芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:その他議員活動 > 市内の状況

以前、LINEを活用した道路と公園の不具合連絡についての 芦屋市の取り組みを紹介しました。

LINEでの不具合連絡をやってみた

発注しましたよ~という連絡はいただいていましたが、現場確認をしていませんでした。 今日、現場前を通ったとき、ちゃんとご対応していただいることを確認しました。

なので、以前に書いた記事の続編という意味も込め、 LINEでの不具合受け付けについて、紹介しておきたいと思います。

なお、僕が依頼した場所は以下のようなビフォーアフターに。 ここの雑草は生命力が強すぎて、コンクリートで固め直しても突き破ってくるようです。 また、川が近いので除草剤も撒きづらい。ということで、都度刈り取るしかないようです。 気付いたら頼むようにしておきます。

IMG_2018-11-13_22-59-17 DSC_0006

市内全体での取り組みですが、11月30日付での芦屋市の発表によると10月の受け付け件数は以下の通りだそうです。

所管課対応済一部対応済対応予定確認済対応不可その他合計
道路課1539913257
公園緑地課21442013

基本的には、放置はせずに動いてくれているものだと思います。 ひきつづき、バンバン通報してください。 通報があればあるほど芦屋市が過ごしやすい街になると思いますので。 できれば、道路課と公園緑地課から「通報多すぎて困る!」という嬉しい悲鳴で溢れかえしたいですね(笑)

道路課や公園緑地課の職員さんもパトロール等してくださっていますが、 狭い芦屋市と言えど、職員さんだけで細かいところまで全てチェックしていくのは難しい。 なので市民の皆さん方の目が大事になってきます。僕も注意しながら歩くようにはしたいと思います。

LINEはガラケーでは利用できませんが、スマホ・タブレット・PCから利用可能です。 LINEの利用を推奨している訳ではありませんが、通報のお手軽さはピカイチ。 道路・公園でのお困りごとがあれば、是非ともご利用ください。

先日、呉川町の防犯パトロールで回った際に気付いた問題点がありました。

対策について市の所管課に連絡しようと思っていましたが、10月1日から 道路と公園の不具合について、LINEでの受付を開始したことを思い出しました。 せっかくなので、LINEでの受付についての周知も兼ねて、これで連絡してみました。

【芦屋市】LINEを活用し道路と公園の不具合を受け付けします(受付開始10月1日から)

と言っても、なんてことはありません。 LINEの友達追加で「@ashiyashi5401」を検索し、芦屋市のアカウントと友達になるだけ。 あとはトーク画面で普通に連絡すればOKのようです。

IMG_2018-11-13_23-18-58

AIとの連動はしていないので、決まりきった文言しか返信がないですが 一応、自動返信されます。

今回報告した点は「道路の路側帯のところに雑草が茂っており、歩行者が通れないので 雑草を撤去してください」という趣旨の要望。LINEでの連絡に対して対応してくれるのか? しばらく様子を見てみたいと思います。

IMG_2018-11-13_22-59-17

いずれにしても、LINEを使うと通報の敷居は低くなると思います。 受付自体は24時間OKとなりますし。職員の方や、我々議員も市内の様子をチェックしていますが 全てのエリアを網羅的にチェックするのは難しい。市民の皆さんから、報告をたくさん 挙げていただくことで、市内の状態が改善します。 LINEをお使いの芦屋市民の方には、是非とも友達登録をしてもらいたいと思います。

夜になると、芦屋市役所が青い光で照らされているのをご存知ですか?これ、実は特別な取り組みに基づくライトアップなんです。
17795739_1249150928539096_3641327816285966904_n

その名もLight It Up Blue Japan 2017。国連が定めた発達障害啓発週間に合わせて開催されているキャンペーンです。毎年4月2日は国連が定めた世界自閉症啓発デーであり、4月2日~8日は発達障害啓発週間とされています。発達障害啓発週間とは全世界の人に対し、自閉症をはじめとする発達障害を啓発し理解してもらおうという趣旨のものです。

そして癒しや希望を表す色である「ブルー」を自閉症、発達障害を理解してもらうためのシンボルカラーとし、趣旨に賛同する団体がブルーライトでライトアップするキャンペーンがLight It Up Blue Japan、通称LIUBJです。

芦屋市としても同取り組みに対して賛同をしているため、市役所をブルーにライトアップしています。4月8日まではライトアップを続けるはず。

ライトアップですから当然、夜にやることになります。なので通勤、通学に阪神電車を利用される方や夜に市役所前を通る方にしかご覧いただけないとは思いますが、もし良ければ一度ご覧ください。そして、皆さんで発達障害について考える1週間としましょう。

最近、こっそりと芦屋市役所がブルーライトでライトアップされています。何のためのライトアップかご存知でしょうか。
12963724_938281492959376_5211447336866904813_n

毎年4月2日は国連が定めた世界自閉症啓発デーです。また、4月2日~8日までは発達障害啓発週間とされています。日本では、Light It Up Blue Japan 2016と銘打ち、賛同する各地にてブルーライトでのライトアップを行っています。芦屋市も活動に賛同し、啓発週間はずっと市役所をライトアップしています。

ブルーライトはとてもきれいですが、何でブルーなん?というのも気になりますね。Light It Up Blue Japan2016実行委員会によると、以下のとおりだそうです。

周囲の環境によって心の平穏を保ちにくい自閉症の人たちが落ち着きを取り戻せる癒しの色として選ばれました

気持ちが込められた素敵な光ですよね。

障がいをお持ちの方々のことを正しく理解するのはとても大事です。しかしながら、身近に障がいをお持ちの方がおられない場合、分からないですよね。そういう人に自閉症の方の事を知っていただこうという運動が今回の啓発活動となります。

でもこういう取り組みは全然報道されませんよね。メディアはしょうもないことばかり取り上げるのでは無く、こういう取り組みの事を積極的に取り上げてくれたら良いのに。

前述のとおり、4月2日~8日の間は市役所にてライトアップを続けるようです。夜に芦屋市役所前を通る事があれば、一度ご覧いただければと思います。

市役所から南に下った国道43号線精道交差点にエレベータが完成し、2月1日から供用開始となっています。
12472293_933275853459940_644212238323301112_n 10399745_933276000126592_7103299024071666990_n

市役所へは歩いて通っているのでずっとエレベータ前は通っていました。ですが特に利用せず通り過ぎるだけ。このたび、人通りが少ない時間帯を見計らって使ってみました。

当然ながら、歩道橋のスロープを通るよりも楽でした。この交差点には歩道橋も設置されています。ですが写真を見ていただいたら分かる通り、かなり長いスロープ。高齢者や足の悪い方にとってはしんどい歩道橋です。
12931041_933276090126583_3357006879738045571_n

エレベータはまだ北側にしか使用できませんが、今まで歩道橋を使われていた方にとってはかなり便利になったのかな~という気がします。また、歩道橋から市役所に直接行ければ楽なのに~というお声を時々耳にします。やっぱりここを繋ぐのは難しいんですかね。

このエレベータ。僕が議員になる前に立てられた予算で作られたものです。てっきり国のお金で作ったものだと思っていたんですが調べてみたら違ってました。

あのエレベータってどうなん?と聞かれる事も多いので、背景について紹介しておきたいと思います。

このエレベータは、国の社会資本整備総合交付金を活用した「バリアフリー環境整備促進事業」として設置されたものになるそうです。

北側エレベータについては一部の国庫補助はあるものの、基本的には市の財源で設置しています。予算は以下のとおり。

国負担19,550,000
市債45,800,000
市負担5,119,000
総計¥70,469,000

そして、南側エレベータについては国負担(国交省が設置工事を実施)です。費用対効果としてはどうなのかは現時点では分かりません。ですが議会で承認を受けた予算で施工されたものですので、高齢者の方々や足の悪い方々に有効に使っていただければと思います。

↑このページのトップヘ