芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:呉川町町内会 > イベント

今日も昨日に引き続き、呉川町町内会の盆踊り大会。

Point Blur_20180819_235113

昨日は物凄くたくさんの方々にお越しいただき、活気あふれる会になりました。 今日は日曜だし、昨日よりは少ないだろうなぁと予想。実際、開始時間の19時頃はちょっと少なめ。 やっぱりなぁと思いながらも会を進めていると、徐々に増えてきました。 飲み物をお配りする20時頃には、かなり大勢の方が来られていたと記憶しています。 特に、お子さんがめちゃくちゃ多く、少子化ってホントかな!?と思うほど。

今日は2日目ですし、用意している音源も同じなので早い段階からリクエスト制に。 お子さんが多かったので、曲目も子供向けに偏りがち。 大人の参加者の人にはちょっとつまらなかったかもしれません。すみません。 でも、お子さんが楽しそうに踊っている姿はとても微笑ましく、楽しい気持ちになりました。 盆踊りを好きになってもらって、いつまでも参加してくれたら嬉しいです。

特に、昨日も人気が爆発していたダンシングヒーロー。 今日も大人気でした。あの独特のイントロがかかると遊具で遊んでいた子供たちが 駆けつけてきて、踊りの輪の中に入っていたのが印象的でした。すさまじいキラーチューンです。 結局、今日は4回やりました(笑) でも、外から見てると大人も子供もノリノリで踊っていた気がしますので、結果オーライと思ってます(笑)

踊るだけの夏祭りは、今や市内でも珍しいものになっているようです。 呉川町の盆踊り大会は、僕が子供の頃から変わらずにやっています。 若い頃は、もっと出店があるようなお祭りの方が楽しいわ!って思っていましたが、 議員になってから毎年参加するようになってから印象が変わりました。踊るだけのお祭りはとても楽しい。

この時期に地域の方が集まって楽しく踊る機会は貴重。 踊りの演目やメンバーは変わって行くでしょうが、これからも変わらずに続けるべきです。 子供たちが大人になって、芦屋を出たとしても、実家に帰省したときに 懐かしく参加できるような盆踊り大会をこれからも継続して行きたいと思います。

今日は呉川町町内会の盆踊り大会。今日と明日の二日間、開催します。

39512502_1794709423983241_2143424105041362944_n

今日は朝からやぐらを組むところから始まりました。 呉川町では、やぐらを組むところから自分たちでやります。 組んだ後にボルトで固定する工程はともかく、番線でくくるのが難しいです。 今はベテランの方がやってくださっていますが、若い衆にも伝承してもらわないといけませんね。

39514675_1794750010645849_5639249354788175872_n

盆踊り自体は19時~21時です。 ここ近年では、たくさんの方がお越しになられている傾向ですが 今日はひときわ多いような気が…。呉川公園が人で溢れかえっていました。

詳しい人数は分かりませんが、数百本用意していた飲み物がほぼ無くなったらしいです。 芦屋市内でも、踊るだけという夏祭りは減っています。かつてはどこにでもあるお祭りが 逆に珍しく、多くの方が魅力を感じているようです。確かに、小さいお子さんに浴衣を着せて 遊ばせたり一緒に踊ったりできるのは楽しいですよね。楽しい思い出をつくってくれればと思います。

呉川町町内会の役員はそれぞれで役割分担していますが、僕は昨年に引き続き、司会です! 昨年は勝手が分からない中で手探りでやりましたが、今年は楽しめました。 踊りませんが、洋服では雰囲気が出ないので、浴衣で挑んでます(笑)

39588911_1794747317312785_7231071982530330624_n

去年もそうですが、用意している音源を一通りやった後は参加されている皆さんのリクエストを聞くようにしています。 やはり小倉音頭とか、お子さん向けの音源が人気です。ただ、意外だったのがダンシングヒーローの人気。 堺の登美丘高校ダンス部によるバブリーダンスで人気が再燃したあの曲です。 特に小学生ぐらいの子たちに人気で、3回ぐらいかけた気がします。

盆踊りは明日も19時~21時@呉川公園で開催します。 日曜日の夜、ちょっと出づらいかもしれませんが 明日もリクエスト制を取りますので、皆で楽しく踊っていただければありがたいです。

今日は地元の呉川町町内会のバスツアーに参加していました。 いつもは観光バス1台で行きますが、今回は参加者が53名と多く、 観光バス2台という大所帯でのツアーとなりました。

今日の行程は三重県桑名市(ジャズドリーム長島)~岐阜県海津市(お千代保稲荷)。 バスで行くには中々の遠方です。バスでの移動時間が結構長めでした。 バスガイドさんがついてくれていたんですが、ゆっくり話してくれていたので バスの揺れと合わせて睡魔が…。移動時間は大体寝ていたような気がします(笑)

ジャズドリーム長島は、三井アウトレットパークです。広かったけど、普通のアウトレットですね。 この辺だと垂水が一番近いんですかね。三田は駐車場も広いので、三田のアウトレットには車で時々行きますけど…。 だから、今日は特に買い物はしませんでした。高齢の方々は「若い人向けやから見るものないわ」っておっしゃってました。 色んなショップがあるから気に入るところもあると思うんですが、規模が大きいから難しいのかもしれないですね。

お千代保稲荷というのは初めて行きましたが、おちょぼ稲荷と読むらしいですね。 毎月月末の日の夜から翌日1日の明け方にかけ、夜通しで「月並祭」という縁日が開催されるそうです。 普段だと月末日は大勢の人で賑わうらしいんですが、今日は雨模様だったので僕らがいた時間帯は閑散としていました。 もうちょっと盛り上がる日に来ていると楽しいのかもしれませんね。

Point Blur_20180531_200246

稲荷神社だから、奉納するための油揚げとろうそくが50円で売られていました。 稲荷神社にお参りするのは初めてだったので勝手が分かりませんでしたが僕も奉納しました。 規模が小さい神社だったので、すぐ終わりましたけど…。

DSC_0182 Point Blur_20180531_200330

呉川町町内会のバスツアーに参加するのは2回目です。 少しずつ、顔見知りの方も増えてきて楽しく参加させてもらっています。 次も機会が合えば、参加したいと思います。

今日は地元町内会の自主防災・防犯会の総会に参加。 H29年度決算とH30年度予算についての話が終わった後、防犯セミナーがありました。 芦屋市の建設総務課の方と芦屋警察の生活安全課の方が説明に来てくれました。 防犯の話ですが、ためになる話だったので紹介しておきたいと思います。

特殊詐欺のH29年度被害総額は以下のとおり。

全国390億円
兵庫県15億円
芦屋市3400万円

なお、芦屋市の件数は16件。前年度よりも12件増加しているそうです。 こういう犯罪が増加しているのは嫌ですね。

ちなみに芦屋市においては、ここ最近、芦屋警察を騙る特殊詐欺の事例が報告されています。 警察を騙るなんて度胸あるなぁと思いますが(笑)

H30年2月16日芦屋警察 生活安全課を騙る
H30年3月21日警察官を騙る電話。被害者からの通報があり、被害者宅で現行犯逮捕。

現行犯逮捕したケースは、受け子と呼ばれるアルバイトのような人だったようです。 ひょうご防犯ネットにおいても、以下のような通知が来ていました。

3月21日(水)、芦屋市内において、警察官を名乗り、「あなたの個人情報や口座情報が漏れています。」「金融庁の者が電話しますのでキャッシュカードと通帳を用意しておいてください。」等と電話をかける事案が発生しましたが、通報を受けて警戒中の芦屋警察署員が、被害者方に訪れた男を確保し、詐欺未遂で逮捕しました。 犯人は、21歳の男です。
ひょうご防災ネットより

振り込め詐欺の犯人は、基本的に非通知でかけてくるそうです。 警察が非通知で電話をかけることは基本的にはありません。 芦屋警察の電話番号は「23-0110」です。 ここからかかってきた電話は紛れもなく芦屋警察だとのこと。 なお、警察の電話番号の下4桁は全部同じらしいですよ。「ゼロ+110番」ということだそうです。

特殊詐欺の防止策としては、留守電にしておくということが有効だそうです。 留守電を入れていない場合は「136」のコールで直前の電話番号が分かるとのこと。 これは知らないサービスでした!防犯以外でも便利かもしれない…。

ナンバーお知らせ136(NTT西日本)

兵庫県警では、県下の犯罪情報等についてメールで通知するサービスを行っています。 僕も登録していますが、結構便利です。お子さんやおじいさん、おばあさんがいらっしゃるご家庭は 登録しておくと良いかもしれませんよ。

登録・変更・解除(ひょうご防犯ネット)

なんにせよ、お年寄りの好意につけこむようなこういう犯罪はなくなってほしいですね。 皆で注意し合えるようなコミュニティがつくれたら良いんですが…。

今日は地元町内会の自主防災・防犯会の勉強会として行われた「防災マップ学習会」に参加。

29572560_1605426192911566_8956141942166764017_n

防災マップとは、9月に町内を歩いて注意が必要なところ等をチェックしてつくった地図です。 今日の勉強会は土曜日の朝10時からという時間設定でしたが30人を超える方が来られていました。 防災への意識の高さが伺えます。

災害はいつ起きるか分かりません。とりわけ、南海トラフ地震については必ず発生するとも言われています。 兵庫県のハザードマップによると、芦屋市は浸水地域はあるものの、津波による直接被害はないだろうと予測されています。 しかし、予測はあくまで予測。自然相手だと想定外のことが起こることは容易に想定されます。 自らの身、家族の身を守るには常日頃の準備が重要になってくると思います。

同マップは本日の参加者にも配布されましたが、4月には呉川町内の各戸に配布される予定。 是非、ご覧いただきたいと思います。防災への意識は、時々意識するだけでも全然違ってきますしね。

防災マップが他の町でもつくられているのかどうかは分かりません。 市や県が出しているマップも重要ですが、自らの足で回り、自らの目で見てつくったマップも とても重要だと思います。マクロ的な視点のものと、ミクロ的な視点のもの。 防災マップをつくってみるというのは、地域の防災力向上にも役立つはず。 他の町でも、是非ともつくってみてもらいたいと思います。

また、今日は芦屋市の防災安全課さんにもお越しいただき、津波に関する講習をしていただきました。 土曜日の朝からご足労いただき、ありがとうございます。 気象庁が展開している動画と防災ハンドブックを使った楽しい講習でした。

[参考]津波防災啓発ビデオ「津波からにげる」(気象庁)

繰り返しになりますが、防災対策は日頃の意識が重要です。 災害はどうしても風化してしまいますが、時々こうして教訓を思い出すことで 少しでも災害被害が小さくなれば…と思います。

↑このページのトップヘ