芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > 議会運営委員会

今日は議会運営委員会、総務常任委員会などが行われました。 議会運営委員会については、明日行われる本会議に関する進行について協議されました。

明日の本会議は、以下の3種類の議案の討論・採決が行われます。

  • 新年度議案
  • 追加議案
  • 予算議案

なので、いつもよりも長くなる見込みです。 午前中いっぱいで終わるのかな…。昼休みの12時を超過するような気がします。

僕も予算の議案で討論に立つ予定です。 また、今日は少しイレギュラーなことがあり、予定よりも相当時間が長くなりました。 明日の本会議において、予算に関する討論で登壇することを予定していたため、時間が無い…って感じです。 イレギュラーなことについては、明日の本会議で分かることなので、今日の段階では書きません。 嬉々として書きたいものでもありませんので、ご了承ください。

総務常任委員会については、以下の3件の所管事務調査が行われました。 予算特別委員会総務分科会の際、資料請求があったものについて追加説明が行われたという扱いです。

  • 統一的な基準による財務書類について
  • 市立芦屋高等学校跡地活用事業について
  • 消防団の活動について

個人的に気になったのは、3つ目の消防団の活動について。

訓練や活動に参加していない団員が数名いるようです。 消防団については専業では無く、仕事を持たれている方が参加している団体です。 ですから、仕事の都合で一定期間、参加できないというケースがあるのは仕方が無いこと。

ですが、問題は活動を頑張っている人と同じように報酬や退職報奨金が支払われるというところ。 一般の企業であるような休職的な制度もありません。仕事の都合で参加できないケースは 決してレアケースではないと思いますが、そういう制度がないことに驚きました。

やはり、頑張った人が評価を受けられるような形にすべきであり、休団制度は必要な制度だと思います。今までそういった制度がなかった点は反省点だと思いますが、今後は休団制度について検討するとの答弁がありました。消防団は市民のためにと自発的に活動していただいている団体です。団員の方が気持ちよく活動できるよう、環境整備に努めていただきたいと思います。

今日は議会運営委員会。 週明けの5日と6日に行われる本会議や予算特別委員会の進行等に関する協議が主な議題。 また、中日(なかび)提案と言われる市長提出議案がありましたので、追加議案の 議案説明会も行われました。

追加議案について

今日説明された追加議案は以下のとおり。

議案番号件名
第36号芦屋市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について
第37号芦屋市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例等の一部を改正する条例の制定について
第38号芦屋市福祉医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第39号芦屋市指定地域密着型サービスの事業の人員,設備及び運営に関する基準等を定める条例の一部を改正する条例の制定について
第40号芦屋市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について
第41号平成29年度芦屋市一般会計補正予算(第7号)

各議案の詳細については、市議会のホームページを参照してください

委員会の付託先は、月曜日の本会議で決定となります。 所管部署は分かってる話で付託先も分かってるんですけど、一応正式には本会議で諮った上で決定になりますので…。

5日、6日の本会議の進行について

5日の進行について

以下の議事が行われます。

  • 現年度分の議案7件についての採決
  • 施政方針に対する総括質問(4会派)

現年度議案の採決については、委員会での審査結果はいずれも全会一致で可決すべきものと決しています。なので本会議でも全会一致で可決ということになるものだと思っています。

総括質問については、以下の順番で行われます。

No氏名質問項目
1福井 美奈子(真政会)◆平成30年度予算編成について
◆安全・安心で良好な住宅地としての魅力を高めるまちづくりについて
◆若い世代の子育ての希望をかなえるまちづくりについて
◆教育について
2ひろせ 久美子(共産党)◆地方自治について
◆平和行政について
◆社会保障について
◆公教育・保育について
◆文化行政について
◆経済対策について
3田原 俊彦(公明党)◆行政運営について
◆子育て支援について
◆健康について
◆環境について
◆防災について
◆教育について
4寺前 尊文(維新の会)◆安全・安心で良好な住宅地としての魅力を高めるまちづくりについて
◆若い世代の子育ての希望をかなえるまちづくりについて

順番は大会派順です。共産党と公明党は同数なので、両会派の協議で決めています。 うちの会派としては、項目は2つしか挙がってませんが中項目があります。 それは昨日の記事で紹介していますので、そちらをご覧ください。

6日の進行について

以下の議事が行われます。

  • 新年度議案(第12~23号)の委員会付託先の決定
  • 予算特別委員会の設置
  • 予算議案(第24~35号)の予算特別委員会への付託
  • 追加議案(第36~41号)の上程および委員会付託先の決定

予算特別委員会については、特別委員会としてますが全議員が参加する分科会方式です。 3常任委員会をそのまま分科会とし、予算の所管ごとに分割して審査する方式を取っています。

6日の本会議を途中で休憩して予算特別委員会を開き、以下の取り決めを行います。

  • 正副委員長の互選
  • 分科会の設置(名称・分担内容・開催日の決定)
  • 分科会の運営方法の確認(質疑・意見・要望のみ、討論・表決は行わない)
  • 分科会正副座長の決定

厳密に言うと、予算特別委員会を設置して付託した後に休憩が入る格好になりますね。 なかなかバタバタします。来週から2週間は、議会でギチギチです。それだけ大事な審議ということですから、しっかりと審議したいと思います。

今日は全体協議会、議会運営委員会がありました。 いよいよ明日から3月定例会がスタートします。

全体協議会

以下の人事案件の候補者について、説明を受けました。 経歴などモロに個人情報なので、非公開の会議です。

議案番号件名
第2号教育委員会教育長の任命につき市議会の同意を求めることについて
第3号固定資産評価審査委員会委員の選任につき市議会の同意を求めることについて
第4号人権擁護委員の候補者の推薦につき市議会の意見を求めることについて

それぞれ、市議会の同意が必要であることが法律で決まっているものです。 教育長と人権擁護委員については継続。固定資産評価審査委員会については新任となります。

教育委員会教育長の任命地方教育行政の組織及び運営に関する法律(第4条第1項)
固定資産評価審査委員会委員の選任地方税法(第423条第3項)
人権擁護委員の推薦人権擁護委員法(第6条第3項)

教育長については、既に2期7年勤められており、3期目と言うことになります。 本日は所信表明が行われました。教育長の実績については議会もよく知っていますし、 特に異論なしです。というか、人事案件については市以上に適任な人を提示できませんし。

議会運営委員会

明日行われる本会議の進行についてが主な議題です。 明日は、以下の議事が執り行われます。

  • 現年度分議案の委員会付託先の決定
  • 施政方針説明

現年度分としているとおり、先に現年度議案の審査を行います。 新年度分については3月6日の本会議で付託先委員会が決まります。 予算については別途特別委員会を設置して対応するので、そのあと。

明日の施政方針、市長が相当長い原稿を読むので、めちゃくちゃ早口だったように記憶してます。 僕らは原稿持ってるので分かりますが、傍聴とかの人が理解できるのだろうか…と思ったりします。 ただ、本会議でのお披露目が終わると、満を持して市のホームページに公開されますから また紹介したいと思います。

今日は以下のとおり、2つの会議がありました。

  • 議会運営委員会
  • 議会基本条例検証会議

議会運営委員会

直接請求に係る臨時議会についての協議と12月定例会の事例研究の報告を受けました。 後者の報告については、定例会が終わった後にいつも報告を受けているものです。 定例会中に起こったイレギュラーな事案の報告を受けるというもの。

臨時議会については具体的な日程等、まだ決まっていないことも多いので 決まった上で改めて報告することになると思いますが、市民から条例制定請求 (『芦屋市立幼稚園における3年保育の実施及び廃園(所)条例の廃止を図るための関係条例の整備に関する条例制定請求』) を受けたために1月末~2月上旬の間ぐらいに開かれる見込みになっています。

直接請求について

直接請求の制度は地方自治法74条にて規定されているものです。

第七十四条 普通地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有する者 (以下この編において「選挙権を有する者」という。)は、政令で定めるところにより、 その総数の五十分の一以上の者の連署をもつて、その代表者から、普通地方公共団体の長に対し、 条例(地方税の賦課徴収並びに分担金、使用料及び手数料の徴収に関するものを除く。)の 制定又は改廃の請求をすることができる。

署名はあくまで芦屋市の有権者である必要があるため、選挙管理委員会に届け出る必要があり 有効署名であるかどうかのチェックを受ける必要があります。

今回、集められた署名は平成28年12月22日に芦屋市選挙管理委員会に届けられました。 現在は芦屋市条例制定請求者署名簿の縦覧が行われているという状況です。
芦屋市条例制定請求者署名簿の縦覧の期間及び場所について(芦屋市)

臨時議会の日程は、事務局によると17日か18日ぐらいに確定するとのこと。 大よその期間のアナウンスはあるものの現時点では未確定。 日程が確定したら色々なことも確定するので、早く確定してほしいなというところです。

今日の協議内容について

提出者による本会議での意見陳述の時間について決めました。 結論としては、2名で30分ということになりました。 2名で30分というのは結構長いですけど…。

議会基本条例検証会議

議会基本条例の有効性と妥当性、現状の課題の洗い出しについて諮問を受けている会議体です。 最終ゴールの設定と進め方について、合意形成ができました。 あとは粛々と進めていくのみ。エンドが決まっている話なので、巻き巻きで進めていく必要があるそうです。 来週も予定が入りました。大変なことになりそうですが、しっかり進めていきたいと思います。

今日は議会運営委員会。 明日行われる本会議の運営についての確認がメインの会議。 僕は委員では無いので、傍聴してました。

明日の本会議では、以下の議事が行われます。

市長提出議案と請願について

基本的には委員会での結果と同じになる見込みです。 ただ、以下の議案については委員会では全会一致で可決すべきとなったものの、 本会議ではうちの会派が反対する予定です。

市長提出議案第81号芦屋市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第82号芦屋市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について
第83号平成29年度芦屋市一般会計補正予算(第5号)

中日に提案され、総務常任委員会に付託されたものです。 人事院による公務員給与の官民比較に異論を唱える立場なので、反対する予定です。 反対討論は、寺前議員に登壇してもらう予定です。

また、請願についても反対をする予定でいます。 こちらの反対討論については僕が登壇する予定です。

議員提出議案について

議員提出議案については、「道路整備の推進に必要な財源確保を求める意見書」を 提出するための議案を提出します。これは、全会派の代表と全ての無所属議員による提出です。 なので委員会審査等はすっ飛ばしていきなり採決。

閉会中の継続調査事件について

明日で12月定例会の会期は終了し、閉会期間となります。 委員会での調査権は定例会の会期中に付与されるもので閉会中には調査できません。 ですが、定例会にて閉会中の継続調査項目として決めておけば 閉会中にも当局の説明を受けたりといった調査を行うことが可能となります。

実は、今日は議運が始まる前に建設公営企業常任委員会を開催し、 継続調査項目の追加を諮っています。建設公営企業常任委員会からは 新たに「住宅宿泊事業法の施行にかかる対応について」という項目を追加。 来年1月9日に建設公営企業常任委員会にて当局からの説明を聞く予定になっています。

いわゆる民泊についてです。 自前の保健所を持たない芦屋市は、県の条例に乗っかる形になります。 県の方では来週にパブリックコメントを実施。 兵庫県議会の2月議会において条例提案を行う予定で動いているとのこと。 自前条例をつくる訳ではありませんが、県には芦屋市として要望もしています。 なので委員会で説明を聞くという格好になっています。

↑このページのトップヘ