芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > 議会報告会関連

今日は議会意見交換会がありました。 3つの常任委員会ごとに3回に分かれての開催を行っており、 今日は建設公営企業常任委員会の開催会と僕が属する民生文教常任委員会の開催会がありました。

最終的には議会としての記録を作成してアップすることになりますが、 今日はとりあえず自分の参加分についての記録を残しておきたいと思います。

テーマについて

「子どもが輝く小学校!」というテーマでの意見交換を行いました。

例年、議会報告会に参加される方はシニア層の男性が多くなっています。 今回は、普段来られない子育て世代の方々にお越しいただいて意見交換したいよね! ということで、小学校をテーマに選定しました。

市内の8小学校の全校生徒に対して告知チラシを配布したりと かつてない意気込みで臨んでいたのですが…。

反省点しかない。。。

まず参加者が…

日時設定が間違っていたのか、告知がまずかったのか。 期待していた層の参加はほとんど見られず、全体参加者も11人という惨状でした。 やはり…土日の午後という時間設定はあかんのかな。

まあ、僕が会社員のときにこうした機会があって、 参加するか?って言われると120%参加しないですからね。。。

動員をかければある程度は集められると思いますが、 普段からコンタクトを取れる人が集まってもあまり意味がないので…。 こういうときの人集めは本当に大変です。

そんな中、お越しいただいた方々には感謝してもしきれませんが、 当事者の方々にお越しいただけなかったのは反省点でしかありません。

ワークショップ形式の難しさ

なるべく多くの意見を吸い上げたい!という思いから、 少人数の班に分かれてのワークショップを行いました。

僕らの中では、口頭でやりとりするよりも付箋に書いてもらう方が意見も出るやろと思っていましたが ですが。参加者の中では、もうちょっと違うやり方を想像されていた方が多かったようです。

また、ファシリテーター役である議員側のスキル不足。 こちらとしても、思っていたように会の進行を進めることができませんでした。

アイディアを整理して揉んでいくための手法としては効果的なやり方だと思うんですけど。 市民の意見に対して、議員がどう思うか。ということを披露していくやり方の方が良いのでしょうか。

しっかり総括して、次回はもっと良い取り組みになるようにします。

いただいたご意見

詳しい内容については、議会としてのとりまとめを行った後にしたいと思います。

ですが、なるほどーというご意見もあったと思います。 そうですかーだけで終わらないためにも、今日いただいたご意見のとりまとめと 扱い方についてもしっかりと議論します。理想としては、委員会としての提言という形に 落ちつけられたら良いですよね。

今日は議会報告会。もとい、議会意見交換会。

DSC_0014

議会意見交換会とは

昨年の議会報告会において、議会報告会と意見交換会の二部制という形を試験的に導入しました。 試験的に実施した際のアンケート結果より、参加者が「話を聞きたいだけ」という人と 「意見を言いたい」人とに二分化されていることが分かりました。

昨年のように同日に二部制で開催すると、それぞれの目的で参加した方々がともに 満足できないのではないか?という問題提起があり、じゃあ、別々に開催してみようか ということになりました。

また、議会報告会でテーマとして選定していた「決算」についても、 「予算」をテーマにした報告会が聞きたいと言う声もありました。

予算をテーマに取り上げるとなると、開催の時期をずらす必要があります。 なので今回は意見交換に主眼を置いた会を開催することとしました。

それが、議会意見交換会です。

今日のテーマ

今日は総務常任委員会に属しているメンバーが主として開催しました。 なので僕は参考に見ていただけ(笑)

テーマは「芦屋の将来像について~地域活性化のための人材育成~」 いやーこれはかなり難しいテーマですね。

今日の感想

各班に分かれて行うワークショップの形式での取り組みでした。 事前の告知でそこまでお知らせしていなかったためか、参加者の方も少し戸惑い気味? ですが時間が経過するにつれて、活発な意見交換ができていたようです。

参考になった?意見

今日の内容でなるほどーと思ったのは、ボランティア精神の醸成というところでしょうか。 子供のうちからボランティア精神を定着させることで、ボランティア精神を醸成させるということ。

阪神淡路大震災を機にボランティア人口がグッと増えました。 いわば、芦屋を中心に始まったと言っても過言ではないため、芦屋の特色として ボランティア精神を醸成させていくという取り組みは面白いかもしれません。

総括

今日のところは、総括には至っていません。 ですがいただいたご意見を政策提言に繋げるためにも総括が必要だと思います。

例年、開催結果報告書という形で公開をしています。 今年もしっかりと公開していくことになると思います。

話を聞いたっきりで終わらせないように、政策提言に繋げていく取り組みも 並行して実施したいところです。

今日は議会報告会準備会。

今日の議題は、昨年11月に行われた議会報告会の総括と翌年度(来期)への 申し送りと提案内容についての取りまとめです。なので、今回が今年度最終回。 平成30年度の同会議は今日で9回目になるようです。なかなか大変な作業でした。

芦屋市議会では、平成29年度の議会報告会から意見交換会の時間を設けました。 意見交換会という取組み自体は概ね好評ではありましたが、運用方法など、様々な課題が出てきました。

今日話し合って確定させた事項は、来期への引き継ぎであるということと 代表者会議での報告がまだということで、詳しいことは書きません。 ですが、現状の芦屋市議会の議会報告会が抱える課題を洗い出し、建設的な形で 発展させるための提案をまとめられたとの自負があります。

議会報告会と意見交換会は市民への報告と市民からの意見聴取を行うツールです。 このツールがもっと有用な形になれば、議会活動への大きな力になると確信しています。 そしてせっかく4年かけて経験してきた実績と反省点を来期に引き継ぎ、 市民にとっても議会にとってもプラスになる取組みに昇華できれば嬉しいです。

もう少し早い段階から、もっとうまくできるんじゃないか。という思いはありました。 ですが、ここまで具体的な提案に落とし込むまでに4年かかりました。

確かに前例は大事です。ですが良い結果を生み出すためには前例に捉われない柔軟な考え方も必要です。 議会に不足しているのは改革マインドだと思います。特に議会改革なんかはビジネスではないですから 失敗しても「あかんかったね」でも済みます。失敗から得られることも多いです。

ここまでやってきたものが来期になってうやむやにされないためにも、 議会を更により良い形に改革していくためにも、まだまだ継続してやっていきたいなと思います。

今日は議会報告会でした。 3回開催中の3回目。僕が所属する総務常任委員会の主催となる回でした。

他の2回は平日の日中に市役所で開催しました。 なので、準備もやりやすかったと思います。

ただ今回、総務委員会としては休みの日に市役所外で行うことに決めました。 メンバーの方にお諮りしたときに、「僕らが楽なのは平日に市役所で開催。 市民の方々が参加しやすいのは休みの日に開催」という風にお尋ねしたところ、 「市民ファーストで」ということになり、メンバー間での調整の結果、今日の開催となりました。

僕は委員長と言うことで班長も担当させていただきました。 なので、早めに市役所に荷物を取りに行って、終わった後に市役所に荷物を戻すという作業も担当しました。 やはり、休日開催は大変です…。

今日は三連休の頭で良いお天気でした。 荷物を取りに市役所に行ったときも、車が多かったです。 プライベートを優先される方が多いんではないか、グループ分けができないぐらいの 人数しか来ないのではないか?と心配していました。 ですがフタを開けてみると、2グループに分けられるだけの人数の方々にお越しいただきました。 せっかくのお休みの貴重な時間、議会報告会のために割いていただいて、本当にありがとうございました。

いただいたご意見については、とりまとめ・整理をした上でまた発表することになります。 いただいたご意見全てにお答えしていくことは難しいところもあるかもしれませんが、 委員会として動けるところについては、動いていくようにしたいと思います。 議員としての残り任期も少なくなってきましたが、皆さんの声をお伺いする機会を大事にしながら しっかりと務めあげていきたいと思います。

なお、今日の模様については議会事務局の方がFacebookにアップしてくれました。 お休みのところ、ご対応いただいてありがとうございます。 芦屋市議会議会事務局Facebookページへの「いいね!」もよろしくお願いいたします。

今日も昨日に引き続き、議会報告会でした。 3回に分けて開催する議会報告会は、3つの常任委員会ごとに班を分けて対応します。 今日開催したのは建設公営企業常任委員会の班。僕は今日は役目はありませんが、 会場が市役所ということもあり、傍聴していました。

平日の朝10時~という参加しづらい時間帯にも関わらず、大勢の方にお越しいただきました。 受付の状況をチラっと見た限りでは、16人の参加があったようです。 例年に比べても多くの方にご参加いただいているような感じがします。 また、今日は「初めて参加した」という方もおられました。 初めて来られる方にたくさん来ていただけるように準備を進めていたので、素直に嬉しいです。

今日の報告会は以下の2部構成。

  • 平成29年度決算審査の報告
  • 意見交換会(無電柱化の取り組みについて)

聞いている感じだと、冗長…な感じはあまりなかったかと思います。 それを裏付けるかのように、活発な議論が行われました。

ちなみに、平成29年度決算審査の報告の質疑応答の際、 公共施設のWi-Fi設置に話が及びました。そんなにテクニカルな質問ではないと思いましたが 何故か傍聴していた僕が発言することに…。幸い、テクニカルな質問ではなかったので滞りなくお答えできました。 11月23日に行われる報告会では建設公営班の議員さんにもお答えいただかないといけないですね(笑)

無電柱化のところでは、先般発生した台風21号のときに南芦屋浜で発生した停電について話が及びました。 というのも、南芦屋浜は無電柱化済みなんですね。初めの段階で電柱をつくらなかったと言うべきかもですが。

「地中に埋めた影響で浸水し、停電に至ったのではないか?」という質問がありました。 そう考えるのは自然だと思います。僕も初めは疑いました。 ですが市の所管課や関係事業者の話を総合すると、南芦屋浜で発生した停電は他の地域の電線が切れる等、 「地中化したこと」が原因となる停電ではなかったという検証がされています。

また、当日はなかなか復旧できないところがありました。それについては「地中に埋まっているから手間取ったのでは?」 という質問も。これもそう考えるのは自然だと思います。やはり、僕もそれは疑いました。 ですが、関係事業者の話によると、通電しても大丈夫か?と1軒1軒確認しながら通電したことによる影響で遅くなったとの。 浸水があったので、通電することによる火災など、二次災害を警戒した対応です。火災等の問題があると、 それはそれで大問題に発展しかねなかったので、電力会社の対応としては止むを得ないと思います。

無電柱化は、1キロ当たり3億5000万円ほどのコストがかかると言われています。 市の負担としては1/3になります。ですが、トータルコストがあまりにかかる事業であることは間違いないです。 防災力の向上のためにも推進していく事業ではありますが、スピード感を伴わせるのが難しい事業でもあります。 水道やガスの更新タイミングと合わせるなど、なるべく無駄なく進めていくしかない状況です。 しばらくはもどかしい進捗が続くとは思いますが、一歩一歩進めていくしかないですね。

さて、議会報告会も僕が所属する総務常任委員会による回のみとなりました。 以下の要領で開催します。

開催日時間場所内容
11月23日(金祝)14時~保健福祉センター3階会議室1平成29年度決算審査の報告
意見交換会(公共施設等総合管理計画について)

ちょっとテーマがとっつきにくいかもしれませんが、重要なテーマです。 過去の開催例の良いところ悪いところをフィードバックした上で取り組みたいと思っていますので、 良ければご参加お願いいたします。

なお、今日の模様については市議会事務局Facebookでアップされていますので、シェアします。 芦屋市議会事務局Facebookの「いいね!」もよろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ