芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:その他議員活動 > 雑談

昨日の災害対応訓練の中で体験利用した災害伝言ダイヤル171。 緊急時、家族と離れている場合は家族との連絡をなるべく早く取る必要があります。 そのやり方としては、色々なものがあると思いますが、NTTのほうで用意されている このシステムはその一つです。

普段なら、LINEで何気なく連絡を取れると思いますがネットワーク回線が死んでいる可能性もあります。 色々なチャネルでの連絡を講じる必要がありますので、こういうツールを知っていることはとても大事。

今日から1月21日の17時までの間、体験利用ができるようになっているので、 紹介がてらやってみたいと思います。かなり直感的に使える簡単なものですので ぜひ、活用してください。

災害伝言ダイヤル(電話)

使い方はいたってシンプル。

  • 「171」をダイヤルする。
  • 音声ガイダンスによる案内にしたがい、「1」を入力。
  • 登録したい電話番号を入力。
  • 音声ガイダンスにしたがい、音声を登録(留守電の要領)

これだけの工程でNTT西日本のサーバに音声データが登録されます。

登録した電話番号を知っている人であれば誰でも音声を聞くことができるため、 家族で番号を共有しておけば、災害伝言ダイヤル上で安否を確認することが可能となっています。

番号を覚えておくのが大変かもしれませんが、それはスマホの電話帳機能などで。 ローカルに保存しておけば、災害時でも電池が残っている限りは見られるので。

再生する場合は、音声ガイダンスの際に「2」を入力して電話番号を入力するだけです。 やはりシンプルです。

災害伝言ダイヤル(Web)

Webでも提供をされています。 ここでは、こっちでトライしてみたいと思います。

災害用伝言版(web171)

  • 電話番号を入力して「登録」を押す。
  • Screenshot_2020-01-15 災害時TOP画面 災害用伝言板(web171)
  • 名前とメッセージを入力する(安否確認のチェックボックスでも簡易の登録はできるようです)
  • Screenshot_2020-01-15 伝言登録画面 災害用伝言板(web171)

こっちも極めて簡単です。 あとすごいのは、Webと電話が連携しているということです。

Webで入力した内容を電話で聞くことができるし、電話で登録した音声ファイルをWebからダウンロードできます。 なので、そのときに使えるもので登録すれば良い訳です。電話線が死んでいても、ネット回線が生きていることもありますし その逆もあり得ますから。当然、両方死んでいることもありますが、それは仕方ない。

電話で登録したものをWebで見ると、こんな感じになります。

Screenshot_2020-01-15 伝言登録画面 災害用伝言板(web171)(2)

防災訓練のときに貰った災害用の食糧備蓄の期限が切れそうだったので食べました。 防災意識向上という目的で貰っているところなので、せっかくですし紹介します。

食糧備蓄?

芦屋市では、災害用として食糧も備蓄しています。 缶詰とかなので、比較的日持ちするものですが当然、有期限。 食中毒等の二次災害を引き起こしかねないので期限切れの食糧は配布できません。 なので、ローリングストックしています。

期限が切れそうなものについては捨てないで 各自治会の防災訓練などで周知啓発のためにも配布しています。 食料ロスとかも言われていますし、実際に備蓄食糧を見てもらって食べてもらうことで 防災意識を高めてもらう効果も期待できますから、妥当なやり方です。

上述の防災訓練で貰ったというのは、 先日、呉川町の防災訓練に参加した時に貰ったということになります。

食べたものはパン

今回いただいたのはパンの缶詰。 チョコチップ味となっているので、マフィンみたいなやつかな?

DSC_0025

開けてみると、二つのパンらしきものが入っています。 縦に二つ入っています。奥側にあるパンを取りだす際に缶のフチで手を切りました。 手で取り出しにくいのはどうなんだろうか…。

DSC_0027

食べてみた感想

実際食べてみると、結構パン。マフィンではなかった…。 1つがかなり重めで、1人で2つ食べるのはかなりヘビーでした。 少なくとも、アラサーの僕にはヘビーでした。でも腹持ちは良さそう。

味ですが、芦屋には有名なパン屋さんが何店かありますが、それはさすがにハードルが高い。 スーパーとかコンビニで売っているパンと同じぐらい…というのもどうかしら。 でも、十分食べられる味です。めっちゃ日持ちすることを考えると、十分。 僕は実はパンよりもご飯派なんですが、パン好きな人もいますから良いのかなと。

しかし、食べると口の中の水分が奪われてしまいます。 水分なしで食べるのはちょっとしんどいかも。というような感想でした。

防災のための食糧備蓄

水と食糧については、1週間ぐらい備蓄しておいた方が良いと言われています。 避難所に避難する時はもちろん、最近の災害では停電リスクも報告されています。 なので電気なしで食べられるものを備蓄しておいた方が良いです。 今日食べた缶詰も、手で開けてすぐに食べられるものです。

と言いつつも、実際には何を買えば良いのか。。。となりますよね。 ネット通販で1週間分のセットが販売されていますから、 それをベースに買い揃えたら良いのかなぁと思います。好き嫌いとかアレルギーとかも ありますからね。

ただ、缶詰やレトルトでも期限はありますから、期限が切れそうになったら食べて 新しいのを買うというローリングストックが良いと思います。

兵庫県が出しているハザードを見る限り、芦屋市全域に甚大な被害が出るということは なさそうですが(1000年に1度の大雨の場合はちょっと酷そうですが)、停電が長引いたり 交通の混乱による流通停止等が考えられます。

どんなときでも食事による栄養摂取は生きるために必要です。 今は色々なものが販売されていますから、お好みのものもあると思います。 各ご家庭において、1週間分ぐらいの食糧を備蓄されることを強くおすすめします。

あけましておめでとうございます。芦屋市役所は今日から仕事始めです。 職員さんは仕事始め式?がありますが議員はそういうのは特になし。

仕事始め式

ちなみに、働き方改革で仕事始め式を止めます!という自治体もあるらしいです。 いや、別に何時間もやる訳じゃないし。別に廃止しなくても良いんじゃないかなと思ったり。

都道府県など範囲の広い自治体で他拠点から市役所に来てもらうのは無駄だというロジックは分かります。 でも芦屋は小さい自治体ですから、他拠点からの移動にはそんなに時間も要りませんし。 そもそも、業務で来られない人は来なくて良いはずですし。市長として、これからの芦屋市の 方向性など職員に伝えたいこともあるでしょう。後からでも見られるように動画にするのは有りですけどね。

議会の仕事始めは?

特にこの日が仕事始めということはありません。 もしかしたら、元旦から仕事してるよ!という議員さんもおられるのかも。 僕も簡単な事務仕事はしてましたが、外に出ての活動はやってませんでした。

というのも年始って、世間はお休みで心穏やかな時を過ごしてますから。 そんなときに、外でガーガーやるのは無粋でしょう。と思うので、僕は年始の 外の活動はいたしません。僕はそうだよというだけで、している人を否定するつもりはありません。 あしからず。

今日の市役所

市役所の仕事始めは今日からですが、議員が特に市役所に来て云々…というのはありません。 でも、市役所に来ている議員さん同士で年始の挨拶はします。 僕も今日は登庁して、市役所に来られている議員さんと事務局の皆さんに 新年のご挨拶をしました。

21人しかいない議会ですし、年始の挨拶は大事かなぁと。人として。 挨拶と言っても10分もかからないものですから、気持ち良く仕事するためにも必要だと思っています。 なので、党派も当然関係なし。

今年も頑張る

挨拶もすましましたし、今日から僕も色々な議員活動に励みたいと思います。 初心を忘れずに頑張りたいといつも思っているけど、慣れが出てしまって困ります。 でも初心を忘れずに頑張りたいと思います。とりあえず、会派としてのビラを作成することが決まっているので、 夜な夜なPCに向かって頑張ります。

台風に限らず、災害が発生すると市役所の職員さんで構成される災害警戒本部、災害対策本部が設置されます。 今回発生した台風10号においても同様で、災害警戒本部、災害対策本部が設置され、随時情報提供がされていました。 この体制は芦屋市災害対策本部の組織に関する規則で定められており、災害対策体制についてしっかりとマニュアライズされています。

盆どきにもかかわらず、休み返上で対応してくださる職員の皆様には頭が下がる思いです。 大きい自治体は知りませんが、少なくとも芦屋の体制でこういうのをやるのは大変です。 災害対策は減点法で考えられがちで本当に心苦しく思いますが、一市民として 芦屋市の対応には感謝したいと思います。

台風第10号について(報告内容)

芦屋市もちゃんと頑張っているよという宣伝と、今回の台風のまとめという意味で 公開情報のまとめをしておきたいと思います。

台風第10号について(芦屋市)

避難勧告等

日時内容対象世帯対象地域
8月15日19:00避難準備・高齢者等避難開始発令4,611世帯11,019人土砂災害警戒区域
8月16日7:00避難準備・高齢者等避難開始解除

※土砂災害警戒区域

0001

黄色のゾーン。具体的には以下の町の一部が対象となります。

  • 奥池町
  • 奥池南町
  • 奥山
  • 六麓荘町
  • 朝日ケ丘町
  • 山芦屋町
  • 岩園町
  • 東山町
  • 東芦屋町
  • 西山町
  • 三条町
  • 山手町

防災体制

日時内容
8月14日15:00第1回災害対応室
8月15日9:00第1回災害警戒本部
8月15日15:00第2回災害警戒本部
8月15日17:00第3回災害警戒本部
8月15日19:00第1回災害対策本部
8月15日22:00第2回災害対策本部
8月16日7:00第3回災害対策本部
災害対策本部 解散
連絡員待機

避難所の開設について

避難所開設閉鎖8/15
12:0014:0016:0018:0020:0022:00
シスメックス(株) GCC 8/15 10:008/16 7:000世帯 0人0世帯 0人0世帯 0人3世帯 4人1世帯 3人1世帯 3人
岩園小学校 8/15 10:008/16 7:000世帯 0人0世帯 0人0世帯 0人0世帯 0人0世帯 0人0世帯 0人
市民センター 8/15 10:008/16 7:002世帯 2人3世帯 4人2世帯 3人0世帯 0人0世帯 0人0世帯 0人
潮見小学校 8/15 10:008/16 7:000世帯 0人0世帯 0人0世帯 0人0世帯 0人0世帯 0人0世帯 0人
潮芦屋交流センター 8/15 10:008/16 7:001世帯 2人1世帯 2人1世帯 2人1世帯 2人1世帯 2人1世帯 2人
宮川小学校 8/15 10:008/16 7:000世帯 0人0世帯 0人1世帯 1人2世帯 2人2世帯 2人2世帯 2人
西山幼稚園 8/15 19:008/16 7:000世帯 0人0世帯 0人
山手小学校 8/15 19:008/16 7:000世帯 0人0世帯 0人
朝日ケ丘小学校 8/15 19:008/16 7:000世帯 0人0世帯 0人
3世帯 4人4世帯 6人4世帯 6人6世帯 8人4世帯 7人3世帯 5人

まとめ

被害等が出たという話は聞いていません。 しっかりと準備をし、対応してくれていた結果だと思います。 災害のときはいつも思いますが、職員の方々が一晩中対応してくださっていて、 本当に頭が下がる思いです。

他市では、災害のときに人気取りに走る議員がいます。 本当に市民のために動いているのであれば、僕は何も言いません。 ですが、人気取りのために頑張ってくれている職員さんの手を止めたり 余計な情報を拡散したり、そういう議員があってはならないと思います。

災害にかこつけて自分の人気に繋げたり、政局を絡めたりするような議員は本当に邪魔です。 芦屋市議会では、災害対策をまとめましょうという動きが出ています。 今のメンバーでそういう人はいないと思いますが、予防策として、 議員のスタンドプレーを抑制するような仕組みづくりができれば良いと思います。

台風10号の影響で、豪雨が続いています。 正しい情報に基づき、行動を取っていただきたいと思います。

あしや防災ネット(ひょうご防災ネット)

情報のチャネルは色々とありますが、個人的に一番早くて正確だと思っている 『あしや防災ネット(ひょうご防災ネット)』を紹介しておきます。

情報取得はSNSよりもメールが便利

SNSとかは、自分で情報を取りに行かないと欲しい情報が取得できません。 また、どうでも良いような情報がヒットしたりして、必要な情報がなかなか拾えないのも事実です。 ですが、防災ネットの場合はメールが来るようになっています。なので、待っているだけで 公式な情報がスマホに入ってくるという寸法です。

登録について

詳しい登録のやり方は市のサイトにも掲載されています。 たったのツーステップなので、是非とも登録していただきたいと思います。 普段は邪魔にならないものですし。

「あしや防災ネット」の登録(芦屋市)

  • ashiya@bosai.netあてに空メールを送信。
  • 送られてきたメールに記載されている「■利用規約に同意して登録する」リンクをクリック。
  • 登録完了

最近はスマホアプリ版も

ひょうご防災ネットのスマホアプリ版もリリースされています。 正直、メール版との違いはあまり分からないですが、そんなに容量が大きいアプリでも ないので、こちらでも良いと思います。

ひょうご防災ネットスマートフォンアプリ版登場!(兵庫県)

僕は両方登録していますが、個人的にはメールの方が便利かなと思います。 いずれにせよ、何らかの登録をして、正確な情報を迅速に取得していただき、 災害に備えていただきたいと思います。

↑このページのトップヘ