芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > 議会運営委員会

今日は議会運営委員会。 週明け月曜日が6月定例会の最終日なので、その本会議の進行についての協議が行われました。

基本的には、委員会審査済みの各議案の議決を行うということなので 特段大きな報告事項はありません…といいたいところですが、今回は 少しイレギュラーな状況に。

最終日に議員提出議案を上程…からの

というのも、月曜日に1件の議員提出議案が提出されることに。

議員提出議案第11号:監査請求に関する決議

既に新聞報道が出ている市役所内のパワハラ疑惑に絡めての案件となります。 庁内での事実確認の最中での報道はどうかなと思っているので、リンクは敢えて貼りません。

議員提出議案が出されること自体は別にイレギュラーではないのですが、 本件は即決ではなくて委員会付託される流れとなります。 最終日に委員会が執り行われる例は、経験上イレギュラーかなぁと思います。

運営を歪めた訳ではありません

ただ、特段変な運営ということでもありません。 というのも、基本的には上程された議案等は基本的には委員会に付託して審査を行うという ルールになっているからです。

仮に、全会派の代表者と会派に属さない議員全員が提出者として署名している場合、 全会一致であるのは当然だし、全員が質問に答える立場になります。 なので、全員が提出者に名を連ねている場合は委員会審査を省いています。

今回の場合は、全会派からの提出とはなっていません。 なので、委員会付託をする…という流れは自然な流れになっています。

ハラスメントが許されないのは当然

ハラスメントは許されないというスタンスは全会派一緒だと思います。 ですが、市のハラスメント防止の仕組みが正常かつ効果的に機能しているか? という部分については議会の調査権の範囲内でもあります。 なので、議会からのアプローチとして「監査請求を行う」というやり方がベストだとは思いません。

その辺の確認もきっちりやらないとアカンでしょって思うので、提出者にはなっていません。 考え方、アプローチについて委員会で確認し、コンセンサスを取った上で議決するべき案件だと思います。

まあ、詳しい話は月曜日の総務委員会で…という感じです。今日のところはこの辺で。

今日は議会運営委員会。 明日からの本会議で一般質問が行われるので、その進行について。

一般質問について

新型コロナウイルス感染症対策ということで、以下の対策を講じて実施します。

  • 議員一人当たりの発言時間を40分⇒30分に短縮。
  • 本会議出席人数の調整(任意)

出席人数については、会派3人あたり2名の議員に出席してもらうということになっています。 出席しない議員は、控室で会議を傍聴する形になります。 ただ、任意です。各会派の考え方で出席、離席を決めるということです。

うちの会派としては、対策に全面的に協力するスタンスなので、 午前午後で入れ替えるようにしようと思っています。

出席人数については不満もあります

個人的には、もう少しドラスティックに出席者を減らしても良いと思ってます。 一般質問は質問者以外は基本的には発言しない(発言権がない)からです。 身も蓋もない言い方をすると、出席してなくても会議の進行には支障がない。

ただし、実際にはそれはできません。本会議は地方自治法を根拠に行われますが、 地方自治法で会議の成立要件が定められているためです。

第百十三条 普通地方公共団体の議会は、議員の定数の半数以上の議員が出席しなければ、会議を開くことができない。但し、第百十七条の規定による除斥のため半数に達しないとき、同一の事件につき再度招集してもなお半数に達しないとき、又は招集に応じても出席議員が定数を欠き議長において出席を催告してもなお半数に達しないとき若しくは半数に達してもその後半数に達しなくなつたときは、この限りでない。

芦屋市議会は定数が21人なので、12人は出席していないと会議ができません。 オンラインで「出席」という扱いにできるのが一番良いと思うんですけどね。

これからの社会では、なるべく集まっての会議は控えようねという動きになります。 議会もその動きに合わせてやっていく必要があるだろうと。 オンライン会議にも対応できるよう、地方自治法も見直してほしいんですけどね。

登壇する人

今回は18名が登壇します。正副議長は質問しないことになっていますので、 1名を除いて全員が登壇するということですね。予想通り、コロナ関連多めです。

  • 6月16日(火)
  • No氏名会派名質問項目
    1福井 美奈子自由民主党◆自然災害と感染症との複合災害の備えについて
    ◆DV被害者を守る体制について
    2川上 あさえ自由民主党◆コロナウイルス感染拡大に伴う市内事業者への支援について
    ◆市役所におけるテレワーク実施とその評価について
    ◆情報公開の在り方について
    3大塚 のぶおBE ASHIYA◆パワハラの調査を求める「依頼書」について
    4松木 義昭自由民主党◆新型コロナウイルス感染症の影響と課題について
    ◆文化財の保護について
    5米田 哲也自由民主党◆コロナ対策支援金について
    ◆自習室について
    ◆兵庫県中学校総合体育大会中止について
    6平野 貞雄日本共産党◆新型コロナウイルス禍への対応について
  • 6月17日(水)
  • No氏名会派名質問項目
    1浅海 洋一郎日本維新の会◆公園遊具の利活用について
    ◆「BUY LOCAL」市内消費の活性化について
    2田原 俊彦公明党◆防災と福祉の連携について
    ◆新しい防災のカタチについて
    3青山 暁BE ASHIYA◆芦屋市内ペット霊園設置について
    ◆市民各コミュニティへの情報発信と情報共有のあり方について
    4大原 裕貴日本維新の会◆ガバメントクラウドファンディングの活用について
    ◆オンライン授業の方向性について
    5ひろせ久美子日本共産党◆医療・保健所のあり方について
    ◆中小企業・個人事業者に対する支援について
    ◆これからの災害対策について
    6中村 亮介あしや しみんのこえ◆市立小学校における新型コロナウイルス感染症対策について
    ◆芦屋市新型コロナウイルス感染症対策本部での決定事項に関する情報発信について
  • 6月18日(木)
  • No氏名会派名質問項目
    1たかおか 知子あしや しみんのこえ◆市立芦屋病院の経営形態に関する現状と今後の検討について
    ◆幼稚園の民営化に関する市や地域とのかかわり方について
    2長谷 基弘あしや しみんのこえ◆芦屋市の景観について
    3徳田 直彦公明党◆行財政改革について
    4山口 みさえ会派に属さない議員◆芦屋市コロナ対策本部とのやり取りから見えてくる課題について
    5川島 あゆみ日本共産党◆新型コロナウイルス感染拡大による教育現場の課題について
    ◆JR芦屋駅南地区再開発事業について
    6寺前 尊文会派に属さない議員◆子や孫の世代にツケを回さない行財政運営を

僕は二日目の4番目に登壇。いつもなら、大体14時ぐらいからになると思うんですが 今回は少しイレギュラーです。時間がちょっと読めません。明日の状況を見た上で判断というところでしょうか。

余談ですが…。

ちなみに、昨年までは僕が会派の幹事長(代表)をしていましたが、 今年は浅海議員に代わりました。理由は、会派ルールとして1年交代と バクっと決めているから。なので、今日からは浅海議員が出席することになります。

うちの会派的には、議会のルールで決めてくれと言われてるから決めてるだけの単なる便宜上の役職です。他市とかでは幹事長以外にも色々と役職を決めておられる会派もありますが、うちはそういうのはないです。少人数で意味ないし、めんどくさいから。

今日は議会運営委員会がありました。

6月定例会の運営をどうやってしますか?というところが主なテーマです。 兵庫県では今現在、緊急事態宣言は解除されています。しかし、今まで通りの形に戻って万事OK! というものではないことも、言わずもがな。今日はその辺の話をしました。

6月定例会の運用

結論としては、以下のようになりました。

 従来対応6月定例会
一般質問発言時間1人あたり40分1人あたり30分
発言可能人数正副議長のぞく19人正副議長のぞく19人
会議の参加人数議員21人全員出席全員出席が不要な場面では人数調整
職員基本は全員出席必要な職員のみが出席

時間の短縮とかはドラスティックな形にはできていませんが、基本は全会一致。 しっかりコンセンサスを取りながらじゃないと議会は進めないのです。

また、当然ですが基本の換気などは継続して実施します。 マスク着用も義務ではないけど、常識的に考えて、飛沫が飛ぶことを防止するためにも着用励行です。 会議の場ではガンガン喋りますから、マスクは必須です。意味を考えると当たり前すぎますね(笑)

議会も新しい生活様式にアジャストすべき

議会が目指すべき将来的な理想としては、オンライン議会の実現だと思います。 ですが、この6月定例会ではそこまでの対応はできません。 じゃあ、緊急事態宣言も解除されたし、従来通りの開催ってわけにはいかないですよね。 そこの感覚は、前議員で共有できたと思います。

国会は依然としてクラスタになりそうだな…って思う会議をやってます。 地方は人数も少ないですから、比較的フットワーク軽く動けます。 こういうのは地方から変えていかないとだと思います。 はっきり言って、議会は特別じゃない。そこに権威はない。

ちなみに6月定例会は6月8日から。 詳しくはこちら

今日は議会運営委員会がありました。

月、火と臨時議会が開催されます

新型コロナウイルスの感染予防のため、なるべく市役所に登庁しないことと言われています。 職員さんもテレワークをしながら登庁人数を絞っていますから議会も同調してということです。 そんな中、急きょ議運が開かれたのは、来週に臨時議会が招集されることになるからです。

主な理由としては、新型コロナ対策についての補正予算の審査。 あと、3月議会で承認されなかった都市再開発特別会計の暫定予算についての補正予算の審査。 これが大きな要因です。特に、新型コロナ対策については喫緊の課題。 緊急的に決めないといけないということです。他市でも臨時議会で対応しているところが多いみたいです。

なお、臨時議会の日程は少しややこしくなっています。 詳しくは、芦屋市議会のHPを参照ください。

新型コロナ対策は大丈夫なの?

緊急事態宣言が行われている中での会議は大丈夫なん!?と心配になると思います。 リスクを下げるため、以下の点に留意しながら開催します。

  • 参加人数を少なく
  • 会議時間を短く
  • 換気

時間短縮については、努力目標になるんでしょうが 調べたらわかるような質問をしたり、持論や意見を長時間語ってみたり、 議論の範囲を超える質問をしたり。。。ということをしなければ、短縮はできると思います。 いわゆるアジェンダに基づいた会議です。

民間ではコロナ以前から、効率化をはかるために会議時間を少しでも短くしよう! という動きになっています。議会の会議時間は依然として長いです。 まる5年やっているため慣れましたが、それでも長い会議が多くなっています。 民間で働いている人からしたら、マジ無駄!って言われてもしょうがない。

参加人数を減らす具体策

  • 本会議について、会派3人につき1名の議員のみが出席。
  • 出席する職員は必要最低限の人数に絞る。
  • 傍聴席を間引き、入室できる傍聴者を制限。

傍聴については、ネットで見られます。 市役所も一般の方の来庁がかなり減っていますが、それでもゼロではありません。 不特定多数の方が市役所に来ること自体、結構リスク高いと思います。 申し訳ないですが、今のご時世を鑑みて、ご自宅でネット中継をご覧いただければと思います。

本会議に出席する議員数については、強制ではなく要請ではありますが 恐らく、各会派ともに対応してくださるものだと思います。うちの会派としては、 そこはしっかり守りたいと思っています。

議会もオンライン化したい!

でも、やはりリスクはゼロではありません。 民間ではもう、会議のやり方は変えましょう!という流れになっています。 芦屋市議会においても、この際リモートで対応できるようにしたい。 オンライン議会って技術的にはそんなに大変ではないと思うんだよな。

会議のやり方やルールをドラスティックに変える必要があるかもしれないけど、 民間は恐らく、今回のコロナ禍を機にテレワークが加速度的に進むものだと思います。 市役所も同じように変わるはず。なので議会も同じように対応していかないと いけないんじゃないかなと思います。

今日は議会運営委員会など、細々と会議が。

主な話題はBCP

議運については、週明けの月曜日が本会議なのでその進行についての協議が主な内容です。 ながーく時間をかけてきたBCP(議会機能継続計画)について、議会としての策定が決まったことを 受けての議会基本条例の改正(文言修正)も行われることになっています。

BCPについては党派を超えて、色々と意見交換をしてつくったものです。 限られた時間内でつくっているものなので、まだまだ至らないところもあると思いますが、 そこについては、これからの任期でブラッシュアップするための会議体を常設で設けることで 合意が得られています。

議員同士での議論の機会を増やしたい

こうした機会は本当に大事です。議員の中で、考えが色々とあるのは理解します。 お互い歩み寄れないところがあるのも理解します。でも、他の考えの議員の意見を 頭ごなしに否定するのではなく、聞かないといけないと最近、改めて感じています。

市議会は市長部局ほどの調査機関を有していません。 大きな懸案事項については、各自が調査して提案するというよりも 議会として議論を深めながら調査を進めることも必要であろうと思います。

相手をやっつけるための議員間討議じゃなくて、より大きな政策提案につなげるための 議員間討議が活発に行われる議会をつくりたいんだけどなぁ。西宮なんかは委員会ごとの 重点テーマを定めて、市に政策提言をしていますからね。そんな風な取組みを芦屋でもできれば最高だなぁと思います。 思うだけでは進まないので、具体的な提案も進めていきたいと思います。

5月に予定していた議会報告会は延期となりました

あと、お知らせしなければならないこととして、議会報告会。 5月にやりますよという話になっていました。が、ご存じのとおり新型コロナウイルスが 猛威を振るっている状況です。結論としては、5月の開催は延期ということになりました。

開催可否については、もう少し後になれば判断できるんでしょうけど、 そうなるとお知らせが間に合わない。特に、5月にやりますよというのは既に案内済みなので やらない案内は早くにお知らせした方が良いだろうということで、延期になりました。

楽しみにされていた方(いるのかは分からない)には申し訳ありませんが、 状況が状況なので、ご理解いただきたく存じます。

↑このページのトップヘ