芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:その他議員活動 > 住民説明会など

今日は潮芦屋交流センターにて行われた「南芦屋浜地区涼風町5番教育施設用地における幼保連携型認定こども園の建設に係る工事説明会」を傍聴しました。この説明会は明日も行われます。ただ日曜日の今日が19時からで、平日の明日が朝10時からという時間設定は謎です。日曜を朝に、月曜を夜の方が参加人数が多くなると思うんですけど・・・。

今日の議事録はまた後日出てくると思いますが、とりあえず内容を紹介します。

建物の概要

  • 建物名称:しおさいこども園新築工事
  • 工事場所:芦屋市涼風町1-57、4-2
  • 工事期間:平成29年7月24日~平成30年2月27日(予定)

工事組織

  • 事業主:社会福祉法人 山善福祉会 理事長 山本茂善
  • 設計・監理:(株)C・E・M椎原総合設計
  • 施工:松井建設(株) 大阪支店

作業時間について

日曜日を除く8:00~18:00。

質疑応答の内容について

搬入経路として設定している潮風大橋を使うルートは他の工事車両とバッティングする恐れがある。潮風大橋を使わずに浜風大橋を使うよう検討してほしい。
現地調査の結果、交通がスムーズに行えると判断して潮風大橋を通る経路を設定している。浜風大橋を通過すると病院前や多くの交差点を通行する。それよりは潮風大橋経由の方が迷惑が少ないと考えた。他の工事の車両は7月いっぱいで収束すると聞いており、同工事の車両とバッティングすることはない。ただ、意見があったので一度持ち帰り、再度検討する。
当初計画ではRC造(鉄筋コンクリート造)だったはずだが、今日の説明ではS造(鉄骨造)となっている。何故変更となったのか。安全強度的に問題はないのか?液状化対策は?
地盤のボーリング調査を行った結果、構造設計担当と設計担当からの提案で変更となった。構造設計の担当からは安全強度的には問題ないと説明を受けている。液状化については試験を行っている。詳しい情報は、自治会に対して図面などの資料を提供する。
工事中のマナーとモラルを持った対応をお願いしたい。運営開始後の保護者による車送迎のルールについてもしっかり守るよう指導してもらいたい。
月1回、協力会社を集めて工事のマナーやルールを説明をしている。
駐車場がバス停に近い。誘導員を設け、車両誘導をしっかりしてもらいたい。
ゲート前には警備会社の人間を1名つける。工事の安全誘導をしていきたい。車両が多い場合には、増員も検討している。
騒音が出る重機については朝8時半からにしてもらいたい。
8時から朝礼を行う。重機に関しては8時半からの始動とする。
粉じん対策としての仮囲いの高さは2メートルから3メートルにしてもらいたい。
散水で粉じん対策を行う。要望されている通り、前面道路の仮囲いは3メートルにしようと調整している。
工事現場への進入は右折進入となる。右折待ち車両がたまると困る。何か対策は?
絶対に連続で入らないとの保障はできないが、基本的には連続で入らないよう、離れた地点で待機する。ただ、多くても4台前後なので連続して入るような状況は発生しないと考える。離れた地点の待機場所については対象業者も決まっておらず、調整できていないので現状では報告できない。
当該地は津波被害を考えると危険な場所。他の場所は検討できなかったのか。
市が誘致しているもの。市有地の中で選ぶ必要がある(子ども・健康部部長)

子どもたちが遊べないが人工のビーチだと子どもたちが水遊びすることができる。これが天然のビーチだと岩肌が多く、子どもたちを遊ばせるのは難しい。子ども達にとっては、かけがえのない経験ができる良い立地であるとも言える。ただ当該地は海に面しており災害と隣り合わせではあることは否定できない。安全対策など、安心安全は職員一同、しっかりと担保していきたい。

今日は浜風町にある芦屋市環境処理センターにて行われた西宮市・芦屋市ごみ処理広域化検討会議を傍聴しました。なお、傍聴者は両市の市議だけでした。そらそうね。

4月27日に第1回が開催されてから、今日が第2回目の会議となります。ちなみに、第1回のときの議事録と資料の公開もスタートしたようです。
http://www.city.ashiya.lg.jp/kankyoushori/kouikika/kenntoukaigi.html

今日は、以下のテーマについて協議が行われました。いずれにしても、結論を出すようなものではなく、事前の確認段階と言う感じでした。

  1. 各種データなど、基本項目の確認
  2. メリットとデメリットの確認
  3. 運営方式パターンの洗い出し
  4. 費用負担パターンの洗い出し

広域化を考える処理施設としては、大きく分けて以下の二つになります。

  • 可燃ごみ ⇒ 焼却施設
  • 不燃ごみ ⇒ 不燃粗大処理施設

なお、新聞紙やダンボールなどの資源ごみは広域処理の対象にはならず、これまで同様、両市がそれぞれ民間委託を行うことで処理するようです。

広域化をする場合、焼却施設と不燃粗大処理施設の両者を設ける必要があります。西宮市につくるのか、あるいは芦屋市につくるのか?かなり大事な話です。今日の段階では結論は出ていませんが、両市の共通認識としてあるように感じたのは合理的かつ効率的。なるべくコストがかからない形での対応をしたいということです。当然ですが、大事な観点です。

では、それぞれの議論についてもう少し具体的な内容を紹介しておきます。

メリット

大きく分けて以下の二つが挙げられるとのこと。

  • ライフサイクルコストの削減
  • 環境負荷の軽減

環境省によると、処理施設の処理能力と施設整備費には0.6乗則の関係があると示されているようです。つまりは仮に2倍の処理能力を持つ処理施設をつくったとすると、整備費用は1.2倍で済むということ。いわゆるスケールメリットがはたらくためです。大規模施設を設けると固定費用は必要となりますが、その分たくさんのごみを処理できるようになるので、ごみのトンあたりにかかるコストが分散され、ごみ処理の1トンあたりの限界費用が安くなるってことです。

この考え方は芦屋市と西宮市の1トン当たりの処理コストを見たときに芦屋市の方が高くなっていることからも明らかです。

※参考 1トン当たり原価(円)
 H27H26H25
西宮市17,70715,56614,765
芦屋市23,45722,59727,598

デメリット

大きく分けて以下の二つが挙げられるとのこと。

  • 運搬車両の集中
  • 市民の利便性への影響

広域化を行った場合、県道である芦屋鳴尾浜線を使って運搬することになります。芦屋鳴尾浜線を両市の運搬車が行き交うことになるので、交通渋滞などへの心配があるとのこと。今日の協議の中では、中継地をつくったり、ごみを大型車に詰め替えたりすることで運搬車両を抑制できないか?という議論がありました。確かに、やり方次第でどうとでもなりそうな部分です。メリットとして挙げられているスケールメリットと比べても軽微なデメリットのように感じました。

また、ごみの収集区分が変わる可能性があることで市民の利便性に影響するのでは?という懸念が挙げられていましたが、それは一過性のもので、より良い形を模索することでメリットに転じられるのではないか?という議論がありました。そのとおりだと思います。例えば、ビン、カンの収集日が増えるなら、変更に慣れる必要があるかもしれないですが、慣れてしまえばそれはメリットです。

運営のやり方

以下のようなパターンが挙げられるとのこと。

  • 事務の委託
  • 一部事務組合
  • 広域連合
  • 協議会

それぞれにメリットデメリットがあるんですが、今回の広域化のテーマが「ごみ処理」ということを考えると、事務の委託 とか 一部事務組合という選択になるのかなぁって思います。ちなみに先日視察に行った伊丹市と豊中市の広域施設では、一部事務組合をつくっているとのことでした。このへんも次回以降に色々協議が行われていくことでしょう。

費用負担の考え方

費用負担の考え方としては、負担の比率をどうするか?って話ですね。たぶん一番揉めると言うか、激論が交わされるところだと思ってます。他市の事例では、以下のやり方が一般的とのこと。

  • 均等割
  • ごみ排出量割
  • 処理能力割
  • 人口割

広域化については費用負担が肝になってくると思います。なので、次回以降に濃密な議論をするんだろうと予想しておきます。

次回の会議は?

今日のところは踏み込んだ議論にはなりませんでした。踏み込んだ議論は次回以降に持ち越しということですね。次回の会議は7月に行われるとのこと。今回は芦屋でしたから、次は西宮ですね。

芦屋市では、4月15日から「市民と市長の集会所トーク」が開催されています。
http://www.city.ashiya.lg.jp/gyousei/syuukaisyotouku/syuukaisyotouku.html

山中市長になってからの取り組みだそうですが、市民の方々からの認知度も高く、毎年4月5月の恒例行事となっています。市長と直接話をできる機会があるというのはすごく良いことだと思います。ただ、参加者がレギュラー化されているという事実もあるみたいですが・・・。

集会所トークには議員さんも多数お越しになるんですが、僕はこの4月はバタバタしていて、これまでの集会所トークには参加できてませんでした。ただ今日は13時から竹園集会所で、15時半から西蔵集会所で開催されています。せめて地元ぐらいは・・・ということで参加しました。いや、ホントは全部行かなアカンのは分かってるんですが・・・。

参加者の人数は数えていませんが、市議会で実施している議会報告会や会派で行った市政報告会よりもたくさんの人が来られていたと思います。さすがです。継続は力なり!

さて、この集会所トーク。市内の各集会所で行われているだけあり、地域のローカルな課題についてもお聞かせいただくことができました。まあ、市長、副市長、教育長を初めとして、市長部局の部長さん方が出席されている会です。今日お聞かせいただいた件について、僕らが積極的に動く必要はないと思いますけど。でも進捗が無さそうであれば動くようにしたいと思います。

集会所トークは山中市長の軽妙なトークで進行されるので面白いです。各地の集会所に赴くと同じ話でちょっと飽きちゃいますけど。今後もまだ行われますので、興味のある方は是非お越しいただければと思います。一般的に、こういう場に若い人が来られるケースと言うのは少ないです。だから若い人も是非、足を運んでみてくださいね!

日程場所時間
4月24日(月)三条集会所19:30~21:00
4月25日(火)茶屋集会所
4月26日(水)大原集会所
4月27日(木)春日集会所
※4月17日分の振替

今日は呉川町の福祉センターにおいて「市立幼稚園・保育所のあり方について」に関する説明会が開催されました。2まわり目の説明会はこれが最後ですね。参加人数は15人程度と少なめ。15人のうち、5人は議員ですし、それ以外の中にも他会場でお見かけする方も参加されているところを見ると、多くの市民の方にご参加いただくのは難しいようです。

さて、今日のやりとりを紹介しておきます。あくまで参考なので、正式なものは市から公開される会議録をご参照ください。

全体的な部分に関する質疑

芦屋市の3歳~5歳の子どもがどの施設を利用しているのか、具体的な数字を出してほしい。
平成28年度の学校教育審議会の第2回に資料として提出しており、市HPにて掲示している。
資料13(芦屋市における就学前児童の入園・入所率等)

保育所に関連する質疑

保育所を民間移管した場合、金額的にどれぐらいの効果がでるのか?
27年度決算額で言うと、公立保育所の1年間のランニングコストは、1箇所あたり平均で約1億6000万円。一方で私立にかかる市費の平均は1箇所あたり約3300万円。大まかな額としては、両者の差額分の効果があると思われる。
民間移管した場合の土地と建物は貸与するのか、売却するのか?
現時点では決まっていない。これから決めていく。
民間移管した場合、保育料はどう変わるのか?
公立も私立も保育料は変わらない。
公立保育所の職員数はどれぐらいか?
正規職員数は77人。

幼稚園に関連する質疑

「公立幼稚園での3年保育について、慎重に考えるべき」という学校教育審議会からの答申があったとのことだが、どういう意味なのか?
私立幼稚園の園児募集に対し、公立幼稚園の動向がダイレクトに影響する。芦屋市内の幼稚園は明治の終わり頃に精道幼稚園ができたあと、昭和9年まで公立幼稚園はつくられず、その間、芦屋市内の幼児教育は私立幼稚園がけん引したという歴史がある。私立幼稚園は芦屋市の幼児教育の一翼を担う存在であるため、公立と私立が共存する形を取り、保護者の選択肢を設ける必要がある。
公立幼稚園の職員数はどれぐらいか?
正規職員数は40人。
朝日ケ丘幼稚園の跡地はどうなるのか?跡地の利用について、誰が主体となって進めていくのか?
教育委員会と子育て担当の部署において利用を考える。地域の方々のニーズや意見を聞きながら進めていく。用途については具体的には決まっていないが、すぐに民間に売却するということではなく、子育てに資する用途に使っていきたい。
朝日ケ丘幼稚園が岩園幼稚園に統廃合された場合、通園は徒歩のみなのか?
全園とも、自転車通園をOKにしている。

今日は呉川町の福祉センターにおいて「市立幼稚園・保育所のあり方について」に関する説明会が開催されました。夜開催だからかもしれませんが、参加人数は13人。うち議員が僕を含めて4人。残る8人の中には他の会場でもお見かけしている方も含まれていますので、広く多くの市民の方にご参加いただくのはなかなか難しいようです。

ちなみに今日は朝昼晩のトリプルヘッダーだったようで、当局の方の表情にも疲れが見えました。説明を丁寧にしてもらいたいとは思うものの、同日の3回開催はさすがに大変だと思います。ご苦労様でした。

2まわり目の説明会は、金曜日の10時から福祉センターで行われる分でラストです。まだ行かれていない方で参加したいと言う方は、是非ご参加ください。3まわり目の説明会もやるのかもしれませんが、今のところは未定です。

さて、今日のやりとりを紹介しておきます。あくまで参考なので、正式なものは市から公開される会議録をご参照ください。

全体的な部分についての質疑

説明会の中で、どれぐらいの人が賛成しているのか?
正式な数を取っている訳ではないが、否定的な声を聞くことが多いように感じる。ただ、幼稚園の園数が減ることについては1年前から議論が始まっていることであり現状を顧みると止むを得ないというご意見が多いと感じている。
今回の計画は待機児童対策ではない。先々の対応よりも、今の待機児童に対して対応する方が先なのではないか?幼稚園の空き教室を利用して保育の受け入れや幼稚園の3年保育を実施すれば良い。
直近の待機児童対策も大事だが、将来的な対応も必要だと考えている。市内の待機児童の多くは0~2歳であり、幼稚園で受け入れ可能な3歳の人数割合は低く、現状の効果的な対策であるとは言い難い。
根拠である市民ニーズの数字が古い。新たにニーズの聴取をすべき。
内閣府が示している中間見直しはニーズ量と実数の10%以上の乖離があれば見直しを検討すべきというもの。今、見直しを検討することになれば以前取得したニーズ量の方が上になる。そうすると施設の引き下げを検討することに繋がるため、見直しは行わない。待機児童対策はまだまだ対応しなければならない。

保育所に関連する質疑

保育所に通う子ども達から「保育所が潰れる」との声が聞かれている。どのようにしてフォローするのか?
そういう声があることを把握していなかった。事実確認する。それが事実であるならば、理解してもらえるよう、説明が必要。
選定について、夢工房問題の反省をどのように反映しているのか?
選定条件をより詳細にするなど、対応していこうと考えている。23日の選定委員会にて、委員の意見を聞く。選定委員会は、内容によっては非公開となり得る会議だが、公開できる部分については傍聴も受け付ける。
民間移管を実施している近隣市はどこ?そしてその情報は何を見れば分かる?
尼崎市、神戸市、大阪市など。
そういった情報は当該自治体のHPにて公開されている。
市独自の配置基準など、公立保育所がやっていたサービスは民間に移管すると守られなくなるのでは?
市独自の保育士の配置基準については選定時の公募条件に含める。条件を満たせない事業者を選定することはない。事業者負担が高くなることに繋がるが、市独自の基準については市単独補助を出しているため応募事業者がないということは想定していない。その他のサービスについて、公募条件に含めるかどうかは現状では未定。

認定こども園に関連する質疑

保育士と幼稚園教諭の資格を併せ持つ「保育教諭」の割合はどれぐらいなのか?国基準を上回る市独自の配置基準を満たせる見込みがあるのか?
正確な割合については確認中。ただ配置基準を満たせるだけの見込みが立つ人数がいることは確認している。
精道保育所の解体を行う間、同保育所に通う子どもたちはどうなるのか?
幼稚園を認定こども園として運営し、保育所に通っていた子どもたちを預かる。ただし、精道の認定こども園の設置場所は幼稚園跡地か保育所跡地かは未定。
宮川幼稚園、伊勢幼稚園が廃園になる際に同園に通っている子どもは廃園になった後の次の入園先を自由に選べるのか?
廃園時に両園に通っている子どもについては基本的には西蔵に新設される認定こども園に引っ越しとなる。
精道の認定こども園は150~200人と、規模が大きい。大規模施設において子どもの面倒をしっかり見てくれるのか、不安がある。精道幼稚園と保育所の2か所をそれぞれ認定こども園にすることは難しい?
規模が大きくなることへの不安の意見は多く頂戴している。規模が大きくなることでの問題が起こらないよう、対応していきたい。2か所を認定こども園にするというのは現実的に難しいが、意見として承る。

その他

各種の委員会に市民は何人ぐらい所属しているのか?子育てに直面している一般の市民のウエイトを高くしなければ議論の流れが専門意見にリードされてしまうのでは?市民意見を先に聴取し、それについて行政担当者や学識経験者の意見を重ねるようなやり方をすべきではないか?
教育委員会は、教育長を含めた5人とも芦屋市民。学校教育審議会の10人の構成は以下のとおり。
  • 市民代表:1人
  • 自治会代表:1人
  • 幼稚園のPTA:1人
  • 小学校校長:1人
  • 公立幼稚園園長:1人
  • 私立幼稚園園長:1人
  • 保育所所長:1人
  • 行政担当者:1人
  • 大学教師:2人
次回、学校教育審議会を開催する際にはメンバーについて、頂戴した意見を参考に検討する。

↑このページのトップヘ