芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > 芦屋浜・南芦屋浜まちづくり調査特別委員会

今日は芦屋浜・南芦屋浜まちづくり調査特別委員会。 議題は「高浜町1番住宅等大規模集約事業について」。 高浜町1番住宅の入居状況と活用対象跡地の整備についての説明を聞くものです。

使用された資料はこちら。今日時点ではまだアップされていませんが、 後日アップされることになるはずです。

なお、長くなったので目次をつけてみました。 アフィリエイトブログみたいですが、当ブログでは広告は設けておりません(笑)


高浜町1番住宅について

住宅入居状況について

12月9日付で、取り壊し対象の全ての市営住宅、団地からの転居が完了。 転居の詳しい状況は以下のとおり。

棟名全体入居完了空室の状況
1DK2DK3DK車いす
1号棟(北)7862538016
2号棟(東)48281361020
3号棟(南)169103361118166
4号棟(西)55321472023
3502256827291125

元々の戸数は403戸だったものを350戸に集約したが、 実際に高浜町住宅に転居したのは225世帯に留まった。

戸数については既存住宅に在住していた各世帯に意向調査を行った上で決定。 が、意向調査から建設完了までのタイムラグもあり、状況が変わった世帯も出てきたため、数字が変わっています。 (死亡、施設入所、家族の近くへの転居など)

追加の入居について

芦屋市営住宅入居者選考委員会

平成31年1月29日に開催。 全部で280件の応募があり、その中から条件を満たすものから入居者を選定します。

転居済み世帯の高齢化率

高浜町住宅に転居した世帯の高齢化率は算出していないが、 既存住宅に在住していた世帯の高齢化率は63.5%と高めだったため、 高浜町住宅においても高齢化率は高めになると見込まれます。

高齢化率が高くなりすぎると、新たなコミュニティ形成に支障を来たします。 なので、なるべく若年層を入居させることで、コミュニティ形成も促していく必要があると考えています。

若年層の居住条件を拡充するため、裁量階層世帯の条件として定められていた 「小学校就学前の子どもがいる世帯」という部分を「中学校卒業までの子がいる世帯」という形に拡充している。

※裁量階層世帯とは

入居選考時の倍率について

  • 1DK:1.47倍
  • 2DK:2.51倍
  • 3DK:1.93倍

裁量階層世帯の拡充によって増えた子育て世帯は43世帯。 ファミリー向けの部屋である3DKの部屋の倍率は約2倍なので、 20世帯ほどは入居することになるのではないかと見込んでいる。

スケジュールについて

業務内容スケジュール
高浜町1番住宅への移転完了H30年12月9日
既存住宅等の解体撤去平成31年1月~3月頃
(翠ケ丘町市営住宅)
活用対象跡地の引渡し平成31年1月頃
(浜町・南宮町住宅)

活用対象跡地の整備について

浜町住宅跡地、南宮町住宅跡地ともにPFI事業者に売却され、事業者によって集合住宅が建てられます。 いずれについても、事業契約時(平成27年8月7日)に提案された計画だと 周辺への圧迫感があるとのことで、見直しが入りました。

詳しい図面については、前述の添付ファイルを参照してください。

浜町市営住宅跡地に整備する共同住宅(5階建て)について

 当初計画現計画
住戸数100戸107戸
駐車台数84台107台
敷地面積4,851.79㎡4,851.79m²
建築面積2,580.31m²2,619.39m²
延床面積9,722.01m²9,748.43m²

南宮町市営住宅跡地に整備する共同住宅(5階建て)について

 当初計画現計画
住戸数43戸42戸
駐車台数37台31台
敷地面積1,933.47m²1,933.47m²
建築面積1,025.88m²976.47m²
延床面積4,390.88m²3,892.86m²

スケジュールについて

業務内容スケジュール
前回変更後今回変更後
(H28.12.22)
浜町・南宮町住宅の解体平成30年8月以降平成31年2月以降
浜町住宅跡地の建設平成31年1月以降平成31年6月以降
南宮町住宅跡地の建設平成31年12月以降平成32年5月以降

今日は芦屋浜・南芦屋浜まちづくり特別委員会。 といっても、いつもの大会議室での委員会ではなく、市内の施設を視察するもの。 今回視察したのが、高浜町1番に新たにつくられた社会福祉複合施設です。 臨港線を走っていると目につく、あの建物です。

正式には「高浜町ライフサポートステーション」と言うらしいです。 社会福祉法人 山の子会さんが運営します。 同法人さんは芦屋市内でも認可保育所の茶屋保育園などの福祉施設を運営されています。 茶屋之町にある保育園だから、茶屋保育園というのかと思っていましたが、 他の地域でも茶屋保育園という名前でやっているみたいですね。

施設についてですが、同施設のパンフレットには以下のような記載があります。

地域の皆様の居場所となれる「いこいの場所」
全世代が自然に集まって交流し、子ども・高齢者・障がいのある人達が相互的・総合的に支援を受けられる日本初の複合施設です。 地域の方々が触れ合い、おひとりおひとりにとって安らぎの時間を過ごしていただける場所をご用意してお待ちしております。

今日は施設内を内覧させていただきましたが、謳っているとおりの施設だと思いました。 子ども・高齢者・障がい者のそれぞれの支援施設が一か所に集まっているのはすごいなと。 利用者目線でも、あちこちに点在しているよりも分かりやすくて良いと思いますね。

施設は4階建てで、それぞれのフロア別でそれぞれの世代を受け入れられるように設計されていると感じました。 それぞれの施設について、紹介しておきたいと思います。

  • 1階
    • 企業主導型保育所
    • 病児・病後児保育室も設けられています。 基本は法人の従業員向けの施設ですが、一部地域枠も設けられるとか。
    • カフェ
    • 就労継続支援A型の施設になります。 こども食堂としての位置づけもあるらしく、大人は500円でご飯が食べられます。 今日はコーヒーもいただきました。390円(税抜き)らしいです。 コンセントもあり、植物等も設けられており居心地の良さは抜群。 近隣の議員も居座るかも(笑)
  • 2階
    • 障がい者向けグループホーム
    • 障がい者向けショートステイ
    • 就労継続支援B型
    • 放課後等デイサービス
    • 対象者は小学生~高校3年生まで。
  • 3階
    • 児童発達支援センター
    • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護
    • なんと365日、24時間体制で対応してくれるとのこと。
    • 地域密着型通所介護
    • リハビリ特化型のデイサービス。
  • 4階
    • 就労継続支援A型
    • わんにゃんセラピー
    • 自分で飼っているペットや施設が飼っているペットを用いたセラピー室。 段差があり、バリアフリーで無かったのが残念でした。
    • 貸し教室(2室)
    • ふれあい広場
    • 1階カフェの飲み物を持ちこんでゆっくりできるスペース。 人工芝でゆったりした空間です。天気の良い日は最高に気持ちが良いと思います。

まあ、盛りだくさんな施設です。 特に、地域の人はカフェスペースが良いと思いますね。 駅よりも南の地域はあまり良い感じのカフェがありません。 前述のとおり、植物なども取り入れられており、天井も高く落ち着く空間に仕上がっていました。 ここは大勢の方で賑わうんじゃないかなと思っています。

この施設はPFI事業でつくられている建物です。芦屋市としては、土地を50年間提供するだけ。 民間のノウハウを用いてつくるとこんなに良い感じの建物に仕上がるのだと感心しました。 行政主導でつくっていたら、ここまで良い感じの建物にはなっていないんではないでしょうか。

同施設は11月24日に開設式を行ったのち、12月1日から運営開始となります。 カフェスペースは一般にも開放されていますので、是非とも足を運んでみてください。

ちなみに、事務局Facebookにも当日の模様がアップされています。 写真はこちらをご覧ください。最近、事務局の方が同席されているときは 写真を撮るのをサボってしまいます。 芦屋市議会事務局Facebookページへの「いいね!」もよろしくお願いします。

今日は以下のとおり、複数の会議がありました。

  • 予算要望
  • 議会運営委員会
  • 芦屋浜・南芦屋浜まちづくり特別委員会

予算要望

市長に対して次年度予算への要望を行いました。 次年度の予算編成前のこの時期に、例年やっていることです。

4659

うちの会派では、いつも行革に関する要望をメインに行っています。 今年もやはり行革に関する要望が多めになっていると思います。 全部で64件の要望を行っています。内訳としては以下のとおり。

平成31年度予算要望

次年度は市長も改選期となります。選挙前の年度の予算要望は当然初めてですが どういう予算が組まれるのか…。今から楽しみにしておきたいと思います。

議会運営委員会

畑中議長がご逝去されたため、代わりの議長を選定することになりました。 地方自治法第103条において議長と副議長を選挙しなければならないと規定があり、 空席のままにはしておけないためです。決め方としては、11月26日に開会となる 12月定例会の冒頭で議長選挙を行って決めることに。

第百三条 普通地方公共団体の議会は、議員の中から議長及び副議長一人を選挙しなければならない。

11月には議会報告会など、議会としてのイベントが残っている状況ではありますが しばらくは副議長が代行する格好になります。

芦屋浜・南芦屋浜まちづくり特別委員会

当日使用した資料はこちら。 本日時点ではまだアップされていませんが、後日アップされます。

廃棄物運搬用パイプライン施設の今後のあり方について、 平成30年8月15日~平成30年9月14日までの間、パブリックコメントを実施していました。 今日はその結果報告を聞くというものです。

計60人の方からの回答があったようです。 ほとんどが芦屋浜・南芦屋浜から回答されたもののようで、 当該地域の方々の注目度の高さを示しています。

パブリックコメントを行った前提としては、以下のとおり。 かなり多くのご意見を頂戴しているので、政策決定に反映していただきたいと思います。

  • パイプライン施設継続の課題
    1. 多額な経費を要する大規模改修や施設更新
    2. 輸送管等の老朽化が深刻であり、経費の面等から運用し続けることは困難。
    3. 割高な運用経費
    4. 様々な取り組みにより経費削減はできたものの、車両収集と比較し割高である。
  • 課題解決のための方針(案)
    1. パイプライン施設の運用年数を定め、大規模改修や施設更新などは行わず補修等で運用する。
    2. 運用経費については、更なる経費削減に努める。
    3. パイプライン収集に替わる代替収集方法には以下の方法で検討。
      • パッカー車による車両収集。
      • オートロック施錠機能付ごみ集積施設を市の負担で設置。
      • 当初は最大で週5回収集を実施しながら適切な回数に見直していく。
      • ごみ集積施設の維持管理は利用者が実施。
    4. 切り替えまでの期間で技術革新や住宅形態等を鑑み、合理的な収集方法の検討を続ける。
  • パイプライン施設の運用年数(案)
    1. 芦屋浜地域:今後20年を限度とする
    2. 15年経過した時期から順次代替収集へ変更。
    3. 南芦屋浜地域:今後32年を限度とする
    4. 30年経過した時期から順次代替収集へ変更。

今日は芦屋浜・南芦屋浜まちづくり調査特別委員会。 といっても、いつもの会議室での開催ではありません。高浜町で建設されていた市営住宅についての内覧です。 僕は委員ではありませんが、委員外議員として同席させてもらいました。 とにかく目立つ建物です。関心のある方も多いんではないでしょうか。

過去の経緯なんかは、以前に記事にまとめています。

上記記事でも触れていますが、この事業は民間のノウハウを借りるPFI事業で建築しています。 なので、エレベーターホールの各階に設置されている簡易ベンチなど、随所に民間の仕事だなと思う工夫が見られました。 税金も入っている市営住宅において、あまりにハイスペックな施設はどうなんだろうか?という思いはあります。 ですが、民間のノウハウも生かされた、良い施設の建設に繋がったのではないかと思います。

上記記事でも触れていますが、この事業は民間のノウハウを借りるPFI事業で建築しています。 なので、エレベーターホールの各階に設置されている簡易ベンチなど、随所に民間の仕事だなと思う工夫が見られました。 税金も入っている市営住宅において、あまりにハイスペックな施設はどうなんだろうか?という思いはあります。 ですが、民間のノウハウも生かされた、良い施設の建設に繋がったのではないかと思います。

見た目も含めてかなり立派なものなので、税金の無駄遣いとおっしゃる方もおられるかもしれません。 ただ、この事業は老朽化した市営住宅の建て替えです。建て替え対象となる公営住宅は相当古くなっています。 建て替えになりますので、既存住宅のお住まいの方がスライドするだけの戸数は最低限必要です。

名称築年数経過年数
朝日ヶ丘市営住宅昭和43年・44年50年・49年
朝日ヶ丘公社住宅昭和44年・46年49年・47年
翠ヶ丘市営住宅昭和39年54年
南宮町市営住宅昭和32~46年61年~47年
浜町市営住宅昭和35~38年61年~47年
西蔵町市営住宅昭和38年・39年58年・59年
昭和47年・48年46年・45年

※出典:芦屋市HP(高浜町1番住宅等大規模集約事業について > 実施方針等の公表(平成26年7月9日))

ただ、実際にお住まいの方は高齢の方も多く、施設に入所される方やお子さんの近くに転居することを 選択される方も多かったようです。結果的に、現時点では107戸の空きが出ています。 市内の市営住宅の空き戸数が増えることになるので、いつもよりも選考漏れしてしまう方も 少なくなるんかなとは思います。ですが、新築の魅力、立地の魅力がある高浜町住宅は人気が殺到するでしょうね。

高浜町住宅への入居斡旋もありますので、平成30年度市営住宅入居希望者登録の受付は10月になります。 詳しい情報は広報あしやで周知されるとのことなので、入居を考えておられる方はご応募ください。

なお写真ですが、今日は事務局の方も同席されていたので、事務局がアップしてくれた FBをシェアすることでお知らせします。芦屋市議会事務局のFBページへの「いいね!」もよろしくお願いします。

今日は芦屋浜・南芦屋浜まちづくり調査特別委員会がありました。 僕は委員ではないので傍聴を。今日の委員会は、以下の項目の調査という名目で当局からの報告を受けました。

  • 廃棄物運搬用パイプライン施設の今後のあり方に係る市民意見募集の実施について
  • 高浜町1番住宅の入居希望者登録について

それぞれの資料については、市議会HPにアップされます。 本日時点でのアップはまだですが、明日以降にアップされるはずなので、 URLだけ貼っときます。

委員会調査資料(平成30年度)- 芦屋浜・南芦屋浜まちづくり調査特別委員会(芦屋市議会)

廃棄物運搬用パイプライン施設の今後のあり方に係る市民意見募集の実施について

芦屋浜と南芦屋浜のごみ収集に使われている廃棄物運搬用パイプライン施設、通称パイプライン。 このパイプラインの今後のあり方について、市として考える方向性が定まったので 市民意見を聴取するというもの。要するに、パブコメです。 閲覧可能場所などの詳細については、広報あしやの8月15日号に掲載されるそうです。 市の計画にモノ申したい方は、広報あしやをご覧ください。

市の方向性について

市の考える方向性についても、簡単に紹介しておきます。

パイプライン運用継続の課題

  1. 多額な経費を要する大規模改修や施設更新
  2. 輸送管等の老朽化が深刻。改修に要する経費等を考えると、運用し続けることは困難。
  3. 割高な運用経費
  4. 様々な取り組みにより経費削減はできたものの、車両収集と比較し割高である。

課題解決のための方針(案)

  • パイプライン施設の運用年数を定め、大規模改修や施設更新などは行わず補修等で運用する。
  • 運用経費についてはさらなる経費削減に努める。
  • パイプライン収集に替わる代替収集方法については、パッカー車による車両収集とする。
    • 現時点での案としては,オートロック施錠機能付ごみ集積施設を市の負担で設置。
    • 当初は最大で週5回収集を実施しながら適切な回数に見直しを行う。
    • 維持管理等の運用は利用者が実施することで一定の整理を行っている。

なお、45年間の経費比較は以下のとおり。

無題

パイプライン施設の運用年数(案)

  1. 芦屋浜地域
  2. 今後20年を限度とする(15年経過した時期から順次代替収集へ変更)
  3. 南芦屋浜地域
  4. 今後32年を限度とする(30年経過した時期から順次代替収集へ変更)

両者の違いは設置年度の違いによるものです。 先に設置された芦屋浜地域の方が老朽化が深刻であるが故の判断です。

所感

パイプライン利用者の会と市の協議の結果、芦屋浜地域は20年、 南芦屋浜地域は30年間ということになる話は聞いていましたので、驚きはありません。

とりあえず、これだけの膨大な施設を未来永劫継続し続けるのは芦屋市の財政規模では不可能。 設置当初も国のパイロット事業として国からの補助があったからこそできた事業です。

代替案についても、妥当だと考えます。 むしろ、現在パッカー車での収集を行っている地域において、それぞれで集積場を設けられていることを 考えるとそれでもなお、不公平感が残るぐらいの対応です。

欧米諸国を見ても結局はパッカー車収集が中心です。 ごみは毎日のように発生し、相当量発生します。その収集をオートメーション化するというのは そもそも論として、ちょっと無理があると思います。 空中で収集なんてことはできませんから、結局は地下化しかありません。 既に住宅が設置されている町中に地下埋設型の施設を設けていくのもなかなか非現実的。

もちろん、20年、30年と経過する中で技術革新が起こり、 画期的な方法が開発される可能性もゼロではありません。 なので技術革新の方向を期待するのは否定しませんが、今の時点での予測は不可能です。

もしかすると、20年の間で考えなければならないのは 世界一の排出量を誇る日本のごみ排出量を減らしていくことなのかもしれません。 属人的な対応による対策では無く、仕組みを設ける形で無理なく減らしていく必要があると思います。 ですが、ごみ収集のオートメーション化の低コスト化を考えるよりは現実的な路線なのかなと思うところです。

高浜町1番住宅の入居希望者登録について

移転対象者

世帯数単身世帯数高齢者単身世帯率入居者数(人)65歳以上(人)高齢化率
世帯数65 歳以上
2431139739.9%40325663.5%

高齢者単身世帯率、高齢化率がともに高めです。 若い方ならともかく、高齢者の方の移転はなかなか大変で、市による支援も必要となってきます。

高浜町1番住宅への入居募集について

空き戸数

1DK56
2DK21
3DK29
車いす2DK1
107

市営住宅等入居希望者登録における裁量階層世帯の拡充

小学校卒業までの子がいる世帯⇒中学校卒業までの子がいる世帯に拡充。 市営住宅入居者のうち、8割近くが単身または2人世帯であることを考えると 3DK住居は余りがち。そこに子育て世帯を入れることで、ミックスドコミュニティの構成を期待するというもの。 今回の拡充にて、2割程度の増加が見込まれるとのこと。

スケジュール

平成30年9月広報あしやに掲載(9月1日号)
10月入居希望者登録
平成31年2月あっせん

所感

集約計画がスタートした時よりも、空き戸数が多くなるという話が6月定例会で出てきました。 もしかしたら、100近い空き戸数が1年間遊んでしまうことになりかねない状況だったため、 今年度中の入居が間に合うことにホッとしました。

高浜町住宅によって、新たに107戸が追加されますので、全体としての戸数が増えます。 ですが人気は高浜町住宅に集中するのは容易に予想できます。 だって、新築だしバスの便は良いし、スーパーも近いしと至れり尽くせりだからです。 内覧していないので断定はできませんが、条件だけ見ると、入居希望者が集中しない理由はありません。

既存の市営住宅の中でも、実は人気のある住宅とそうでない住宅に分かれています。 利便性が高く、かつ新築という高浜町住宅の登場により、それが更に顕著になるような気もします。

また、これまでの団地における自治会も再編されることになると思います。 加えて、子育て世帯の入居増も見込まれるとのことで、コミュニティづくりも含めた スタートアップが非常に大事になってくるんだろうと思います。今後も目が離せない事業です。

↑このページのトップヘ