芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:その他議員活動 > 雑談

今日、久々に芦屋市のHPを見てみると、しれっとリニューアルされていました。 どこが変わったのか?という情報はないっぽいので見た感じ、この辺が変わってるね というところをご紹介しておきたいと思います。 使いやすい、見やすいかどうかなので、別にビフォーアフターには興味ないかもしれませんけど(笑)

httpsプロトコルを使うようになった

http(Hyper Text Transfer Protocol)に「S(Secure)」がつきました。 その名の通り、よりセキュアな通信規約になりましたよということです。 というか、芦屋市のHPは思いっきりパブリックな機関のサイトであるくせにhttpプロトコルを使ってたんですよね。

昔は、暗号化は個人情報等を入力するページだけで良いよって言ってたんですけど、 最近はドメインごと暗号化すべしってなってるんですよね。

検索窓が上のほうに来た

スマホでアクセスした場合、右上の方のメニューを押さないと検索窓が使えませんでした。 僕だけかもしれないけど、メニューボタンってスマートなようでわかりづらいんですよね。 サイトは1秒以上迷ったら出ていかれてしまうので、冗長的なつくりの方が多分良い。

メニューを押そうと思うと余計な操作が生じるんで、そういうのも超嫌いです。 結局、芦屋市のサイトは情報量が多いので、検索を使ってアクセスすることが多いです。

メニューを押そうと思うと余計な操作が生じるんで、そういうのも超嫌いです。 結局、芦屋市のサイトは情報量が多いので、検索を使ってアクセスすることが多いです。

アカンところもあると思う

ただ「市民の声」という問い合わせフォームの存在が分かりづらいですね。 これは指摘しておこうと思います。無料の写真は別になくてもいいんだよね。 「お問い合わせはこちら!」というようなものの方が分かりやすい。

あと、問い合わせフォームをスマホ対応してよって言ったのにできてない。 対応はちょっとめんどくさいけど、スマホからアクセスするケースが多いはずなんですよ。今のご時世。 ということを考えると、スマホでのアクセシビリティを考えるのは超大事。

というようなことは、担当課にまた伝えておきたいと思います。 芦屋市のサイトは、行政の中ではまだ見やすいほうだと思いますけどね。 でもどうせなら、一番見やすいサイトを目指すべきですし。 僕も自分のサイトを持っており、人のことは言えないんですけどね(笑)

昨日で議会が終わりました。 例年であれば、議会が終わると議会に関する報告をビラにまとめて 街頭などでお配りをすることになります。個人的には、手渡しが好きなので ポスティングなどはせずに、なるべく手渡しでの配布をしていました。

新型コロナはビラ配りにも影響を

ただ、ご存じのとおり、新型コロナウイルスの影響で人との接触はなるべく断ちましょう。 不要不急の外出は控えましょう。という流れになっています。

なので3月のときは、手配りは当然ご法度。 ポスティングも不要不急の外出にあたるだろうと配布を自粛していました。 新聞折込という手段がありましたが、個人ビラは自腹と決めているので経済的事情で控えさせていただきました…。

街頭での政治活動に思うこと

そして、今は少し落ち着いてきている状況です。色々な自粛も緩和されつつあります。 それを受けてなのか、最近、SNSとかで駅に立ってビラの配布をしている政治家の投稿を見かけるようになりました。

それぞれの考え方なので、そこを否定するつもりはありません。 でも個人的には「街頭に立つのはまだ早い」と思っています。

今は落ち着いてきているものの、「新しい生活様式」として テレワークやフレックスの継続や、会議での対策など、働き方も変わってきています。 そして、人々の中で漠然とした不安が残っている状況だと思います。 前と同じ生活には戻っていません。

政治活動は憲法で認められた権利であり、尊重すべきだと思います。 ですが、市井が「新しい生活様式」に取り組んでいるのに、議員や政治家は昔と同じやり方で良いのか? という疑問が自分の中で生じているのも事実です。

ほかのやり方を模索

他に手段がないんだ!ということであればまだしも、 報告についてはネットを使うなど、別のやり方があります。 またビラを配布するとしても、人前に出なくても新聞折込やポスティングなど、 コミュニケーションを伴わない配布方法もあります。

個人的な考え方としては、代替手段があるのであれば 新しい生活様式側に倒した手段を用いるべきだろうと思います。 少なくとも、新型コロナが終息し、人々の不安が解消されるまでは 前のやり方には戻れないと思っています。

前は駅に立ってたけど、最近は全然立ってないね!と言われるかもしれないですが、 そういう考え方で対応していますので、ご理解いただければと思います。 というか、そういう風に言っていただけるということは、 少なからず意識していただいているということだと思うのでめちゃくちゃ嬉しいですが!

新聞折込でも配ります

芦屋市議会では、市政報告ビラに対して政務活動費を適用することが許されています。 ですが、会派ルールとして「個人ビラへの適用は認めない」というものをつくっています。

経験上、不正の温床となりやすいのが市政報告ビラです。 実際には印刷していなかったり、配布していなかったり…。 個人に対して支給するのではなく、会派に対して支給することで 抑止力としたいというのが目的の一つ。

そしてもう一つの理由が、個人ビラの内容は似通ってくるということです。 というのも、市政の主な話題って同じだから。重要案件を取り上げると 自ずと同じような内容になりがちです。それを重複適用するという考え方も引っかかる部分があるからです。

前段が長くなりましたが、今回は会派ビラを新聞折込で配布。 個人ビラはポスティングで配布というやり方をしたいと思います。

街頭で手配りするのは、新型コロナが終息してからになるのかな?って感じ。 まあ、先になってみないとわからないですが、今のところはそんな感じで思ってます。

遅ればせながら、例のアプリをインストールしてみました。

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) COVID-19 Contact-Confirming Application(厚生労働省)

App StoreまたはGoogle Playからダウンロードできます。 元SEな僕は絶対的にAndroid派なので、Google Playからダウンロード。 インスコ自体は簡単です。利用規約に了承するだけで入れられます。

結局何ができるの?

どういう機能なのか?というと、陽性者が近くにいた場合、スマホに通知が来るという優れもの!だそうです。 上の方の厚労省のHPに全部書いてますが、小さくて見づらいのでちょっとまとめてみます。

  • 個人情報とか入れないとアカンの?
  • 中国とか韓国の場合は、個人情報までゴリゴリに入力させられるようですが そこは日本版。個人情報の類は一切入力しませんでした。GPSさえも使わない訳だもんね。 そういう意味では中途半端っちゃあ中途半端ではあるんでしょうけど。
  • 15分間、1メートル以内で接した人を記録
  • 以下の人同士が1メートル以内の距離で15分以上接した場合、アプリ内に記録されるそうです。
    • 同アプリをインストールしている
    • BlueToothをオンにしている
    なお、接触情報は14日経過後には無効になるそうです。接触情報自体はサーバには残っていないみたいなので、物理削除してしまうのかもしれませんが、論理削除かもしれない。その辺はソース見てないので分かりません。
  • 陽性者との接触の可能性を通知
  • ざくっと書くと、以下のようなフローになるそうです。
    • 新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)から陽性者に対し処理番号を送付(メールかSMS)
    • 陽性者がシステムに処理番号を入力。
    • 接触した人が陽性者だった場合、アプリに通知される。

個人的には「うーん」です

このように書くと、夢のようなアプリ!って感じがしますが、 個人的には「うーん」です。

BlueToothの常時オンは嫌だなぁ

まずもって、一番に「うーん」なのは、BlueToothをオンってところですよね。 それって、常時BlueToothで通信できる端末を探すってことなんで バッテリーは減りますよね。電波を常時発信し続けているので当然減ります。

現代人にとって、スマホのバッテリー問題って深刻じゃないですか。 モバイルバッテリーの充電を忘れてると不安になるほどに。

セキュリティ的に言っても、BlueToothをオンにし続けているのは 口を開けた状態になっているはずなので、良くないと思うし…。

陽性になったときに処理番号を入力…するのか?

あと、仮に陽性になったときに、処理番号が採番されるんですけど それをアプリから自分で入力しないといけない仕様になっています。 ぶっちゃけ、めんどくさいよね。律儀に処理番号をアプリから入力してくれる人が何人ぐらいいるんだろう。

アプリから書き込むと、新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)というところに 保存されるそうなんですが、それは利用者に委ねないでよ…って思います。 陽性者の情報は保健所で管理・把握してるんだから、システムへの入力はお願いしますよって思います。 陽性になったときって多分かなり混乱していると思うので、多分アプリで入力なんて忘れますよ。

日本でこのアプリはうまくいくのだろうか

要するに、以下の条件が満たされた場合は 「実は陽性だった!」っていう人との濃厚接触者が早期に判明するということですよね。

  • 多くの国民がアプリをインストールしてくれている
  • 全ての陽性者がきちんと処理番号をシステムに登録してくれている

どっちも無理っぽくないですか? こういうのは、中国とか韓国みたいに強制的にやれ!って言われる国じゃないと成功しない気がしますけど…。 でも、やる前から諦めたらアカンかもしれないですね!

今日は委員会の予備日でしたが、いずれも1日で審査を終えたので今日は常任委員会はなし。 JR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会の協議会(非公開)はありました。 まあ、一般質問の準備期間です(笑)

例のブツが届いた件

ところで…今日、家に帰るとポストにマスクが入っていました。 政府からのお届け物です。俗っぽい言い方をすると、アベノマスク。 周辺でも、届いたよっていう話がちょいちょい聞こえてきていたので、 ぼちぼちかなぁと思っていたら、今日届きました。

DSC_0002

不織布マスクが普通に小売店で入手できるようになってきて… というタイミングでは、要らないですね。うちも不織布マスクを何箱かキープしています。 多分、入手しやすくなったのでストックを買っていらっしゃる方も多いと思います。

悪い対策ではないと思ってたんだけど

マスク配布って、もっとスピード感を持って配布されるものだと思っていたので 悪くないと思ってました。というのも、マスクをするのは「自身がかからないため」ではなくて 「人に移さないため」という目的だからです。

布マスクは予防効果が薄いと言いながら、自分の飛沫を抑える効果としては少なからずあります。 なので、全ての人がマスクをしていれば、ある程度の効果があると思うからです。 マスクがほとんど手に入らない状況下において、繰り返し使える布マスクはある程度効果あるやろ… と思っていたんですが、このタイミングではちょっと。

一応、芦屋市…というか兵庫県は当初からの緊急事態宣言対象自治体に含まれていたので もう少し早く配布してもらわないと、ほとんど意味がないよねっていう。

まあ、やる前からこういう感じになると分かっていたなら、マスク配布という対策はしないです。 結果論を言っても仕方がないですし。今回の対応で戸別配布はちょっと難しいねっていうことが分かったと思うので、 第2波、第3波があった場合(ない方が良いですが)今回の経験を生かした立ち回りをしてくれることを期待したいです。

いらんマスクはマスクポストに入れちゃおう

うちはとりあえず必要ないのでマスクポストにインしておきたいと思います。 芦屋市では、市役所に設置されているんですよ。

マスクと応援メッセージを募集しています!(芦屋市)

ぼちぼち芦屋市内にも届きだしていると思います。アベノマスク。 タイミング的にもいらんわーって人も多いと思うので、そういう方は、 ごみ箱じゃなくてマスクポストに入れていただいたらと思います。

令和元年度分の政務活動費の精算が終わりました。 政務活動費の報告については後日芦屋市議会のHPにもアップされますが、 一応、速報としてご報告しておきます。

収入は、3人分(7万円×12か月×3人)で189万円。 支出は以下のとおり、88万7409円です。

調査研究費 0
研修費 92,550
広報費 644,821
広聴費 20,399
要請・陳情活動費 0
会議費 0
資料作成費 1,710
資料購入費 8,661
人件費 0
事務所費 119,268
887,409

余りが多いのには訳がある

半分以上余らせているやんけ!仕事してないやんけ!って言われるかもしれません。 ですが政務活動費は、余った分は市の一般財源に戻入されるというルールになっています。 なので令和元年度は、100万2591円を戻入したということになります。

芦屋市への報酬のバックは寄附行為にあたり、公職選挙法で禁止されているんですが 政務活動費の残りを戻入するという形でのバックは認められています。 なので、うちの会派では厳しい使途条件を設け、厳格に使用しています。

民間の常識的な経費の使い方をしている…つもり

まあ、厳格っていうか。確固たる支出以外の支出は認めないっていうだけです。 芦屋市議会で作成している政務活動費マニュアルを見てもらえばわかるんですが、 結構ファジーな支出が認められています。

例えば、携帯電話代やガソリン代、インターネット代は月額の半分まで充当できますよ~とか。 カチッとやろうと思うと、月の利用記録を厳格に記録しておいて、それを証拠として提出すれば良いのかもしれませんが それでも難しいですよね。なので、そういう費目は一切計上しないようにしています。

また、新聞購入費については一般紙でも計上できるようになっています。 でも、一般紙って一般的な社会人は自分のお金で購読していますよね。 一般紙を普通に購読するのが政務活動というのは、ちょっと説明がつかないと思っているので 一般紙購読費についても、会派としてはNGにしています。

政務活動費=経費ですから、民間企業における経費の考え方と同じようにしているつもりです。 ただ、これはあくまで、うちの会派の考え方です。芦屋市議会で決めているマニュアルの範囲での執行であれば 怪しい支出はないと思います。

まだ弱いところがある

ただ、広聴費はもっと頑張らないといけませんね。 研修もたくさん参加したいんですが、コロナ禍があるので参加できずにいます。 本を読まないと!

経験を積むと、それでもある程度対応できるようになりますが、新しい情報が入りません。 やはり色々な形での知識や情報のインプットはいつまでも続けたいと思います。 それを怠って過去の経験だけで話するようになってしまうと、引退しないといけないんだろうなと思います。 と、自分を戒めながら頑張ります。

↑このページのトップヘ