芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:政党活動 > 選挙応援

今日は市内での活動の後、夕方から尼崎へ。今日も光本けいすけ候補の支援です。武庫之荘駅南側での夕立の応援の後、南武庫之荘総合センターにて開催された個人演説会のお手伝いに行きました。
18814160_1308278249293030_860483827555125467_n

個人演説会では一応、名前だけはご紹介いただきました。ありがとうございます。でも僕的には先生って言われたりして特別扱いされるのはあまり好きじゃないですから、気持ちとしては完全裏方。応援弁士が誰もいない・・・みたいな寒い状況だったら前に出ますが、他にも尼崎選出の徳安兵庫県議や須磨区選出の住本神戸市議が来られていたので、応援弁士はお二人にお任せしました。言っても県と政令市の議員さんですから。一般市の議員である僕が喋るのとは箔が違います。

個人演説会は30人ぐらいのキャパのお部屋で行われましたが、ありがたいことにほぼ満席。19:30~という出にくい時間帯の会でありながら、これだけの方々にお越しいただいたのは純粋に感謝です。僕も市政報告会をやりましたが、集客はホント大変なんです。光本候補への期待の裏返しなのかなと感じました。
18740515_1308278312626357_3737771993714655196_n

光本候補はとても熱のこもった素晴らしい演説をされていました。感動して涙を流されている方も。こういうのを見ると、僕も熱くなってきてちょっと話したくなってきますが、その辺は我慢。本人が喋らないと意味ないからね。

光本候補の演説だと、尼崎は財政状況が芳しくないようです。そんな状況なのに、自らの報酬をアップし、自らの私腹を肥やすことに積極的な議員がいる。そんな議員は選挙では市民目線とか、市民とともにとか耳触りの良いことを言っている。なるほどなるほどと思いつつ、実際のところはどうなんだろうかってことで尼崎の財政状況について調べてみました。

財政状況を調べる場合、兵庫県が出している財政状況資料集を見るのが良いんですよね。総務省が各自治体に「出しなさい!」って言っているもので、嘘がつけない(笑)
https://web.pref.hyogo.lg.jp/kk25/27zaiseizyoukyousiryousyuu.html
とりあえず、主要な財政指標である実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、将来負担比率を見てみようと思います。

  1. 実質赤字比率
  2. 実質赤字比率とは、財政規模に対し一般会計に生じている赤字がどれぐらい大きいのかってことを示します。

    平成20年度なし
    平成21年度なし
    平成22年度なし
    平成23年度なし
    平成24年度なし
    平成25年度なし
    平成26年度なし
    平成27年度なし

    まあ、当然ありません。いや、これが赤字やったらやばいです。だって一般会計は赤字にならないように基金から補てんしますから。この指標が赤ってことは、財政基金でも及ばないぐらい単年度赤字が出てるってことになります。だから赤が続いているような状況だったらやばすぎです。

  3. 連結実質赤字比率
  4. 続いて連結実質赤字比率。財政規模に対して自治体全体の赤字がどれぐらい大きいのかってことを示します。

    平成20年度なし
    平成21年度なし
    平成22年度なし
    平成23年度なし
    平成24年度なし
    平成25年度なし
    平成26年度なし
    平成27年度なし

    基本的に決算時に赤が出ないように調整しますので、当然ありません。これも赤が出てたらやばすぎです。

  5. 実質公債費比率
  6. 次は実質公債費比率。財政規模に対して自治体の地方債の返金額がどれぐらい大きいのかってことを示します。

    平成21年度10.5
    平成22年度11.9
    平成23年度12.4
    平成24年度12.7
    平成25年度13.0
    平成26年度13.5
    平成27年度13.8

    全体の10~15%ぐらいを推移してます。まあ、そんなもんでしょう。ちなみに25%を超えると早期健全化基準に抵触し「なんとかせんとアカン」状況になります。

  7. 将来負担比率
  8. 次に、一番注目したい指標である将来負担比率。将来負担比率とはざっくり言うと、標準財政規模に対する借金の額です。例えば、将来負担比率が100%だった場合、持っている基金と1年間の収入の全てを借金返済にまわせば完済できる状況であるということです。

    平成20年度205.8
    平成21年度192.0
    平成22年度183.0
    平成23年度166.8
    平成24年度155.6
    平成25年度147.7
    平成26年度136.0
    平成27年度122.5

    当然、財政状況的には100%を下回る状況であることが望ましいんですが、お金は使わなければ貯まります。ですが自治体運営においては、その状況が良い状況とは言えません。市債は投資的経費にしか起債できませんので、必要経費として起債している場合は必ずしも悪手とは言えない訳です。平成27年度で122.5%なら許容範囲なのかなぁとは思います。平成20年から年々改善してますしね。もしかしたら芦屋市のように阪神淡路大震災の影響があり、大幅に上がったのかもしれませんね。

数字で見た場合、尼崎の財政状況はそこまで危機的状況のようには見えません。むしろ、年々改善していっているようにも見えます。でも議員報酬をアップしても大丈夫大丈夫!っていうほど余裕があるようにも見えません。3年連続で期末手当をアップしても良いような状況では無いですね。つーか、人事院勧告の結果がそうだから、ほとんどの自治体で同じような推移をしてるんですけど、人事院勧告の判定がおかしい気がします。

ただ話を聞いていると、尼崎の場合、投資的経費の使い方に改善の余地があるような気もします。いわゆる事業の優先順位付けですね。そういうところをチェックするのが市議会です。市長部局からの提案について、全部賛成すること自体が必ずしも悪いという訳ではないですが、市長部局と議会との関係性がなあなあになっている結果、そうなっているのであれば大きな問題です。

光本候補は良いものは良い。悪いものは悪いとちゃんと言える人です。仮に市長からの提案が間違っているのであれば、議会が正す必要があります。地方議会の本来あるべき姿であるチェック機関の役割を果たすため、光本けいすけ候補は尼崎市議会に必要な人材だと僕は思っています。だから一生懸命応援してるんですよ。

さて、ここまで尼崎の財政状況を入念に見ましたので、やっぱり芦屋のも知りたいですね。でもすみません。それはまた別の機会に・・・。

今日は尼崎市議会議員選挙の告知日でした。ということで、朝からポスター貼りです。維新は選挙のときに議員がポスターを貼りに行くんですね。他の政党の方にお話しすると笑われてしまうことがあるんですが、地道な活動を支援することで自分の選挙のときにお手伝いいただくありがたみを実感することができる訳です。だから他党の人に笑われようとも、僕は良い風習だと思っています。

そんなわけで、今日は西宮市議の福井議員とともに朝からポスター貼りに奔走していました。計43か所。ぜーんぜん少ないやんか!と思う方もおられると思いますが、実はそうじゃなくてカラクリが・・・。

日本維新の会では、今回の選挙に8人の公認候補者を出しています。これが何を意味するか。そう、効率を上げるためにまとめて貼るっていう流れになるんですね。幸い8人のうち、2候補は「自分たちで貼ります」とおっしゃったので僕らが担当したのは6候補。なので、今回担当したポスターは「43枚×6人分=258枚」ということです。

しかも今回の選挙は驚異の60人出馬という状況ですから、相手は縦4段という超大型掲示板です。一番上になると、ガチ目のジャンプをせねば手が届かんようなところが出てくる訳ですよ!昨日の段階では一番上、大変そうだなぁ・・・とビビっていましたが、期待を裏切らず、2候補がしっかり最上段をゲットしました。

高さ的には見やすい位置なので選挙戦略的にはクジ引いた人、グッジョブ!なんですが、ポスター貼り的には大変でしたぁ。普通の倍以上疲れたね。9:30ぐらいからスタートして、14:30ぐらいまでノンストップでようやく終わり。腹減ったと言いながら、お昼も全部貼り終わってから食べたぐらいなので本当に頑張った(笑)

ちなみに余談ですが、いつも選挙に応援にいったときはポスターがコンプリートされた時点で写真を撮っていたんです。今日も楽しみにしてたのに18番の人が最後まで貼ってなかったんです!!!もうちょっと後なら貼られてるかな?貼られてるかな?って思ってたら夜になって撮りそびれちゃいました。明日も行く予定なので、明日には貼っていてほしいなぁ。貼ってなかったら、18番が空白の状態で撮ります。しゃーなしで。

さてさて、肝心の選挙ですが今日はJR尼崎に松井代表が来られたりと大盛り上がりでした。でも、僕自身は全然選挙カーとすれ違いませんでした。60人も出てるのに、なんか静かでした。残念。マニアックなところばっか歩いてたのかな。

兵庫維新の会では、各議員が担当を決めて応援に入っています。僕自身は、選挙前から光本けいすけ候補に入っています。光本さんは僕自身と共通点が多い候補と思っていて、兵庫維新の会のメンバーの中では勝手にシンパシーを感じている人です。運命的に良いチームに配属されました。よっしゃラッキー!

光本さんについては、政策面でも切れ者議員さんでしたけど、何よりも人柄です。人を裏切ることを考えてみたり、目先の小金に目が眩んで判断を誤ったり、人気取りで考えがブレたり・・・。光本さんとは2年間お付き合いしてきましたが、そんな下らんことで皆さんの期待を裏切る人でないことは間違いありません。少なくとも、僕が見てきた中ではそう断言できます。

誰に入れよっかなぁと迷っていらっしゃる方もおられるかもしれません。今日から1週間、光本さんは各地で訴えを続けます。どこかで聞く機会があればちょっとだけ足を止めて、耳を傾けてみてください。それで、信じてみようかなぁ。と思っていただければ、信じてあげてください。

今日は宍粟市議会議員選挙の告示日です。日本維新の会の公認候補として、前田よししげ候補が立候補しています。ということで、ポスターを貼りに宍粟市まで行ってきました。宍粟市、初めて行きましたが遠いです。そしてデカイ。20か所ぐらいのポスター貼りで3時間ぐらいかかりました。同じ兵庫県でも阪神間とは全然事情が異なりますね。
18119212_1270637659723756_1086624283622183515_n

宍粟市議会議員選挙の概要ですが定数16人のところに20人の候補が立候補されているとのこと。前回までは18人定数だったようですが、今回定数が2減となった模様。
18057916_1270634079724114_2114793641990444166_n

ウィキペディアによると、宍粟市の面積は658.54平方kmで人口が37,030人。人口密度が凄く低いです。実際、ポスター貼りで回った感じだと集落と集落の間が遠かったです。車を走らせても、無人のエリアが結構ありそう。この辺の選挙とは、まったく違うやり方をしないといけないのかもしれないですね。

前回の選挙結果を見ると、トップの人は2,748票を取られていて当選のボーダーラインは約900票。投票率は驚異の77.85%。今回は定数が2つ減っているので、ボーダーは更に上がります。
政治山-宍粟市議会議員選挙(2013年5月12日投票)候補者一覧

地域性や投票率を見ると浮動票は少なく、浮動票の掘り起こしが勝利の鍵を握る維新候補としては厳しい戦いを強いられるのは必至。これはガチで厳しい戦いになりそうです。

大変申し訳ありませんが遠方と言うこともあり、以降の選挙戦、僕はなかなか応援に入れないと思います。候補を初めとする陣営の方々には、とにかく悔いの無いように戦っていただきたいと思います。

赤穂市で、3月26日から赤穂市議会議員選挙が行われています。遠いところですから普段だったら余裕でスルーしている選挙ですが、今回は日本維新の会から公認で山野たかし候補が挑戦中です。今日は兵庫維新の会の青年局と女性局で演説をしてほしいという話があり、はるばる赤穂まで行ってきました。あいにくの雨模様でしたが。
17634415_1244509319003257_6113828505591814588_n

しかし、赤穂市はえらい遠いですね。候補者の事務所が播州赤穂駅の近くだったので電車で行けましたが、事務所が駅から離れたところだったら嫌だった(笑)兵庫県と言いながらも、別の県ですよね?というぐらい遠い。兵庫県っていうのは大きくて大変な県だなぁと改めて思います。在来線だけで2000円もかかりました。もちろん実費。車だったらもっと高くついたので電車で行けて良かった。

さて、選挙の状況はこんな感じ。
https://seijiyama.jp/area/card/3624/IjeAiA/M?S=lcqdt0qjqi0k
18人の枠のところで21人が挑戦。若い人も出てますね。ちなみに前回選挙の投票率は62.59%と過去最低だったらしいです。市議選で60%超えで低調って・・・凄い!
http://www.city.ako.lg.jp/senkan/documents/kakokiroku.pdf
芦屋は約53%で高い高いと喜んでいました。阪神間は一応都市部ですから、低めになりがちなんですよね。

山野候補は政務活動費の見直しや行財政改革などを公約に掲げていらっしゃいます。赤穂市は都市部と違い、依存財源が自主財源を上回っている地域です。市独自の事業を進めていくためには歳出を抑える努力を最大限実施する必要があります。なので、公約に掲げておられる内容は赤穂市にとって、とても重要なはず。実現のため、しっかり頑張ってもらいたいです。

投票日は4月2日の日曜日です。投票率が高い地域なので改めて言う必要がないかもしれませんが1人でも多くの方が投票に行ってくださることを望みます。

今日は昨日から始まっている丹波市議会議員選挙に日本維新の会公認で挑戦されている小川しょうさく候補の応援のため、朝から丹波でした。

丹波には初めて行きましたが、遠いですね。高速を使っても2時間ぐらいかかりました。でも兵庫県にはもっと遠い自治体があるんですよ。どんだけデカイんだよ兵庫県。。。

今日の活動は、兵庫維新の会の青年局と女性推進協議会を中心にした街宣活動でした。青年局からは住吉兵庫県議会議員光本尼崎市議会議員と大原。女性推進協議会からは徳安兵庫県議会議員高橋神戸市会議員が参加しました。

10時~16時まで街宣車でうぐいす・カラスをやりながら、スーパー前でのプチ演説会を数回。お昼以外は休憩を取りませんでしたから、けっこう頑張ったんじゃないでしょうか!?僕らをかわいそうに思って手を振ってくださる優しい方々ばかりだったのかもしれませんが、多くの方が手を振って応援してくださいました。
unnamed15095504_1188793087863503_6252607436775501627_n

暖かい方々のおかげでパワーをもらった半面、憤りを感じる場面もありました。以下の写真をご覧ください。
14947975_1188761657866646_4443049109976619246_n

丹波市内のポスター掲示場なんですが、注目すべきが赤丸部。小川候補のポスターがスプレーで黒塗りされているではありませんか!これは、公職選挙法違反に当たります。

(選挙の自由妨害罪)第二百二十五条  選挙に関し、次の各号に掲げる行為をした者は、四年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。

  1. 選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者又は当選人に対し暴行若しくは威力を加え又はこれをかどわかしたとき。
  2. 交通若しくは集会の便を妨げ、演説を妨害し、又は文書図画を毀棄し、その他偽計詐術等不正の方法をもつて選挙の自由を妨害したとき。
  3. 選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者若しくは当選人又はその関係のある社寺、学校、会社、組合、市町村等に対する用水、小作、債権、寄附その他特殊の利害関係を利用して選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者又は当選人を威迫したとき。

公職選挙法(昭和二十五年四月十五日法律第百号) 「第二百二十五条」より

一回ぽっきりなら、交換すれば済みます。ですが今回の事案はかなり悪質。

  • 複数箇所にまたがって行われている
  • 昨日今日と二日連続で行われている

悪意以外感じられない、本当にひどい行為。

15037197_1188761651199980_5682854900537105055_n

写真は今日回収したポスター。こんなにたくさん。この行為は、候補だけでなく丹波市民の権利をも侵害しています。また、各候補のポスターは各候補を応援する人が当選を願い、無償で貼ってくれているものです。そんな思いまでも踏みにじる行為です。他候補やその支持者が見ても、良い気分はしないでしょう。

本件については、警察も動いてくれているようです。応援する人々の気持ちを踏みにじり、多くの市民を馬鹿にした行為を行った犯人を捕まえてもらいたいと思います。

↑このページのトップヘ