芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:その他議員活動 > 事務作業

芦屋市議会では、一般質問を通告した後は、通告した内容を所管する部署の職員さんからヒアリングを受けます。

議会のやりとりは学芸会?

議会のやりとりは学芸会みたいに揶揄されることがありますけど、 芦屋市議会の場合は違うと思っています。

芦屋市議会でヒアリングを実施しているのは、文章だけでは質問の意図を読み違える可能性があるからです。 質問の意図を読み違えてしまうと検討違いの答弁をしてしまったりと、やりとりが噛みあわなくなる恐れがあります。 一般質問は議員のためのセレモニーでは無くて、市政を発展させるための貴重な時間です。 貴重な時間が噛みあわないやり取りで無駄に消費されてしまうのは、市民にとっても不幸です。

芦屋市議会におけるヒアリングは、議員が職員さんに色々と教えてもらうためのヒアリングでは無くて 文書通告をした後に直接会ってやりとりすることで、質問の意図をしっかりと伝えるためのヒアリングです。

一般質問の原稿

ヒアリングの最後のやりとりは、「で、原稿は?」という話。 原稿の提出は任意です。でも、職員さんの方で答弁書をつくるにあたり、 最終の文章が見たいというところから多くの議員さんが提出していると思います。

僕も提出しています。議論が噛みあわないのはなるべく避けたいですし、 原稿は実際に質問する際に必要になるものですから、遅かれ早かれつくるものだからです。

今回は、この土日の間に提出します~という話に。 なのでここ数日は、夜な夜な原稿をつくるという作業をやっていました。 議会中は自ずと夜が遅くなるので、朝もゆっくり目になってしまいます(笑)

ですが何とか、原稿書けました。あとは2回目以降の質問をどうやって組み立てていこうかな~というところ。 一般質問は何度やっても反省が絶えません。一度ぐらい、自画自賛できる一般質問をやってみたいところですけど…。

今日、一般質問の通告を終えました。

質問の順番は?

事務局に張り出されている紙を見る限りでは、 僕の前には11人ぐらいの通告者がいたような気がします。 芦屋市議会の一般質問順序は「通告した順」。 なので、よっぽどのことが無い限りは12番目ぐらいになるのかな?と思っています。 何人通告するか分からないですが、2日目になるのは間違いなさそうですね。

他市ではくじ引きで順番を決めるところもありますが、 出したもん順という方が色々と駆け引きがあって僕は好きです。 早めに終わりたい人と、人のを聞いた上で質問したい人、色々と好みが分かれます。

何聞くの?

詳しい話は当局側の所管部署の方々からの ヒアリングを終えてからになりますが以下の項目を通告しました。 副項目は通告の範囲外ですけど、内部的な情報として。

  • ネーミングライツ売買を活用した財源確保について
  • 創業支援策の強化について
    • 起業コンテストの開催
    • 既存補助制度の周知
  • 防犯対策の強化について
    • 防犯カメラやドライブレコーダーによる捜査協力
    • 地域別の犯罪情報取得について
    • 緊急時の防犯情報の発信

基本的には財源確保についてのテーマと 芦屋市のバリューを高めるためのテーマに絞っているつもりです。 あまりこういう分野を聞く議員さんがいないので、 2期目もこういう路線で頑張っていこうと思います。

芦屋市議会の6月定例会は昨日が告示日でした。 なので、一般質問の通告も始まっています。 一般質問を行う場合、21日までに通告を終える必要があります。

僕は、まだ通告ができていないので今日は一般質問の準備をしていました。 来週の早い段階では通告したいなぁと思っていますが、どうでしょうか。 とにかく頑張りたいと思います。

さて、今回通告しようと思っているテーマは 財政に関わる話と公約に掲げているところからの話を考えています。 市民生活には直接関わらないかもしれませんが、トータルとしては プラスになる話だと思いますので、しっかり取り組みたいと思います。

選挙が終わってから1ヶ月以上の空きがあり、久々の議会ですから楽しみです。 色々とバタついているところもありますが、まずは芦屋市議会議員としての役割をきっちりと。

とても遅くなってしまいましたが、本日、選挙の収支報告を選管に提出しました。

今日は祝日やで?と思う人もいると思いますが、 収支報告の提出期限が5月6日と祝日であることもあり、 選管が5月4日~6日まで休日出勤で対応していただいています。

4年前も連休中だったかなぁと疑問に思いましたが、 今年は4年前よりも1週間前倒しで選挙が行われていたことを思い出しました。 収支報告については、選挙が終わってから15日以内に行わなければならないと公選法で定められています。 そのために連休中が提出期限ということに。

(選挙運動に関する収入及び支出の報告書の提出)
第百八十九条 出納責任者は、公職の候補者の選挙運動に関しなされた寄附及びその他の収入並びに支出について、 第百八十五条第一項各号に掲げる事項を記載した報告書を、前条第一項の領収書その他の支出を証すべき書面の写し (同項の領収書その他の支出を証すべき書面を徴し難い事情があつたときは、その旨並びに当該支出の金額、 年月日及び目的を記載した書面又は当該支出の目的を記載した書面並びに金融機関が作成した振込みの明細書であつて 当該支出の金額及び年月日を記載したものの写し)を添付して、次の各号の定めるところにより、 当該選挙に関する事務を管理する選挙管理委員会(参議院比例代表選出議員の選挙については中央選挙管理会、 参議院合同選挙区選挙については当該選挙に関する事務を管理する参議院合同選挙区選挙管理委員会)に提出しなければならない。

一 当該選挙の期日の公示又は告示の日前まで、 選挙の期日の公示又は告示の日から選挙の期日まで及び選挙の期日経過後になされた 寄附及びその他の収入並びに支出については、これを併せて精算し、選挙の期日から十五日以内に

二 前号の精算届出後になされた寄附及びその他の収入並びに支出については、 その寄附及びその他の収入並びに支出がなされた日から七日以内に

投票日が連休に被らないように対応したら、収支報告の締め切りが連休に被ってしまう。どっちも大変ですね。 意外なところで改元の影響が出ていました。何にせよ、大きな宿題がクリアできたので良かったです。

公選法については、昭和25年に施行された古ーい古ーい法律です。 個別の事例は挙げないですが、今の時代にはあってない。。。というものも多いです。 令和になった今、新時代に適応させる形でブラッシュアップしてほしいなぁと切に思います。

選挙も近づいてきて、色々な方のビラを目にするようになりました。 その中で気になるのは「○○をやりました」という趣旨の記載。

いや、やったのは執行機関側やん…。と思うんですが、 確かに、議会で取り上げたことで参考になったり、気付きになったりして、 実現のための推進剤になっている部分もあるのかもしれません。

僕も任期4年間で一度も欠かさずに一般質問を実施しています。 芦屋市の場合、ほとんどの議員さんがそうなので、自慢することではありませんけどね。

また、委員会の場においても色々と発言をしてきています。 なので、ここいらで一旦、取りまとめをしておきたいと思います。 「○○をやりました」というよりも、質問した結果、こうなったという形での記載ですね。

4年分なので時間がかかりそうですが、なるはやでまとめたいと思います。

掲載の対象となるだろう自身のWebサイトについてはデザインの修正については放置気味でしたが 選挙を迎えるにあたり、イメージカラーに合わせる修正をかけました。 その修正にプラスして、これまでの取り組みをまとめたページをつくりたいと思います。

なお、今、作業を仕掛かっているところですが、 時間の経過によって諸々の理解が深まっていることを感じます。 例によって、このアプローチでの質問が必要だーと思い直すことも。 これは選挙のたびにやるのではなく、年ごとにやった方が良い作業だなと。 総括作業は大事ですね。

↑このページのトップヘ