから。

問題は成り手不足

呉川町は3人の枠があるにもかかわらず、民生委員は1人しかいません。 今日の話では、1人⇒1人に変わったため、引き継ぎも難しいとのことでした。

そらそうです。だいたい、仕事のやり方は予め説明を受けますけど、 実際には先輩と一緒に動いて覚えるものです。盗むこともありますけど、 いずれにしても、一緒に動く先輩がいないとしんどいです。

非常に重要な任務が課せられているのに、十分に引き継ぎができず うまく機能していくのが難しいというのでは、状況としては問題があります。 福祉の観点で大きな役割を果たしているはずの民生委員ですから、余計にです。

時代と合ってない?

民生委員法が制定されたのは昭和23年。西暦でいうと1948年で、戦後間もない時代の話です。 70年以上もの長い年月が経過する中で、色々と時代が変わってきています。

かつては地域の人はみんな知り合いというぐらい、地域コミュニティが根付いていましたが 近年では核家族化が進み、地域コミュニティが希薄化しているのは皆さんご存知のとおり。 そんな中、いきなり民生委員に指名されても情報が無い訳です。

個人情報の取り扱いも非常に厳しくなっています。 昔であれば、普通にご近所づきあいの中で知り得ていた情報も把握しにくくなっています。 隣の人が何をやっているか、知らないのは当たり前っていう時代ですから。

また、住民の抱える問題は本当に複雑になってきています。 民生委員の業務そのものが肥大化していることも予想されます。 厚労大臣が定める基準に基づいて定められている人数で対応するのも 大変になってきてるんじゃないかなと危惧します。

成り手、出てくるんでしょうか

民生委員はどうやって選ばれているか?というと、 民生委員が誰かやってくれないですかねぇ…と声かけまくって推薦するらしいです。 急に声かけられたとしても「私には荷が重いです」ってなりますよね。

特別地方公務員と言いながらも基本は無償です。ボランティアです。 人の命にかかわるような任務を負いながら、無償でやれと言われても…と思います。

このままだと、制度そのものの維持さえも難しくなってくるのではないか?と危惧します。 負担軽減も含め、制度を抜本的に見直さなければならない時期が来ているのではないかと思います。

といっても国制度なので、市議会議員の立場ではどうしようもありません。 なんせ、市長にも任命権がありませんから。

国会議員の先生方には地域で困っていることにもちゃんと耳を傾けて、議論してもらいたいと思います。

今日は竹園集会所で行われた呉川公園での防災訓練の打合せに参加しました。

DSC_0013

開催日等

今年の防災訓練の開催日時等は以下の通りです。

12月7日(土) 10:00~11:20 @呉川公園

8つの訓練のうち、4つ以上の訓練に参加する必要がありますが参加賞が貰えます。 また、炊き出し訓練として豚汁の配布もあります。なかなか盛りだくさんの取り組みになっていますので お近くの方は是非お越しいただければと思います。

今年は3町合同開催

呉川町町内会としては毎年やってきた訓練ですが、昨年は竹園町と合同で。 今年は伊勢町と合同で開催することになりました。呉川町単独開催でも かなりの方がご参加してくれていましたが、3町合同となるとどれだけの 方がお越しになるのだろうか…。少し心配ではあります。

あるべき論でいうと、防災訓練はより身近な場所で―すなわち各町で開催するのが 望ましいのですが竹園町も伊勢町も大きな公園がないので…。 合同でやらざるを得ないのかなと。かといって、公園を新設!というのも難しいので…。

参加しやすいスタンプラリー形式

8つのブースに分かれて8種類の訓練を実施します。 スタンプラリー形式で回ってもらう形になっています。 上述のとおり、4つ以上の訓練に参加すると参加賞が貰えます。 楽しみながら防災意識を高める訓練に参加してもらえると嬉しいです。

なお、訓練の種類は以下の通り。

  1. AED救命講習
  2. 初期消火(消火器)
  3. 応急担架(毛布等を使った簡易担架)
  4. 防災倉庫の資機材展示
  5. 煙体験
  6. 防災ミニ講座
  7. 非常食試食
  8. 車いす体験

消防車や救急車も来てくれますので、 お子さんを遊びに連れてくる感覚でもイケるのではないでしょうか!?

ちなみに余談ですが、このスタンプラリー台紙は僕の方で作成しました。 どういうものかは当日のお楽しみということにしておきます。 パパッとつくっているデザインなので、大したことないんですけどね(笑)

今日は地元呉川町の自主防災・防犯会の総会に参加。

総会について

総会は2018年度の決算報告と2019年度の予算報告、活動報告等が行われました。 各自治会単位での自主防災会でできることといっても大したことはできません。 ですが、こうした枝葉での活動が防災意識の向上に繋がるのだろうと思います。

防犯についての講習

総会の後は、防犯に関する講習がありました。 芦屋市の防犯などを所管している建設総務課と芦屋警察の生活安全課の方にお越しいただき、 講習をしていただきました。

防犯落語

兵庫県警では、特殊詐欺の被害防止のために防犯落語をつくっています。 今日はその一部が上映されました。防犯と絡めるのは難しいだろうなぁと思いますが、 ちゃんと笑いどころとオチが用意されていました。

芦屋市の建設総務課でDVDを貸し出しているとのこと。 また、YouTubeの兵庫県警察公式チャンネルでもアップされています。

YouTubeは個人で見る用かもしれないですけど…。 DVDを借りて、防犯に関する集会等で流したりしても良いかもしれませんね。

特殊詐欺

今年に入って、芦屋市だけでも既に1100万円の被害が出ているとのこと。 兵庫県下でいうと、3億円超の被害が出ているようです。

振込詐欺だとか特殊詐欺だとかと言う話はかなりあちこちで聞くようになりました。 高齢の方も知識では知っているし、平時では分かっている方も多くなったようです。 でも、いざ電話がかかってくると、犯人の巧みな話術で騙されてしまう。

見知らぬ番号から電話がかかってくるケースってあまりないと思います。 特に会社とかからリタイアされたご家庭においては。なので、基本は留守電にしておいて 知っている電話番号だけ出るというのもありだと思います。

通話前に相手に「録音しますよ」と通知する防犯電話も発売されているみたいです。 色々なグッズを使いながら、特殊詐欺を回避していただきたいものです。

空き巣・自転車盗について

空き巣や自転車盗も相変わらず多いようです。 しかし、認知件数の約半数は無施錠。ちょっとの間だから~ という油断の間にやられてしまうようです。

空き巣ならまだしも、家にいるときに進入されてしまうと命にかかわる恐れもあります。 当たり前のことですが、施錠は大事ですね。 ちょっとの間だから…と油断せずにきっちり施錠するようにしましょう。

今日は地元町内会の役員会でした。

町内の状況に精通されている役員の方々が集まる会なので、 スケジュール的に参加可能な日はなるべく参加しています。

今月は、特に大きな問題はなかったようです。 それよりも、お子さんの夏休みに入ってイベントが目白押しです。

いつもご好評いただいている盆踊りは8月18日、19日です。 呉川町の盆踊りは出店や大きなやぐらもなく、大人も子供もひたすら踊るのみ。 それが逆に珍しくて良いみたいです。皆さんが楽しそうに踊っているので、 見ているだけでも楽しいお祭りです。

また、今は呉川公園でラジオ体操やってるみたいですね。 僕も子どもの頃は参加してました!

ただ、今年は朝6:30の時点でむちゃくちゃ暑いです…。 30℃超えてる日もザラにありますからね…。 あまりの暑さのため、毎年日曜日に開催しているパン食い競争も中止したそうです。 夏は暑いもんですが、今年の暑さは異常です。

まだまだ猛烈な暑さが続くようです。 水分と塩分の補給をしながら、熱中症にお気を付け下さい。

↑このページのトップヘ