芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:その他議員活動 > 研修、勉強会など

今日も昨日に引き続き、「社会保障・社会福祉」に関する研修受講です。 芦屋は大雨で大変なようで、芦屋を離れていて大変申し訳ない気持ちですが、 市議会から招集がかかっていない以上、こちらでの研修をしっかり受講したいと思います。

今日は以下のテーマの3本立てを9:30~17:30までみっちりと。濃密な時間でした。

  • 介護保険と地域包括ケアシステム
  • 地域医療の現状と課題
  • 認知症の基礎知識と社会参加による予防の可能性

かなり具体的な内容だったと思います。 いずれも興味深く聞かせていただきました。 例によって有料研修なので詳細には書かないですが、簡単に振り返りをしておきたいと思います。

介護保険と地域包括ケアシステム

介護報酬は介護保険開始から17年で、既に8%も下がっている。 そうするとやはり事業者は事業継続も苦しくなってきますし、新規参入の大きな障壁となる。 厚労省や財務省は、給付削減の意向があるが、自治体としては高齢者が安心できるケアシステムの構築を図らなければならない。

福祉制度は経済事情や家族の事情など、特定の理由があって初めて使用される限定性がある。 一方で、介護保険制度については、要介護認定が下りれば全ての国民が利用する制度であり、普遍性がある。 なので、収入が多い人の負担が大きくなるという現状の仕組みは、あるべき論から外れた形であり、 保険制度として欠陥がある制度である。

高齢者の中でも、介護保険に対する考え方は2極化している。

  • 保険料が高くなるから特養はこれ以上いらない。
  • 特養に入りたいが、空きが無いため新しい特養をつくってほしい。

どちらの意見も高齢者の意見であるため、自治体は中途半端な対応をせずに 介護保険に関する方向性を定めた上でサービス展開していく必要がある。

  • 特養を全入制にする代わり、保険料を上げる。
  • 介護予防を進め、特養の建設は凍結。保険料は据え置きとする。

所感

自治体の方向性を決める判断については、非常に難しい判断だと思います。 すぐに答えは出せません。大いに議論が必要な事柄だと思います。 喧々諤々で議論をした結果、下された判断であれば、それは否定できません。 ただ、2025年問題を目前に控え、現状でこういった議論が行われているのか、 確認する必要があると強く感じました。

また、特色ある介護保険制度を設けている和光市についても話題に挙がっていました。 こちらについては、メンバーを募って視察したいところ。

地域医療の現状と課題

第7次医療計画(2018年4月~2024年3月)では、以下の見直しが行われた。

  • 医療と介護の連携のため、計画期間を5年⇒6年に変更。
  • 地域医療構想の達成に向けた取り組み

新たな介護保険施設として、介護医療院という仕組みが新設。 住まいの機能を重視した新たな形態。医療提供施設ではあるが、介護保険適用施設である。 多くの特養は医療提供施設ではないので、終末期医療まで対応してくれる施設の登場は 多様な選択肢になりうる。

超少子高齢化社会においては、人の住居をある程度集約する必要がある。コンパクトシティの考え方。 在宅とは、自宅とは限らない。多様な選択肢の中から(その人がふさわしい)適切な場所を選び、 そこで暮らすことが重要である。

公立病院の経営については、地域医療構想の中で、自らのポジショニングが問われている。

所感

芦屋市が加わる地域医療構想は南阪神地域医療構想。 近くに神戸市や西宮市がある中で、芦屋病院がどういう役割を果たしていくかが重要です。 単独運営という形から広域での運営という形に変わっていくんだろうと思いますが、 しばらく様子を見ないと行けないんだろうなと思っています。

認知症の基礎知識と社会参加による予防の可能性

認知症自身は病気ではなく、脳の認知機能に障害が出ている状況のことを指す。 認知症の原因となる病気は多種多様に富んでいる。原因の一部である脳血管性認知症については 生活習慣の見直しによって危険因子を抑えることが可能。

主な原因であるアルツハイマー病は、加齢が進むと誰しもが発症してしまう病気。 以前よりも平均寿命が長くなってきたことにより、表面化してきた。 薬による認知症予防は困難であることが分かってきたため、薬に頼らない予防法が研究されている。

社会的繋がりや家族、友人との交流によって認知症を抑えられるため、 絵本の読み聞かせなどによる新たな関係性の構築は重要である。

所感

絵本の読み聞かせについての取り組み(認知機能低下抑制プログラム)については効果がありそうです。 導入について、所管課と相談してみたいと思います。 また、認知症は早期発見であれば、遅らせることができるので 物忘れ外来等で検査を受けることの啓発も重要。 そして、高齢者の定期検診のメニューに認知症検査も加えられないか、 検討してみたいと思います。

今日は、全国市町村国際文化研修所(通称JIAM)で行われている「社会保障・社会福祉」についての研修を受講。 同研修は今日から金曜日まで、2泊3日で行われます。このテーマは興味はあるものの、専門的知識に自信がない分野。 案内を見た瞬間に「参加しよう!」と思った研修です。

これまでは5日間で行われていたカリキュラムらしいですが今年から3日にスリム化されたため、応募者が殺到。 今回はなんと2倍の倍率だったとか。普通に研修決まりましたよーって案内が来ていたので そんなラッキーが起こっていたとは気づきませんでした。涙をのんだ人の分も、頑張って勉強したいと思います。

さて、今日の研修テーマは「2025年問題と社会保障政策」。 例によって、有料の講習になるので事細かには書きませんが、かなり全体的な話でした。 地域包括ケアシステムなどの個別具体の政策については、明日以降になるそうです。 楽しみにしておこうと思います。

今日の内容については、まあそうだよなぁという内容が多かったように思います。 そんな中で興味深かったのは、「高齢者の社会参加」について。

「高齢者の定義と区分に関する、日本老年学会・日本老年医学会 高齢者に関する定義検討ワーキンググループからの提言」の紹介の中で示された 高齢者の身体能力が過去に比べて上がっているというデータ。そして、高齢者が自身を高齢者だと思う年齢は、概ね70歳以上というデータ。

やはり、60代の方は「高齢者」とお呼びするのは適当ではないと思います。 見た目からして、一般論的な「おじいちゃん、おばあちゃん」のステレオイメージには含まれないような気がします。 また、例えばタバコの有害性についての考え方など、健康に対する考え方や食べ物など、昔とは色々なことが変わってきています。 「高齢者」の体力などもかつてとは変わってくるのではないかと漠然と思っていたので、裏付けができました。

以前、同世代の方と高齢者について話をしていたとき、 「僕らは高齢者になっても多分、普通にゲームしますよね」という話をしたことがありますが、 僕は高齢者になってもスマホ等のデジタルガジェットを使いながら、ゲームもしていると思います。 なので、今現在、高齢者である人とこれから高齢者になる人では、状況も変わってくるんだろうなぁと思います。

なお、同ワーキンググループからの提言では、高齢者の区分を以下のようにすべきだとの提言があったそうです。

  • ・65~74歳 准高齢者 準高齢期(pre-old)
  • ・75~89歳 高齢者 高齢期(old)
  • ・90歳~ 超高齢者 超高齢期(oldest-old, super-old)

講義の最後には意見交換。同じ班の議員さんは、郡部の議員さんが多く 芦屋とは状況が大きく異なるエリアでした。高齢化率も芦屋の比では無いぐらい深刻なもので、 危機意識も相当に高いようです。行政だけで全てフォローアップするには財源が足りないということもあり、 地域の方々が行政の役割を代行しているような状況とのこと。保育所がいらなくなったから 高齢者向けの施設に回してるという意見も新鮮。やはり地域が変わると問題意識もまったく変わってくるなと 参考になりました。

また、意見交換の中では、「高齢」とか「老」というネーミングが悪いという意見がありました。 僕もそう思います。「シルバー」も含めて、60代の方々についてはステレオイメージ的な高齢者を連想させる 言葉は似つかわしくないような気がします。こういったところも改めていくことで、社会の認識を改めていくのは 有効なのではないかと感じます。

少子高齢化の影響で、就労世代が大きく減少していくことからも、 少なくとも60代の方々については労働力として活躍する機会が必要になってくると思います。 平均寿命が伸びている関係で、60代でリタイアしてしまうと年金だけではしんどくなってくるという 現実的な問題もありますし。

今日は踏み込んだ話はありませんでしたが、意見交換など 参考になる部分もたくさんありました。明日の研修も楽しみにしたいと思います。

今日も昨日に引き続き、自治立志塾 in 豊中に参加するために豊中市に。 今日は以下のお三方による鼎談が行われました。

  • 岡崎昌之氏(法政大学名誉教授)
  • 中川幾郎氏(帝塚山大学名誉教授)
  • 馬袋真紀氏(朝来市総合政策課)

鼎談は、主に朝来市の取り組みに関連して行われました。 かなり濃密な鼎談だったように思います。どれぐらいかと言うと、 びっしり書かれたホワイトボードを見ていただいたら分かるかと。

DSC_0200

全般的に感じたのは朝来市にはエネルギーが溢れているということ。 職員さんのモチベーションが高い自治体は先進事例に対しても積極的に取り組みますし、色々と良い影響が出ますよね。 朝来市は住みたい田舎No.1とのことですが、それも頷けます。

朝来市では、それぞれの小学校区において「地域自治協議会」を設けているそうです。 これは、自治会のみならず、各種団体や個人、企業、行政が参画して様々な地域課題を解決していくという会議体。

以前、総務常任委員会で高知市を視察した際にも同様の取り組みを伺いました。 複数自治体でもやっている取り組みですから、一定の効果があるんでしょうね。

朝来市の場合、地域ごとの頑張りの濃淡はあるものの、 イベントや飲み会を開催することで顔が見える関係性の構築を進めているそうです。 ポイントは目的意識の明確化。イベントや飲み会も、ただ「楽しい」ではなく 「顔が見える関係性の構築」を目的とするのであれば意味が変わってきます。

そして、朝来市の生涯学習は単なる趣味などに留まらず、 生きる力に直結するようなことの学習に繋がっているそうです。 これは凄いことですね。公民館が遠いという弱点を逆手に取り、自主的な活動になっているのが 良いのかもしれません。

また、与布土という地域においては10代~40代という若い世代が集まって 地域づくりに加わっているそうです。10代というのも驚きですが、若い世代が 積極的に集まっているというのもすごいですね。

地元の町内会で言うと、こども会の役員さんは若い方ですが それ以外だと僕が一番若い感じです。でも、僕も議員やってなかったら 町内会役員会には関わっていないと思います。

だから、若い人が積極的に関わっている与布土は凄いと思います。 使命感や義務感で集まっているのではなく、ワクワク感で集まっているそうです。 一番高いモチベーションで仕事ができる形であり、結果的には地域課題の解決に繋がっているとのこと。

どうしてここまで差が出るのかな。 人数が少なく、自主的に移住してきている人が多いからなのかな。 分かりませんが、とりあえず、飲み会からでも参加しまへんか? ということで人を集めていくそうです。地元でそれをやるというのは、なかなか厳しいですかね? おもろいやん!やろうや!でやっていると、怒られそうだし…。

また、朝来市は郡部に位置するということもあり、 ここに住んでいる若い方は自ら率先して移住してきている人が多いという特徴があります。 だからこそ、主体性や多様性、自己肯定感やシビックプライドが醸成されやすいとのこと。 こういった「自分らしく、自分のやりたいことを実現しながら、その延長にまちと関わっている人」を 「ASAGOiNGな人」と呼んでいるそうです。

朝来市の固定観念に囚われないまちづくりは素晴らしいと思います。 今日の話を聞いて、朝来市に興味が湧いてきました。 また機会があれば、視察をさせていただきたいと思います。

今日は豊中市で開催された「自治立志塾 in 豊中」に参加するため、豊中市に。 法政大学名誉教授の岡﨑昌之先生を講師として行われたまちづくりに関する研修です。 同研修は明日も行われるため、明日も豊中市に行く予定です。

DSC_0197 DSC_0195

近年、人の居住が都市の中心から郊外に移る傾向があるとのこと。 大型スーパー等を中心とした郊外型のニュータウンとかのことを指しているんだと思います。 一方で中心市街地は、その街のシンボルとして存在しているべき。

芦屋に目を向けるとどうでしょうか。阪急芦屋川と阪神芦屋、JR芦屋を線で結んだ範囲が中心部と言えると思います。 芦屋のシンボリックな建物と言えば、市役所かなと思います。市役所前には少しばかりの広場があります。 ですが、時々ベンチには座っている人がいるものの、人であふれているということはありません。 また、JR芦屋駅北にあるペデストリアンデッキも同様です。時々ベンチに座っている人はいるものの、 人の集まる広場にはなっていません。いずれも、一番使っているのはタバコを吸う人のような気もします。

日本の駅前には広場のイメージがないので、のんびりするイメージがありません。 よく、ヨーロッパには広場が~という声を聞くんですが、それは広いから良いんじゃ…って思います。 人でごった返している駅前広場でのんびり…というのはちょっとしんどい。 少なくとも、芦屋の駅前広場ではのんびりくつろげません。というのが実態として表れている気がします。 狭い市内だから顔差しちゃうというのもあります(笑)

JR芦屋駅南の再開発ビルが新たなシンボルとして期待されていると思います。 人が集う空間を創りだすことができれば、正に新たなシンボルになれると思います。 そのためにも、コンテンツ。ビル内に何が入るか。 芦屋の人が魅力に感じるコンテンツの設置を第一に考えたいと思います。

その他、まちづくり事例として、福井県大野市が紹介されていました。 その中で気になったのは、小コレクター運動というもの。

芸術に対する意識を向上させる一方で、若手芸術家を育てるという効果もある取り組みのようです。 芦屋市は芸術に対する意識が高い人も多く、受け入れられる運動のような気がします。少し研究したいと思います。

小コレクター運動は、1950年代、美術評論家である久保貞次郎が提唱した美術教育の運動「創造美育運動」から起こった。
この運動は、作品を3点以上所有する人を、「小コレクター」と呼び、本物の美術品を持つことでアートに対する理解・愛着が増すともに、 美術品を買うことが無名のアーティストの不遇な時代を支援・応援することにつながる、という考えから成る。
Wikipedia(小コレクター運動)より

ちなみに余談ですが、会場となった豊中市立文化芸術センター。 携帯の電波が入らなかったんですよね。おかげで電池が急速に無くなり、7割ぐらいあった電池が帰る頃にはゼロに…。 芸術関係のホールなので、わざと電波が入らないようにしてるのかもしれないんですが、 依存症の僕としては困りました…。明日は機内モードにしておきます(笑)

今日は「自治体監査のための監査論入門」の4回目。なので、関学大梅田キャンパスです。

この講座は有料講座なので、内容について事細かに書くことはしませんが 内部統制について、監査証拠について、監査調書についてなどのお話を聞きました。

内部統制とは、以下の4つの目的が達成されているとの合理的な保証を得るために、 業務に組み込まれ、組織内のすべての者によって遂行されるプロセスのことを指す。

  • 財務報告の信頼性
  • 事業の有効性と効率性
  • 法令等の遵守
  • 資産の保全

内部統制は、平成29年6月9日に公布された「地方自治法等の一部を改正する法律」において 取り上げられたもので、平成32年4月1日に施行されます。 なので、芦屋市を含む各地方自治体は今後、内部統制に関する方針を定めて必要な体制を整備していく必要があります。

内部統制では、リスクをどのようにコントロールしていくかがカギとなります。 内部統制に影響する統制環境は、経営者の意向や姿勢が大きく影響するため、 選挙で市長が選ばれる地方自治体においては、改選ごとに統制環境が大きく変動する恐れがあります。 よって、どんな市長が就任したとしても、一定の統制レベルを維持できるような仕組みづくりが求められるんだと思います。

内部統制は上述のとおり、平成32年4月1日までに体制を構築する形になります。 芦屋市においてはどのような進捗状況なのか、見えてこない状況です。 折を見て一般質問で確認しようかと思います。

監査調書とは「監査計画の立案から監査結果や意見の集約までの一連のプロセスを書きとめた資料や記録」だとのこと。 監査の質の担保となる資料ですから、重要な資料です。

芦屋市の監査結果に目をやると、監査報告書は公開されています。 ですがこの「監査調書」については、特に公開されていません。 議会への提供も特にありません。 内部で保有はしているのかもしれませんが、現時点ではよく分からない。 確認しておく必要があるのかもしれません。

一連の研修は本日で終了です。4回という少ない回数ではありましたが 各自治体の監査事務局の方などが参加をされており、そういった方々との情報交換も有意義なものでした。 ここでは明かしませんけど、なるほど!という意見もありましたので 今後の議員活動に生かしていきたいと思います。

「監査」については、まだまだ「へー」というレベルで人に教えられるようなレベルではありません。 僕が属する兵庫維新の会からも3名の議員が参加しています。 また、兵庫維新の会所属議員の中で、議選監査委員を経験している議員もいますので 引き続き、勉強会を設けて理解を深めていきたいと思います。

↑このページのトップヘ