芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ: 関学同窓会

今日は関学同窓会芦屋支部の小イベントがありました。イベントと言っても、10人ほどでワインと軽食をつまみながらというアットホームなもの。あんまり大規模なやつは準備も大変だし、話せる人数を考えても10人ぐらいがちょうど良い規模だなぁって思います。僕自身、カフェとかでやるような小規模な会を開きたいなと思っていながら、なかなか実行に移せていません。イイカンジのお店を探して、やってみたいと思います。

さて、今日の内容は国連大学サステイナビリティ高等研究所というところで働かれている同窓生の方をお招きして、お話をしてもらうというもの。普段は東京らしいですが、連休で実家のある芦屋に戻られていたとのことで実現しました。普段の僕には全く縁の無い職場ですから、貴重なお話を伺うことができました。

詳しい話は書けませんがざっくり言うと、残留性有機汚染物質(Persistent Organic Pollutants、POPs)のサンプリング、モニタリングができる研究者を育成するプロジェクトに関わっておられるとのこと。アジア各国でサンプリングやモニタリングをすることで、各国の政策実現にも繋げていくと。壮大なプロジェクトです。

ちなみにPOPsってどっかで聞いたことあるなぁって感じだったんですが、先日、ごみ処理場を視察させていただいたときに聞いたキーワードでした。芦屋市でも排出しないような仕組みを設けているとのことだったので、日本では既に排出を抑える政策実現が為されているのかなと思いました。だからどっちかというと、日本は発展途上国などにノウハウを伝える先生の立場になるのかなぁ・・・。

主に国政レベルの話だと思いますが、日本でも「持続可能な開発目標(SDGs)」に対する対策室を設けています。国連の機関にお勤めされている方とのコネクションができたのはありがたい話です。

余談ですが芦屋支部用の名簿、今はExcel管理なんですが、けっこうデータ量が多いのでどっかのタイミングでDBをつくろうと思います。MySQLかPostgreSQLか・・・僕が得意なのはPostgreSQLなので、こっちかな。PostgreSQL・・・なんかめっちゃ懐かしい響き(笑)

今日は関学同窓会の有馬・北神戸支部の総会に参加していました。関学同窓会は全国各地に支部がつくられており、今日は芦屋支部の企画として他支部との交流会という格好での参加です。

会場は有馬温泉の温泉旅館だったんですが、会場に赴くために阪急バスに乗りました。有馬へ行く際には車で行くことが多かったので、阪急バスに乗るのは新鮮です。というか、奥池に行くときは芦有ドライブウェイを使いますが、有馬に行くときは盤滝トンネルの方を通るので、芦有ドライブウェイを使って有馬まで行くこと自体が珍しいんですよね。やはりこの道のカーブはエグイんですが、車体の長いバスでヘアピンカーブ群をスイスイ通りぬけるのは凄いです。さすがプロ!

有馬に着いてからは、ボランティアの案内スタッフの方に有馬を案内していただきました。普段、案内を聞きながら歩くことはないので、なかなか興味深かったです。有馬の温泉は効能がすごく、湯治場としてもすごく優秀らしいです。荒木村重に1年間幽閉されていた黒田勘兵衛が傷を癒すために使ったそうで、1週間ぐらい続けて入ると湯治の効果があるのかな?市営の施設で「有馬の工房」というところがあり、そこは格安で素泊まりできるそうです。長期に渡ってじっくり温泉に入る場合は、ここが良いですよとのことでした。
http://arimaspa-kingin.jp/cont04/cont04-flm.htm

懇親会では、ふぐ鍋に舌鼓を打ちながら、色々な同窓生の方々と語り合いました。僕の席は配慮いただいたのか、若い同年代の方々が多く座られていたため、話にも花が咲きました。

個人的に、関学同窓生の母校愛は日本一だと思っているんですが大先輩の方から卒業間もない方までが一堂に会する同窓会などに参加すると特に思います。僕も10年通っていましたから、何だかんだで関学が好きです。

皆さんにもそれぞれ、母校の同窓会の案内が来ているのではないでしょうか。もし、時間に都合が付くのであれば、一度ご参加されてみてはいかがでしょうか。

今日は母校である関学同窓会の芦屋支部のイベントに参加していました。同同窓会の役員をさせていただいているので、ホスト側で参加です。
14962614_1099711146816409_4769310153415697585_n

今日の交流会は、関学OBの方でコーチングメインのコンサルをされている方を講師に招いての研修スタイルでした。

コーチングというのは、人材育成の分野で注目されているものです。僕自身、政治家としては新人みたいなものなので、誰かを育成するような機会は到底ないと思いますが、人とのコミュニケーションの取り方という観点においては非常に勉強となりました。

内容について簡単に触れると、話し手と聞き手に分かれて以下の2種類のロールプレイを実践しました。

  • 話し手:楽しそうに話す
  • 聞き手:興味なさそうに聞く
  • 話し手:楽しそうに話す
  • 聞き手:相槌を打ちながら聞く
  • ------------------------------------------------------
  • 話し手:楽しそうに話す
  • 聞き手:にらみながら、話し手の話を批判しながら聞く
  • 話し手:楽しそうに話す
  • 聞き手:相手の発言を繰り返したり、笑顔でうなづいたりしながら聞く

演技をしていると知りながらも、聞き手の態度が話し手を否定するような態度で聞いている場合は何を話したら良いのか分からなくなり、話が広がりませんでした。逆に、好意的な態度で聞いている時は話題が次々と出てきて自然と話が盛り上がりました。

こう書くと、頭では当たり前やん!と思いますが、実際に自分で体感すると違いがよく分かりました。相手の立場に立ち、相手の話を受け止めることがとても大事です。

政治家は、自らの思いを発信するのも大事だと思います。ですが、一方で市民の方々の声に耳を傾けるのもとても大事なことだと思っています。市民の方々が本当に伝えたいことをしっかりと聞き出すためにも、今日体験したことを生かして、相手の立場に立ち、本当に伝えたいことを汲み取れる姿勢を心がけたいと思います。

↑このページのトップヘ