芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:その他議員活動 > 研修、勉強会など

今日は梅田にて研修。 『子どもたちにツケをまわさない「公会計」』というテーマでの研修でした。 会計については、もっともっと勉強しなければならない!と思っていたところだったので 少しお高い研修でしたが思いきって参加してきました。 有料研修なので詳しい内容は書けませんが、感想などを少し。

民間と行政の会計は違う?

民間においては、発生主義会計として複式簿記が採用されています。 金銭のやり取りの有無に関係なく取引が発生した時点で費用と収益を計上します。 民間企業の場合、利益の最大化が最大にして唯一の目的であるからです。 収益を得るのに要した費用を特定する必要があるので発生主義会計を用いる必要があります。

一方で行政の方はというと、現金主義会計として単式簿記が採用されています。

行政は収益を上げることを意識する必要はないし、そもそも収入自体も 租税と補助金と公債発行ぐらいです。だから、きっと複式簿記を採用する必要性が低いのだと思います。

行政における財務諸表

平成18年6月に成立した「行政改革推進法」をきっかけとして、 新地方公会計制度として財務諸表の作成が求められるようになりました。 平成30年3月からは統一基準に基づく財務諸表を作成しています。

地方公会計制度による財務書類について(芦屋市)

上述のリンクにあるとおり、芦屋市においても以下の財務諸表が作成・公開されています。

  • 一般会計等貸借対照表
  • 一般会計等行政コスト計算書
  • 一般会計等資産変動計算書
  • 一般会計等資金収支計算書

ただ…現状、これは「つくっているだけ」という感じです。 議会での審査等に使われている様子も見られません。 僕もせっかくのものだから有効活用せねばと思っていても、 なかなか活かせずにいます。

病院とか水道とか使用料を徴収している事業においては複式簿記での会計が必要かと思います。 実際、芦屋市においては芦屋病院や水道や下水道については企業会計として複式簿記での 決算報告が行われています。一般会計においては必要性が見出せずにいます。

将来にツケを残さない事業運用をするための会計であるべき

各種の事業についてはコストであるべき。つまり、何らかの成果を出すための費用であるべき。 成果が出ていない事業は継続するかを検討する必要が生じます。また、市民への負担があまりに大きな事業についても 継続するかどうかを検討する必要があります。

ただ、芦屋市の事業は数えるのも嫌になるぐらい多岐に渡っています。 これらの各種事業を全部チェックするのは難しい。少なくとも今の決算体制では そこまで話を広げていくのは無理です。

他市の事例ですが、市の事業をいくつかピックアップして それらを重点的に議会が審査するという取り組みをしている自治体がありました。 こうした取り組みも行う必要があるのかもしれません。

市長の貸借対照表と市民の貸借対照表

同じ芦屋市の貸借対照表を見たとしても、市長サイドと市民サイドでは見え方が変わってくる。 資産-負債の金額は将来的に償還する金額であるため、市長が責任を負う必要はありません。 しかし市民サイドで見ると、将来的に必要となる返済額も市民が背負う負債となります。

将来的な負債を小さくするためには、経費の削減と歳入の増加です。 個人的に、今期のテーマとしている内容です。当たり前のことですが、 お金を使うことばかり提案するのではなく、経費削減の提案も引き続き実施して行きたいと思います。

今日は芦屋市役所で行われた防災士養成講座を聴講しました。

参加者の顔ぶれを見る限り、職員さんの方が多いかな?という感じでした。 職員研修の一環で取り組まれているようです。災害発生となると、職員さんは災害対策の最前線で 勤務することになります。大変だと思いますが、頼もしく感じました。

防災士とは

防災士とは「“自助” “共助” “協働”を原則として、かつ、“公助”との連携充実につとめて、社会の様々な場で減災と社会の防災力向上のための活動が期待され、 さらに、そのために十分な意識・知識・技能を有する者として認められた人」のことである(日本防災士機構の定義による。2017年(平成29年)4月末現在で130,424人がその資格を取得している)。 防災士の活動は、主として地震や水害、火山噴火、土砂災害などの災害において、公的機関や民間組織、個人と力を合わせて、以下の活動を行うとしている。

  • 平常時においては防災意識・知識・技能を活かして、その啓発に当るほか、大災害に備えた自助・共助活動等の訓練や、防災と救助等の技術の練磨などに取り組む。また、時には防災・救助計画の立案等にも参画。
  • 災害時にはそれぞれの所属する団体・企業や地域などの要請により避難や救助・救命、避難所の運営などにあたり、地域自治体など公的な組織やボランティアの人達と協働して活動。

何かのライセンスという訳でもないですし、免許の更新等もない終身資格だとのことです。 阪神淡路大震災を教訓として、地域防災力を高めるための対策として防災士制度が制定されています。

個人的には資格取得のために防災に関する意識を高く持ち、啓発等を推し進めるための原動力となると捉えています。 ちなみに僕は持ってません。取得した方が良いとは思いますが、受講資格が得られなかったので…。

芦屋市の防災士養成講座を受講するためには

市民が受講しようとする場合「自主防災会長の推薦」を受けた自主防災会員である必要があります。 そう、意外とハードルが高いのです。今日も議員さんが何名か受講されていました。 自主防災会長の推薦を受けた自主防災会員という条件をクリアしていたのでしょう。えらいですね。

ただ、議員の場合、資格取得はマストであるとは思いません。 だって議員である以上、防災に関する知識と日常からの意識というのは持たざるを得ないからです。 「防災に関する啓発」も、議員の責務としてやらなければならないことでもありません。

ただのプロフィールの厚みづけなら、止めとけば?変に頼られても困るだろうしって思いますが 防災に関する啓発を行ったり、真っ当な活用をすれば大事なことだと思います。 なので取得して損はありません。僕もチャンスがあれば取得したいと思います。

今日の内容

以下の4つの講義が行われました。

  • 防災士制度創設の経緯とその担うべき役割について
  • 芦屋市の過去の災害と現在の取り組み状況について
  • 近年の豪雨による水害・土砂災害発生~メカニズムの解明と犠牲者ゼロを目指して~
  • 地震+津波等の発生メカニズムとその対応について

9:00~16:30という長丁場。しかも、これが3回。正直、土曜日にこの時間設定はきついです。 ですが、たくさんの方が受講されていました。芦屋の防災意識の高さが伺えます。

内容についてですが、超重厚な内容だったので詳しいところは割愛。

芦屋の防災力について

芦屋の場合、最大のリスクは土砂災害なんじゃないだろうか?と思うようになってきました。

昨年は満潮と高波がドンピシャのタイミングで発生したために宮川護岸や南芦屋浜護岸を越波しました。 ですが、宮川については再発防止のための護岸の改修を進めています。 南芦屋浜護岸については次年度には工事を進めます。ハード面の強度は更に増すことになります。

ただ、ハード面の対策は「ここまでやれば大丈夫」というものはありません。 近年発生している大災害の多くは「想定外」。しかし、ハード対策には膨大なコストがかかります。 無限に予算を投じて対策していけば、想定外も極めて小さいものになるでしょう。

でも実際には、その他の必須事業もたくさんありますから天井知らずという訳にはいきません。 再発防止を繰り返していくしかないと思っています。

ハード面の対策は主に県の所管となります。 ハードの対策は、芦屋市内だけやれば良いという訳ではありませんから市でやるのは難しい。 なので自ずと、市が担当するのはソフト対策になります。

兵庫県によるハード対策を進めながら、迅速な避難を促すための訓練等のソフト対策。 両面が必要です。両面をしっかり進めながら、芦屋市民が災害の犠牲になることを防ぐことが 政治の役割でもあると思います。

そのためにも、まず自分と自分の家族の安全を確保すること。 食糧備蓄も、10日分ぐらいいるんじゃないか?という話も増えています。 しっかり準備したいと思います。

今日は関西若手議員の会の研修会のため、奈良市役所に。 阪神電車と近鉄電車が乗り入れするようになってから、奈良に行くのは 格段に楽になりました(笑)

今日、僕が受講したテーマは以下のとおり。

  • 学力向上システム「学びなら」について
  • 「奈良モデル」について

3本立てだったんですが、時間の都合で受講したのはこの2件。

「奈良モデル」について

奈良モデルについては、県が各市町村と連携しながら広域化を進めるという趣旨のものでした。 確かに奈良県には、財政的に厳しい町村などが含まれており、そうした自治体のサポートは必要だと思います。 これは県の担当の人に聞いていただきたいなと思いました。

「学びなら」について

「児童生徒の習熟度に大きな開きがある」というのは 公立の小中学校が抱える共通の悩みだと思います。

有力な私立の学校であれば、事前に入試をしているため 子供たちの学力にそこまで大きな開きはないはずです。

しかし、普通の公立の学校の場合は来る者拒まずなので色々な子供たちが集まります。

奈良市ではこの難しい課題に対して「習熟度別の宿題(復習)を課す」ということで対応をしています。 個人によって習熟度が異なりますから、児童1人1人にそれぞれ個別の課題のペーパーを宿題として 出しているとのこと。

また、テストの回答結果をデータ化し、可視化することで 先生は客観的データで以って子どもの理解度を知ることができる。

公立の学校において、これは画期的な取り組みなんではないでしょうか。

児童の学力向上には習熟度別がベスト

習熟度が異なる児童生徒に対して、同じ指導をしても意味がありません。 躓いてしまっている子は分からないし、分かっている子には面白くない。

結局、平均ぐらいの子の学力に合わせざるを得ないところがあるので 多くの子ども達は授業が面白くないと感じるはずです。

特に算数は、前の学年で習ったことを積み上げていく教科です。 なので、一度躓いてしまうと、6年生、中学生と進級・進学してもずっと躓き続けてしまいます。

奈良市の取り組みだと、4年生で躓いた場合は学年さえもさかのぼって復習をさせる。 基礎をしっかりと理解させるように促していく取り組みですから、現状の平均的な授業に 付いてこられない子もしっかりとフォローできます。

先生の負荷軽減も

「学びなら」では、PDFをスキャンして自動で採点する仕組みも含まれているようです。 癖のある字を書く子については自分で見る必要があるのでしょうが、そういう子は一部です。 多くの採点が自動化できるのはありがたいことです。

テストの回答の傾向を分析するのは必要なことですが、採点自体は先生が時間を割いてやるべきことではありません。 機械で自動化できる範疇だと思います。しかし、実際は採点の負担もバカにならないとか。

働き方改革を叫んでいるのに、教育現場の最前線にいる先生方が一番遠い所にいる。 子供たちの教育という、将来の日本の宝となる逸材を育てる現場にいながらも 優先度の低い業務に追われる状況は、何とか改善する必要があると思います。

そんなにコストがかかる訳ではないらしい

素晴らしい取り組みだと思いました。さぞかし、高額な事業なんやろなぁと。 奈良市ではできるけど、芦屋市では無理なんやろうなぁと聞いていましたが 年間で2500万ぐらいですかねぇということでした。

衝撃です。子供たちの学力向上のための確実な取り組みであるので その金額でできるなら、迷わずGOしたいところ。

一般質問で取り上げるか…。

今日は中島議長コーディネートによる芦屋市議会での勉強会。 「未就学期の子どもの豊かな成長を支える社会的支援」というテーマで 保育ソーシャルワーカーの重要性等について教えていただきました。

ソーシャルワーカー?

「ソーシャルワーカー」という役割はなんとなく知っていましたが、 実際に現場経験のある方とお話しさせていただく機会がありませんでした。 現場経験の裏付けがあるからか、説得力のある内容でした。

保育士や介護福祉士のように、自らのケアを提供することで問題を解決するケアワーカーに対し、 人、もの、サービスに繋ぐことで問題を解決するソーシャルワーカーは 「福祉」という目的達成のためのアプローチが全く異なります。

最近は…

学校のようにたくさんの子ども達がいる環境においては 様々なバックボーンを抱えた子がいるので、ソーシャルワーカーのような 社会全体をコントロールして課題解決にあたれるスペシャリストを配置する必要があります。

よく、最近は問題が複雑化しているとか、そんなようなことを言います。 でも、実際には問題は昔から変わっていなくて、問題が表面化しやすくなってきた ということなんだと思います。僕はSNSは好きじゃないですが、SNSの功績かもしません。

未就学期のソーシャルワーカー

未就学期のみ外部専門職ソーシャルワーカーが不在というのも盲点。 保育所が福祉施設であるから、保育士がその役割を果たすべきと考えていることが 原因だとのことですが、保育士さんにそこまで手広くフォローを求めるのは難しい気がします。

社会は色々なスペシャリストの方がそれぞれの領域で力を発揮することで回っています。 教育現場でも、同じだと思います。

今日の話でもありましたが、小学校に入って急に子育てが辛くなるというのは考えにくい。 だって、子供は成長につれて手がかからなくなる訳ですし。金はかかりますが。 なので、なるべく早くにメスを入れるべきだという主張は正しいと思います。

僕は今年は民生文教常任委員会所属ですから、この辺を折を見て確認したいと思います。

個人的に響いたところ

『最も支援が必要な人は、自ら「相談」に来ない』

これは分かります。特に行政は、色々なサポートの窓口を用意していますが 本当に必要とされる方々にはなかなか届かない。なんでもそうですが、 普段から外部へのアンテナを張っていて、何かあったらすぐに誰かと相談できる体制を組めている人は 最悪の事態は回避できるのだと思います。

ソーシャルワーカーが全ての困っている人を助けられるなら良いですが、それは無理です。 本当に助けが必要な人に確実に助けを届ける方法は永遠の課題です。 そういう点も検討して行きたいですね。

今日は研修参加。 指定管理者制度研究会(協定の考え方と災害時対応問題)に参加のため、吹田市まで。

内容について

研修の具体の内容について、まとめておきたいところですが 今日の研修は有料研修(3時間5000円)だったため、詳しい内容は書けません。 どういう話かという簡単な内容と感想に限定して記しておきたいと思います。

研修のテーマについては以下のとおり。

  • 協定の性格
  • 災害時対応問題とリスク分担

協定の重要性について

災害時のときの動き方について、予め想定した協定を結んでおく必要がある。 指定管理者となる民間企業は、リスク分担をはっきりさせておいた方がより効果的に動くことができるため 企業と一緒にリスク分担書を作成した方が良い。

チェックすべき内容は、協定に災害時の要件を記載しているか? 指定管理者に災害対応能力があるのか?というところを確認しておく必要がある。

特に、指定管理者は地方公共団体から独立した法的主体であり、 地方自治体に管理監督する権限はない。したがって、協定書で監査方法を 含めたモニタリングのあり方を定めておくことが重要である。

感想

これまで、指定管理者の選定に関する議案の審査を何回かやってきました。 しかし、協定書まで意識した審査ができていたか?と言われると、意識できていませんでした。

議員の立場でそこまで首を突っ込めるのかは分かりませんが、 災害時の要件をどこまでまとめるのか?というところも含めた確認をしていく必要を感じました。 というのも、指定管理者が運営していたとしても利用者からしたら公共施設であるからです。

スタンス的には、民間でできることは民間でやった方が良いと思っています。 ですが、災害時の対応という点で落とし穴があるということが分かりました。 今後の審査では、災害時の対応というところもキーワードとして検討したいと思います。

今回の費用は

なお、政務活動費で研修に参加させていただいております。 議員向けの研修は1時間半で15000円とか、信じられないぐらい 高い価格設定になっていることが多いです。しかもそれでいて東京開催。

さすがに、それは費用対効果的に出せません。 なので僕が参加する研修は基本的に在来線で行ける範囲でかつ、 コスパ的に有効だと思った研修に限定しています。

効果的な研修を選びながら、自己研鑽にも励みたいと思います。

↑このページのトップヘ