芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > 議会運営委員会

今日は議会運営委員会。 明日が本会議(12月定例会の閉会日)なので、 その進行についての打合せが主な内容です。

明日の本会議

いつもの本会議と特に変わったことはありません。 ただ、討論の区分が予想と違ったので、会派内で少し混乱が…。

討論区分?

本会議において、議決の判断の理由を述べる機会として「討論」を行います。 議決の判断を述べるものなので、賛成討論か反対討論。

そのうえで、円滑な議事を進めるため、似たような分類ができる議案を 「討論区分」としてまとめています。そうしないと、似たような議案でも 何度も登壇しなければならなくなってしまうからです。

そして会派内での予想は、手数料条例(議案第72号)と 給与関連議案(議案第80号、81号)の討論区分は分けられるだろうと思っていました。 なので手数料条例は僕が討論に立ち、給与関連議案は同僚の浅海議員が討論に立つということで 会派内の調整をしていました。

ですが、今日、区分を聞いてみると条例関係は一つにまとめられることに。 僕は、討論内容の構想は練っていましたが、まだ原稿化はしていませんでした。 ですが浅海さんは早めにやってくれていたため、その作業がまるっと無駄になるのも あまりに心苦しいので、全て浅海さんにやってもらうことになりました。

ちなみに、僕は討論は嫌いじゃない(むしろ好き)ですから、 浅海さんに押しつけた訳ではありませんよ(笑)

議員提出議案も提出します(即決)

これまでに議会運営委員会の中で協議してきたことですが、 3月定例会における総括質問(施政方針に対して、総括的に質問すること)での 質問形式を変更するため、芦屋市議会基本条例を一部改正します。

総括質問は次年度の施政方針について包括的に問いただす機会である という考え方に基づき、これまでは一括質問形式を採用していました。

ですが、一括質問形式だと複数の所管部署にまたがって質問されるようなケースもあり、 部長さんが入れ替わり立ち替わり答弁し続けるという現象が生じていました。

質問や答弁があまりに長時間に渡ってしまうと、何を質問していたか分からなくなります。 議員もよく分からなくなるのに、傍聴者が分かる訳ない。ということで、1回の質問や答弁の 時間を短くした方が分かり易かろうという考え方に基づいて、一問一答方式も選択できるように 変更されることになりました。

質問する側も、答弁があまりに長くなると初めの方の答弁内容を忘れてしまいそうになります。 更に円滑に議論が進むように有効活用したいと思います。

今日は議会報告会。 明日から3日間、本会議が行われるので その進行についてが主な議題です。あと、レアなケースとして 陳情の審査も行われました。

3日間の本会議では以下の議事が執り行われます。

  • 一般質問
  • 市長提出議案の追加提案

追加議案については、12日の本会議で一般質問が一通り終わった後に提出されます。 とりあえずは一般質問!って感じなので、追加議案についてはまた提案された後にでも。

一般質問について

正副議長を除く全議員19人が通告しています。 質問すれば良いってもんでも無いですが、他市では 全議員が質問することも珍しいようなので、良いことです。

  1. 12月10日(火)
  2. No氏名会派名質問項目
    1川島 あゆみ日本共産党◆市立幼稚園・保育所の統廃合民営化計画の新たな課題について
    2大塚 のぶおBE ASHIYA◆JR芦屋駅南地区再開発事業について
    ◆ごみ問題について
    3松木 義昭自由民主党◆子どもの貧困対策について
    ◆下水道事業の課題と経営基盤の強化について
    ◆教育政策における費用対効果の検証と子どもの学力向上について
    4福井 美奈子自由民主党◆これからの水道事業について
    ◆マイナンバーカードについて
    5川上 あさえ自由民主党◆北朝鮮による拉致問題の普及啓発について
    ◆市と自衛隊の協力体制について
    ◆就職氷河期世代の採用について
    6青山 暁BE ASHIYA◆芦屋市の交通施策について
    ◆芦屋ふるさと住民票制度について
    7大原 裕貴改革維新の会◆新学習指導要領の導入について
    ◆インターネットによる行政と市民の交流について
    ◆新公会計制度による財務諸表の活用について
  3. 12月11日(水)
  4. No氏名会派名質問項目
    1中村 亮介あしや しみんのこえ◆本市の広報戦略について
    ◆中小企業・小規模企業振興基本計画策定委員会について
    2長谷 基弘あしや しみんのこえ◆芦屋市のユニバーサルデザイン・UDについて
    3浅海 洋一郎改革維新の会◆市職員のIT技術向上について
    ◆未就学児の発達支援事業所について
    4たかおか 知子あしや しみんのこえ◆「こんなの芦屋にあったらいいな」10選
    5帰山 和也公明党◆共生社会の構築に向けて
    ◆持続可能な開発に向けた取り組みについて
    ◆災害時の対策について
    6徳田 直彦公明党◆交通安全対策について
    ◆行政サービスの手法について
    ◆認知症施策について
  5. 12月12日(木)
  6. No氏名会派名質問項目
    1米田 哲也自由民主党◆地域経済の活性化について
    2ひろせ 久美子日本共産党◆ジェンダー平等社会への取り組みについて
    ◆ごみ処理のあり方について
    ◆防災について
    3平野 貞雄日本共産党◆来年度予算編成の基本点について
    4田原 俊彦公明党◆人財活用について
    ◆多様な性のあり方について
    ◆鍵の管理について
    5山口 みさえ会派に属さない議員◆若者が住みやすいまちをめざして
    ◆ユニバーサルデザインのまちづくりについて
    ◆アスベスト問題について
    6福井 利道自由民主党◆行政手続のネット対応について
    ◆市内学校の土曜日授業復活へ
    ◆三世代同居の補助促進事業について

僕は初日の最後。だいたい、1人1時間ぐらいで回るので、恐らくスタートが17時超えるかと…。 7人目は、議場全体が疲れた雰囲気というか「はよ終われ(終わってくれ)」的な雰囲気があります。 なるべく端的に、簡潔にやりとりをしたいと思います(笑)

陳情について

陳情第7号として、以下の陳情が出されています。 市長の姿勢についての話で所管部署もないので議会運営委員会で審査することになっています。 常任委員会ではないのでネット中継はありませんが、後日議事録が開示されます。

番号件名
第7号芦屋市長選挙で「対話」を強調した伊藤舞市長が、芦屋市議会において議員の再三の求めにも関わらず、一般質問において自ら答弁しない件については、議会制民主主義と二元代表制を冒涜するものであり、伊藤舞市長に議会として是正を促すことについての陳情書

結論としては、全会一致で不採択となりました。

内容を見てもらったら分かりますが、かなり主観的な内容です。 副市長やその他の部長が発言することは、別に議会制民主主義も二元代表制も冒涜しているとは思いません。 二元代表制を冒涜するという根拠にも乏しいことから、全会一致での不採択は妥当だと思います。

今日は議会運営委員会。 週明け月曜日から始まる本会議の運営についての協議が主なテーマです。

本会議の運営

12月議会は特に変わったことはありません。 市長提出議案として10件の議案が出ています。 加えて、1件の請願と4件の陳情が出されています。

市のHPにはいずれも掲載されていますが、 一応本会議で報告された後に紹介したいと思います。

議運に送付される陳情も…

ちなみに、陳情の1件については常任委員会じゃなくて 議会運営委員会に送付されます。議員5年目にして初めてのケースです。 議会運営委員会は基本的にはオープンの会議ですが、使用する会議室の 音響の関係もあり、Web配信はしていません。なので当該陳情についても Web配信は無しということになります。なお、会議録は公開されます。

その他の協議事項

先般の視察でも説明を受けた内容ですが、 決算審査の方法の変更について、改善する方向で議論を進めています。 大きくは以下のような感じで変わりますが、今は細かいところを詰めている段階。

  • (改善前)会派から代表した議員のみで構成される決算特別委員会で審査
  • (改善後)全議員で構成される決算特別委員会で審査

数人での審査から21人の審査に変わる訳ですから、 みっちり審査されることになるはずです。審査にかける日数も増えることになる予定です。

個人的には市政全般についてやり取りする従来の決算特別委員会は好きでしたけど、 芦屋市全体のことを思うと、審査の目が増えるのは間違いなく改善だと思います。

芦屋市はフットワーク軽く、色々な改善を進めていきたいです。 議会の改善は市政の発展にも繋がると思いますから、積極的に発言しながら 改善して行きたいと思います。

今日は議会運営委員会の視察の2日目。 三重県四日市にて、予算決算常任委員会の視察を実施しました。

神奈川から三重。まあまあな移動です。 でも急きょ決まった予定なので仕方ない。 それよりも、急な申し出にも関わらず、快く視察を受け入れてくださった 四日市市議会の皆さんには感謝です。

根本的なところは昨日の視察と同じ。 予算と決算の連動性、全議員参加の決算審査体制を講じるというところに 主眼を置きながら、芦屋のスタイルにあった、ベストな取り組みを模索するところです。

そんななか、独自の取り組みとして気になる点が何点かありました。 備忘録的な意味も込め、書いておきたいと思います。

委員会の任期が2年

四日市市議会さんでは、委員会任期を2年とされたそうです。 前年の委員会でのやりとりを全てフォローして対応するのが難しいからというのが理由だそうです。 確かに…。

任期2年だから、前年のやりとりもバッチリ頭に入ってますよ!ということにはならないでしょうが 仕組みとしては合理的だと思います。

元々、所属する委員会について、同じ委員会に継続して属した方が当局に対するプレッシャーになるよ! という意見と、色々な委員会に属した方が多角的に判断できて良いよ!という意見が分かれます。 僕も4年と半年ぐらい議員を経験してきましたが、どっちが正しいとは一概に言えないなぁと思います。

継続した審査の担保というところと、多面性というところの折衷案として、 2年の任期で対応というのは妥当なところなのかもしれません。芦屋の場合、 3つしか常任委員会がない訳ですし。

議会としての政策提言

決算常任委員会のなかで次年度予算において検討してほしい事項を政策提言しているとのこと。 今年度から始めた取り組みではあるものの、決算⇒予算⇒決算…というサイクルを回していき 市政を前進させるのが目的だとのこと。素晴らしい取り組みだと思いました。

例えば西宮市議会においては、各常任委員会単位で政策提言を実施しているとのことでした。 ですが、決算での課題をとりまとめ、次年度予算に繋げていくという取り組みはもう一歩進んでいるのかなと。 副次的な効果も色々と期待できそうで、一番「やるべき!」と思いました。

個人や会派の提言もやってるけど

芦屋市議会においても個人や会派としての政策提言は当然実施しています。 個人や会派の意見が無視されているとは言いませんが、議会としての提言と比べると重みは雲泥の差。

個人的には、個人や会派からの提言も大事だけど、 市全体に影響するような大きな案件については議会として、委員会として、 ある程度のまとまりを持った形で提言を行うことが望ましいと考えていました。

こうした方が良いのではないか?という提言の有効性が確認され、 実際に実行に移されると、市政は確実に前進します。僕は芦屋市が少しでも良い街になれば… という思いで議員としての仕事をしています。個人の手柄だろうと議会の手柄だろうと 芦屋市が良くなるのであれば、それで良いやんと思います。

議会としての政策研究が進む

また、議会としての意見をまとめるプロセスのなかで、色々と協議がなされるのは当然です。 議員間討議とは少しテイストが異なるかもしれませんが、議会としての政策研究が進みます。 それは芦屋市議会にとっても、芦屋市にとっても大きな大きなプラスになります。

議員である以上、政策研究は必須です。 ですが、これがなかなか難しい。国会議員みたいに政策に精通したスタッフを雇用できれば また違うんでしょうが、市議会議員ではなかなか難しい。

議会を政策研究の場に使えるというのは、すごく有難いと思います。 芦屋市議会でも21人いますし、それぞれ違う意見を持った方々が揃っています。 別にディベートじゃなくて意見交換でも凄く参考になります。ハードルはあるのかもしれませんが、 政策提言についての取り組みは進めるべきだと強く感じました。

議会運営委員会の視察のため、神奈川県に来ています。 今日から二日間、予算決算常任委員会についての視察を行います。 初日の今日は横須賀市で説明を受けました。

実は、横須賀市さんへの視察は急きょ決まったものでした。 急な申し出にも関わらず、快く引き受けてくださった横須賀市さんには感謝です。 しっかり成果にしてお返ししなければ…と思います。

予算決算常任委員会とは

9月定例会において前年度決算の審査。 3月定例会において次年度予算の審査を実施しています。

それぞれの審査体制については以下のとおり。

  • 決算審査:決算特別委員会(会派からの代表者で構成)
  • 予算審査:予算特別委員会(全議員で構成)

ポイントとしては、予算が全議員で審査しているのに対して 決算は一部の議員だけで審査しているというところです。

芦屋市議会では、「この状態が問題なんじゃないか?」という問題提起の上で 改善した方が良いのでないか??と模索している段階です。

そして、その解決策の一つであるのが予算決算常任委員会。 今回の視察は、それを確認するのが目的です。

ポイントは補正予算の取り扱いをどうするか?

より深堀した議論ができる体制をつくっていくというのが主眼です。 なので、以下のような改善はマスト。

  • 全議員で決算審査する
  • 決算審査した議員と同じ議員が予算審査も行う

ただ、実はこの目的だけであれば常任委員会化しなくても対応できます。 予算特別委員会同様、決算特別委員会の構成を全議員という形にすれば良いだけなんです。

予算と決算に特化した常任委員会を常設するメリットとしては、補正予算の取り扱いだと思います。 現状だと、補正予算は複数所管にまたがる場合は総務委員会で審査されます。

補正予算が出された場合、関連する議案が同時に出されることが多いです。 そうなると、総務での補正予算審査と関連議案審査が重複します。 別の視点から質問が繰り広げられるのであれば良いのですが、 「昨日も聞いたし」というやり取りに終始してしまっている状況があります。

ハードルは条例改正?

今日の話を聞いている限り、行政側や事務局側へのインパクトはそんなに大きくないのでは? という感じがしました。

常任委員会を設置するとなると、条例を改正する必要があります。 その他、諸々、芦屋市議会のやり方に適した運営ルールを考える必要もありそう。 ハードルとなるのはこのへんかな?という感じがしています。

最大の障害である「全会一致が難しい」というところについては 今現在、議会としては改善した方が良いんじゃないか?という方向で 足並みが揃いつつあります。一気に改善の方に舵を切れるのではないかなと思っています。

明日も類似の視察がありますが、しっかりと勉強して帰りたいと思います。

↑このページのトップヘ