芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ: 芦屋市議会

今日は本会議。6月定例会の最終日です。

今日の議事内容は以下のとおり。

  • 市長提出議案、専決処分報告の議決
  • 議員提出議案の提案、議決
  • 兵庫県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙
  • 閉会中の継続調査の設定
  • 議員派遣の議決

市長提出議案、専決処分報告の議決

全ての議案について、可決ということになりました。 第42号議案と第47号議案については、賛否が別れました。

議員別の態度については 市議会HPに『議案等審議結果一覧表(議員別)7月17日』という形で後日アップされるはずです。

自身の態度について

なお、僕の属する改革維新の会では全ての議案について賛成しています。 消費税増税に関する補正予算もありました(プレミアム商品券)

党として、増税には反対しています。ですが補正予算は増税そのものではありません。 補正予算が通らなかった場合、増税対策と言われている事業ができなくなります。

当該事業が増税対策になるかどうか?という議論はさておき、 トップダウン事業について芦屋だけ執行できなくなった場合の責任が取れません。 なので増税反対⇒プレミアム商品券事業にも反対という態度は取っていません。

議員提出議案の提案、議決

議員提出議案第1号として 「精神障がい者に対する公共交通機関の運賃割引の適用を求める決議」が提出されました。

内々の調整で全会一致となることが分かっていたため、審議を割愛して 討論採決を行うこととしています。

どういう内容?

内容については、市議会HPに後日アップされると思いますが まだアップがないので、簡単にご紹介。

障がい者の自立や社会参加の促進

「障害者基本法」と「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」で 定めているとおり、障がい者の自立及び社会参加の支援を進める必要がある。

そして障がい者の自立や社会参加の促進のためには、 公共交通機関などの移動手段の確保が必要不可欠。

鉄道、バスをはじめとする公共交通機関においては、運賃割引制度を設け、 障がい者の経済的負担の軽減を図っている。

精神障がい者が受ける格差の是正

身体障がい者及び知的障がい者が適用対象となっており障がいの種類で格差が生じている。

芦屋市議会として、交通事業者に対して公共交通機関の運賃割引制度について 障がいの種別による格差が発生しないよう、精神障がい者も適用対象とすることを求める。

兵庫県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙

後期高齢者医療制度については、 兵庫県内のすべての市町が加入する「兵庫県後期高齢者医療広域連合」と 芦屋市で分担して実施しています。

分掌としては以下のとおり。

  • 広域連合
  • 被保険者の認定、保険料の決定や医療の給付など
  • 保険料の徴収、被保険者証の引渡しや各種申請の受付等の窓口業務

広域連合議会

広域連合を設置した場合、予算や条例などの審議・決定を行う機関として 広域連合議会が設置されます。同議会は県内の市町議会で選ばれた議員で構成されています。

候補の中から誰を議員に任命するか?を議会選挙で決めます。 議員の候補者は以下のとおり。

  • 市長
  • 副市長
  • 市議会議員

議員になったのは?

選挙の結果、17票を集めた副市長が議員となりました。

副市長を議員に選出している理由は、後期高齢者医療広域連合議会議員は 市の福祉事業について精通している必要があります。1議員がこれを担うのは負担が大きいです。 なので、市の事業に精通している副市長を議員に選出しています。

議員派遣の議決

以下の派遣を行うことを議決しました。 芦屋市にプラスとなるお土産を持ち帰ってもらうことを期待しています。

  1. 行政視察1
  2. 目的岐阜県北口駅前広場整備事業について
    「あい愛バス」運行事業について
    派遣場所岐阜県岐阜市
    美濃加茂市
    期間8月5日~8月6日
    派遣議員福井利道議員
    松木義昭議員
    川上あさえ議員
    米田哲也議員
    福井美奈子議員
  3. 行政視察2
  4. 目的復興状況等の現状と今後の課題について
    派遣場所宮城県女川町
    宮城県石巻市
    期間10月7日~10月8日
    派遣議員青山暁議員
    大塚のぶお議員
    中島健一議員

今日は議会運営委員会。ようやく明日6月定例会の最終日です。 他市の議員さんは参議院選挙って感じなんでしょうが、芦屋市はまだ議会やってます。

今日の議題としては、主に明日の本会議の流れについての確認。 最終日に議員提出議案も1件出されることになりました。 全会一致なので、委員会審議は飛ばしての採決になりますけど。

議員派遣について

地方自治法第100条第13項と芦屋市市議会会議規則第78条で定めているものであり、 芦屋市議会では会派視察とも呼んでいました。これは政務活動費で行くのではなく、 議員派遣として議会費(公費)を用いた視察という位置づけでやっているものです。

第百条
○13 議会は、議案の審査又は当該普通地方公共団体の事務に関する調査のため その他議会において必要があると認めるときは、会議規則の定めるところにより、 議員を派遣することができる。
(議員の派遣)
第78条 議会において審査,調査その他の必要により,議員を派遣しようとするときは, 議会の議決を要する。ただし,閉会中は,議長において議員の派遣を決定することができる。
2 議員が派遣を要求するときは,あらかじめ氏名,日時,場所,目的,経費等を記載した 議員派遣要求書を議長に提出しなければならない。

これまでの運用

これまでは議長に議員派遣要求書を提出した上で、各会派がいつの間にか視察に赴いていた という感じが多かったです。なので、他所の会派がいつ、どこに行っているか良く分からない状態。 「議会による議員派遣」と言いながらも、運用の仕方に問題がありました。 あ、別に視察先の夜にお酒でのトラブルとか、不祥事はなかったですけどね。

昨年度に行った改善

  1. 派遣までの手続
    • 開会中
    • 本会議で次の事項を議決する。ただし、場所・期間については、議決日に未決定の場合の後日 の決定及び決定している場合でも諸般の事情による変更の決定については議長に一任とする。
      目的
      場所
      期間
      その他必要な事項(派遣議員名前)
    • 閉会中
    • 議長において決定し、議会運営委員会での報告を経て、次の議会で諸般報告
  2. 派遣後の手続
    • 視察報告書をホームページで公開
    • 視察報告書の様式は、委員会視察報告書を準用

すごい地味な変更ではあります。でも、視察を物見遊山にしないという意味でも 運営としてあるべき姿に回帰する意味でも意味ある変更だと思っています。

運用変更後、初めての議員派遣

既にいくつかの会派から、議員派遣要求書が出されています。 なので明日の本会議では、議員派遣の議決も行われることになります。 運用変更後としては初めて行われることなので、今日の議運でも多めに説明がありました。

議員派遣についての考え方

会派として考えていきたいと思います。 会派メンバーを議会として派遣するのが望ましいのか。 少なくとも個人的には、別に毎年の恒例行事のように視察する必要もないと思っています。

視察は行ってみたところ、芦屋には適用できなさそうだなと思うことも多いです。 公務では無くて政務活動の一環という形で視察に赴くのが良いのかなとも思っています。

勉強は大事ですし、百聞は一見に如かずとも言います。 臨機応変に考えて、効果的な視察はどんどんやるようには進めていきたいと思います。

政治の世界における世間では、参議院選挙!って感じなんだと思いますが芦屋市議会は17日まで。 あまり選挙って感じがしませんし、選挙にも身が入らないところがありますね。

さて、本日行われた代表者会議において、今年度の議会報告会に関する準備会体制が組まれました。

議会報告会の準備には時間がかかる

なんせ、議会報告会の準備には準備には時間がかかります。とにかく前倒しに進める必要があります。 それでも毎年毎年反省が絶えない訳で…。また、ここんところは、一部の議員さんが準備を 担当するという形になっており、少し負担が重かった感がありました。 そういう背景もあってか、今回は全議員が準備に当たる形式を採ることに。

議会報告会については答えは一つじゃないと思います。 色々と工夫をしながらも、取り組みとして継続する姿勢が大事だと思います。 知名度のアップについては、愚直に、地道にやるしかないです。

委員会視察のことも考える時期に

ちなみに…、また委員会視察のことが議題に挙がる時期が来ました。 基本は正副委員長がコーディネートしてくれるのですが、各委員の方で 視察したい内容があれば教えてください~ということになっています。

僕も委員長をしたので分かりますが、視察先の決定って結構大変。 前提としては、物見遊山的な視察にしてはいけませんから。

芦屋に持って帰られる事業を見ないと意味が無い

視察先については、実際に見て聞いてみないと芦屋との親和性が分からないこともあります。 ですが、地域性とか住民性に依存する案件については、見る前から芦屋での採用が難しそうな 気配が漂います。他所の好例をまるっと完コピするよりも、芦屋モデルを考える必要があるはずで。

また、芦屋と比べて財政規模・人口規模が大きすぎる自治体も視察先としては微妙。 自治体として使えるお金が違いすぎる自治体の事業を見ても、芦屋じゃできないことも多いし…。 必ずしもそういう訳でもないけど「それは膨大なお金や土地ができるからできることよね」ということが多いように思います。

委員から意見が出ると結構嬉しい

今回の僕の所属は民生文教常任委員会。担当所管が市民生活に直結することが 多いことを考えると地域性が絡む事業が多いです。 僕が委員長やったら、めちゃくちゃ悩みそう。 委員さんから希望が上がってくると、ちょっと嬉しい。

委員長から、希望があれば教えて下さいと言われています。 最終は正副委員長にお任せという格好にはなるものの、 もうちょっとだけ僕の方でも考えてみたいと思います。

今日も本会議。他市の議員さんとかは参議院選挙モードになっているのかもしれませんが 芦屋市は、議会中なのでそういう感じにはなっていません。いつもどおり。

今日が一般質問の最終日です。今日、質問した議員は以下のとおり。

No氏名会派名質問項目
1長谷 基弘あしや しみんのこえ◆みんなでつくる国際文化住宅都市とは
2田原 俊彦公明党◆福祉行政について
◆防災について
3川上あさえ自由民主党◆市庁舎の効率的かつ適正な運用について
◆市長の政治姿勢について
◆旧宮塚町住宅活用事業の改善点について
4山口 みさえ無所属◆放課後児童クラブの充実について
◆差別のないすみよいまちづくりについて
5徳田 直彦公明党◆交通安全対策について
6福井 利道自由民主党◆歩行者交通の安全確保について
◆山手地域のコミュニティーバス運行について
◆市立幼稚園の3年保育の実施を今こそ
◆公園道路でお茶栽培して緑茶・紅茶で楽しもう

改選後初だからですかね?3日通して重複した通告内容が多かったように思います。 僕はなるべく被らないようなニッチなところを付いていきたいと思います。

話を聞いて何点か。

コミュニティバス

一般論として維持管理が大変

コミュニティバスは個人的には難しいだろうと思っています。特に維持管理。 基本的には、阪急バスで網羅されていないエリアを対象とする訳ですが、 芦屋の場合、エリアがかなり限定的になります。

定期的に巡回させる場合、常勤のドライバーを確保しておく必要があります。 保険のこともありますし、ボランティアベースでの確保なんてできません。 したがって、コミュニティバスという形式での運用を考えると、貸切バス業者に委託するより他はないと思います。

利用者がどれぐらいか、費用対効果はどれぐらいかの把握は大事

当該エリアにおいて、本当にコミュニティバスを必要としている層がどれぐらいの規模になるのか? を見極めて進めないと、導入してみたものの「やっぱりイマイチやから廃止」ということになりかねません。 なので、具体のデータを持って議論をする必要がありますが、市議会での議論を聞いている限りでは 具体の話になっていることはないと思います。それだと導入にゴーはできないです。

資金的に余裕があるからタクシーに乗るのよ。って人もいるでしょうし、 子供が近くにいるからいつでも乗せてもらえるのよっていう人もいるでしょう。 場合によっては、タクシー助成という形にした方がコスト的にも安価になることもあります。 その辺の具体データを用いながら、検討を進めていくしかないように思います。

Uberに期待してるんですけど

Uberに代表されるライドシェアの規制が緩和されたら一気に解決に進むんですけどね。 しかも極めて安価で!オリンピックもあり、世界各国から観光客が来ることになりますし、 国の英断を待ちたいですけどねぇ。

幼稚園の3年保育

令和4年に試験運用をするようです。そこでニーズ把握ですね。 就学前保育のサービスについては大きな転換期に来ていると思いますので、 一旦立ち止まってのニーズ調査は大事だと思います。

というのも、認定こども園が市民権を得たあとも公立幼稚園のニーズは続くのかな? と疑問を抱いているためです。

幼稚園と認定こども園、保育園と認定こども園は異なる施設ではあります。 管轄する省庁が異なるので、行政側の取り扱いとしては明確に異なるとは思います。

  • 認定こども園:内閣府
  • 幼稚園:文部科学省
  • 保育園:厚生労働省

ですがそれは行政側の扱いであって、利用者側の感覚としては極めてニアリーな施設になると思います。 そりゃあ細かいところの差異はあると思いますけど…。 普通の保護者の方が敏感に察知するほどの差異でもない気がします。

いずれにせよ、幼児教育の無償化もあり、大きな転換期に来ていると思います。 保護者が損をしないような形で社会情勢に応じた転換を迎えられればと思いますね。

今日は一般質問。3日間予定されているうちの2日目です。 今日登壇した議員は以下のとおり。

No氏名会派名質問項目
1平野 貞雄日本共産党◆憲法への認識と姿勢について
◆保険医療施策について
2ひろせ 久美子日本共産党◆市民参画について
◆芦屋の交通政策について
3大原 裕貴改革維新の会◆ネーミングライツ売買を活用した財源確保について
◆創業支援策の強化について
◆防犯対策の強化について
4浅海 洋一郎改革維新の会◆読書通帳の導入について
◆市内保育園の園外活動の安全について
5米田 哲也自由民主党◆芦屋市屋外広告物条例について
◆芦屋川、宮川の治水工事について
6たかおか 知子あしや しみんのこえ◆通学路、学校区の見直しについて
◆地域コミュニティの拠点について
◆無電柱化エリアにおける浸水対応について
◆働きの場の方向性について

僕も質問しました。とりあえず、質問の概要をご紹介。 答弁としては、概ね良い答弁をいただいたかな?と総括しています。 答弁については内容を確認してから報告します。

一般質問:ネーミングライツ売買を活用した財源確保について

背景

  1. 将来的な財政不安
  2. 人口減少、少子高齢化による担税能力を持つ市民の減少。 芦屋市の10年後、20年後の財政状況は明るいとは言えません。 財源確保について、少しでも実施していく必要があります。
  3. 公共施設の維持管理、更新費用の高騰
  4. 人口ピーク時に建設された施設が多く、今後更新の時期を迎えることになります。 そうでなくても維持管理費は小さい負担ではない。各所管において、 財源確保について考えるべきであると考えます。

質問概要

ネーミングライツを売却することによって、少しでも財源を確保することはできないか。

答弁

公共施設等の良好な維持管理に係る財源を確保する官民連携の手法として 一定の効果があると考える。企業等へのサウンディング調査を実施した上で検討する。

一般質問:創業支援策の強化について

背景

  1. 将来的な財政不安
  2. 人口減少、少子高齢化による担税能力を持つ市民の減少。 芦屋市の10年後、20年後の財政状況は明るいとは言えません。 財源確保について、少しでも実施していく必要があります。
  3. 人口流入の促進のためには雇用が必要
  4. 人口流入を促していくためには、市内の雇用を増やす必要があります。 しかし、市域が狭くて家賃が高い芦屋においては企業誘致は圧倒的に不利。 なので、雇用を増やすためには起業を頼るしかないと考えています。

質問概要

  • 芦屋独自のビジネスコンテストを開催することで、芦屋に起業家を集めるきっかけをつくることはできないか。
  • 創業支援に関する種々の補助制度について、集約して公開することはできないか。

答弁

  • ビジネスコンテストについて
  • 創業支援、ASHIYA RESUME事業、コワーキングスペースでの課題解決セミナー ビジネス交流会、専門分野の個別支援などの事業や補助金等の支援を実施しており 起業コンテストについては、今年度、中小企業・小規模企業振興基本計画の策定の過程で 事業者のニーズに対応する効果的な方策を検討し、市内での創業、新規事業者の参入を図っていく。
  • 既存制度の周知について
  • 既存制度の周知については、創業に関する最新情報を市のHPに掲載しているが、 HPのシステム更新に合わせてファインダビリティを向上させるとともに、 商工会にご協力を得ながら周知を図っていく。

一般質問:防犯対策の強化について

背景

  1. 芦屋の犯罪認知件数は少ない傾向にある
  2. 一般的には、郡部と比べると都市部は犯罪認知件数も多くなりがちだが 芦屋は阪神間の中において、人口に対する犯罪認知件数が少ない傾向にある。 これは芦屋の特色の一つであると思われる。

    芦屋に暮らす市民にとって、芦屋への転居を考える人にとって 「犯罪が少ない」というのは大きなメリットとなる。 犯罪の少なさを更に付きつめることで、芦屋が他市に誇る強みの柱に据えることもできる。

  3. 多発する凶悪犯罪への対応
  4. 昨今では、連日のように凶悪犯罪が報じられている。 市内での犯罪が無かったとしても、凶悪犯が潜伏するようなケースも考えられる。

質問概要

  • 捜査を視野に入れた防犯カメラ網の設置はできないか。
  • 公用車に設置されたドライブレコーダーの活用について、芦屋警察と協定を結ぶことはできないか。
  • 市民の防犯意識を高めるため、市内で発生した犯罪件数について、町別に公開することはできないか。
  • 全市的に警戒が必要な凶悪犯罪が発生した際、芦屋市として情報発信する体制を構築する必要はないか。

答弁

  • 防犯カメラについて
  • 警察からの情報や地域の要望を元に選定した有用性の高い場所への設置が進んでおり (450台)多くの団体とも連携の上で安全安心なまちづくりに取り組んでいる。
  • ドライブレコーダーについて
  • ドライブレコーダーに記録された映像データは不特定多数の個人情報を含む内容であるため 公用車ドライブレコーダーの設置及び管理運営に関する規則により、取り扱いを厳格に定めており 外部提供は刑事訴訟法に基づく照会など、必要最小限の範囲に限定されていることから 協定を締結する考えはない。
  • 地域別犯罪情報について
  • 緊急時の防犯情報は的確な発信が必要であることは言うまでもなく、 事象に応じて報道機関を始め、関係各所と緊密に連携し対応する。
  • 緊急時の情報発信について
  • 分かりやすい情報を公表するよう警察と連携し、広報やHPでの速やかな情報発信に努める。 小学校区より狭く、町別より広いぐらいの範囲で公開する予定。

↑このページのトップヘ