芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > 議会報告会関連

今日は議会報告会。 3回に分けて開催する議会報告会は、3つの常任委員会ごとに班を分けて対応します。 今日開催したのは民生文教常任委員会の班。僕も応援班として、報告会を傍聴していました。

平日の午後イチという出にくい時間帯にも関わらず、 今日は非常に多くの方にお越しいただいていました。 受付曰く、21人の方にご参加いただいたとのこと。皆様、ありがとうございます。 アンケートの集計結果が楽しみです。

以下の2部構成で報告を行いました。

  • 平成29年度決算審査の報告
  • 意見交換会(ごみ処理について)

意見交換会のテーマとして掲げられていた「ごみ処理について」では、 以下の小テーマを設けて意見交換を行いました。

  • 西宮市との広域化について
  • ごみパイプラインについて
  • カラス問題について

注目を集めるのはパイプラインだったのでしょうか、芦屋浜・南芦屋浜から来られた方が多かったようです。 しかし、関心の高い方々が多く集まられていたので、意見交換会の部で行われた5人ぐらいのグループに分かれた グループディスカッションでは、活発な議論ができていたようです。 グループディスカッションについては傍聴していませんが、参加している議員にとっては かなり参考になる意見が出たことだと思います。

昨年の議会報告会では、対面方式での意見交換会を実施しました。 結果的には、特定の人とのやりとりが長くなってしまう等、消化不良に終わった感がありました。 参加者の方々も同様に考えられていたのではないでしょうか。

20人ぐらい人がいる中では活発な意見交換は難しいです。 そもそも、大勢の前でマイクを使って発言するのも非常にハードルが高いですから。 僕の所属する総務班でも同様の意見があり、グループディスカッションの形式を採用しました。

慣れないグループディスカッション方式に不安な部分もありましたが、今日の雰囲気を見る限り、 良い雰囲気で進められるのではないかと安心しました。

僕の所属する総務常任委員会の班が担当する議会報告会は11月23日です。 なので、民生文教班の議会報告会は非常に参考になりました。 明日には建設公営企業常任委員会の班が担当する議会報告会もあります。 他所の班が実施したときの良かったところ、悪かったところはフィードバックした上で より満足度が高い議会報告会になるよう、取り組んで行きたいと思います。

ちなみに、今日の模様は議会事務局の方がFacebookページにアップしてくれているので シェアします。芦屋市議会議会事務局Facebookページへの「いいね!」もよろしくお願いいたします。

昨日今日と、議会報告会の広報活動を行っていました。 広報活動で使うチラシ・ポスターはこれです! 赤!刺激の強い色ですが、目立つ色。しかも、彩度高め。とにかく目立ちます(笑)

昨日は広報掲示板へのポスター掲示。 議会報告会は、市議会主催なのでポスター掲示は議員が分担して実施します。 76箇所なので、大体1人4箇所ぐらいになるように割当たっているんでしょうか。 僕は、公光町、川西町、平田北町の中にある4か所を担当。近くて良かった!

DrsJMIdU4AABdxV.jpg large

貼ってみると感じることですが、紙のサイズも貼るスペースもまちまちなのでちょっと見栄えが悪い。 別に細かい性格ではないんですが、もうちょっとカッチリ貼りたいなと思ってしまいます。 デジタルサイネージだったらそういうのは楽やなぁと思いながらも、屋外用のデジタルサイネージは 色々カバーしないといけない機能があるので高い!そして、全ての団体がポスターをデータで提供というのも 難しいでしょうから、当面は今のようなアナログな広報掲示板で行かざるを得ないんでしょうね。

僕らは20人も人手があるので、人海戦術であっという間に貼れますが、 そうでない団体さんの場合は大変だなぁと。貼るだけでなく、剥がす作業も必要になりますから。

ただ、前年度に議会報告会を実施した際のアンケート「報告会の開催を何でお知りになりましたか?」を見る限りでは 広報掲示板は周知のためには一定の効力があることが分かります。僕らとしてもやらない手はないですし、 他の団体さんとしてもやらない手はないと思います。大変ですが、アナログな対応でやっていくしかないですね。

アンケート結果

また、今日はJR芦屋駅の北側(ペデストリアンデッキ上、ミスド前)においてビラ配り。 前述のアンケート結果ではチラシ・ポスターによる広報が一番効果ありでした。 なので、このビラ配りは広報戦略として有効な手立てだと思います。

総務班のメンバー7人で実施しました。15時からスタートしましたが、ご存知のとおり 雨が降りそうで降らない、微妙な天候でした。そういう悪条件もあり、ビラの受け取りは活発とはいきませんでしたが 会派の垣根を超えて、広報活動に勤しみました。政策についての考え方は違うものの「芦屋市のため」という思いが 一致する感じはやっていて嬉しいですね。ビラ配りにも力が入ります。

僕らは配る専門だったので、写真撮影は議会事務局の方にお願いしました。 議会事務局のFacebookページにおいて投稿されているのでシェアします。 議会事務局のFacebookページへの「いいね!」もよろしくお願いいたします。

今日は議会報告会準備会がありました。

いつもは議会報告準備会とセットで議会基本条例検証会議も開催されていました。 なので議会基本条例検証会議も開催されると思っていましたが、今日は議会報告会準備会だけの開催。両者はメンバーは同じですが、位置づけや議論内容も異なるもの。 なのでダブルヘッダーはしんどい会議だったため、単独開催で助かりました。

今日の議題は議会報告会の振り返りについて。 議長より諮問を受けていた議会報告会準備会としての結果報告案をまとめました。 明日開催される代表者会議において承認されると、芦屋市議会のHPにアップする予定です。

直前にバタバタ準備していた例年の議会報告会と異なり、 今年は事前に準備会を立ち上げての前倒し対応。例年よりは良いものになったかと思います。 ですが、それでも反省点は少なくありません。 ここで挙がった反省点や申し送りについては、次年度に引き継いでいくことになります。

議会で行う報告会にせよ会派や個人で行う報告会にせよ、 難しいのは「如何にして多くの方にお越しいただくか?」ということ。

これまで、議会報告会では色々な時間帯や場所で開催をしてきました。 働いている人が参加するために、平日の夜の開催が必要だとの論調のもと、今回も平日夜の開催を行っています。

でも、個人的には平日の19時~21時@芦屋という開催は中途半端な気がします。 芦屋市民の方々の多くは大阪などで働いており、芦屋市内で働いている方は少ないです。 19時に芦屋に到着できる人は少ないと思います。また、休みの方などにとっては晩ごはん時で 一番外出しづらい時間。それならいっそ、多くの方が一番出やすい時間帯である 土日の朝~昼ごろに集中させた方が良いのでは?という意見を出しました。

今日の会議で以って、今年度の議会報告会準備会は終了です。 ここで出た反省点が次年度にそのまま採用されるかどうかは分かりません。 ですが、次年度は今回出た反省点などを踏まえ、よりより議会報告会をつくっていきたいと思います。

今日は昨日に引き続き、議会報告会。今日の担当は民生文教常任委員会です。 今回の議会報告会では、自身の担当班に加えて応援担当として入る班を決めていました。 僕の属する建設公営企業常任委員会班は昨晩行われた総務常任委員会班の応援です。 なので今日の分は別に来なくても良かったんですが、意見交換を目的に傍聴してました。

第1部の議会報告会の内容については各回とも同じ内容なので割愛しますが、 質疑の中で議会報告会をライブ配信すべきだとのご意見も出てました。

動画は、文字では伝えられない現場の空気感が伝わるという意味では効果的。 よく議論となる部分です。でも2時間近い動画を見てくれる人がどれぐらいいるんだろうって思います。 2時間って映画1本観れる時間ですから。僕は同業者なので、他市の市議会の報告会も気になります。 ですが政治にあまり興味が無い層に観てもらうには2時間と言う時間はあまりにも高いハードル。 なので、どんなやりとりがあったのかの要約の方が需要があるんじゃないかなと。 それを市議会だよりで掲載するのも良いと思います。

第2部の意見交換会では、「幼稚園・保育所のあり方について」がテーマ。 重いテーマだからか、結局市民の方の意見は2名しか伺えませんでした。 趣旨としては広く色々な方のご意見を伺いたかったところなので、 テーマに取り上げるには時間が足りなかったかなと。

内容としては、教育の質についても議論をしてほしいと。 芦屋市としてこだわるべきは、ハード面では無くてソフト面だというご意見がありました。 確かにそのとおり。公立だろうが私立だろうが、教育の質の担保という観点はとても重要なポイントです。 公立だから教育の質が良いとか、私立だから教育の質が悪いとかそういう話ではありません。 「良い教育」というのは子供によって異なります。一般的に「質が高い」と言われている教育が合わない子供もいます。 だからこそ、色々な選択肢があり、保護者が子供の性格に合わせて選ぶことができる環境が重要なんだと思います。

芦屋市においては幼稚園と言う事業形態へのニーズはかなり低くなってきており 保育所という事業形態へのニーズが高まっています。これは社会情勢の変化による社会的ニーズの変化。 今までのやり方とかにこだわるんではなくて、芦屋市として「どういう教育」にこだわるのか? 各施設はそのための手段です。こういうことに注目していきたいと思います。

なお、今日も事務局の方がFacebookにアップしてくれてますのでシェアします。

芦屋市議会事務局は、Facebookにおいて議会の色々な情報をアップしてくれています。Facebookアカウントへの「いいね!」もよろしくお願いします。

今日は議会報告会。 議会報告会は議員が7人ずつ3班に分かれて計3回開催します。 今日は、3回に分けているうちの2回が開催されました。

僕は朝10時からの班。今年は3常任委員会単位で班分けをしているため 言い換えると建設公営企業常任委員会班とも言えます。

僕は今年は委員長を仰せつかっているので、今日の役割は司会。 大役です。一般質問や委員会審議よりも緊張しました。ただ、全体を通してみると 大よその予定通りのタイムスケジュールで進行できたのは良かったかなと思います。

以下では、第1部の議会報告会と第2部の意見交換会について 感想などを簡単に記しておきたいと思います。

第1部:議会報告会

議会改革のトピックス

議会改革については、今までに色々と実行してきています。 ですがそれを全部報告すると報告時間が長くなる…。 なので、昨年度の主なトピックスとして議会のICT化について重点的に報告。

なお、議会報告会ではプレゼン資料をプロジェクタで投影して報告しています。 昨年までであれば、ノートPCを持ち込んで対応していました。 ですが今年は議員に渡されているタブレットを使用しての報告。 タブレットは多種多様な使い方が可能です。しっかりと活用し、成果をあげていきたいと思います。

平成28年度決算審査の報告

平成28年度決算については、議会が関与した事業等を重点的に報告。 その中でも、学童保育の4年生受け入れについては芦屋市学童保育保護者連絡会からの請願をトリガーに議会が行政に働きかけ、早期実施が実現した事業です。

元々の事業計画よりも2年前倒しで4年生受け入れが実現したということで、 芦屋市学童保育保護者連絡会からの感謝の弁も紹介されました。

第2部の意見交換会

意見交換会は今年から新たに時間を設けて実施しているもの。 なかなか手探りの中で進めてきた企画です。 今日は「芦屋市の道路は安全?」というテーマで実施しました。

1時間丸々使って色々なご意見を頂戴し、議員からも考えを披露しました。 もっと沈黙になって、時間を持て余してしまったらどうしようと心配していましたが それは杞憂となって良かったです。

ただ、自由闊達な意見交換と言うよりは、 従来から実施していた質疑応答の延長線みたいな形になってしまったのは反省材料。 もう少し、テーマを絞って深く議論しても良かったのかもしれません。

今回は議会として、意見交換会と銘打って取り組みました。 ですが、大勢の方が参加されての意見交換はやはり難しい。 意見交換は会派や個人の報告会で個別に実施した方が良いのかもしれないなぁとも思うところ。

議会報告会については11月30日には反省会を実施する予定です。 そこでしっかりと反省し、次回に繋げていきたいと思います。

↑このページのトップヘ