芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:その他議員活動 > 市外イベント

今日はホテルヒューイット甲子園で行われた「さくらFM開局20周年・未来への飛躍」式典に来賓出席。

Point Blur_20181127_22464411

さくらFMとは、さくらFM(株)が運営しているコミュニティFMラジオ局です。 主に西宮市を中心として展開してきたFM局ですが、今現在では、芦屋市でも聴くことができます。

さくらFMは、西宮市や市内の事業所などが出資して平成10年3月に全国89番目のコミュニティFM局として開局した放送局です。 周波数78.7メガヘルツで、市内と周辺地域で家庭のラジオで受信できます。ニュースなど市民生活に密着した身近な番組や、 聴取者の参加で盛り上がる楽しい番組、また西宮市・芦屋市からは市政情報や台風や大雨などの緊急放送、お知らせ、催し物の案内などを放送しています。 災害時はその規模に応じて通常の放送を変更して災害情報をお送りします。 自社制作番組終了後であっても緊急に放送の必要がある場合は随時放送いたします。 災害時の情報収集には78.7MHz、さくらFMをご活用ください。

また、同社について芦屋市的に特筆すべきは災害時の緊急告知ラジオ。 元々、建物の中などで防災行政無線が聴こえづらいという苦情があったことを受け、建物の中でも 防災行政無線を聴けるようにするためにさくらFMを利用する方法が検討されました。

2016年4月に芦屋市・西宮市・さくらFM株式会社(当時は西宮コミュニティ放送株式会社)と3者協定を結んだことで、 自動で電源が入る緊急告知ラジオの販売を開始しています。現在では、1000台ぐらいの販売実績が上がっているとのこと。 さくらFM(78.7MHz)の電波が入るエリアであればご利用いただくことができます。8,640円での販売になっていますので、 まだ入手していない方は、安心・安全のためにも是非、ご検討ください。

緊急告知ラジオの販売(芦屋市)

今日の式典の中ではパーソナリティの方のご紹介もありました。 僕のイメージでは、FMラジオのDJはもっと若い方がやられているイメージがありますが、 紹介されていた中では80代の方もパーソナリティをされているとのことで驚きました。 これぞコミュニティFMというところなんでしょうね。

芦屋市には、こういった地域密着型のコミュニティFMラジオ局はありません。 コンテンツとしての魅力は高いものの、芦屋市の規模で常時生放送のラジオ局を持つというのは難しいところ。 ないものねだりをしても仕方がありませんが、さすが中核市ということを改めて感じさせられました。

今日は台北駐大阪経済文化弁事処主催の中華民國(台湾)建国107年国慶節祝賀レセプションに出席。 芦屋市議会の日台友好議員連盟に所属している関係で、ご招待いただきました。 毎年ご招待いただいており、日程に都合がつく年は参加させていただいています。

国慶日とは、台湾における建国記念日のことです。 1911年10月10日に中華民国が成立したため、毎年この時期に祝賀レセプションが行われます。 昨日は同様のレセプションが東京でも行われていたみたいですね。

今年は開催の直前に台北駐大阪経済文化弁事処の総領事が急逝されたため、 冒頭に黙とうの時間が設けられました。総領事とは日台友好議員連盟の懇親会で ご一緒させていただいたばかりのところであり、知らせを聞いた時には強い衝撃を受けました。 ご冥福をお祈り申し上げます。

今年のレセプションについても例年通り、大勢の方が参加されていました。 また、大勢の国会議員・地方議員も参加されていました。 関西だけでなく、島根から来られた代議士の方もおられました。

芦屋市には友好議員連盟の他にも日台交流芦屋の会という市民による交流団体があります。 今日は日台交流芦屋の会の役員の皆様もお見えでした。議員のみならず、市民同士の交流を 深めるのは素晴らしいと思います。芦屋は国内唯一の国際文化「住宅」都市ですからね。

台湾と言えば、紹興酒を代表するお酒です。ですが恥ずかしながら、 今日は朝から頭痛と腹痛があり、鎮痛剤を飲んでの参加でした。 ということで、ウーロン茶で乾杯(笑)

議会中のストレスと睡眠不足が祟ったのだと思います。 議会も終わったので、なるべく早めに寝て、睡眠時間だけは確保したいと思います…。

レセプションの出し物として、二胡の演奏もありました。 急に大勢の方が前の方に来て写真を撮っていました。 ドレスを着た女性による演奏だったからかな。 まあ、僕も撮ってますけどね(笑) 日本の曲もたくさん演奏してくれていたので、知った曲もあって良かったです。

43195763_1856777727776410_200556590263173120_n

日本と台湾の友好関係はとても強いです。中国の関係もあり、国家として、国同士の交流を進めることが難しい状況にあります。 ですが芦屋市のように議員による友好連盟があったり、市民レベルで交流を結ぼうという動きもあります。 また、お互いを訪問する観光客も増えていることから、市民同士の繋がりは更に深まってきていると思います。 僕自身、台北駐大阪経済文化弁事処の皆さんとの交流も深まりつつあります。こうした交流も、国際交流だと思うと 感慨深いものがあります。

今の日本はグローバル社会に身を置いています。 なので、国際交流を行い、国際感覚を持つことは非常に重要です。 台湾のように既に築かれている友好関係は大事にしていきながら、色々な国の文化を認め、 様々な国との国際交流を深めていく必要があると思います。

芦屋はアメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス郡にあるモンテベロ市との姉妹都市提携を行っています。 ですが、姉妹都市はモンテベロ市のみです。こっちが仲良くして~と言ってできるものではありませんが、 姉妹都市を増やしていくことも一つの国際交流の発展かと思います。 この辺は議員としてもできることがあるでしょうから、しっかりと取り組んでいきたいと思います。

今日は母校である関西学院大学において行われた関西学院公共政策研究会設立総会に参加しました。 アメフトの件で色々とニュースやワイドショーなどで名前を聞かない日はありませんが、今日は完全別件です。

32893500_1662113190576199_1870410428652191744_n

公共政策研究会とは、以下の目的で以って設立されました。

Mastery for Serviceの精神に基づき、公共政策分野において実務的立場又は教育・研究者的立場で関わり、 あるいは関わってきた者たちの相互の意見交換・親睦・研鑽を通じて、関西学院(在校生含む)及び社会に貢献すること。

関西学院出身者でかつ、公務員や議員、公共政策に関する教育者・研究者等が参加できる会とのこと。 今日は議員さんのみならず、大学の教授先生方もお越しでした。

同校の卒業生は主に経済界への進出が多く、政治や行政の方にはあまり積極的でない…という状況があったようです。 でも、最近は関学出身の議員さんも増えてきているとのこと。芦屋市議会でも、僕含めて3人いますね。 あんまり関学カラーはないですけど。

しかし、公共政策の授業があったり、学生さんの中でもそっちに進みたい人もいる…という状況もあり、 いっそ、そういう研究会をつくろう!という動きがあったようです。

個人的には10年間お世話になった学校です。 何らかの形で還元したいという思いもあったので、参加しました。 議員さんは主に神戸市会の先生方が多く、自分の課題、自治体の課題にストレートに反映するのが難しそうでした。 ただ、参加されている教授先生の専門性の高いお話も伺えそうで、意義ある会になりそうな気がしました。

今年中に、何らかの動きをしましょう!ということで今日はお開き。 上述のとおり、大学教授の先生方の専門性の高いお話は、何らかの形でプラスになるので、今から楽しみです。

どうでも良いことですが、久々に母校にやってきました。 卒業して以降、ここには極たまに来るだけなので、来るたびに景色が変わっているように思います。 こんなところに校舎ができている!?というのもあるんですけど、周りのお店も様変わりしています。 僕のときは、捌くのが物凄く早い店員さん達が働いていた某コンビニチェーン店は未だ健在でした(笑) 今でも鬼のような数のお客さん(ほぼ学生)相手に、鬼のような早さで接客されているのでしょうか。

今日は甲南大学にて行われた関西ネットワークシステム第60回定例会にお邪魔しました。関西ネットワークシステムとは、「産学官民連携はコミュニケーションからはじまる」をテーマに年4回開催する定例会をはじめ、 研究会活動、ミニ井戸端会議など、約15年の間に900回を超える活発な活動を行い、様々な形で産学官民メンバーの交流を深めている会だそうです。

定例会と言われる今回の会は、持ち時間1人10分のプレゼン大会が3時間に渡り行われるというもの。 どれぐらいの数かと言うと、これぐらい。
28951465_1589873974466788_7314005481733750784_n

重複があるので自分で聴きたいプレゼンをチョイスするんですが、 体が二つあれば良いのにと思うプレゼンも少なくありませんでした(笑)

初めは3時間って結構長いなと思っていましたが、産学官民問わず、色々な分野の方がプレゼンター。 多種多様のお話を聞くことに夢中になっていたので、3時間もあっという間に終わりました。 中には政策提案にかなりヒントになる話も…。とりわけ、創業支援、高齢者施策の部分でヒントをいただいたと思っています。

あと、施策とは関係ないんですが、コミュニケーションツールでこんな良いものがあるのかぁと。 特に意見交換で力を発揮しそうだったので、自身(会派)の市政報告会で使ってみたいと思います。

この会は先日お知り合いになった方にご紹介いただいたことで知ったんですが、 本当に良い時間となったので、ご紹介してくださった方には感謝です。

今日は台北駐大阪経済文化弁事処主催の中華民國(台湾)建国106年国慶節祝賀レセプションに出席。 芦屋市議会の日台友好議員連盟に所属している関係で、ご招待いただきました。
22221670_1434170873370433_2351892825649800989_n 22195386_1434170766703777_3546277915207389761_n

国慶日とは、台湾における建国記念日のことです。1911年10月10日に中華民国が成立したため 毎年この時期に祝賀レセプションが行われます。昨日は東京でも行われていたみたいです。

雨がかなり降っていましたが、大勢の方がお越しになられていました。 ピーク時には知り合いを探すのが大変でした。それぐらいの多さ。 以前、参加させていただいたときにはたくさんの国会議員の方々が来られていたように記憶していますが、今回は少なめ。 まあ、選挙直前ですから仕方が無いと思います。それでもお越しになられている前衆議院議員の方もおられました。 あまり票には繋がらないでしょうに、わざわざお越しになるのは素晴らしいスタンスだと思いました。

芦屋市には友好議員連盟の他にも日台交流芦屋の会という市民による交流団体があります。 今日は日台交流芦屋の会の役員の皆様もお越しになられていました。 なので芦屋市は特に台湾との交流を深めようとしていると思います。国際文化住宅都市ですし。

何度も書いていますが、日本と台湾の友好関係はとても強いです。 国家としての交流を進めることが難しい状況にありますが、 芦屋市のように市民レベルで交流を結ぼうという動きもあります。

今はグローバル社会。国際交流はとても重要です。 しかし国際間の友好関係は一朝一夕で結べるものではありません。 台湾のように、今ある友好関係は大事にしていきながら、 色々な国の文化を認め、国際交流を深めていく必要があると思います。この辺は議員としてもできることがあるでしょうから、しっかりと取り組んでいきたいです。

↑このページのトップヘ