芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:その他議員活動 > 雑談

昨日のことですが、衆院選挙の投票開票日でした。

開票立会人になっていたため、精道小学校体育館での開票に立ちあいました。 いつも感じることですが、書き間違いによる無効票の多さ。 選挙結果の大勢に影響するほどの数ではありませんが、せっかくの権利を行使しようとしてくれているのに、無効になってしまうのは余りに忍びない。

投票用紙をマークシートにするとかの対策が必要なんだろうと感じています。 芦屋市選管がどうにかできることではありませんが、どういう対策が効果的なのかを相談しながら 国へ要望していきたいと思います。

所属政党である維新の会は、3議席減の「埋没」という結果になりました。 僕が応援していた三木けえさんも敢えなく落選ということに。 もっと言うと、兵庫県勢は全敗。神戸市長選もトリプルスコアでの惨敗という結果。

この結果に至るまでの経緯で色々と言いたいことがありますが、 それはグッとこらえてこれからどうしていくかが大事だと思います。反省材料はたくさんあります。 近畿ブロックで言うと、大阪の苦戦が影響しているところはありました。 ですが党のせいだけでなく、候補、陣営の責任も大きいです。 風頼みの選挙ではなく、地に足をしっかりつけた選挙が必要になってくるんだと思います。

7区で当選された自民党の山田議員。日頃から芦屋でよくお見かけしていました。 自民党は大勝しましたが、普段の活動も大きく作用しているんだと思います。 でないと、普段の活動が風で吹き飛ばされるのはあまりにむなしい。 SNSとか、風とか、フワッとした部分だけを見て戦う考えるのではなく、 しっかりした地上戦を戦えるようになっていかないと難しいと感じました。 これは自分にとっても。

地方統一選まであと1年半ほどです。あっという間に選挙になってしまうと思います。 地に足をしっかりつけ、地元優先でしっかりと頑張っていきたいと思います。

今日は議会の予定はありませんが、打合せのために登庁。市民の方々に市役所までお越しいただき、お話をお伺いしました。

込み入った話なので、この場ではオープンにはできません。ですが良いお話をお伺いすることができたとだけ書いておきたいと思います。

来週になると、市長提出議案の採決を行う本会議や決算特別委員会が行われます。本会議では討論をする必要がありますし、僕は決算特別委員会に所属することになりましたので、その重要性は言わずもがな。議会の予定はないものの、自ずと机に向かう時間が長くなります。

そういえば、決算特別委員会のメンバーについてお知らせしてませんでした。市議会のホームページ上にもアップされていますが、以下の顔ぶれで審査します。

委員長山田 みち子(真政会)
副委員長田原 俊彦(公明党)
委員福井 美奈子(真政会)
大原 裕貴(維新の会)
松木 義昭(真政会)
平野 貞雄(共産党)

計6人。少な!って感じですが、会派推薦で構成される委員会である以上、予想外に人数が少なくなる可能性がある訳です。極論を言うと、仮に真政会さんが解散したら委員は3人に…。

決算審議は最重要と言っても過言ではないですから、現行のように流動的な委員構成になる形じゃなく、全員参加の予算特別委員会と同じような位置づけにしたらええのになって思います。

決算特別委員会は、1年目のときに所属しました。ですが正直、よく分からんままで終わりました。なので今回はリベンジ!のつもりです。

ただ、決算の質疑の準備もしたいのに、選挙絡みで慌ただしい雰囲気が漂ってますね。困った。でも、忙しいなら睡眠時間を削れば良いじゃない。ってことなので、寝る間を惜しんで頑張ります。

明日から9月定例会…なんですが、現在、一般質問の原稿作りを頑張っています。先週金曜日(9/1)に所管課の職員さんとヒアリングを実施し、火曜日(9/5)までに送付するという約束をしています。でも、この土日は日中の事務作業ができませんでした。なので夜に頑張らないといけません。

新聞等で既に報道されているとおり、所属政党絡みで忙しくなるのは必至。
神戸市長選に兵庫維新の会が40歳女性市議を擁立(産経WEST)
堺市長選 3選目指す現職VS維新 争点めぐり火花(Yahoo!ニュース)

でも、9月は定例会がありますから日中の活動はできません。僕は芦屋市の議員ですから、芦屋市での仕事が最優先。当たり前のことですが。

土日祝など、合間を縫って神戸市や堺市に行かないといけないことも増えるでしょう。でもまずは明日から始まる芦屋市議会の定例会。しっかり頑張りたいと思います。

一般質問で取り上げた芦屋市の地域別待機児童数が公開されたので、地域別の待機児童数と一連の計画の中で新たに設置される保育施設の定員を地図上にプロットしてみました。
http://www.city.ashiya.lg.jp/kodomo/documents/h290701_2.pdf
0~2歳3~5歳

1枚目が0~2歳で2枚目が3~5歳。なお、新設される保育施設の定員は年齢ごとの定数が分からないので、とりあえず定員総数を0~2歳と3~5歳で2等分してます。

町別データがあればもっと詳細な分析ができますが、そこまでミクロなデータだと個別の家庭まで特定されてしまう恐れがあるとのことで、少し大きな区分でのデータです。それでも中学校圏域よりは細かいデータです。

狭い市域なので数字だけでもある程度分かりますが、可視化するとこんな感じになります。こうして見ると、芦屋市の出した計画は妥当性があると思います。市民感情とか、既存保育施設の付加価値とか、数字で測れない部分が入ってくるとまた違う見解になるのかもしれませんが、あくまで数字上では妥当な方向性だと思います。

待機児童対策を圏域単位で考えると、今後は山手の東部と西部のケアが必要になってくると分かります。

また、保護者が通勤する際の動線は基本的に「駅」に向かって流れます。その辺を考慮すると、例えば山手圏域の朝日ケ丘幼稚園跡地の認定こども園というのは数字上の対策としては良いんでしょうが、利用者の生活実態と照らし合わせると厳しい立地かもしれません。通勤動線を考えると例えば大原町、東山町の真ん中らへんに施設を設置できればかなり多くの方をフォローできるんじゃないでしょうかね。

ただ、数100人規模の大きな施設を持ってくるとなるとそれなりの土地が必要となります。市域が狭い芦屋市においてはそんな土地は余ってません。だから小規模な保育施設による対応が現実的な対応かもしれません。そして、行政だけでこれ以上進めていくのは難しい。と考えると、民間事業者の参入を期待したいところ。

芦屋市では、呉川町と宮川町での保育園設立に失敗しました。待機児童の実態と照らし合わせると、数的ニーズがあまり高くない地域だったかもしれません。民間事業者さんには、待機児童が多いのに施設が足りない地域を選定してもらいたいです。また、説明会のときには待機児童のデータを持ってきてもらって「この場所に」必要な施設なんだとエビデンスベースで訴えてもらいたいですよね。

現行の箱物をつくっていく路線であれば、行政が考えてくれると思います。僕は別のアプローチから待機児童問題を解決できないか探っていきたいと思います。例えば空き家を有効活用するとか、保育のシェアリングエコノミーサービスを利用するとかですかね。どっちも研究が必要ですが。

今日から兵庫県知事選挙が始まりましたね。報道にもあったとおり、僕の所属する日本維新の会としては、今回の選挙は自主投票です。
兵庫県知事選 日本維新の会が自主投票決定(神戸新聞)

独自候補の擁立が叶わなかったということで、組織人としては「ぐぬぬ・・・」といった感じ。しかし、選挙期日が芦屋市議会の6月定例会会期とバッチリ被ってるので、芦屋市議会議員としては「よかった」という感じです。

選挙期間と定例会会期が被る大変さは僕も昨年に経験しました。昨年夏に行われた参議院選挙も議会の会期とバッチリ被ってたので・・・。参院選の告知日は一般質問の日だったんですよ。だから本会議が始まる前の朝と昼休みと本会議が終わった後(17時過ぎに)ポスターを貼りに行きました。昼ごはんも夜ごはんも食べる時間が無かったし、夜から大雨が降ったので大雨の中びしょびしょになって大変でした。最後の1枚を貼ったときは、やり終えた達成感よりも先に溜息がでたので、もしかしたら既に心が折れてたのかも(笑)

ということで、今回は僕はただただ静観するだけです。芦屋においてはまだ選挙っぽさが出てない感じです。とは言ってもさすが。掲示板には3候補のポスターが貼られていました。3候補?立候補者は4候補だったと思うんですが・・・。
19145834_1325748107546044_1211227803411434321_n

大阪市長選、東京都知事選に続いて3年連続の首長選挙に挑戦されている中川候補のポスターが貼られてませんね。写真を撮ったのは18時頃でしたけど、立候補が4人でポスター番号4の候補がポスター貼ってなかったら有権者に立候補者数=3人と誤解されるので、なるべく早く貼られた方が・・・。でもまあ、大阪市、東京都と違って兵庫県は広いですから。組織なしでは全地域のポスターを初日に網羅するのはしんどいですよね。

4陣営のポスターは揃ってませんが、4候補の出馬は前回選挙時の2候補の2倍。選択肢も2倍。前回の知事選の投票率は53.47%だったとのこと。今回は選挙権が18歳に引き下げられていることもあり、もっとあがるんじゃないかなーと期待。政治関係者としては、投票率は上がって欲しいんです。

芦屋ではあまり演説を耳にする機会はないのかもしれませんが、僕も各候補のマニフェストをよく読んで判断したいと思います。いずれにせよ、ちゃんと投票には行きます。たぶん投票日になると思いますけど。知事選挙はまだ始まったばかりですが、7月2日が投票日です。皆さんも投票にはちゃんと行きましょうね!

↑このページのトップヘ