芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:その他議員活動 > 市政報告会

今日は市民センターにて会派によるタウンミーティング(市政報告会)を実施。

2月に実施して以来、2度目の開催です。前回はこちらからの報告が多かったのに対し、今回は意見交換に重きを置いた内容に。前回もたくさんのご意見を頂戴しました。ですが今回は、それに輪をかけて多くのご意見を頂戴したと思ってます。参加いただいた皆様、ありがとうございました。

今回の報告会で取り上げた内容は以下の二つ。

  • JR芦屋駅南側の市街地再開発について
  • 公立幼稚園、保育所のあり方について

個人的には、いずれも市内でホットな話題だと思っています。ですが、今日来られた方の関心は1名を除き、皆様「JR芦屋」。ここまで極端な結果になるとは思っていなかったので、少し驚きました。でも、確かにJR芦屋については老若男女、あらゆる世代の方が利用される施設。この結果は当然なのかもしれません。

よって、たくさんの時間を割いたのはJR芦屋南の市街地再開発についてです。色々なご意見、頂戴しました。中には「そうなの!?」というようなご意見も。やはり、こういう形での意見交換の場を積極的に持つべきだと感じました。

ただ、JR芦屋南の市街地再開発について、そういう計画があること自体を知らないという方もおられました。近隣の方や地権者の方など、身近な方にとっては大きな関心のある事柄ですが、それ以外の方にとってはそれほど…というのが正直なところなんだと思います。ですがとても大きな費用が絡む大きな事業。市の広報も然ることながら、僕たち議員による広報も必要なのだと痛感しました。

この事業はかなり昔から動いている事業です。僕が議員になるずーっと前から動いている話であり、知らないことも多い。まだまだ勉強していかなければならない案件です。

芦屋市のホームページによると、交通広場(駅前広場)の都市計画決定は昭和21年8月。なんと僕が生まれる38年前!そのときの話が宙ぶらりんになり続けて、今に至っている訳です。今日のやり取りの中でも色々と考えさせられることがありました。

個人的には、前から計画されていることだし、市のプラスになるなら良し。とやや肯定的に考えていました。ただ、今日のやりとりなどを通し、現行どおりの計画で進めて果たして本当にプラスになるのか?との疑問が生じました。

市街地再開発を実施して新しい施設を建てるなら、やはり「ワクワク感」が大事だと思います。主観的で俗っぽい言い方になりますが、これが一番分かりやすいかと。その「ワクワク感」を生み出す源が商業施設なのか公共施設なのか、その他の娯楽的な施設なのかは問いません。ですが利用者にとって居心地がよく、楽しい空間でなければ、事業の成功は難しいと思います。

委員会での当局の答弁を聞くと、新たに建設する施設において「新たな商業誘致は行わない」とのこと。でもそれって、利用者的には今と何が変わるの?建物が綺麗になるだけ?という感じが否めません。そんな状況においては、商業によるワクワク感はありません。

であれば、公共施設で魅力を生み出していく必要があります。それこそ先日視察した浦和駅の施設のように、利用率が常時90%を超えるような人気施設をつくっていく必要があると思います。浦和駅で施設を実際に見せていただいたときのインパクトはそれほど凄かった。活気に溢れている様というのは、あのような光景を指すのだと思います。

施設にワクワク感を設けられないなら、誰も利用しません。数年で寂れて負の遺産になるのが目に見えています。それなら交通整備だけ実施することとし、無理に施設をつくる必要もないのかなとも思います。とりわけ駅前線(以下の画像の赤い部分)の狭さは異常で、かなり危ないですからね。
駅前線

どこかのタイミングで、「市民から見た、この事業のメリットは?」という、いわゆる根本的なところを市に問いたいと思います。「なるほど」という回答を期待したいですが。

今週土曜日に会派としての2回目の市政報告会を開催します。なので今はその準備に追われているところ。

要綱は以下のとおりです。当日までブログのトップに掲示しておきます。

  • 日時:平成29年8月26日(土)14:00~(2時間程度)
  • 会場:芦屋市民センター201号室(芦屋市業平町8-24)
  • 討議内容
    • 【第1部】JR芦屋駅南再開発について~浦和駅前再開発視察からの考察~
    • 【第2部】公立幼稚園保育所のあり方について~維新の会の考え方~

事前申し込み不要、参加費無料です。今回は、参加者の皆様との意見交換を主とした会にしたいと思っています。なので報告は手短にし、意見交換に時間を割きたいと考えています。当日の流れは以下のような流れになる予定。

  • 第1部の報告
  • 意見交換
  • 第2部の報告
  • 意見交換

場所が市民センターなので、精道中学校区や潮見中学校区の方には来づらい場所かもしれません。ですが大勢の方にご参加いただけるとありがたいです。

なお、今回の費用については政務活動費を充当する予定です。政務活動費を残した場合、市の一般会計に戻ります。なので無駄遣いだったり、政務活動費を使うための活動への適用はご法度。でも真っ当な使い方であれば、使っても良いよねという考え方です。

今日の朝刊に、会派の市政報告ビラを折り込んでいます。市内全域に対して折り込みされたと思うんですけど、どうでしょうか。

なんで折り込みをしたかというと、来月に市政報告会を開催するからです。報告内容など、まだ具体的な準備はできていませんが、既に場所は抑えています。

  • 日時:平成29年8月26日(土)14:00~(2時間程度)
  • 会場:芦屋市民センター201号室(芦屋市業平町8-24)
  • 討議内容(予定)
    • 【第1部】JR芦屋駅南再開発について~浦和駅前再開発視察からの考察~
    • 【第2部】公立幼稚園保育所のあり方について~維新の会の考え方~
    • 【第3部】意見交換会
  • ※事前申し込み不要、参加費無料

会派としては2回目の報告会。前回の反省を生かして、前よりも分かりやすい報告にしようと思います。たくさんの皆様のご来場、お待ちしております。

ちなみに今回の折り込みについては政務活動費を充当する予定です。政務活動費は基本的に会派に対して支給を受けています。その中には、市政について広く市民の方に広めるという意味での広報費も含まれます。

ルールとしては、会派に属する個人としての広報費への適用も認められます。ですが僕としては、個人の広報活動についてはここに含まない方が良いと判断。個人ビラの製作費については政務活動費の充当は控えています。なので個人のビラについては実費で作成。会派のビラについては政務活動費を使うという切り分けで活動を行っています。

今週の土曜日(2/18)保健福祉センターにおいて会派として初めての市政報告会を実施します。詳しい案内は以下のとおり。

  • 日時:平成29年2月18日(土)14:00~15:30
  • 場所:保健福祉センター3階 会議室1(芦屋市呉川町14-9)
  • 弁士:寺前尊文、大原裕貴
  • 報告内容:
    1. 身を切る改革 2年間の取り組み
    2. 芦屋市議会で維新が推奨してきたこと、取り組んでいくこと
    3. 意見交換会
    ※事前申し込み不要、参加費無料

なので現在、パワーポイントの資料をつくったり、会場の下見に行ったりとその準備を行っているところです。

初めての試みなので、一体どれぐらいの方が足を運んでくださるか全く読めません。他の議会で報告会を実施されている議員さんの話を聞くと、参加者ゼロのときもあったそうです。なので、もしかしたらゼロということもあるかもしれません。

1人でも多くの方にお越しいただこうということで、直前である水、木、金と朝は駅に立って宣伝活動を行います。今日は阪神打出駅にて活動しました。明日は阪神芦屋駅にて活動する予定です。

ちなみに、市政報告会の諸経費(会場の賃料など)を政務活動費に適用することも可能です。ですが会派で協議したところ、政党のことにも触れる内容なので今回は実費でやることにしました。

不慣れなので、至らないところなどあるかもしれませんが、当日に1人でも多くの方にお会いできることをお待ち申し上げております!

↑このページのトップヘ