芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:その他議員活動 > 事務作業

とても遅くなってしまいましたが、本日、選挙の収支報告を選管に提出しました。

今日は祝日やで?と思う人もいると思いますが、 収支報告の提出期限が5月6日と祝日であることもあり、 選管が5月4日~6日まで休日出勤で対応していただいています。

4年前も連休中だったかなぁと疑問に思いましたが、 今年は4年前よりも1週間前倒しで選挙が行われていたことを思い出しました。 収支報告については、選挙が終わってから15日以内に行わなければならないと公選法で定められています。 そのために連休中が提出期限ということに。

(選挙運動に関する収入及び支出の報告書の提出)
第百八十九条 出納責任者は、公職の候補者の選挙運動に関しなされた寄附及びその他の収入並びに支出について、 第百八十五条第一項各号に掲げる事項を記載した報告書を、前条第一項の領収書その他の支出を証すべき書面の写し (同項の領収書その他の支出を証すべき書面を徴し難い事情があつたときは、その旨並びに当該支出の金額、 年月日及び目的を記載した書面又は当該支出の目的を記載した書面並びに金融機関が作成した振込みの明細書であつて 当該支出の金額及び年月日を記載したものの写し)を添付して、次の各号の定めるところにより、 当該選挙に関する事務を管理する選挙管理委員会(参議院比例代表選出議員の選挙については中央選挙管理会、 参議院合同選挙区選挙については当該選挙に関する事務を管理する参議院合同選挙区選挙管理委員会)に提出しなければならない。

一 当該選挙の期日の公示又は告示の日前まで、 選挙の期日の公示又は告示の日から選挙の期日まで及び選挙の期日経過後になされた 寄附及びその他の収入並びに支出については、これを併せて精算し、選挙の期日から十五日以内に

二 前号の精算届出後になされた寄附及びその他の収入並びに支出については、 その寄附及びその他の収入並びに支出がなされた日から七日以内に

投票日が連休に被らないように対応したら、収支報告の締め切りが連休に被ってしまう。どっちも大変ですね。 意外なところで改元の影響が出ていました。何にせよ、大きな宿題がクリアできたので良かったです。

公選法については、昭和25年に施行された古ーい古ーい法律です。 個別の事例は挙げないですが、今の時代にはあってない。。。というものも多いです。 令和になった今、新時代に適応させる形でブラッシュアップしてほしいなぁと切に思います。

選挙も近づいてきて、色々な方のビラを目にするようになりました。 その中で気になるのは「○○をやりました」という趣旨の記載。

いや、やったのは執行機関側やん…。と思うんですが、 確かに、議会で取り上げたことで参考になったり、気付きになったりして、 実現のための推進剤になっている部分もあるのかもしれません。

僕も任期4年間で一度も欠かさずに一般質問を実施しています。 芦屋市の場合、ほとんどの議員さんがそうなので、自慢することではありませんけどね。

また、委員会の場においても色々と発言をしてきています。 なので、ここいらで一旦、取りまとめをしておきたいと思います。 「○○をやりました」というよりも、質問した結果、こうなったという形での記載ですね。

4年分なので時間がかかりそうですが、なるはやでまとめたいと思います。

掲載の対象となるだろう自身のWebサイトについてはデザインの修正については放置気味でしたが 選挙を迎えるにあたり、イメージカラーに合わせる修正をかけました。 その修正にプラスして、これまでの取り組みをまとめたページをつくりたいと思います。

なお、今、作業を仕掛かっているところですが、 時間の経過によって諸々の理解が深まっていることを感じます。 例によって、このアプローチでの質問が必要だーと思い直すことも。 これは選挙のたびにやるのではなく、年ごとにやった方が良い作業だなと。 総括作業は大事ですね。

昨晩、総括質問の原稿作成が終わりました。 トータルで11300字となりました。

1分間で読める文字数は300字説と400~600字説があります。 なので、壇上での発言時間は38~19分ぐらいですね。 まあ、こんなもんかな。

ちなみに、以前に総括質問を行ったとき(3年前)は10500字ぐらいでした。 前は寺前議員にも手伝ってもらいましたが、今年は原稿は1人で書きました。 成長しているでしょうか?笑

総括質問対応は一旦一区切りなので、ひとまず肩の荷は降りました。 まだまだやることがたくさんあるので、大変ですけど…。

今日は選挙のときに配るビラの原稿をつくっていました。 自分の思いを書けば良い訳ですが、それが市民に受けるのか? 少し不安にもなります。

確かに市民受けするようなことも書けます。 聞こえの良いことをつらつらと書くことも、演説することもできます。 人気を取りに行くなら、媚びても良いかもしれません。色々やり方はあると思いますし。 でも、それは個人的にはやりたくないです。

と言いながら、聞こえの良いこと書くのは楽だなぁと思う自分もいたりします。 楽したいなぁという誘惑に負けないようにしながら、自分の思うところを突き進みたいと思います。

今日も昨日に引き続き、総括質問のヒアリング。 一応、今日中にヒアリングを完了することができました。

昨晩も大変だったんですが、残りは質問原稿の作成です。 相も変わらずショートノーティス。今晩中に全部作成して送信します。 ちなみに、昨日は3時とか4時台にメールを送るクソ迷惑っぷり。 今日はもうちょっと早く送れるように頑張ります(笑)

ちなみに、今回は以下のテーマで通告を行いました。 施政方針に則って質問項目を挙げています。

平成31年度施政方針(芦屋市)

  1. 「人と人がつながって新しい世代につなげる」について
    • インターネットを用いた市民モニター制度について
    • 児童虐待防止に繋がる情報の連携について
    • 病児保育事業について
    • 読書活動について
    • 生徒指導におけるSNSトラブルの防止について
    • 放課後児童健全育成事業について
  2. 「人々のつながりを安全と安心につなげる」について
    • ヘルスアップ事業について
    • 国民健康保険医療費適正化対策について
    • 水面監視カメラ設置と公開について
  3. 「人々のまちを大切にする心や暮らし方をまちなみにつなげる」について
    • 屋外広告物について
    • 都市施設の整備優先度等の検討について
    • JR芦屋駅南地区の商業について
  4. 「人々と行政のつながりをまちづくりにつなげる」について
    • 人事評価について

全部で13項目。どれぐらいの時間になるかは現時点では分かりませんが、 持ち時間の60分をフルに使うことはなさそうです。 質問が長い=長時間朗読を聞かされると言う地獄の時間になりますし、 なるべく端的に内容のあるやりとりをしたいところです。

しかしまあ…年度末のこの時期は非常に、ホンマに忙しいです。 確定申告もあるし、議会活動もあるし、選挙の準備もあるし。。。 立候補の手続きってこんなに大変だったかな?前は1人でよくやったなって感じです。 新人で、手続き関連に注力できたからそんなに大変じゃなかったのかもしれないですね。 1件ずつコツコツとこなしていくしかないんですが、体がもう一つ欲しいです。。。

今日は議会運営委員会に参加した後、総括質問の質問通告を行いました。

議会運営委員会では、先日提出された直接請求に関する決定事項の確認。 直接請求に関する決定事項は以下のとおり。

  • 日時:3月5日(火) 10時
  • 場所:芦屋市議会議場
  • 人数:条例制定請求代表者のうち5人以内
  • 陳述時間:陳述者全体で30分以内

議運の正副委員長の方で事前に調整いただいていたため、 今日の議運としては報告を聞いて異議なしと言うだけ。時間で言うと5分ほどで終わりました。

議運はささっと終わったんですが、今日のメインディッシュは質問通告。

一般質問もそうですが、通告と質問の齟齬を無くすために 事前に所管課の課長さん方とヒアリングをします。 別に台本をつくるためではありません。あくまで円滑なやりとりをするために 必要な時間だと思っています。

ただ総括質問は施政方針全般に対する質問。必然的に対象となる所管課が多岐に渡ります。 今日の午後に通告しましたが、帰るまでの間にたくさんの所管課さんとヒアリングしました。 普段の一般質問だと3件ぐらいのアポで終わるんですけど、総括質問は件数が多く、大変です。

ヒアリングが立て続けにあった関係で、今日は珍しく残業に。 議員控室は事務所ではないため、基本的には定時には帰るようにしているんですが この時期は仕方ないですね。ヒアリングは明日までなので、明日も残業になりそうです。

そして、原稿の提出期限が非常にタイト。今日は寝られないようです。 もうちょっと早く通告しておけば良かったのかもしれませんが、総括質問のときはいつもこうなってしまいます(笑)

↑このページのトップヘ