芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > その他会議

今日は衆院選の公示日ですね。でも芦屋市議会では、関係なく会議。 選挙が後から割り込んできたわけだし、僕は芦屋市の議員だし 芦屋市の公務を優先するのは当然。国政の話がたくさん出てくる中、芦屋市の話ができるとホッとします。

今日行われた会議は以下の2種類。

  • 議会報告会準備会
  • 議会基本条例検証会議

議会報告会準備会については、当日行う発表内容(パワポ)についての協議。 次回の会議時には概ねフィックスできそうな雰囲気。 例年は直前になってバタバタしていましたが、今年はかなり前倒しで進んでいます。 今年の方が昨年よりも精度が高い報告ができそうで今から楽しみです。

議会基本条例検証会議については、議会基本条例の見直しを行う諮問機関です。 こちらについては議会基本条例の評価や課題の洗い出しを粛々と進めている状況です。

どちらの会議も非公開なので詳細に記すことはできません。 ですが、非公開であるが故にフラットに話せるので、自由闊達な意見が飛び交います。 非公開ではありますが、最近よく聞くブラックボックスに包まれている訳ではなく、 結論が出るまでは…ってことなので。

議会基本条例については制定当時の状況を知らないために難しい部分が多いです。 ですが新人だからこそ気づけるところで発言していきたいと思っています。

今日は台湾の新北市議会議員団の方々に芦屋市議会を表敬訪問いただきました。芦屋市議会では、議会全体で歓迎することを代表者会議で決めていました。なので、今日は党派を超えて全ての議員で新北市議会の皆さんをお出迎え。

議場を開放し、全議員が出席する形で歓迎セレモニーを実施。新北市議会の皆さんの次の予定が決まっていたため、30分程度の簡単なセレモニー。ですが、同市議会の方々が関西の議会にお見えになったのは芦屋市議会が初とのこと。歴史的な交流ができたと嬉しく思います。

また、今日のセレモニーは議会だけの出席ではなく、市長、副市長、教育長、企画部長も参加。遠路はるばるお越しいただいた方々に対し、芦屋市全体として歓迎の意を示すことができました。とても喜ばしいことです

僕が所属している芦屋市議会日台友好議員連盟では、11月に台湾を訪問させていただく予定です。僕自身は台湾に行ったことはありません。ですが国際交流をもっとやっていきたいと思っているため、芦屋市議会の日台議連に属しています。本日、新北市議会の皆さんと11月にまたお会いしましょうと約束しました。初めての台湾ですが、11月の訪問が楽しみになりました。

また、今回の訪問で芦屋市議会の事務局の皆さんにも色々とご苦労をおかけしました。会期中で忙しいところであるにも関わらず、快くご対応いただきありがとうございました。

なお、議場に携帯を持ち込まなかったため、写真はありません。ただ、事務局の方々が写真を撮ってくださっていましたので、こちらをシェアします。議会事務局Facebookへの「いいね!」もよろしくお願いいたします。

今日は議会運営委員会。僕は委員ではないので傍聴です。

今日の議題は明日から3日間行われる本会議(一般質問)の進行について。今定例会は決算審査がありますので、何となく一般質問にラスボス感がありません。ですが政策提言としての大事な機会です。

一般質問の日程割り振りは以下のように決まりました。今回は18人の議員が通告しています。議長と副議長は通告ができないルールなので、1名以外が通告しているという格好です。

  • 9/13(水)
  • No氏名質問項目
    1松木 義昭◆神鋼石炭火力発電所の本市に与える影響について
    ◆小学校での英語と道徳の教科化について
    2福井 美奈子◆芦屋市国民保護計画の実効性について
    ◆イノシシ対策について
    3田原 俊彦◆福祉について
    ◆防災について
    ◆子育て支援について
    ◆教育について
    4中島 かおり◆ガバナンスについて
    ◆非正規という働き方について
    ◆ごみ処理広域化の検討について
    5平野 貞雄◆エネルギー政策と環境問題について
    6ひろせ 久美子◆高齢者施策について
  • 9/14(木)
  • No氏名質問項目
    1山田 みち子◆芦屋市のおいしい水活用と環境対策について
    ◆市民からの要望があった環境に関する課題について
    ◆JR芦屋駅南再開発について
    2徳田 直彦◆介護の支援について
    ◆地域経済の活性化支援について
    ◆マスコットキャラクターについて
    3いとう まい◆JR芦屋駅南の再開発事業について
    ◆市民マナー条例について
    4大原 裕貴◆市内の迷惑駐車について
    ◆教育の魅力の発信について
    5長谷 基弘◆芦屋市の幼稚園・保育所のあり方について
    ◆芦屋市のごみ問題の解決策について
    ◆自治会活動等に対する支援策について
    ◆芦屋市における民泊の問題点と現状について
    6重村 啓二郎◆芦屋市スポーツ推進実施計画(前期)の進捗状況について
  • 9/15(金)
  • No氏名質問項目
    1寺前 尊文◆職員昇給のあり方について
    2岩岡 りょうすけ◆非常事態時の安全確保について
    ◆妊娠から出産、子供が就学前まで切れ目なくワンストップでサポートする芦屋版ネウボラについて
    ◆身寄りのない高齢者の終活課題の解決について
    3中島 健一◆障害者の就労支援について
    ◆予防の観点から歯科診療について
    4前田 辰一◆アスベスト対策について
    ◆JR芦屋駅前のまちづくりについて
    ◆阪神・淡路大震災時の災害援護資金貸付金について
    5福井 利道◆芦屋の子供をホンマにウルトラマンが守ってくれるのか
    ◆実情に合わない都市計画道路の廃止及び代替地活用について
    ◆市内業者育成の観点からの入札制度のあり方について
    6森 しずか◆国民健康保険について
    ◆幼稚園・保育所の統廃合計画について

僕の登壇は2日目です。時間で言うと、14時ぐらいに始まるかな?ぐらいの感覚です。一番眠たい時間帯ですし、簡潔かつ端的な質問を心がけたいと思います。

ああそうだ。今定例会からネット中継が変わりました。これまではInternet Explorerからしか観られないグズグズ仕様でしたが、今回の変更で他のブラウザからでも観られるようになりました。

スマホやタブレットからでも観られるので、興味のある方は是非ご覧ください。
芦屋市議会 議会中継

今日は議会の会議予定はお休み。ですが以下のとおり複数の会議があったため、登庁していました。

  • 議会報告会準備会
  • 議会基本条例検討会

今日の段階では結論が出ていないものなので具体的には書けません。ですがトータルで2時間、議論を行いました。いずれの会も議長からの諮問機関で、きっちりした議事録を取らないかわりに自由闊達に議論ができる会です。今日の議論時間はさほど長くありませんが、中身のある議論が出来ていると思います。

とりわけ議会報告会については着々と進めていて、日程とテーマについては既に決まっています。市会議のホームページでも既に告知を掲載しています。

今年の議会報告会では、従来からやっているこちらからの報告に加え、意見交換の時間を取っています。

昨年までであれば、報告の時間が1時間超って感じでした。でも今年は、こちらからの報告は40分。そして意見交換会が1時間。どうしても一方的になる報告よりも意見交換に重きを置いています。

ただ開催自体は11月で、まだまだ先の話。でも前述のとおり、既にホームページに掲載しています。また、今定例会では傍聴に来られた方に対して告知チラシをお配りしています。全体的に昨年よりもかなり前倒し。去年は期限ギリギリの対応でした。今年は余裕がある分、昨年よりも良いものになると思います。

告知についてはまた改めて行いますが、今年の議会報告会についてはご期待いただきたいと思います。

今日は以下のとおり、複数の会議がありました。

  • 全体協議会
  • 議会運営委員会
  • 代表者会議
  • 議会基本条例検証会議

僕は全体協議会と議会基本条例検証会議に参加。議会運営委員会と代表者会議については傍聴でした。

全体協議会

その名のとおり、議員全員で参加する会議です。人事案件である市長提出第52号議案について説明を受けました。

内容としては、1名の教育委員会委員の任期が9月30日で切れるため、新しい方を選任するというもの。今回、交代となる委員の方は保護者枠の方になります。

「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」にて、「教育委員会委員の構成に保護者を含めなければならない」と定められているため、保護者枠は常について回ります。

第四条

5  地方公共団体の長は、第二項の規定による委員の任命に当たつては、委員の年齢、性別、職業等に著しい偏りが生じないように配慮するとともに、委員のうちに保護者(親権を行う者及び未成年後見人をいう。第四十七条の五第二項において同じ。)である者が含まれるようにしなければならない。

地方教育行政の組織及び運営に関する法律より抜粋
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S31/S31HO162.html

今日の会議においては、確認程度の質問は出ています。ですが任命については特に異論ありません。この議案は9月4日に行われる本会議にて、議事を省略して即決されます。

議会運営委員会

9月4日に行われる本会議の進行についての確認が主な議題。

本会議では、第52号議案~第63号議案の計12議案が上程されます。うち、上述している52号議案については即決されます。なので残る11議案が3常任委員会に付託されます。

また、今回は3件の陳情が出ています。陳情についても議案同様に3常任委員会に付託されます。

議会基本条例検証会議

議員基本条例とは、以下のような経緯で施行された条例です。僕らも当選した時に新人議員研修として習いました。

市議会では、平成23年7月8日に議会改革特別委員会を設置し、各会派から提出された38の検討項目について協議を行ない、その後、議会基本条例の策定に取り組んできました。

議会基本条例は、委員会提出議案として平成26年10月2日の本会議に提案され、全会一致で可決、同日に公布、施行されました。

芦屋市議会HP:議会基本条例 より
http://www.city.ashiya.lg.jp/shigi/kihonjyourei.html

議員基本条例は、芦屋市議会独特のものではなく、全国的に見ても各地の地方議会で施行されている条例。コトバンクによると、以下のような目的で施行されるようになった条例とのこと。

首長らが条例案を説明し、議員は質問するだけという地方議会のあり方を見直し、活発な論議を促すのが目的。分権の進展に伴い、議会の責任が大きくなった現実を見据えた条例である。

コトバンク「議会基本条例」より
https://kotobank.jp/word/議会基本条例-182178

そして、芦屋市においては第27条にて、以下の2点が定められています。

  • 条例の有効性及び妥当性について検証すること
  • 任期中、少なくとも1度は検証結果を市民に公表すること

第27条

議会は,市民の意見,社会情勢の変化等を考慮し,議会機能を充実強化する視点から,この条例の有効性及び妥当性について常に検証するとともに,少なくとも各任期中に1回は,その結果を市民に公表するものとする。

芦屋市議会 議会基本条例
http://www.city.ashiya.lg.jp/shigi/documents/kihonjyorei-jyobun.pdf

議会基本条例検証会議とは、上述の検証を行うため、議長から諮問を受けた会議体になります。メンバーは副議長を座長とし、3常任委員会の正副委員長で構成されます。会派代表ではなく、あて職。なので、会派代表という立ち位置ではなく、議員としての立ち位置で検証します。

平成30年3月に議長に答申を出すスケジュール感で動くため、今後、この会議も活発になっていくと思います。

↑このページのトップヘ