芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > 芦屋浜・南芦屋浜まちづくり調査特別委員会

今日は以下のとおり、複数の会議がありました。

  • 予算要望
  • 議会運営委員会
  • 芦屋浜・南芦屋浜まちづくり特別委員会

予算要望

市長に対して次年度予算への要望を行いました。 次年度の予算編成前のこの時期に、例年やっていることです。

4659

うちの会派では、いつも行革に関する要望をメインに行っています。 今年もやはり行革に関する要望が多めになっていると思います。 全部で64件の要望を行っています。内訳としては以下のとおり。

平成31年度予算要望

次年度は市長も改選期となります。選挙前の年度の予算要望は当然初めてですが どういう予算が組まれるのか…。今から楽しみにしておきたいと思います。

議会運営委員会

畑中議長がご逝去されたため、代わりの議長を選定することになりました。 地方自治法第103条において議長と副議長を選挙しなければならないと規定があり、 空席のままにはしておけないためです。決め方としては、11月26日に開会となる 12月定例会の冒頭で議長選挙を行って決めることに。

第百三条 普通地方公共団体の議会は、議員の中から議長及び副議長一人を選挙しなければならない。

11月には議会報告会など、議会としてのイベントが残っている状況ではありますが しばらくは副議長が代行する格好になります。

芦屋浜・南芦屋浜まちづくり特別委員会

当日使用した資料はこちら。 本日時点ではまだアップされていませんが、後日アップされます。

廃棄物運搬用パイプライン施設の今後のあり方について、 平成30年8月15日~平成30年9月14日までの間、パブリックコメントを実施していました。 今日はその結果報告を聞くというものです。

計60人の方からの回答があったようです。 ほとんどが芦屋浜・南芦屋浜から回答されたもののようで、 当該地域の方々の注目度の高さを示しています。

パブリックコメントを行った前提としては、以下のとおり。 かなり多くのご意見を頂戴しているので、政策決定に反映していただきたいと思います。

  • パイプライン施設継続の課題
    1. 多額な経費を要する大規模改修や施設更新
    2. 輸送管等の老朽化が深刻であり、経費の面等から運用し続けることは困難。
    3. 割高な運用経費
    4. 様々な取り組みにより経費削減はできたものの、車両収集と比較し割高である。
  • 課題解決のための方針(案)
    1. パイプライン施設の運用年数を定め、大規模改修や施設更新などは行わず補修等で運用する。
    2. 運用経費については、更なる経費削減に努める。
    3. パイプライン収集に替わる代替収集方法には以下の方法で検討。
      • パッカー車による車両収集。
      • オートロック施錠機能付ごみ集積施設を市の負担で設置。
      • 当初は最大で週5回収集を実施しながら適切な回数に見直していく。
      • ごみ集積施設の維持管理は利用者が実施。
    4. 切り替えまでの期間で技術革新や住宅形態等を鑑み、合理的な収集方法の検討を続ける。
  • パイプライン施設の運用年数(案)
    1. 芦屋浜地域:今後20年を限度とする
    2. 15年経過した時期から順次代替収集へ変更。
    3. 南芦屋浜地域:今後32年を限度とする
    4. 30年経過した時期から順次代替収集へ変更。

今日は芦屋浜・南芦屋浜まちづくり調査特別委員会。 といっても、いつもの会議室での開催ではありません。高浜町で建設されていた市営住宅についての内覧です。 僕は委員ではありませんが、委員外議員として同席させてもらいました。 とにかく目立つ建物です。関心のある方も多いんではないでしょうか。

過去の経緯なんかは、以前に記事にまとめています。

上記記事でも触れていますが、この事業は民間のノウハウを借りるPFI事業で建築しています。 なので、エレベーターホールの各階に設置されている簡易ベンチなど、随所に民間の仕事だなと思う工夫が見られました。 税金も入っている市営住宅において、あまりにハイスペックな施設はどうなんだろうか?という思いはあります。 ですが、民間のノウハウも生かされた、良い施設の建設に繋がったのではないかと思います。

上記記事でも触れていますが、この事業は民間のノウハウを借りるPFI事業で建築しています。 なので、エレベーターホールの各階に設置されている簡易ベンチなど、随所に民間の仕事だなと思う工夫が見られました。 税金も入っている市営住宅において、あまりにハイスペックな施設はどうなんだろうか?という思いはあります。 ですが、民間のノウハウも生かされた、良い施設の建設に繋がったのではないかと思います。

見た目も含めてかなり立派なものなので、税金の無駄遣いとおっしゃる方もおられるかもしれません。 ただ、この事業は老朽化した市営住宅の建て替えです。建て替え対象となる公営住宅は相当古くなっています。 建て替えになりますので、既存住宅のお住まいの方がスライドするだけの戸数は最低限必要です。

名称築年数経過年数
朝日ヶ丘市営住宅昭和43年・44年50年・49年
朝日ヶ丘公社住宅昭和44年・46年49年・47年
翠ヶ丘市営住宅昭和39年54年
南宮町市営住宅昭和32~46年61年~47年
浜町市営住宅昭和35~38年61年~47年
西蔵町市営住宅昭和38年・39年58年・59年
昭和47年・48年46年・45年

※出典:芦屋市HP(高浜町1番住宅等大規模集約事業について > 実施方針等の公表(平成26年7月9日))

ただ、実際にお住まいの方は高齢の方も多く、施設に入所される方やお子さんの近くに転居することを 選択される方も多かったようです。結果的に、現時点では107戸の空きが出ています。 市内の市営住宅の空き戸数が増えることになるので、いつもよりも選考漏れしてしまう方も 少なくなるんかなとは思います。ですが、新築の魅力、立地の魅力がある高浜町住宅は人気が殺到するでしょうね。

高浜町住宅への入居斡旋もありますので、平成30年度市営住宅入居希望者登録の受付は10月になります。 詳しい情報は広報あしやで周知されるとのことなので、入居を考えておられる方はご応募ください。

なお写真ですが、今日は事務局の方も同席されていたので、事務局がアップしてくれた FBをシェアすることでお知らせします。芦屋市議会事務局のFBページへの「いいね!」もよろしくお願いします。

今日は芦屋浜・南芦屋浜まちづくり調査特別委員会がありました。 僕は委員ではないので傍聴を。今日の委員会は、以下の項目の調査という名目で当局からの報告を受けました。

  • 廃棄物運搬用パイプライン施設の今後のあり方に係る市民意見募集の実施について
  • 高浜町1番住宅の入居希望者登録について

それぞれの資料については、市議会HPにアップされます。 本日時点でのアップはまだですが、明日以降にアップされるはずなので、 URLだけ貼っときます。

委員会調査資料(平成30年度)- 芦屋浜・南芦屋浜まちづくり調査特別委員会(芦屋市議会)

廃棄物運搬用パイプライン施設の今後のあり方に係る市民意見募集の実施について

芦屋浜と南芦屋浜のごみ収集に使われている廃棄物運搬用パイプライン施設、通称パイプライン。 このパイプラインの今後のあり方について、市として考える方向性が定まったので 市民意見を聴取するというもの。要するに、パブコメです。 閲覧可能場所などの詳細については、広報あしやの8月15日号に掲載されるそうです。 市の計画にモノ申したい方は、広報あしやをご覧ください。

市の方向性について

市の考える方向性についても、簡単に紹介しておきます。

パイプライン運用継続の課題

  1. 多額な経費を要する大規模改修や施設更新
  2. 輸送管等の老朽化が深刻。改修に要する経費等を考えると、運用し続けることは困難。
  3. 割高な運用経費
  4. 様々な取り組みにより経費削減はできたものの、車両収集と比較し割高である。

課題解決のための方針(案)

  • パイプライン施設の運用年数を定め、大規模改修や施設更新などは行わず補修等で運用する。
  • 運用経費についてはさらなる経費削減に努める。
  • パイプライン収集に替わる代替収集方法については、パッカー車による車両収集とする。
    • 現時点での案としては,オートロック施錠機能付ごみ集積施設を市の負担で設置。
    • 当初は最大で週5回収集を実施しながら適切な回数に見直しを行う。
    • 維持管理等の運用は利用者が実施することで一定の整理を行っている。

なお、45年間の経費比較は以下のとおり。

無題

パイプライン施設の運用年数(案)

  1. 芦屋浜地域
  2. 今後20年を限度とする(15年経過した時期から順次代替収集へ変更)
  3. 南芦屋浜地域
  4. 今後32年を限度とする(30年経過した時期から順次代替収集へ変更)

両者の違いは設置年度の違いによるものです。 先に設置された芦屋浜地域の方が老朽化が深刻であるが故の判断です。

所感

パイプライン利用者の会と市の協議の結果、芦屋浜地域は20年、 南芦屋浜地域は30年間ということになる話は聞いていましたので、驚きはありません。

とりあえず、これだけの膨大な施設を未来永劫継続し続けるのは芦屋市の財政規模では不可能。 設置当初も国のパイロット事業として国からの補助があったからこそできた事業です。

代替案についても、妥当だと考えます。 むしろ、現在パッカー車での収集を行っている地域において、それぞれで集積場を設けられていることを 考えるとそれでもなお、不公平感が残るぐらいの対応です。

欧米諸国を見ても結局はパッカー車収集が中心です。 ごみは毎日のように発生し、相当量発生します。その収集をオートメーション化するというのは そもそも論として、ちょっと無理があると思います。 空中で収集なんてことはできませんから、結局は地下化しかありません。 既に住宅が設置されている町中に地下埋設型の施設を設けていくのもなかなか非現実的。

もちろん、20年、30年と経過する中で技術革新が起こり、 画期的な方法が開発される可能性もゼロではありません。 なので技術革新の方向を期待するのは否定しませんが、今の時点での予測は不可能です。

もしかすると、20年の間で考えなければならないのは 世界一の排出量を誇る日本のごみ排出量を減らしていくことなのかもしれません。 属人的な対応による対策では無く、仕組みを設ける形で無理なく減らしていく必要があると思います。 ですが、ごみ収集のオートメーション化の低コスト化を考えるよりは現実的な路線なのかなと思うところです。

高浜町1番住宅の入居希望者登録について

移転対象者

世帯数単身世帯数高齢者単身世帯率入居者数(人)65歳以上(人)高齢化率
世帯数65 歳以上
2431139739.9%40325663.5%

高齢者単身世帯率、高齢化率がともに高めです。 若い方ならともかく、高齢者の方の移転はなかなか大変で、市による支援も必要となってきます。

高浜町1番住宅への入居募集について

空き戸数

1DK56
2DK21
3DK29
車いす2DK1
107

市営住宅等入居希望者登録における裁量階層世帯の拡充

小学校卒業までの子がいる世帯⇒中学校卒業までの子がいる世帯に拡充。 市営住宅入居者のうち、8割近くが単身または2人世帯であることを考えると 3DK住居は余りがち。そこに子育て世帯を入れることで、ミックスドコミュニティの構成を期待するというもの。 今回の拡充にて、2割程度の増加が見込まれるとのこと。

スケジュール

平成30年9月広報あしやに掲載(9月1日号)
10月入居希望者登録
平成31年2月あっせん

所感

集約計画がスタートした時よりも、空き戸数が多くなるという話が6月定例会で出てきました。 もしかしたら、100近い空き戸数が1年間遊んでしまうことになりかねない状況だったため、 今年度中の入居が間に合うことにホッとしました。

高浜町住宅によって、新たに107戸が追加されますので、全体としての戸数が増えます。 ですが人気は高浜町住宅に集中するのは容易に予想できます。 だって、新築だしバスの便は良いし、スーパーも近いしと至れり尽くせりだからです。 内覧していないので断定はできませんが、条件だけ見ると、入居希望者が集中しない理由はありません。

既存の市営住宅の中でも、実は人気のある住宅とそうでない住宅に分かれています。 利便性が高く、かつ新築という高浜町住宅の登場により、それが更に顕著になるような気もします。

また、これまでの団地における自治会も再編されることになると思います。 加えて、子育て世帯の入居増も見込まれるとのことで、コミュニティづくりも含めた スタートアップが非常に大事になってくるんだろうと思います。今後も目が離せない事業です。

今日は芦屋浜・南芦屋浜まちづくり調査特別委員会がありました。 といっても、大会議室での会議ではなく、高浜町に新たに建設された消防署高浜分署の視察。 委員外議員も参加できたため、僕を含めて10人の委員外議員が視察に参加しました。

現在、高浜分署は高浜町のダイエーの南に位置してます。 これが新たに、臨港線沿いの交差点に移転します。 地図上で言うと、青丸が現在の高浜分署で赤丸が新しい高浜分署。 奥まった位置から臨港線沿いに移動しますので、機動性は上がると思います。
高浜分署

新たにつくられた高浜分署は、僕が議員になる前から計画されていたものでした。 多分老朽化対策のための事業だと思ってるんですけど、事業開始時に具体的にどういう目的でつくられたものか、はっきり知りませんでした。そこで、過去の議事録をちょっと漁ってみたところ、平成26年9月5日の総務常任委員会にて以下の目的が示されていました。

  • 建物の老朽化対策
  • スペース不足解消

スペース不足の解消というのは、高浜分署の管轄に南芦屋浜が追加されたことにより 車両が大型化し、施設が手狭になったことが影響しているようです。 確かに、現在の高浜分署の敷地は見たところ、狭いと感じます。 そういう意味では、今日見せていただいた施設は面積的には前よりも余裕があるように感じました。 より効率的な業務が進められるようになったのではないかと思います。

高浜分署は、民間のノウハウ等を活用するための事業手法であるPFI事業でつくられました。 なので今日は、施工担当者の方から施設についての説明を受けました。 説明を受けた際に印象的だったのは、トレーニング・訓練施設の充実。

署長さんがお話されていましたが、芦屋市の消防職員は定数を増やしたこともあり、経験不足の若い職員さんが増えており、経験不足を補うためには訓練を重ねるしかないため、訓練設備には力を入れたとのことでした。ものすごく納得しました。日常生活でも訓練していないことを本番でやるのは難しいです。それが生き死にに関わる火災現場となると、もっともっと難しいのは当然です。

市役所の控室は、ちょうど消防本部の向かいに位置しているため 隊員の方が普段から訓練をされている様をよく見ています。 頼もしいと思う反面、ありがたいと思っています。非 常に緊張感の高い業務を行っていただいてる消防隊員の方々には頭が下がる思いです。 僕らとしては、環境を整えることしかできません。 なので、消防の環境整備にはしっかりと力を注ぎたいと思います。

消防の方が忙しいと言うことは、それだけ火災等が発生していることになるため、 出動が少ないぐらいの方が望ましいです。ですが実際にはそうは行きません。 新しい施設が芦屋市の防災拠点として活躍してくれることを期待したいと思います。

なお、内覧の段階だから写真を撮るのを控えていましたが、 同行してくれていた議会事務局の方が写真付きでFacebookをアップしてくれていました。 シェアしておきますので、こちらもご覧ください。 Facebookアカウントをお持ちの方は、事務局アカウントへの「いいね!」していただけるとありがたいです。

午後からは芦屋浜・南芦屋浜まちづくり調査特別委員会でした。 テーマは「パイプライン施設のあり方について」

パイプラインの方向性については、利用住民で構成される「パイプライン利用者の会」との 協議の場であるパイプライン協議会において、これまで15回の協議を重ねています。

同協議会での協議の結果、一定の方向性を出すことができたということで報告がありました。

パイプライン施設の運用年数(収集方法変更の時期)

芦屋浜今後20年(15年経過後より、順次代替収集へ変更)
南芦屋浜今後30年(その後2年かけて順次代替収集へ変更)

なお、輸送管などの老朽化や損傷が予想以上に進行し、補修が困難になった場合は 15年を待たずに代替収集に置き換えていくことも有り得るようです。

一般的に、機械の劣化が進むのは運転時間と使い方です。 なので運転時間を短くするとか、利用者の利用マナー順守を徹底することで 予定通りに持たせることも可能なんじゃないかと思います。

代替収集について

  • パッカー車による車両収集。
  • オートロック施錠機能付きごみ集積施設を市の負担で設置。維持管理等の運用は利用住民が担当。
  • 車両収集回数は、導入当初は最大5回。以降は適切な回数に見直しをかける。

現状だと、コスト面も含めてこれ以上の案を出すのは難しい。 結局、海外でもパッカー車が主流ですし。ゴミ収集は使用頻度がかなり高いから オートメーションによる仕組みには土台無理があるんです。

幸い、15年の猶予がありますので技術革新は期待できます。 ですが、パッカー車による収集というのは変わらないんじゃないかなと。 集積施設の改良には期待できるかなと思いますけど。

45年間の経費について

パイプラインを45年維持した場合、約341億円かかる。 一方、芦屋浜を20年。南芦屋浜を30年とした場合、必要経費は約85億円となる。
コスト比較

単位:100万円
 存続案検討結果
パイプライン維持管理費8,5284,506
パイプライン更新改修工事費25,563 
パイプライン補修費 845
代替設置費 460
代替維持管理費 2,633
34,0918,444

環境への取り組み

環境にやさしい清潔なまちづくりを推進するため、以下の仕組みを試験的に導入する。

  • オートロック施錠機能付きごみ集積施設
  • 電気自動車型ごみ収集車(温室効果ガス排出量削減、騒音対策)

今後の予定

廃棄物減量等推進審議会に諮問。 同審議会より答申が返ってきた後、丁寧な説明を重ねていく予定だとのこと。

所感

パイプライン利用者の会の方々が大きく譲歩してくださった結果だと思います。 コストのところに出てますが、更新改修工事費は約255億円。 芦屋市の平成27年度の標準財政規模は約236億円です。

要するに、交付税を含む芦屋市の税収入を超えた事業費ということ。 元々国のパイロット事業だっただけあり、芦屋市単独で対応できる事業ではなかったと思います。

それだけに、どういう落とし所になるのか注目していました。 報告の中にありましたが、ソフトランディングを目指すとのこと。 今考えられる中で、かなりベターな判断をされたと思います。 今の方向性を尊重しつつ、進めていただくことを願うばかりです。

↑このページのトップヘ