芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > 議会運営委員会

今日は議会運営委員会がありました。 主な議題は以下のとおり、明日から行われる本会議の進行についての確認です。

  • 一般質問の進行について
  • 中日提案された市長提出議案(3件)と請願(1件)の取り扱いについて

今回、一般質問の通告をしたのは18人。 当日の議事進行を担当する議長と副議長は一般質問をしないことになっています。 なので概ねほとんどの議員さんが発言される格好です。

それぞれの日程は以下のとおり。

  1. 12/12(火)
  2. No氏名質問項目
    1松木 義昭◆神鋼石炭火力発電所増設計画について
    ◆データヘルス計画に基づくスマートウェルネスシティ(健康都市)づくりについて
    ◆芦屋浜のまちの再生について
    2寺前 尊文◆市庁舎周辺の街路整備について
    ◆国民健康保険について
    3福井 美奈子◆女性が輝く社会の実現に向けて
    ◆英語教育の充実を目指して
    ◆市営自転車駐車場について
    4長谷 基弘◆芦屋市の福祉に関する諸問題について
    5中島 かおり◆ガバナンスについて
    ◆歴史と文化を大切にするまちづくりについて
    ◆ごみ処理広域化の検討について
    ◆まちづくりは市民とともに
    6中島 健一◆要保護児童対策地域協議会の運営状況について
    ◆妖怪にスポットを当てた魅力発信について
  3. 12/13(水)
  4. No氏名質問項目
    1大原 裕貴◆プログラミング教育について
    ◆高齢者向け健康管理アプリの導入とIT機器使用の支援について
    2いとう まい◆就学前の子育て施策と切れ目のない子育て支援について
    3平野 貞雄◆火力発電所増設計画について
    ◆市立幼稚園・保育所統廃合問題について
    ◆防災について
    ◆平和と安全について
    4山田 みち子◆都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクトについて
    ◆ラポルテの活性化とJR芦屋駅南の市街地再開発事業との関連について
    ◆延命治療を望まない人のための救急について
    5田原 俊彦◆公契約における労働条件審査について
    ◆がん検診について
    ◆性的少数者について
    ◆救急(119番)対応について
    6岩岡 りょうすけ◆妊婦健診助成額の拡充について
    ◆芦屋市学校給食の取り組みについて
    ◆打出村踏切「開かずの踏切」及び打出交差点北踏切について
    ◆芦屋市職員の人事労務施策について
  5. 12/14(木)
  6. No氏名質問項目
    1森 しずか◆芦屋における国民健康保険について
    ◆南芦屋浜への郵便局・ATM設置について
    2ひろせ 久美子◆学校給食費の無償化について
    ◆市職員の長時間労働について
    3徳田 直彦◆芦屋市の環境について
    4重村 啓二郎◆参画と協働について
    5前田 辰一◆高齢者バス運賃助成制度と公共交通について
    ◆市営住宅等について
    ◆芦屋市立幼稚園・保育所について
    ◆JR芦屋駅南再開発事業について
    6福井 利道◆放課後児童の居場所について

僕の登壇は12/13(水)の朝10時から。 別に狙ってた訳ではないですが、スタート時間が分かりやすい順番になりました。 ちなみに、一般質問の順番は通告順です。会派ごとの順番でやってる議会もあるみたいです。 でも順番はランダム性がある方が新鮮なので、芦屋スタイルが良いと思います。

なお、今定例会からは議場に設置された大型モニターに電子ファイルを投影できるように。 写真や表、グラフなどを大きなモニターで表示することができるようになり、分かりやすくなるはず。これまでは手製のパネルを提示するしか方法がなく、参加者にとっても傍聴者にとっても見づらくて仕方がなかったので…。 これまではほとんどの議員さんが資料提示をしてませんでした。 ですが今回はなんと11人の議員さんが資料提示を行うとのこと。 どんな感じになるのか、期待したいと思います。

また、今日の議運では市長提出議案と請願が中日提案されたことも報告されました。

提出された議案と請願は以下のとおり。 12/14(木)の本会議にて委員会の付託先を決定し、 12/15(金)に実施予定の委員会にて審議します。

市長提出議案第81号芦屋市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について
第82号芦屋市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について
第83号平成29年度芦屋市一般会計補正予算(第5号)
請願第14号留守家庭児童会すぎのこ学級の安全な運営の保障と待機児童解消に関する請願書

明日からの本会議について、傍聴は大変と言う方はネット中継も行っています。 議場モニターに表示される資料についても、ネット中継でも表示されるとのことです。 スマホ、タブレットからでも観られるように変わっていますので、良ければご覧ください。

今日は以下のとおり、色々と会議がありました。

  1. 全体協議会
  2. 議会運営委員会
  3. 代表者会議
  4. 議会報告会準備会
  5. 議会基本条例検証会議

僕は2と3を除き全て出席。議運と代表者会議は傍聴です。 ただ報告できそうな進捗のあった会議はほとんどなし。 なので原則公開の議運の内容だけ紹介しておきたいと思います。

今日は明日から始まる12月定例会の内容についてが主な議題でした。

明日提出される市長提出議案は68号議案~80号議案の計13議案。 市議会のWebサイトにも公開されています。 市長提出議案以外にも陳情も2件出ており、審議対象に。

明日はそれぞれの議案と陳情について、各委員会に審議が付託されます。 なお、68号議案の「人権擁護委員の候補者の推薦につき市議会の意見を求めることについて」については人事案件のため、委員会審議を省略して明日の本会議で即決されます。可決の見込みです。

実は今日の全体協議会は、68号議案で提案された方の経歴についての紹介するものでした。 これは個人情報に関する話なので、非公開。前任の方の任期切れに伴い、新しい方にお願いする形になります。

なお、人権擁護委員は法務大臣が委嘱すると人権擁護委員法第6条で定められています。 対象者は市長からの推薦。ですが市長は推薦の際、議会の意見を聞く必要があると 人権擁護委員法第6条の3項にて定められており、議案として上程されてます。

第6条 人権擁護委員は、法務大臣が委嘱する。
3 市町村長は、法務大臣に対し、当該市町村の議会の議員の選挙権を有する住民で、人格識見高く、広く社会の実情に通じ、人権擁護について理解のある社会事業家、教育者、報道新聞の業務に携わる者等及び弁護士会その他婦人、労働者、青年等の団体であつて直接間接に人権の擁護を目的とし、又はこれを支持する団体の構成員の中から、その市町村の議会の意見を聞いて、人権擁護委員の候補者を推薦しなければならない。

また、12月定例会から常任委員会と特別委員会がインターネット中継されるように。 本会議は発言者を追跡するカメラがついてますが、委員会は予算の都合で定点。 と言いながらも、雰囲気は伝わると思います。 正直な話、本会議よりもガチンコの委員会の方が見ていて楽しいと思いますので 興味がある方は是非、一度ご覧いただければと思います。

今日は議会運営委員会。明日行われる本会議の進行についてが議題です。 僕は委員ではないので、傍聴。

明日行われる本会議は、平成28年度決算に関する議案の採決が行われます。 通常の議案だと、討論しない会派や無所属議員が出る事もあります。 ですが明日は決算の採決なので、各会派や無所属議員それぞれが 賛否に関わらず討論を実施するものと思われます。 と言っても、そこまで長くなるものではなく午前中には終了する見込みです。

なお、今日の議会運営委員会では委員会のネット中継の動画についての確認が行われました。 カメラやマイクなどの機器は既に導入が済んでおり、この9月定例会では庁内のテスト配信を実施。 一応、12月定例会からはネット配信を実施する見込みになっています。

委員会の中継は定点カメラになりますが、かなり鮮明に映っているので驚きです。 前から緊張感はありましたが、外部に配信されるので更に緊張感が高まります。

委員会は本会議と違い、事前に通告をしないので個人情報や不規則発言が出ることも少なくありません。今回も他の議員ですが、決算特別委員会内で個人情報をポロリしてしまうケースがありました。本会議や委員会においても、言葉を選びながら話すよう心がけていますが 今後は更に慎重に発言する必要が出てきそうです。

今日は議会運営委員会。明日行われる本会議の進行についての打合せが主な内容です。僕は委員では無いので、傍聴。

明日行われる本会議では、市長提出議案の採決が行われます。また、先般行われた総務常任委員会で採択された陳情から派生する議員提出議案の提出と採決も。議員提出議案は、地方自治法第99号の規定により国に対して意見書を提出するという類のものになります。

ただ、この議員提出議案はレアケースとのことです。総務常任委員会では全会一致での採択ではありませんでした。委員会としての提出ではなく、賛成した委員の連名による提出議案となっています。委員会として提出された議案の場合、本会議での質疑は割愛されます。ですが、今回のように議員連名による提出の場合、本会議で質疑も行われるとのこと。まあ、細かい議事の話なんですが。

明日採決される市長提出議案についてはリンクを参照ください

採決を行う際には賛否が分かれる議案については、討論を行います。なぜ賛成か or なぜ反対か~という理由を述べるものです。僕らの会派としては、第54号議案について討論する予定です。民生文教常任委員会で審議されたものなので、委員外である僕が登壇します。委員長報告でも登壇するので、2回登壇することになります。

10月には大きな選挙があると報道されていましたが、芦屋市議会もいよいよ今週から決算審議が始まり、佳境を迎えます。芦屋市の議員ですから議会が終わるまでは議会モードです。しっかり頑張りたいと思います。

今日は以下のとおり、複数の会議がありました。

  • 全体協議会
  • 議会運営委員会
  • 代表者会議
  • 議会基本条例検証会議

僕は全体協議会と議会基本条例検証会議に参加。議会運営委員会と代表者会議については傍聴でした。

全体協議会

その名のとおり、議員全員で参加する会議です。人事案件である市長提出第52号議案について説明を受けました。

内容としては、1名の教育委員会委員の任期が9月30日で切れるため、新しい方を選任するというもの。今回、交代となる委員の方は保護者枠の方になります。

「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」にて、「教育委員会委員の構成に保護者を含めなければならない」と定められているため、保護者枠は常について回ります。

第四条

5  地方公共団体の長は、第二項の規定による委員の任命に当たつては、委員の年齢、性別、職業等に著しい偏りが生じないように配慮するとともに、委員のうちに保護者(親権を行う者及び未成年後見人をいう。第四十七条の五第二項において同じ。)である者が含まれるようにしなければならない。

地方教育行政の組織及び運営に関する法律より抜粋
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S31/S31HO162.html

今日の会議においては、確認程度の質問は出ています。ですが任命については特に異論ありません。この議案は9月4日に行われる本会議にて、議事を省略して即決されます。

議会運営委員会

9月4日に行われる本会議の進行についての確認が主な議題。

本会議では、第52号議案~第63号議案の計12議案が上程されます。うち、上述している52号議案については即決されます。なので残る11議案が3常任委員会に付託されます。

また、今回は3件の陳情が出ています。陳情についても議案同様に3常任委員会に付託されます。

議会基本条例検証会議

議員基本条例とは、以下のような経緯で施行された条例です。僕らも当選した時に新人議員研修として習いました。

市議会では、平成23年7月8日に議会改革特別委員会を設置し、各会派から提出された38の検討項目について協議を行ない、その後、議会基本条例の策定に取り組んできました。

議会基本条例は、委員会提出議案として平成26年10月2日の本会議に提案され、全会一致で可決、同日に公布、施行されました。

芦屋市議会HP:議会基本条例 より
http://www.city.ashiya.lg.jp/shigi/kihonjyourei.html

議員基本条例は、芦屋市議会独特のものではなく、全国的に見ても各地の地方議会で施行されている条例。コトバンクによると、以下のような目的で施行されるようになった条例とのこと。

首長らが条例案を説明し、議員は質問するだけという地方議会のあり方を見直し、活発な論議を促すのが目的。分権の進展に伴い、議会の責任が大きくなった現実を見据えた条例である。

コトバンク「議会基本条例」より
https://kotobank.jp/word/議会基本条例-182178

そして、芦屋市においては第27条にて、以下の2点が定められています。

  • 条例の有効性及び妥当性について検証すること
  • 任期中、少なくとも1度は検証結果を市民に公表すること

第27条

議会は,市民の意見,社会情勢の変化等を考慮し,議会機能を充実強化する視点から,この条例の有効性及び妥当性について常に検証するとともに,少なくとも各任期中に1回は,その結果を市民に公表するものとする。

芦屋市議会 議会基本条例
http://www.city.ashiya.lg.jp/shigi/documents/kihonjyorei-jyobun.pdf

議会基本条例検証会議とは、上述の検証を行うため、議長から諮問を受けた会議体になります。メンバーは副議長を座長とし、3常任委員会の正副委員長で構成されます。会派代表ではなく、あて職。なので、会派代表という立ち位置ではなく、議員としての立ち位置で検証します。

平成30年3月に議長に答申を出すスケジュール感で動くため、今後、この会議も活発になっていくと思います。

↑このページのトップヘ