芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:その他議員活動 > 研修、勉強会など

今日は関西若手議員の会の総会&研修会に参加。場所は明石市でしたが、運転免許証取得時以来の明石です。前はもっと遠いところだったような気がしましたが、芦屋から新快速で25分。思ってたより近かったです。

研修会の内容は、選挙プランナーの方を招いての研修でした。某地域政党(≠大阪維新の会)の候補者選定の話であったり、同会の新人対象の研修会で行われた議員としてのあり方についてのお話をいただきました。

政務活動とは言い難い内容で、交通費を政務活動費として充当するのは難しそうですが、政治家としてのあり方の部分など、参考になる研修会でした。

某地域政党においては、候補者選定にあたり以下のテストを行ったとのこと。

  • 言語理解(長文読解)
  • 係数理解(表やグラフの読み取り)
  • 論文提出(その場で)

相手の言っていることを「正しく」理解すること。そして自分の意図する内容を人に「正しく」伝えること。これこそが本来のコミュニケーションであり、議員として求められる能力だと思います。また、数字を読み取ることができる。これも議員として必要な能力。

ただ、別に特段難しいことではないよねって言う。こういう能力は民間企業で「普通に」仕事をこなすためにも必要な能力ですよ。ぶっちゃけた話。なので、少なくとも民間企業で「普通に」仕事ができている人であれば誰でも議員として最低限の仕事はやっていけるはずなんですよ。わざわざこんなテストをしないといけないということは…。どういうことなんでしょうね~。

また、良い候補者とは?と言う話もありました。

  • 忘れない
  • 途中で辞めない
  • 手を抜かない

耳が痛い。雨が降ってたら「やめとこうかな」とか、どうしても自分に甘くなってしまうんですよね。そんなことではダメですね。また、以下のようなことも重要なファクターだとのこと。

  • 謙虚に
  • 人当たり良く
  • 図々しく

謙虚さと図々しさ。議員には相反するものが求められます。僕的には、図々しさが難しいです。議員さんの中には厚かましいぐらいの人もいます。そういう人を見て凄いなぁと思いながらも、僕も図々しさを身につけていく必要があるんですよね。

当選した途端に「大先生」になってしまう方。芦屋の議員さんではないですが、残念ながらおられます。「応援してもらって当たり前」と思っちゃってる人も。議員って、特別な仕事だけど特別な存在では無いんですよね。それが分からない人はちょっとなぁ~って思います。

質疑応答の中では、ネット広告の効果についての話題もありました。個人的にもちょっと気になっていたところ。でも報告会の告知などで使うには有効だが、日頃の広報を行う上では有効なツールではないのでは?とのこと。そんな気がしました。やはり広報活動は汗をかくと言うか、地道な活動が大事みたいですね。

僕の議員としての任期はあともう少しありますが、謙虚に、図々しく頑張っていきたいと思います。

今日は福岡県大野城市にて「統合型行政評価システム(公共サービスDOCK事業)」を視察。兵庫維新の会の有志のメンバーで訪れました。前回、国東市に赴いたときと概ね同じメンバーです。

公共サービスDOCK事業というのは、簡単にいうと「市の事業について、第三者評価を受ける」という仕組み。大学教授や公認会計士、企業経営者といった人選で公共サービス改革委員会というものを設置し、市のいくつかの事業を外部評価にかけるという取り組みです。この事業については総務省のホームページにも紹介があります

市の内部評価だけでなく第三者評価を受けるべきだという観点は、先日視察させていただきました静岡県富士市における「議会事業評価」とも似ています。芦屋市においては現行でも監査を実施していますが、あくまで市内部の監査に留まっています。いずれにせよ、市の事業を第三者評価にかける必要性は高いと感じます。

ただ大野城市さんについては、財政規模も小さい自治体です。また、人口に対して職員数が少ないです。よって少ない財源を有効に活用していくという観点も強いようで、経営の最適化を図っていくために実施しているという背景があります。利益最大化を最大の目的としている民間企業と違い、行政は利益を追求していく必然性はありません。とは言いながらも、お金を動かします。経営の最適化という観点は絶対に必要。

以下では、備忘録の意味も込めて視察内容について簡単にまとめておきます。

概要

公共サービスDOCK事業とは、以下の診断を実施するもの。

  • フルコスト計算書診断(財政の視点)
  • 民間活用のあり方診断(業務プロセスの視点)
  • 業務・システム最適化診断(業務プロセスの視点)
  • 初期診断(市民満足度の視点)
  • 人財と育成の活用診断(人財と育成の活用の視点)

フルコスト計算書診断とは

毎年定例的に行う経常事業の収支をまとめたもの。どれだけの税金や人員を利用して事業を実施しているかを「視える化」。事務事業の効率化や必要性の診断を実施する。

ただし、人件費については厳密な算出はしておらず、あくまで概算。事業別のデジタルな時間実績は取っていない。

民間活用のあり方診断とは

市民サービスの効果を診断。実施効果が市民等に還元されているかを診断する。

直営 ⇒ 指定管理者への変更を検討する際にも実施。指定管理者制度への移行が妥当かどうかを客観的視点からチェックすることにも適用している。

業務・システム最適化診断とは

市の事務事業を簡潔に標記した業務フローを作成。重複事業の整理やIT化による事業の簡易化、標準化を実施。全庁的な業務改善に繋げる。

初期診断とは

総合計画に記載されている事業について、市民満足度の視点から事業の成果目標、市民ニーズ、事業効果などの診断を実施。今後の新規事業の選定に役立てたり、事業のスリム化に繋げる。

市民満足度の調査については、毎年アンケートを実施。約10万人の市民に対し、1000人を抽出している。

人財と育成の活用診断とは

働き方改革に主眼をおいた取組み。現在協議を進めている。協議事項は以下のとおり。

  • 時間外勤務の現状および問題点の把握
  • 適正な年齢構成および業務量に対応した配置の検証
  • 職員ニーズに合致した休暇制度の在り方の検討

芦屋市での実現は?

事業別のコストを明確にするなど、芦屋市でも実施すべき点がありました。ただし、大野城市の取り組みは全庁で総合的に実施しなければならない取組みです。大野城市のやり方を直ちに芦屋で取り組んでいくのは難しいと思われます。まず、概算でも構わないので事業別のコストを明確にしていくところから実施していただけるよう、検討したいところ。

事業の評価という意味では、本来は議会がやるべきことです。しかし、今の予算・決算の審査のやり方ではあまりに広範囲。それぞれの事業について、細かく評価をしていくのは難しいと言うのが実態です。

全体を総括的にチェックする機関と事業をピックアップして、細かなところをチェックする機関の両者が必要だと思います。議会による事務事業評価と合わせて検討していきたいところです。

今日は兵庫維新の会所属の阪神間の市議会議員が集まって勉強会を実施。人数が集まらなかったので、フリートークみたいな形になってしまいましたが・・・。ただ、遊びの話は一切なし。2時間の間、政策の話をしていました。フリートークの中にもヒントがあるので、勉強会方式じゃない形だったとしても大いに意味のある会になります。

兵庫維新の会の中でも政調会を設けていますが、県会議員も神戸市会議員も入った中ではなかなかピンポイントな政策論ができません。そりゃあそうです。守備範囲も違えば財政状況、環境もまったく異なる議員が集まったところで、地方行政に関する政策の話はできません。

政党所属である一方で、それぞれがそれぞれの議会に属しています。でも根底にあるのは「自分の街をもっと良くしたい」のはず。それが蓄積されていくことで兵庫県全体が良くなるし、関西も良くなります。今後もこういった会を開催し、自分たちを研鑽していきたいと思います。

今日は大分県国東市に視察。予定が重複してしまい、3日連続の視察です。視察内容は「基金運用について」

国東市では積極的な資金運用を実施して、以下のように大きな成果を出しています。様々な政策を実現していくためには、何よりも財源が必要。今回の視察目的は、財源を生み出すための方法の一つとして運用ノウハウを教えてもらおうというもの。兵庫維新の会の有志のメンバーでお伺いしました。
国東市_運用利回り
国東市『公金管理について』より

内容についてまとめていきたいところですが、非常にテクニカルでかつ、ボリューム満点だったため、今の時点ではまとめきれません。もう一度、資料を読み込みたいと思います。

とりあえず、研究していきたいと思ったのは以下の部分。

  • 基金の一括運用
  • 現状、個別で運用している基金を共有して運用する。個別運用だと基金取り崩しが必要になることがあるため、長期的な運用ができない。一括運用だと、預金総額が大きくなるので流動性を持たせられる。また、長期的な運用が可能となり、収益性に対処可能。
  • 債券売却による損失の考え方
  • 仮に債券売却によって損失が出たとしても「トータル収入>損失」となれば、それは損失では無い。売却損は費用と考えるべき。

しかしながら、いきなり一般質問をやったところで多分、話が進みません。テクニカルな話だから。ひとまず財務担当の人に相談して、刷り合わせをしてみたいと思います。一般質問に下ろすのは、内々でしっかり話し込んでからということで。

今日は兵庫維新の有志の議員さん達と勉強会を行いました。各議員の一般質問を共有して、新たな政策提言に繋げようという趣旨です。

行政は、民間と違って競争原理はありません。だから他市での事例で良いものがあれば、どんどん参考にすることができます。実際、他市での事例を元に施策を行うケースはかなり多いです。民間は一番乗りによるメリットを重視しますが、行政は一番乗りによるリスクを嫌います。この辺は利益最大化が最大の目的である民間と安定した行政サービスの提供を目的とする行政の考え方の違いですね。だから一般質問の答弁もつれないものが多いです。

他市でできていないことがあれば、自分の市ではどうかな?と調べます。できていればそれで良いですし、できていなければ指摘して改善してもらいます。これを繰り返すことで、阪神間は確実に良くなります。

勉強という意味では研修を受講するのも良いですが、こうやって議員が集まって議論すると言うのもかなり有意義な時間だと思います。なにより金がかからない(笑)これからは広報活動や地元活動も大切にする一方で、こういう時間もしっかり取っていきたいと思います。

↑このページのトップヘ