芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:その他議員活動 > 市内施設見学

今日から5月ですね。個人的に待ちに待ったクールビズ期間突入です。ジャケットが暑くて暑くて・・・(笑)

さて、それはさておき、今日は浜風町にある環境処理センターの施設内を見せていただきました。というのも、西宮市議会の有志の方々が同施設を視察に来られたためです。芦屋市議会の同僚議員である、いとうまい議員のコーディネートの下、西宮市議会さんの視察に同席させていただいたという格好です。

先日、豊中市伊丹市クリーンランドを視察させていただいてから日が経っていないので、施設の比較もできて非常に有意義な時間となりました。コーディネートしてくださった いとう議員、ありがとうございました。
18222702_1279588592161996_2770004914836763320_n18274865_1279588642161991_1565523699564581862_n

「ごみ」というと、ついつい収集の方だけに目が行きがちです。ですが実際に処理をしている現場を見て気づくことが色々ありました。収集~処理までのトータルで考えないと、見誤りますね。

例えば、芦屋市では月1回だけの収集だったビン・カン・ペットボトルのうち、市民の要望を受けて、平成27年4月からペットボトルの収集日を月2回に増やしたという経緯があります。実際に施設などを見るまでは、市民サービスだからビン、カンの収集日も増やしてあげてよ~と思っていました。

しかし現場の事情を聞いてみると、ペットボトル収集日を増やすのも実際にはかなりギリギリの対応だったとのことです。収集日を増やすというと簡単ですが、そのためには保存場所の確保、収集スケジュールの調整、収集後の処理など。解決しなければならないところが多々あります。とりわけ、スケジュールとペットボトルの選別処理の調整が大変だったそうですがビンの収集日にペットボトルも収集するようにすることで対応したそうです。

とは言え、行政側の立場だけで「できません」というだけでは議員として存在している意味がないのかなと思うので、ITやマテハン機器の導入によって解決ができないか、探ってみたいと思います。

市民サービスを現状の状態から更に向上させていこうと考えると、技術革新も然ることながら、施設や仕組みの抜本的な見直しも必要になってくるかと思います。今の段階でギリギリの線でやっているらしいので・・・。そして、その一つのアプローチが西宮市さんとの広域化だと思います。協議が始まったばかりなので、現状ではなんとも言えませんが、広域化が両市にとって「おいしい」話であることを望むばかりです。

今日は午前中に、盆踊りの時にお邪魔した市立みどり地域生活支援センターに見学に行きました。施設の方から「利用者さんがおられる時に、ぜひ見学に来てください」とおっしゃっていただきましたので、お言葉に甘えた格好です。

この施設は、18歳~65歳までの障がいをお持ちの方が少しでも自立できるように支援を行う施設です。障がい程度区分3以上と認定された方を利用対象としています。ですが実際の利用者の平均だと5ぐらいになるだろうとのこと。重度の方を対象にした事業は民間では難しいようで、民間施設との住み分けという位置づけで比較的重度の方にご利用いただいているようです。

定員は30名で、日々の利用者はだいたい20名程度とのこと。特に職員さん1人当たりの利用者数が少ないため、(身体障がい者が職員1人当たり1.1人、知的障がい者が職員1人あたり1.4人)他の施設に比べて目が行き届きやすいというメリットがあります。この辺は利用者のご家族からも好評いただいているようです。

定員30人で足りるんですか?と伺ったところ、民間施設もあるし、市外でも同様の施設があるので必ずしも芦屋市内で充足させる必要が無いとのこと。そりゃそうだ。利用者の方が無理なく通える距離にあれば良い訳ですから、市内にこだわる必要が無いんですね。

ただ、超高齢化社会が進む現状は問題です。今後、高齢の障がい者がになる方が必ず増えます。高齢の障がい者のご両親は、もれなく後期高齢者です。ご両親自体も要介護者となる可能性もあります。そういった状況下においては、現状のサービス展開だけでは対応しきれなくなる可能性も大いに起こり得ます。今後は、来るべく社会を見据えた事業展開も視野に入れる必要がありそうです。

そして、施設を実際に拝見して個人的に強い印象を持ったことが1点。それは、職員さんと利用者の方が明るく楽しそうにされていたということ。利用者の方々が楽しく利用できるというのは、やはり重要です。障がい者施設での暴力といった報道が記憶に新しいですが、ここの施設ではそういう痛ましい事件はなさそうだと感じました。

↑このページのトップヘ