芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:芦屋市議会 > 本会議

今日は本会議。長かった9月定例会の最終日です。 今日は以下の議事が執り行われました。

  • 市長提出議案2件の討論、採決
  • 閉会中の継続調査事件の認定

市長提出議案2件の討論、採決

対象議案は以下のとおり。

採決結果としては、いずれも可決となりました。 議員別の態度の一覧についてはこちら

第82号議案の決算審議については、委員長報告として各委員からの要望事項も添付されました。 ホームページ等ではアップされていない資料なので、PDFではなく敢えて画像で連携しておきたいと思います。

[表示する]

閉会中の継続調査事件の認定

以下の継続調査事件が認定されました。 それにより、閉会中でも委員会の開催ができるようになります。

No事件名
総務常任委員会
1公共施設の包括管理業務について
2第5次芦屋市総合計画について
3市立芦屋高等学校跡地活用事業について
4行政改革について
5芦屋市創生総合戦略について
6庁舎・周辺整備について
7自治体間ベンチマーキングについて
8AIの活用について
9クラウドファンディングについて
10公共施設再配置の取り組みについて
民生文教常任委員会
11留守家庭児童会のあり方について
12市立幼稚園・保育所のあり方について
13芦屋市社会福祉協議会とハートフル福祉公社の統合について
14芦屋市霊園「合葬式墓地」について
15精道中学校の建てかえについて
16山手中学校の建てかえについて
17西宮市・芦屋市ごみ処理広域化検討会議について
18放課後子ども教室について
建設公営企業常任委員会
19市立芦屋病院について
20無電柱化の取り組みについて
21芦屋市自転車ネットワーク計画について
22芦屋市下水道事業の経営戦略策定について
23屋外広告物条例について
24JR芦屋駅南地区について
25土砂災害特別警戒区域の指定について

定点観察が必要な案件についてはある程度網羅されていると思います。 加えて、芦屋浜・南芦屋浜調査特別委員会もありますので、閉会中の 委員会の開催も少なくなさそうです。閉会中と言えど、気の抜けない日々が続きそうです。

今日は本会議。以下の2点の議事が執り行われました。

  • 市長提出議案(第58号~第81号議案)の討論、採決
  • 市長提出議案第83号の提案

市長提出議案(第58号~第81号議案)の討論、採決

採決の結果、全議案とも原案の通り可決ということになりました。 以下の議案については賛否が分かれており、賛成多数で可決という扱いです。

議案番号件名
第59号芦屋市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部を改正する条例の制定について
第70号平成30年度芦屋市一般会計補正予算(第2号)
第75号芦屋市自転車駐車場の指定管理者の指定について
第76号芦屋市立美術博物館及び芦屋市谷崎潤一郎記念館の指定管理者の指定について

うちの会派としては、全議案とも賛成の態度を取っています。 賛否が分かれた議案のうち、第70号議案については討論を行いました。 どういう理由で賛成の判断をしたのか書いておく必要があると思いますので、 概要についてお知らせします。

やはりポイントとなるのは 留守家庭児童会(次年度からは放課後児童クラブ)の運営体制の是非についてです。

直営での継続が最善でないことも起こり得る

委員会等のやりとりにおいて、指導員不足は慢性化しており 嘱託指導員や担当課の創意工夫で運営されていることが判明。

今後、学童保育の以下のような行政サービスの展開を考えると、 民間事業者の協力を図ろうとする判断に対して、理解を示さざるを得ない。 事実、夏期休暇中の午前8時開級や3月31日開級の実現にも時間がかかっている。

  • 6年生までの受け入れ拡充
  • 受け入れ日の拡大
  • 保育時間の延長

今回の民間委託への諸手を挙げての賛成は致しかねる

本来、民間委託を行う場合は以下の効果を期待する。

  • 公と民、多種多様な選択肢の提供
  • 民間委託による低コスト化

ただ、今回の案だと、民間委託する学校に通う児童についての選択肢は存在しない。 また、民間委託による低コスト化も期待できないとの答弁を聞いている。

行政にお願いしたいこと

事業を進めるに当たり、以下の点については必ず実施していただきたいと強く要望する。

  • 保護者が安心と納得感を得られるまで、丁寧に説明を行うこと。
  • にじいろ学級についても「説明が足りない」という声が多く寄せられた。 同じ轍を踏まないように、しっかりと説明に努めてほしい。
  • 課題が多いタクシー送迎について、早期解決を図ること。
    • 途中帰宅者する児童への対応
    • 災害発生時の避難対応
    • 一部児童だけが移動しなければならない不公平感
  • 配慮を要する児童が安心して通える育成環境を整えること
  • 委託に際しては引き継ぎの調整をすると共に、責任の丸投げにならないよう、 相談窓口や監査等、関与すべきところはしっかりと関わってほしい。

市長提出議案第83号の提案

台風21号への被害対応ついて、県の補正予算が編成されたことを受けて 市としても補正予算が組まれた形です。本会議終了後、急きょ総務常任委員会が開かれ 同日で審査まで修了しました。

議案書の内容については、こちら

結論としては、全会一致で可決すべきものと決しました。 最終的な結論としては、10月4日に行われる本会議での採決を以って決定することになります。

補正内容

補正された歳出は合計で256万8000円。詳しい内容は以下のとおり。

  • 民生費-災害救助費-災害救助費
  • 被災者生活再建支援金:150万円(財源:県補助100万円、一般財源50万円)
  • 土木費-住宅費-住宅管理費
  • 住宅災害復興融資利子補給金:106万8000円(財源:県補助71万2000円、一般財源35万6000円)

今回追加される事業内容(県から示されたもの)

被災者生活再建支援金事業

  1. 概要
  2. 被災者の早期の生活再建を支援するため、支援金を支給するもの
  3. 対象者
  4. 台風第21号により居住する住宅が全壊、大規模半壊、半壊、一部損壊、床上浸水の被害を受け、 住宅の建築・補修等を行う者
  5. 支給額(定額)
  6. 区分支給額
    全壊150万円
    大規模半壊75万円
    半壊25万円
    一部損壊(損害割合10%以上20%未満)15万円
    床上浸水(損害割合10%以上20%未満)
  7. 負担割合
    • 県:2/3
    • 市:1/3

ただし、市内の浸水地域において対象となる被災者は確認されていないとのこと。 1階部分が壊滅的な被害を受けた状態で、損害割合が5%程度という扱いになるようです。

この事業は県が主導となっている事業なので、 他のもっと深刻な被害が出た地域を意識された事業なんだと思います。 市としても、県がこういった事業展開をするということなので、予算措置を講じているという扱いのようです。

住宅災害復興融資利子補給事業

  1. 概要
  2. 台風第21号による被災者の住宅建築、購入又は補修のための融資に係る利子の一部を助成するもの
  3. 対象者
    • 被災した住宅に替わる住宅を建築又は購入するとき、次の要件を全て満たす者
      • 市内において、住宅(借家も可)が全壊、大規模半壊又は半壊の被害を受け、解体されたこと。
      • 市内において、自らが主として居住する住宅を500万円以上の融資を受けて建築又は購入すること。
      • 新たに建築又は購入する住宅が床面積175m²以下(被災した住宅の床面積が175m²を超える場合は当該床面積を上限)で、建築基準法その他関連法令に適合している住宅であること。
    • 被災した住宅を補修するとき、次の要件を全て満たす者
      • 住宅(持家に限る)が全壊、大規模半全壊、半壊、一部損壊又は床上浸水の被害を受けたこと。
      • 自らが主として居住するために、500万円以上の融資を受けて被災住宅を補修すること。
  4. 対象融資
  5. 住宅金融支援機構災害復興住宅融資、民間住宅融資
  6. 利子補給率
  7. 住宅金融支援機構の災害復興住宅融資利率まで(最大年2.5%を上限)
  8. 対象融資限度額
  9. 建築・購入2,150万円、補修1,130万円
  10. 利子補給の期間
  11. 5年間
  12. 負担割合
    • 県:2/3
    • 市:1/3

被災者生活復興資金貸付金利子補給事業

  1. 概要
  2. 県が実施する貸付制度。 金融機関を通じて貸付を実施し、その利子について県と市が負担するもの
  3. 貸付対象者
    • 平成30年度に発生した台風第21号の災害で全壊、半壊、一部損壊(損害割合10%以上)若しくは床上浸水(損害割合10%以上)の住家被害を受けた者又は自家用自動車に被害を受けた者
    • 世帯主又は主たる生計維持者。ただし、前年総所得金額が730万円以下
  4. 資金使途
    • 被災家屋(居住の用に供する建物)の補修
    • 家具、家庭用電気製品等生活必需品の修理、買換え
    • 自家用自動車の修理、買換え
  5. 貸付限度額
  6. 300万円
  7. 貸付利率
  8. 無利子(県と市が共同で利子を負担し、市は県に対し負担分を支出する。)
  9. 貸付期間
  10. 5年以内(うち据置6か月以内)
  11. 負担割合
    • 県:2/3
    • 市:1/3

今日も昨日に引き続き、本会議。 また、本会議終了後には決算特別委員会も開かれました。

本会議

一般質問の最終日です。今日、質問した議員さんは以下のとおり。

No氏名質問項目
1徳田 直彦◆スマート自治体について
◆防災について
◆行政に対しての不公平感について
2前田 辰一◆行政における委託契約について
◆地域自治活動と地区集会所について
3森 しずか◆熱中症対策について
◆高齢者の暮らしを支える介護保険制度について
4福井 利道◆家で子育て「芦屋こども育成券」補助が必要な理由
◆無電柱化の促進と進め方について
◆市内商工業者に対する事業発展助成の考え方について

一般質問のやり取りの中で、興味があったのは、スマート自治体についてというところ。 AIやRPAの利用によって作業の効率化を図るというのは効果がありそうです。 AIの利活用については、総務常任委員会の視察項目でもあります。

職員さんの稼働状況を見ると、超勤が多い部署も多く、まだまだ業務が多い印象。 なので業務の標準化と合わせて作業効率の改善には取り組んでいく必要があります。 僕も研究して、12月定例会には取り上げたいと思います。

決算特別委員会

平成29年度決算に関する議案が上程されたため、 審議を行うための決算特別委員会が設置されました。 今年は以下のメンバー。

役職氏名会派
委員長中島 健一あしや真政会
副委員長森 しずか日本共産党
委員岩岡 りょうすけあしや真政会
福井 利道
帰山 和也公明党
大原 裕貴日本維新の会

僕も入りました!決算審査好きなので、嬉しいです。 また、役なし委員も嬉しいです。委員長をさせていただいている関係で 日頃は質問を控えています。決算委員会ではガンガン質問したいと思います。

なお、審査に用いられる決算の資料は芦屋市HPにアップされています。 ボリュームが多いですが、興味のある方はご覧ください。

平成29年度決算の概要(芦屋市)

審査そのものは9月26日(水)~9月28日(金)の3日間。 ちょっと間が空きますが、その間、じっくりと資料を読みこんでおこうと思います。

今日も昨日に引き続き、本会議。 一般質問2日目です。

今日質問した議員は以下のとおり。僕もやりました。 毎度のことながら、反省なしで終わる質問はありません。 12月議会がラストですから、悔いの残らないようにしたいと思います。

No氏名質問項目
1帰山 和也◆さらなる防災対策について
◆野生鳥獣について
2大原 裕貴◆災害発生時の対策について
◆広報について
◆駅前の違法駐車に対する対応について
3山田 みち子◆河川水難事故の防止対策について
◆働き方改革について
◆マイナンバーカード活用事業について
4中島 健一◆児童の発達支援について
◆認知症初期集中支援について
5ひろせ 久美子◆JR芦屋南再開発について
◆防災について
6平野 貞雄◆市の施策における公的責任に関する市長の基本姿勢について
◆平和行政について

詳しくは、動画を確認した上で更新しますが 今日のところはやりとりについて、簡単にご紹介。

災害発生時の対策について

この項目では、大きく分けて以下の2点について質問しています。

  • 災害対策本部の設置について
  • ICT部門の事業継続計画(BCP)について

災害対策本部の設置について

質問の背景

6月18日に発生した大阪北部地震の際、電車などの交通インフラが麻痺。 発生時刻が7時58分と早朝だったこともあり、定刻に登庁できなかった職員が少なくなかったと報告があったため。 市は、大災害が発生すると直ちに災害対策本部を設置する必要がある。

幸い、当日の芦屋の被害はそこまで大きいものではなかったものの 定時外に大災害が発生する可能性も大いに有り得る。教訓にする必要があると感じている。

質問概要

  • 大阪北部地震発生時、職員の登庁が遅れたことによる災害警戒本部および通常業務への影響はなかったか?
  • もっと大きな災害が発生した場合においても、初動体制を組むことができるか?

当局答弁

  • 大阪北部地震発生時の対応
  • 災害警戒本部の初動については、支障は無かった。 通常業務についても、充足している他部署から応援体制を組むことで、通常業務への支障を来たさないよう対応した。
  • 大災害発生時の対応
  • 160~170人の早期参集が見込まれるため、災害対策本部の設置への支障はないと考える。

答弁を受けて

年度が変わると要員配置が変わる。160~170人にニアリーの体制を維持できるように、 遠方から通勤する職員が極端に増えることが無いような配慮をお願いしたい。

ICT部門の事業継続計画(BCP)について

質問の背景

災害発生時にサーバやシステムが停止すると、市の機能が停止するといっても過言ではない。 なので復旧計画が重要である。芦屋市ではICT部門のBCPは策定済み。

ただ、訓練の実施などで計画を都度見直していく必要がある。 あまり取り沙汰されない部門なので、取り上げることで訓練意識を持ってもらうことを期待する。

質問概要

  • インフラ麻痺などの理由でサーバのベンダー担当者が芦屋に来られない場合、常駐メンバーで対応することは考えているのか?
  • 年次訓練ではどこまでの訓練を実施しているのか?

当局答弁

難しいオペレーションになる。素人が触って下手に事態を悪化させることを危惧するため 基本的にはベンダー担当者に任せる方針。なので手順書等は用意していない。

訓練については、これまでは伝達訓練やサーバの異常検知訓練をしてきたが、 今年はサーバ復旧訓練を実施する。

答弁を受けて

確かにエンジニアでも難しいオペレーション。 ただ、スペシャリストにはならないにしても、ベンダー担当者を お助けできるレベルのスキルは身につけてほしい。

訓練については、経験値の蓄積としてなるべく実地訓練をするのが重要。 また、そのときに出た問題点を計画にフィードバックし、 なるべく精度の高い計画に仕上げてほしいと要望しました。

広報について

質問の背景

情報を届けたいメインターゲット、SNSの有効性(拡散性・即時性)を意識して配信する必要がある。 しかしアカウントによっては、二桁のフォロワーしかいないアカウントもある。 有効性が生かされているのか疑問が残る。

質問概要

  • 市ホームページのアクセス解析を実施することで訪問者のニーズに合致した分かりやすいホームページにできないか?
  • SNSの情報発信について、情報を届けたいメインターゲットとSNSの有効性を意識した上で効果的な情報発信ができないか?

当局答弁

SNSは情報発信の多様な選択肢の提供と言う意味で活用している。 平時の発信が不足しており、フォロワー数に繋がっていない現状があるので 今後は情報発信を強化する。

答弁を受けて

SNSでフォロワーを増やしていくことを考えると、毎日投稿するのは最低限。 ただ、専門の担当者を設けずしてそこまでの対応をするのは困難だと思われる。 情報の種類によっては即時性が不要なものもある。 特質を見極めながらストック型メディアであるホームページやブログも活用して 効果的な情報発信に努めてほしい。

駅前の違法駐車に対する対応について

質問の背景

駅前は依然として違法駐車が多い。 特に夕方のお迎えの時間になると、一定時間停車する車が多く危険度もピークである。 ただでさえ暗く、視認性が落ちているのに両側の車線に車が止まっているなど、 危険度の極めて高い道路となっている。

質問概要

受け皿として、ラポルテ駐車場の初め数分を無料開放するなどの対応を採り 厳しい取り締まりをしていくことはできないか?

当局答弁

ラポルテ駐車場は民間管理者もおり、無料とするのは難しい。 ただJR芦屋駅南再開発が終わった後は取り締まりを強化するよう警察と連携する。

答弁を受けて

JR芦屋駅南の再開発が終了した後は、新しい再開発ビルおよび交通広場のイメージ戦略として 撲滅キャンペーンを大々的に売って出てほしい。何もない中で取り締まり強化をしても受け入れられにくいが 施設が新しくなったタイミングだと「JR南は停められない」というイメージも受け入れやすくなる。

また、JR南での駐車禁止のイメージが定着することで、他の駅前についても同様に対応してほしい という市民の声が広まる可能性もあり、他の地域への波及効果も考えられるのでしっかりと対応してほしい。

今日は本会議。 今日から3日間、一般質問が行われます。 一般質問初日の本日は、以下の議員が質問を行いました。

No氏名質問項目
1寺前 尊文◆公立幼稚園の運営について
◆幼稚園保育の充実について
◆総合公園の設備充実について
2岩岡 りょうすけ◆全公立小中学校体育館にクーラー設置を
◆子育て支援について
◆若者世帯の定住施策について
◆労務管理と労使交渉について
3松木 義昭◆市長の政治姿勢について
◆子供が自ら学び考え、たくましく生きる力を育てるために必要なことは何か
4中島 かおり◆教育について
◆カラス対策について
◆空き家対策について
◆JR芦屋駅南地区再開発に伴う影響について
◆市役所内に障がい者就労支援のスペースを求める
5いとう まい◆生きる力を身につける夜間中学について
◆潮芦屋のまちづくりに対する芦屋市の姿勢について
◆未来に向けたJR芦屋駅南口の再開発事業の取り組みについて
6田原 俊彦◆共生社会に向けて
◆防災について
◆健康について
◆消費生活について

他の議員が一般質問している間、他の議員は基本的にやりとりを聴いている感じです。 一般質問を控えている議員など、内職をしている議員も多いですね。かくいう僕も…。 まったく聴いていない訳ではなくて、メモるところはメモってますけど。

詳しいやりとり等については、各議員さんが発信されると思いますので 気になったところとか、数字的なところとか、簡単に書いておきたいと思います。

  1. 公立幼稚園について
  2. 園長先生とクラス担任については正規職員を充てている。 クラス数も減ったこともあり、平成25年以降は新規採用をしていない。

    正規職員の年齢構成は以下のとおり。

    50代14人
    40代6人
    30代15人
    20代1人
    36人

    幼稚園内の駐輪場として、新たに以下の園に設置している。 岩園幼稚園と宮川幼稚園については、敷地に余裕がないために整備は進んでいない。

    小槌幼稚園15台
    西山幼稚園10台
  3. 小中学生の熱中症について
  4. 熱中症と思しき症状が出た児童・生徒:172人(5月~8月) 小中学校の体育館へのエアコン設置は、専門の機械室や室外機の設置が必要となる。 暑い日には体育館を使わないなど、運用ベースでの対応を考えている。 集会については、放送で実施することも検討している。

  5. 職員の市内居住率について
  6. 25%。 ただ、災害発生時には6割の職員が参集できる見込み。

  7. JR南再開発によるバス停への影響
  8. 駅北から南側に発着するバスを南に集約する。 駅南から南側に発着する便数は102⇒271便に増える見込み。 また、現在1つの発着場を3つに拡張するので、南の状況は改善する。 北側についてもバス発着便数が減るので、少なからず影響はある。

  9. ホームページの全暗号化について
  10. これまではログインページとか、情報入力のページだけを暗号化されることが多かったです。 httpsプロトコル接続は速度が遅くなるとか言われてましたし。

    ただ、HTTPの新規格である「HTTP/2」がだいぶ普及してきており、今やhttps接続の方が速いとも言われてます。 なので最近のトレンドとしては、Webサイト全域についてSSL接続できるようにした方が良いと言われています。

    自身のサイトでは、入力フォームのところだけは対応してました。 ですが全体の対応については放置していたなぁと反省。 SSL証明書は取得しているので、設定を変えるだけで対応できます。 ちょっとだけごめんして、一般質問が終わった後、落ち着いたら対応します。

    ただ、独自SSLの中でも一番セキュリティレベルが低いドメイン認証ですけどね。 最高レベルであるEV SSLとかになると契約料が年間5万円ぐらいになっちゃうので、 維持管理がちょっとしんどいです(笑)

さて、明日は僕も登壇します。 2人目なので、恐らく11時ぐらいからかな? 思いっきり平日の午前中なので、多くの方はご覧になれないと思いますが 残り少ない一般質問、しっかり取り組んでいきたいと思います。

↑このページのトップヘ