芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > 議会運営委員会

今日は議会運営委員会がありました。

月、火と臨時議会が開催されます

新型コロナウイルスの感染予防のため、なるべく市役所に登庁しないことと言われています。 職員さんもテレワークをしながら登庁人数を絞っていますから議会も同調してということです。 そんな中、急きょ議運が開かれたのは、来週に臨時議会が招集されることになるからです。

主な理由としては、新型コロナ対策についての補正予算の審査。 あと、3月議会で承認されなかった都市再開発特別会計の暫定予算についての補正予算の審査。 これが大きな要因です。特に、新型コロナ対策については喫緊の課題。 緊急的に決めないといけないということです。他市でも臨時議会で対応しているところが多いみたいです。

なお、臨時議会の日程は少しややこしくなっています。 詳しくは、芦屋市議会のHPを参照ください。

新型コロナ対策は大丈夫なの?

緊急事態宣言が行われている中での会議は大丈夫なん!?と心配になると思います。 リスクを下げるため、以下の点に留意しながら開催します。

  • 参加人数を少なく
  • 会議時間を短く
  • 換気

時間短縮については、努力目標になるんでしょうが 調べたらわかるような質問をしたり、持論や意見を長時間語ってみたり、 議論の範囲を超える質問をしたり。。。ということをしなければ、短縮はできると思います。 いわゆるアジェンダに基づいた会議です。

民間ではコロナ以前から、効率化をはかるために会議時間を少しでも短くしよう! という動きになっています。議会の会議時間は依然として長いです。 まる5年やっているため慣れましたが、それでも長い会議が多くなっています。 民間で働いている人からしたら、マジ無駄!って言われてもしょうがない。

参加人数を減らす具体策

  • 本会議について、会派3人につき1名の議員のみが出席。
  • 出席する職員は必要最低限の人数に絞る。
  • 傍聴席を間引き、入室できる傍聴者を制限。

傍聴については、ネットで見られます。 市役所も一般の方の来庁がかなり減っていますが、それでもゼロではありません。 不特定多数の方が市役所に来ること自体、結構リスク高いと思います。 申し訳ないですが、今のご時世を鑑みて、ご自宅でネット中継をご覧いただければと思います。

本会議に出席する議員数については、強制ではなく要請ではありますが 恐らく、各会派ともに対応してくださるものだと思います。うちの会派としては、 そこはしっかり守りたいと思っています。

議会もオンライン化したい!

でも、やはりリスクはゼロではありません。 民間ではもう、会議のやり方は変えましょう!という流れになっています。 芦屋市議会においても、この際リモートで対応できるようにしたい。 オンライン議会って技術的にはそんなに大変ではないと思うんだよな。

会議のやり方やルールをドラスティックに変える必要があるかもしれないけど、 民間は恐らく、今回のコロナ禍を機にテレワークが加速度的に進むものだと思います。 市役所も同じように変わるはず。なので議会も同じように対応していかないと いけないんじゃないかなと思います。

今日は議会運営委員会など、細々と会議が。

主な話題はBCP

議運については、週明けの月曜日が本会議なのでその進行についての協議が主な内容です。 ながーく時間をかけてきたBCP(議会機能継続計画)について、議会としての策定が決まったことを 受けての議会基本条例の改正(文言修正)も行われることになっています。

BCPについては党派を超えて、色々と意見交換をしてつくったものです。 限られた時間内でつくっているものなので、まだまだ至らないところもあると思いますが、 そこについては、これからの任期でブラッシュアップするための会議体を常設で設けることで 合意が得られています。

議員同士での議論の機会を増やしたい

こうした機会は本当に大事です。議員の中で、考えが色々とあるのは理解します。 お互い歩み寄れないところがあるのも理解します。でも、他の考えの議員の意見を 頭ごなしに否定するのではなく、聞かないといけないと最近、改めて感じています。

市議会は市長部局ほどの調査機関を有していません。 大きな懸案事項については、各自が調査して提案するというよりも 議会として議論を深めながら調査を進めることも必要であろうと思います。

相手をやっつけるための議員間討議じゃなくて、より大きな政策提案につなげるための 議員間討議が活発に行われる議会をつくりたいんだけどなぁ。西宮なんかは委員会ごとの 重点テーマを定めて、市に政策提言をしていますからね。そんな風な取組みを芦屋でもできれば最高だなぁと思います。 思うだけでは進まないので、具体的な提案も進めていきたいと思います。

5月に予定していた議会報告会は延期となりました

あと、お知らせしなければならないこととして、議会報告会。 5月にやりますよという話になっていました。が、ご存じのとおり新型コロナウイルスが 猛威を振るっている状況です。結論としては、5月の開催は延期ということになりました。

開催可否については、もう少し後になれば判断できるんでしょうけど、 そうなるとお知らせが間に合わない。特に、5月にやりますよというのは既に案内済みなので やらない案内は早くにお知らせした方が良いだろうということで、延期になりました。

楽しみにされていた方(いるのかは分からない)には申し訳ありませんが、 状況が状況なので、ご理解いただきたく存じます。

今日は議会運営委員会やJR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会がありました。 その他も色々会議があったんですが、非公開なんで割愛。

議会運営委員会も大事なことを決めたんです

週明けから始まる本会議の進行についての協議がメインでしたが、 プラスアルファで大事な議論がありました。

新型コロナの対策は最重要課題

それは新型コロナウイルス対策。連日連夜、テレビ等で報道されています。

政府の対応も色々と言われていますが、パンデミックを避けるためにも ここ1~2週間がヤマという見解については同意です。 感染を止めることはできないにしても広がり速度を緩める対策は必要です。

民間企業でもテレワークが制度化されており、在宅でも対応可能な業種の方については 基本在宅で仕事するという対応が採られています。これは、社員の方々にとってはありがたい対応でしょうが 加えて、満員電車に乗る人を減らす=感染の広がる速度を緩めるという社会的な効果もあると個人的に思っています。

議会に当てはめてみると、3月定例会は次年度予算の審査もあり、それを止める訳にはいきません。 そのため議場や大会議室といった閉鎖空間での会議になるのもやむを得ません。 ですが、対策として何もしないわけにはいかない。議会が感染源になることだけは避ける必要があります。

3月定例会はマスク着用励行

結論としては、議会では、3月定例会中はマスク着用を励行しましょうよということになりました。 本音は、着用の義務化まで持って行きたかったです。ですが全会一致には至らなかったので「励行」という 位置づけになりました。それでもやらんよりはマシと思っています。

マスクには予防効果はありませんが、保菌者が菌をまき散らすことを防ぐ効果は十分にあります。 ただ新型コロナウイルスについては自覚症状なしの潜伏期間でさえも感染しうるということが言われています。 今やマスクをするのは予防のためじゃなくて、人に移さないためです。

ということで、3月3日には大原は総括質問で登壇しますがマスクを着用して臨む予定です。 どんなに気を付けても喋ると唾が飛ぶんだから当たり前の対策です。 マスクをうまく入手できたということもあるんですが…。

JR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会。タイトルも長いが会議時間はもっと長い

開催時間13時~18時。あいだ、休憩もありましたがめちゃ長い。 タイトルも長いけど審議時間も長い。その間、僕が喋れたのは20分ぐらいかなぁ。 まあ自分が喋れないのは別に良いんですけど。

主な話は費用負担の明示

委員会は、話がどんどん広がっていたんですが、 今日のメイントピックとしては事業費の内訳を明示した資料が出てきた!ということだと思います。

0002

特定建築者負担とか、ちょっと分かりづらいかもしれませんが これまでは市が建てたマンションを特定建築者が販売するというスキームで計画していたのを 建築も特定建築者にお願いすることにしたということです。デベロッパが建てる物件なので、 デベロッパ的には、市が建てたあまりイケてない物件を売るよりも売りやすいわねって話。 その代わり、建築費の多くはデベロッパが出してくださいということです。 総事業費が高騰したところをそうやってフォローしようということですね。

ただそうなると、市が所有する保留床が減り、保留床処分金が少なくなるので やっぱり市の負担増を抑えきれないということだと理解しています。 (事業費が約60億ほど増えるところ、市の負担は33億増なので、緩和策にはなっている)

事業計画変更には地権者の意見も含まれる

また、この60億ほどの上乗せすることになった事業計画変更には 地権者の方々の意見の反映も含まれるということを確認しました。

地権者を中心とした会議体である「まちづくり協議会」では、 この事業計画変更に関する報告を臨時総会でやっていますが、 その参加者は「かなり少ない」人数だったようです。

手続きとして、計画内容の決定を左右する立場ではないものの 内容はこれでよかったですか?というところの承認をするのが総会だと思うので、 まちづくり協議会の総会についての規約もガバガバなままで来ているところにも 問題がある気がします。

事業費が大きいからこそ、どう生かすかのプランが重要

金額的にどうなんだろうね?という話があります。 確かにかなり大きな事業になっています。芦屋市の今後10年の財政が厳しい状況なので かなりシビアに判断していく必要があると思います。

と言いつつも、再開発は投資的経費です。 一般的に、投資と言えば出費額以上の効果を生み出すための出費。 将来的な経済効果や市民にとってのプラスを生み出す事業であれば 多少値が張っても良いとは思います。

ですが、恐らく再開発を行うだけでは投じた費用を回収するだけのプラス効果は難しい。 再開発を起点として、どういったまちづくりを進めていくのか?というプランをかなり 具体的に持っておかないと、それこそ負の遺産にしてしまいかねない。

歳出削減も大事だけど、財源確保も同時並行的にやらないとキツイ

個人的には、歳出削減の取り組みも大事だけど、お金を集める努力もしないといけないと思っています。 というのも、芦屋市は平成15年行革でかなり絞っています。なので、また絞ったとしても 前回ほどの削減には繋がらないのではないか?という懸念があります。

というか、行革を声高に旗振りしないといけない組織ではこれからは厳しいやろなと。 当然コストリダクションの考え方は常に必要です。あえて首長が行革の旗振りをしなくても、 職員が常時原価意識を持ち、もっと効率的にできないだろうか?と考えられる組織風土を 作る必要があるんだと思います。

ま、こういう大きな話の続きは総括質問ですね。 上述のとおり、改革維新の会からは大原が登壇します。 JR再開発のお話もします。3月3日の朝イチです。

今日は議会運営委員会。 明日行われる本会議の進行についての協議です。

明日から3月定例会が始まります。 伊藤新市長になってから初めての予算についての審査が行われるため、 注目も集めそうですね。

明日の本会議では、以下の議事が執り行われます。

  • 議案第1号の議決
  • 現年度議案(議案第2号~第12号)の上程
  • 施政方針説明(新年度議案の説明も含む)
  • JR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会の設置

議案

委員会の前に議案の説明を書くぞと書いておりましたが、 施政方針に対する総括質問(代表質問とも言う)の準備に追われ そっちの対応ができていません。申し訳ないです。

ただ、総括質問の準備はそれぐらい重たい作業です。 今後の芦屋市のため、しっかりと取り組みたいと思います。

施政方針演説

施政方針の説明が結構長いので、時間的には長くなりそうです(と言っても、午前中には終わります) 実は議員は施政方針の原稿はもらっているのでどれぐらい長いか分かります(25ページぐらいある)

そして、原稿を黙読するスピードと朗読するスピード。どっちが早いかは明白。 てか、僕らは事前に読んでるんで余計に…。

まあ、傍聴の方々に対して、お知らせしないといけないこと。 そして、本会議で発言した内容が公式の記録として残るので、読み上げが必要であることは 承知しているんですけど、聞く方としては辛いですよね。

と言いつつも、発言した内容が正しいという位置づけなので、 傍聴の人に事前に原稿を渡すのもちょっと難しそうなんですよね。

幸いにも、芦屋市のHPに予算の概要がアップされているので それを見ながら聞いてもらえば良いのかなーって思います。

ただ、本会議場へのスマホ持ち込みはご遠慮いただいている関係で 事前にプリントアウトしてもらう必要がありますけど…。

特別委員会

詳しい話はまた明日。 設置の心としては、とりわけ大きな事業の話ですし、割と話が停滞気味なので 常任委員会から切り離して集中審議しましょうよってことです。

不急不要の外出は自粛ということなので

いつもなら、どうぞ傍聴にというスタンスです。 ただご存じのとおり、厚労省からコロナウイルスの件で不急不要の外出はなるべく控えてね というアナウンスが出ています。

芦屋市議会では本会議・委員会ともにネット中継を行っていますから、 ネット中継での傍聴をオススメしておきます。

芦屋市議会 議会中継(令和2年第1回定例会 ー 2月18日 本会議)

今日は議会運営委員会。 明日が本会議(12月定例会の閉会日)なので、 その進行についての打合せが主な内容です。

明日の本会議

いつもの本会議と特に変わったことはありません。 ただ、討論の区分が予想と違ったので、会派内で少し混乱が…。

討論区分?

本会議において、議決の判断の理由を述べる機会として「討論」を行います。 議決の判断を述べるものなので、賛成討論か反対討論。

そのうえで、円滑な議事を進めるため、似たような分類ができる議案を 「討論区分」としてまとめています。そうしないと、似たような議案でも 何度も登壇しなければならなくなってしまうからです。

そして会派内での予想は、手数料条例(議案第72号)と 給与関連議案(議案第80号、81号)の討論区分は分けられるだろうと思っていました。 なので手数料条例は僕が討論に立ち、給与関連議案は同僚の浅海議員が討論に立つということで 会派内の調整をしていました。

ですが、今日、区分を聞いてみると条例関係は一つにまとめられることに。 僕は、討論内容の構想は練っていましたが、まだ原稿化はしていませんでした。 ですが浅海さんは早めにやってくれていたため、その作業がまるっと無駄になるのも あまりに心苦しいので、全て浅海さんにやってもらうことになりました。

ちなみに、僕は討論は嫌いじゃない(むしろ好き)ですから、 浅海さんに押しつけた訳ではありませんよ(笑)

議員提出議案も提出します(即決)

これまでに議会運営委員会の中で協議してきたことですが、 3月定例会における総括質問(施政方針に対して、総括的に質問すること)での 質問形式を変更するため、芦屋市議会基本条例を一部改正します。

総括質問は次年度の施政方針について包括的に問いただす機会である という考え方に基づき、これまでは一括質問形式を採用していました。

ですが、一括質問形式だと複数の所管部署にまたがって質問されるようなケースもあり、 部長さんが入れ替わり立ち替わり答弁し続けるという現象が生じていました。

質問や答弁があまりに長時間に渡ってしまうと、何を質問していたか分からなくなります。 議員もよく分からなくなるのに、傍聴者が分かる訳ない。ということで、1回の質問や答弁の 時間を短くした方が分かり易かろうという考え方に基づいて、一問一答方式も選択できるように 変更されることになりました。

質問する側も、答弁があまりに長くなると初めの方の答弁内容を忘れてしまいそうになります。 更に円滑に議論が進むように有効活用したいと思います。

↑このページのトップヘ