芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ: 呉川町町内会

今日は呉川町町内会の役員会に参加。

呉川町担当の民生委員の方が変わりましたので、今日の役員会には 新しい担当の方が来られていました。民生委員ってすごく大変らしいんです。 ちょっと書いておきたいと思います。

民生委員って?

民生委員って、普通に生きていると関わる機会があんまりないです。 実は厚生労働大臣から委嘱されて活動する特別職の地方公務員という位置づけの人なんです。

その仕事は多岐に渡っていて、以下のとおり民生委員法第14条で定められています。

  1. 住民の生活状態を必要に応じ適切に把握しておくこと
  2. 生活に関する相談に応じ、助言その他の援助を行うこと
  3. 福祉サービスを適切に利用するために必要な情報の提供、その他の援助を行うこと
  4. 社会福祉事業者と密接に連携し、その事業又は活動を支援すること
  5. 福祉事務所その他の関係行政機関の業務に協力すること
  6. その他、住民の福祉の増進を図るための活動を行うこと

えっ、やること多くない?そう、それ相応の責任も伴う大変な仕事です。 しかも、一つ目にしれっと書かれてますが、「住民の生活状態を必要に応じ適切に把握」 ってすごい重たいこと書いてます。

民生委員は人口に応じて割り振られる

民生委員法第4条に記載があるとおり、厚生労働大臣の定める基準を参酌して 市町村ごとに都道府県条例で定められます。

県条例(民生委員・児童委員の定数等)を見る限り、芦屋市全体の 民生委員の定数は111人です。

そこから更に、町別に振り分けられているようです。 実際、呉川町は人口的には3人ぐらいの枠があるとのこと。

でも呉川町だけでも1200世帯ぐらいあるんですよね。 単純計算で1人400世帯。めっちゃ大変じゃないですか? 極端な話、400世帯の生活状態を適切に把握しておく必要があるということですから。

問題は成り手不足

呉川町は3人の枠があるにもかかわらず、民生委員は1人しかいません。 今日の話では、1人⇒1人に変わったため、引き継ぎも難しいとのことでした。

そらそうです。だいたい、仕事のやり方は予め説明を受けますけど、 実際には先輩と一緒に動いて覚えるものです。盗むこともありますけど、 いずれにしても、一緒に動く先輩がいないとしんどいです。

非常に重要な任務が課せられているのに、十分に引き継ぎができず うまく機能していくのが難しいというのでは、状況としては問題があります。 福祉の観点で大きな役割を果たしているはずの民生委員ですから、余計にです。

時代と合ってない?

民生委員法が制定されたのは昭和23年。西暦でいうと1948年で、戦後間もない時代の話です。 70年以上もの長い年月が経過する中で、色々と時代が変わってきています。

かつては地域の人はみんな知り合いというぐらい、地域コミュニティが根付いていましたが 近年では核家族化が進み、地域コミュニティが希薄化しているのは皆さんご存知のとおり。 そんな中、いきなり民生委員に指名されても情報が無い訳です。

個人情報の取り扱いも非常に厳しくなっています。 昔であれば、普通にご近所づきあいの中で知り得ていた情報も把握しにくくなっています。 隣の人が何をやっているか、知らないのは当たり前っていう時代ですから。

また、住民の抱える問題は本当に複雑になってきています。 民生委員の業務そのものが肥大化していることも予想されます。 厚労大臣が定める基準に基づいて定められている人数で対応するのも 大変になってきてるんじゃないかなと危惧します。

成り手、出てくるんでしょうか

民生委員はどうやって選ばれているか?というと、 民生委員が誰かやってくれないですかねぇ…と声かけまくって推薦するらしいです。 急に声かけられたとしても「私には荷が重いです」ってなりますよね。

特別地方公務員と言いながらも基本は無償です。ボランティアです。 人の命にかかわるような任務を負いながら、無償でやれと言われても…と思います。

このままだと、制度そのものの維持さえも難しくなってくるのではないか?と危惧します。 負担軽減も含め、制度を抜本的に見直さなければならない時期が来ているのではないかと思います。

といっても国制度なので、市議会議員の立場ではどうしようもありません。 なんせ、市長にも任命権がありませんから。

国会議員の先生方には地域で困っていることにもちゃんと耳を傾けて、議論してもらいたいと思います。

今日は呉川公園にて防災訓練。 昨年は竹園町と合同で開催しましたが今年は伊勢町も加わり 呉川・竹園・伊勢の3町合同開催となりました。

色々な訓練を実施しました

以下の方々の協力を受け、色々な訓練を実施しました。

  • 芦屋市防災安全課
  • 芦屋市消防本部
  • 芦屋市消防署高浜分署
  • 芦屋市社会福祉協議会
  • 生活共同組合コープ

僕は警備担当だったので訓練には参加していませんが 多くの方々が色々な訓練に臨んでおり、大盛り上がりでした。

ちなみに、本日行った訓練は以下のとおり。

  • AED救命講習
  • 初期消火訓練
  • 応急担架訓練
  • 防災倉庫の資機材展示
  • 煙体験訓練
  • 防災ミニ講座
  • 非常食の試食
  • 車いす体験訓練

特に好評だったのは、車いす体験だったように思います。 特に、車いすを押す機会はなかなかありません。 良い経験になったとおっしゃっている方がいらっしゃいました。

スタンプラリーは良い方法だと思う

呉川町では昨年ぐらいからスタンプラリー形式でやっています。 公園内でやっている訓練に参加したらスタンプもらえますよー。 スタンプを集めたら参加賞がもらえますよー。というもの。

スタンプラリーってお子さんは大好き。大人も結構好き。 なんとなく訓練に参加するよりは、自発的に訓練に参加してもらう 取り組みとしてはとても良いと思います。

他の自治会さんでも訓練をされていると思いますが、 スタンプラリー形式はマジおすすめです。スタンプラリー用のカードを 作る必要はありますが、そんなに大変じゃないのでね。

やはり外で食べる豚汁は旨い

呉川町の防災訓練では、最後に炊き出し訓練という称して豚汁をお配りしています。 豚汁そのものもとても美味しいのですが、寒空の下で食べるというシチュエーションが 更に旨さを引き立たせているように思います。

コンロを初めとする資機材はたまには使っておく必要がありますから。 実際、倉庫に格納している車いすはパンクしていたみたいです。 今日みたいな平時だとパンクもささっと直せますが、有事の際には そう簡単にはいかないですからね。

当日の記録は動画で

今日の記録は動画で撮影していました。 色々な人に見てもらうためにも動画編集が必要。 僕に動画編集の役割が回ってきました。動画編集楽しいですよね。 YouTuberになる気はさらさらないけど、編集は楽しいのでぼちぼち対応したいと思います。

今日は竹園集会所で行われた呉川公園での防災訓練の打合せに参加しました。

DSC_0013

開催日等

今年の防災訓練の開催日時等は以下の通りです。

12月7日(土) 10:00~11:20 @呉川公園

8つの訓練のうち、4つ以上の訓練に参加する必要がありますが参加賞が貰えます。 また、炊き出し訓練として豚汁の配布もあります。なかなか盛りだくさんの取り組みになっていますので お近くの方は是非お越しいただければと思います。

今年は3町合同開催

呉川町町内会としては毎年やってきた訓練ですが、昨年は竹園町と合同で。 今年は伊勢町と合同で開催することになりました。呉川町単独開催でも かなりの方がご参加してくれていましたが、3町合同となるとどれだけの 方がお越しになるのだろうか…。少し心配ではあります。

あるべき論でいうと、防災訓練はより身近な場所で―すなわち各町で開催するのが 望ましいのですが竹園町も伊勢町も大きな公園がないので…。 合同でやらざるを得ないのかなと。かといって、公園を新設!というのも難しいので…。

参加しやすいスタンプラリー形式

8つのブースに分かれて8種類の訓練を実施します。 スタンプラリー形式で回ってもらう形になっています。 上述のとおり、4つ以上の訓練に参加すると参加賞が貰えます。 楽しみながら防災意識を高める訓練に参加してもらえると嬉しいです。

なお、訓練の種類は以下の通り。

  1. AED救命講習
  2. 初期消火(消火器)
  3. 応急担架(毛布等を使った簡易担架)
  4. 防災倉庫の資機材展示
  5. 煙体験
  6. 防災ミニ講座
  7. 非常食試食
  8. 車いす体験

消防車や救急車も来てくれますので、 お子さんを遊びに連れてくる感覚でもイケるのではないでしょうか!?

ちなみに余談ですが、このスタンプラリー台紙は僕の方で作成しました。 どういうものかは当日のお楽しみということにしておきます。 パパッとつくっているデザインなので、大したことないんですけどね(笑)

今日も昨日に引き続き、呉川町町内会主催の盆踊り大会。 2日目ということと日曜日の夜ということを考えると、参加者は少ないかなぁと 思いましたが、かなり大勢の方々がお越しになってくれました。

Point Blur_20190818_004550

今日は2日目ということもあり、リクエスト中心に曲をかけました。 でもやはり、お子さんが多いのでアンパンマンマーチやドラえもん音頭など、 子ども向けの曲が多くなりました。もうちょっと曲数を増やせれば良いのですが、 振付があるものですからねぇ…。

と言いながらも、お子さん方が楽しそうに踊っているところを見ると微笑ましい。 盆踊りは皆で踊ることが楽しいはず。なので、きっと大人の人たちも許してくれることでしょう(笑)

今日は外国の方も来られていて、ノリノリで踊っていました。 なんか嬉しい。司会担当ということで、踊らずに見ているんですが 皆さんが楽しそうにしている様を見るのはとても楽しいです。ありがとうございます。

終わった後は、皆で後片付け。組み上げるのは大変ですが、崩すのは割とあっという間です。 議員は夏祭りに行くべきだーっていう話をよく聞きますが、僕的にはこういう形で お手伝いしながら参加したいと思います。偉い顔して行くのは苦手です。

呉川町の手作り盆踊りは、ずーっと前から続いているものです。 演目などは変わるかもしれませんが、これからもずっと続けていきたいと思います。

今日は呉川町町内会主催の盆踊り大会。 今日と明日の二日間に渡り、開催します。

Point Blur_20190818_004550

町内会の役員会で役割分担していますが、僕は3年連続で司会を。 リクエストはありますか~と問いかけると、バンバン予約が入ります。 皆さん、盆踊り好きな方々で嬉しい限り。

やぐら組み

今朝はやぐら組みから始まります。呉川町では、自分たちでやぐらを組んでいます。 力仕事とか、木材をボルト等で固定する工程は難しい話ではないのですが、 番線で締めないといけないところが難しいです。事前に動画を見て練習しないとできないです。

DSC_0011

ただ、安全対策という意味では、他の町内のように業者にお任せする形も考える必要があるのかもしれません。 音響についても同様ですが、個人の力に頼っているところが往々にしてありますからね…。

呉川町の特徴

  • 偉い人の挨拶がない(させない)
  • 出店がない

この二点だと思います!お祭りに偉い人の長々とした挨拶は無粋です。 今日も代議士の先生が来られていましたが、踊ってもらうのみ! 盆踊りは地域住民との触れ合いが一番です。

また、出店がないので小さいお子さんも安心して連れてくることが できるというのも大きいと思います。大きなお子さんには面白くないかしら?と思いきや、 結構たくさんの中学生ぐらいのお子さん方も来てくれています。

いずれにしても、出店がなく広々と公園を使えるために 小さいお子さんに浴衣を着せて、写真を撮る余裕があります。 実際、そういう保護者の方も多数見受けられます。

長く継承していきたい行事

呉川町の盆踊りは、僕が幼少の頃からやっています。 なので、少なくとも30年はやっているものです。

芦屋は、実家が芦屋だから~という理由で住んでいる方も多いです。 昔盆踊りがあったなぁと、お子さんを連れて来てくれると嬉しいです。 なので、しんどくても何とか継続していきたいし、継続してもらいたい行事です。

大勢の来場者

人数をカウントしている訳ではありませんが、用意しているドリンクがなくなり、 自転車が公園敷地に入りきらないほどの人が来ていました。年々増えているような気がします。

でも、盆踊りはたくさんの人でやった方が絶対に楽しい。 公園に入りきらないわ!ぐらいの人数が毎年来てくれると嬉しいです。

明日の予定

明日も19:00~21:00@呉川公園です。 明日は、のっけからリクエスト制でバンバン曲をかけていきたいと思っています。 日曜日の夜と、少し出づらい時間帯ではありますが、今日のように大勢の方に お越しいただけることを願っています。よろしくお願いします。

↑このページのトップヘ