芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > その他会議

今日は議案説明会。 現年度分議案と新年度分議案。そして次年度予算の概要についての説明がありました。

議案の解説?

議案について、委員会が始まる前に解説が欲しいという声がありました。 解説と言っても、実際に委員会で説明を受けているわけではないため 僕も議案書を読んだ上での理解の範囲を出ないですが、議案書が市議会HPに公開された暁には ちょっと紹介してみたいと思います。

ただ、委員会の前に個人的見解を述べるのは事前審査にもなりかねないところがあるので、 どんな議案が出ていて、どう変わるのか?というところを機械的にご紹介ということになると思いますが。

新年度予算について

今日はあくまで概要だけの説明でした。 予算についても、2月18日の本会議において市長による施政方針演説が行われるので それが初出しということになります。

ちなみに伊藤市政になり、初めての予算です。 新市長のカラーがどれだけ出ているのか。注目はそこですよね。 僕はチラッと読みましたが、おっ!と思うところもありました。 前期から提案していたことが進んでいるなと。

議案説明会の開催=質問の通告の開始

3月定例会は、前述の施政方針に対する総括質問が行われるため 一般質問は行われません。総括質問は各会派から代表して1名が行うことになっています。 うちの会派からは僕が質問する予定になっています。

一般質問と違い、総括質問の持ち時間は1人60分。 対象の範囲も広く、かつまだ事業が進んでいないところなので 細かいところを掘り下げて聞いていくというよりは、大きな視点で質問する必要があります。

所管部署も広い範囲で質問するので、原稿の準備もヒアリングも大変です。 質問通告の期限は21日。質問通告が終わるまでは、寝られない夜が続きそうです(笑)

もう新人でもないですから、当局をギャフンと言わすのではなくて、 問題提起として参考にしてもらえる意義ある質問にしたいですね。

昨年の10月28日に市長に対して次年度予算に対する要望を実施しています。 今日はその要望についての回答をもらうために市役所に。

要望していた要望事項については以下のとおり。

令和2年度予算要望

今日のやりとり

次年度予算については、まだ未公開というステータスです。 3月定例会の初日の本会議において、市長による施政方針演説という形で 披露されるのが初出しになります。

ということもあり、今日話した具体の内容についてはまだ公開できません。 やりますよという回答をいただいたところもありますが、研究しますというような 回答も多かったかなと。まあ、予想通りの展開だと思いました。

ただ、平場でクローズドな会ということもあり、色々な意見交換もさせていただきました。 それが直ちに事業に繋がるということではありませんが、個人的には意見交換の中で 研究テーマができたなと思っています。いずれ、どこかのタイミングで問題提起したいと思います。

会派のスタンス

上述の要望事項を見ていただいたら分かりますが、 基本的には予算を使って○○を追加してください的な要望は基本的には していません。行革であったり、業務効率化についての研究を進めてくださいね という趣旨の要望が多くなっています。

また、直ちにやってくださいという要望ではなくて、長期スパンで研究を進めてくださいよ~ という内容が多いと思っているので、無茶な要望はしていないつもりなんですが、 無茶な要望になっていたらすみません。

基本的には財政に危機感を持っており、より効率的な運営をしていただきたい というのが、前期から継続して言える会派の基本スタンスであろうと思っています。

新市長の色が見られる次年度予算

さて、次年度予算が伊藤新市長になってから初めての予算編成となります。 今年度は山中前市長時代に編成された予算を元に執行されていますから、 次年度からが伊藤新市長の腕の見せ所です。

財政的に厳しい状況もありますから、バラ色の予算ということにはならんのでしょう。 そういう意味では、やりたいことをなかなか進められないジレンマもあるのかもしれませんね。

まあ、予算がどうなったとしても、僕は今期のテーマとして掲げている行政サービスの高効率化による歳出の抑制と 新たな歳入確保のための取り組みについて、粛々と提案や問題提起を続けていきたいと思います。

今日はBCP検討ワーキンググループ会議。 今日で8回目だそうです。今日も2時間ほど、みっちり議論です。

今日の内容

1月14日に開催した災害対応訓練、そして1月20日に行った南あわじ市での 研修を踏まえ、再度協議を行いました。

災害対応訓練は、もっとダラっとした雰囲気になるかな?と思っていましたが 皆さんとても真剣に臨んでいただきました。終了後に行ったアンケートでは、 かなり真摯に記載をしてくださいました。多岐にわたるご意見が出されましたので 大いに参考になりました。芦屋の議員さんの防災意識の高さを再認識です。

南あわじ市での研修においても、各メンバーには色々と参考になることがあったようです。 今日の話を聞いていても、わざわざ淡路島まで出張った甲斐があったことが分かりました。 南あわじ市議会の皆様、本当にありがとうございました。

芦屋スタイルは細かくつくるべき?

芦屋スタイルだと結構細かい内容になりそうですが、4月の選挙でも7人が入れ替わりました。 入れ替わりが激しい議会であることを鑑みると、ある程度細かいルール決めは大事だと思います。

マニュアル化を進めると「誰がやっても同じように行える」いわゆる標準化につながります。 平時ならまだしも、災害発生時なんて絶対に混乱しますから、正常な判断ができなくなるものです。 その時々のメンバーの判断ミスがあるかもしれないので、やはりある程度標準化しておいた方が無難です。 少なくとも僕は絶対にテンパります。どうしようもないぐらいにテンパる自信があります。

あとは、計画をなぞる訓練を都度実施し、ブラッシュアップを続けることで 更に精度が高い計画になると思います。

検討会は3月まで

3月までのスケジュールで動いています。 ということもあり、初版が完成するまではあまり大っぴらにできません。

ただ、来る災害に対応するためにも都度ブラッシュアップを 続けなければならないという性質上、3月に策定して終わりというものでもないと思いますので しっかりと進めたいと思います。

今日は議会BCP検討ワーキンググループ。 1月14日に災害対応合同訓練を実施するため、その流れの再確認でした。

災害対応合同訓練

以下の目的のため、開催するものです。

  • 「芦屋市議会機能継続計画(議会BCP)」の内容に不足がないかの検証のため
  • 実際の災害時の活動や会議運営を確認し、具体的な行動を身に付けるため

本会議(一般質問)中に大災害が発生したら?というシナリオなので、 執行機関の皆さんにもご協力いただき、合同訓練という位置づけになっています。 議会関係者含め、総勢54人の訓練になるようです。

恒例行事になるか?

今までの5年間で、災害対応の訓練は一度もありませんでした。 芦屋は阪神淡路大震災を被災している自治体ですし、議会も市民も執行機関側も 防災意識が強い自治体です。

過去の経験を忘れないためにも、芦屋市は防災はトップランナーでなければならないと思います。 1月17日は阪神淡路大震災の発生日ですし、1月頃に毎年こうした訓練を実施したら良いのにな…。 と思っています。

検討会の中でも、そんなようなことを言っていました。 訓練が意味無いやん。。。というものになってしまうと 継続の機運も薄れてしまいそうです。しっかりと訓練に臨みたいですね。

地味だけど、大事なこと。

検討会も今日で7回目。1回が大体2時間ぐらいの会議です。 しかも、平場の会議なのでかなり活発な議論が行われています。 発言しない議員さんは基本いないです。大変ですが、議会の早期機能復旧は 地味に大事なことだと思うのでやりがいを持って対応しています。

そんなんいらんやろ!って言われるかもしれませんが、議会が機能不全になってしまうと 市長が専決処分をいっぱいできてしまうという弊害がありまして…。 そうなると二元代表制が崩れてしまうことになります。

そうしたことを防ぐためにも、議会機能の早期復旧はとても大事なんですね。 もちろん、国会議員との調整など、議会だからこそできる災害対応もしっかりやります。

とにかく、1月14日の初の取り組みは楽しみです。

今日は議案説明会。ちなみに、あと以下の2件の会議にも参加しました。

  • 議会報告会準備会
  • 議会BCP検討ワーキンググループ

2件の会議だけでも4時間ぐらいやってた気がします。 まあこれは、今の段階ではまだ公開できないのでこっちは敢えて書きません。 時が来れば、ガッツリ公開していくことになります。

詳しくは12月2日の本会議で

議案については今日は事前の説明という位置づけ。 総務部長がわざわざ来てくれて説明してくれるのでありがたい話です。

と言いながら、今日はふーんという感じで終わります。 議案書はそれなりのボリュームがあるので、しっかりと読みこんでからが勝負です。

今回はあんまり数が多くないなぁと思いきや、中日提案が結構あるみたいです。 新たな条例提案も中日に。前々から「どういう風になるか分からんけど、 かなりインパクトのある制度変更ですよねぇ」と言っていた話の条例化なので、ドキドキです。

そして、気が重くなる職員さんの勤勉手当の話も出てきます。中日で。 頑張ってくれているのは重々承知なんですが、芦屋市の将来的な財政は かなりヤバいよね…と思っているので、そういう対応になると思います。

議案説明会=一般質問の通告開始

一般質問の通告も始まっております。 芦屋市議会は真面目な方が多く、いの一番に通告されている議員さんもおられます。 僕は基本出だし遅めです。僕は構想はできているので、ぼちぼちやって、提出します。

1期目は一般質問どうしよう…とひねり出していた時がありましたので、 あー構想はあります。と言える二期目は少しだけ成長しています(笑)

なお、またニッチな内容になります。 市議会だよりの記事の中で「分かりづらかろう」というワードには注釈がつきます。 そして大原の内容は大体注釈がついています(笑)

一応、選挙のときに公約としたことを踏まえてやっているのですよ。 まあ、それが福祉とか、分かりやすい話じゃないのでニッチになる訳です。 でも、質問が被るとせっかくの問題提起の機会としてもったいないと思うし ニッチなところを取り組む議員がいても良いと思うので、ニッチなところをしっかり取り組みます。

↑このページのトップヘ