芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:その他議員活動 > 市内イベント

今日は市民センターで行われた「平成30年度市民文化賞贈呈式」に参加。

市民文化賞は昭和42年に制定された賞で、 以下の分野での功績が顕著な方々に対して感謝の意をこめて表彰するものです。

  • 学術・科学・教育などの研究実践
  • 芸術・芸能・体育などの向上発展
  • 地域社会の発展

芦屋市民文化賞・芦屋市善行賞など(芦屋市)

52回目となる今年は以下の方々が受賞されました。

  • 芦屋市青少年育成愛護協会
  • 特定非営利活動法人 芦屋ラグビーソサエティ
  • 藤川祐作氏

様々な分野でご活躍された方々の表彰となりました。 それぞれの方々の功績は以下のとおり(当日の次第からの転載) 長いので隠してます。クリックしてご覧ください。

  • 芦屋市青少年育成愛護協会
  • 特定非営利活動法人 芦屋ラグビーソサエティ
  • 藤川祐作氏

芦屋市は、高級住宅街のイメージがものすごく定着していますが、 文化を大事にする文化的な街でもあるんです。だからこそ、52年にも渡って 市民文化賞を続けてきています。歴代の受賞者の皆さんは菊寿会という会に参加されますが、 そうそうたるメンバーが並んでいます。

文化振興の部分の外部発信はなかなか難しい。 芦屋は住宅都市として特化していく道を選んでいる訳ですから、 文化財を見に来て下さい~とも言いづらい。

だからと言って、文化的な資産がたくさんあるということは居住先選定条件には直結しない現実があります。 なので、仮に外部発信したとしても効果に結びつきにくい。

じゃあ何のため?というと、やはり芦屋市民のための取り組みなんだと思います。 子ども達に対しても、公立学校園等で文化についての教育もやっており、 芦屋で生まれ育った人の記憶には刻み込まれていると思います。 暮らしてみて初めて分かる芦屋の良さだと思いますね。

これからも、更に文化振興を深めていくことで市民の財産をつくりあげていく必要があると思います。 その先頭に立って歩かれるのが、受賞された方々だと思っています。本日は誠におめでとうございました。

今日はルナホールで行われた第36回芦屋市立中学校総合文化祭に来賓出席。 市内3中学校の合同の文化祭という位置づけです。

DSC_0201 DSC_0203

総合文化祭では、以下の演奏が行われました。

  • 各中学校内の合唱コンクールで選ばれた代表クラスによる合唱
  • 精道中学校コーラス部による合唱
  • 各中学校の吹奏楽部による合奏

コーラス部と吹奏楽部の演奏レベルが高いのは当然だと思いますが、 クラス合唱もレベルが高くて驚きました。僕も合唱をやっていたので、 合唱については割と厳しい目で聴いてしまいますが、十分良かったと思います。

クラス合唱については専門にやってる子たちではありませんから、 当然、合唱連盟による合唱コンクールとかNHKコンクールとかの県大会や関西大会のレベルに比べたらまだまだです。 ですが、音楽の時間と自主練習のみでここまでに仕上げるのは素晴らしいと思います。 特に山手中学校は特筆すべき点があると感じました。

合唱部作れば良いのになぁと思います。特に、男声の方の声が良く出ていました。 せっかく校内で合唱コンクールやってるんだから、3中学校それぞれで合唱部つくれば良いのになぁ。 今は精道中学校だけなんですよ。女声合唱も良いですが、混声も良いですよ。 僕は男声合唱が他の追随を許さないレベルで好きですが。

そして、クラス合唱の方ではいずれの学校も合唱曲をセレクトしていました。 良いチョイスだなぁと思いました。先生の方々のこだわりがあるのかな。

  • 潮見中学校:Cantare~歌よ大地に響け~(作詞・作曲 高橋晴美)
  • 精道中学校:地球誕生(作詞 渡瀬昌治、作曲 太田桜子)
  • 山手中学校:ヒカリ(作詞 瀬戸沙織、作曲 松下耕)

地球誕生とヒカリは難しい曲だと思います。プログレになってましたし 歌詞も難しかった。学生が歌う曲は、ポップスのように解釈が簡単な曲では無くて 解釈が難しい曲を選ぶべきだと思います。それを考えるのも勉強だと思うからです。 歌詞を解釈した上で、それをどうやって感情表現するのか?と考えるのも勉強です。

テクニックの問題があり、全て表現できないこともあります。 ですが歌詞の意味を理解して、それを伝えようとする気持ちがあるだけで、聴く側には届きます。 学生合唱はそういうところを意識してほしいなぁというのが個人的な思いです。 ポップスのように聴いたことがある曲とか、分かりやすい曲に逃げないでほしいです。 歌詞を意識して、集中して歌うとたった5分でもへたり込むほど疲れます。 特にヒカリについては、そういう感覚に至る曲なんじゃないかなと。

合唱についての話が長くなってしまいました。 思い入れが強いので(笑)

この合同文化祭は、3年生のラストステージだと聞いています。 特に部活については引退ステージだから、涙ぐんでいる生徒もいました。 泣いたかどうかでは3年間の思いは図れません。 いずれにせよ、若い学生時代に真剣に打ち込めるものがあり、引退で感慨深くなることは良いことです。 高校に進学したあとも、泣けるほど真剣に打ち込めるものを探してもらいたいですね。

今日は川西運動場にて高齢者スポーツ大会がありました。 毎年行われている催しですが、昨年は雨で中止になったために2年ぶりの開催になります。 朝方は寒いぐらいかなと思う気候でしたが、昼頃からは暑くなりました。。。

DSC_0203 DSC_0202

市内各地の老人会からメンバーが参加し、総勢842人の参加だったようです。 芦屋市は他市に比べても高齢化率が高めの傾向があります。ですがその半面、 元気なお年寄りも非常に多いです。

このスポーツ大会は、紅白に分かれて対抗戦形式で行われます。 初めは何となくほのぼのとした感じですが、最後らへんは白熱してきます。 最終的には赤組が勝ちました。ですが最終種目の最後の最後までどちらが 勝つか分からないほど拮抗していました。

Point Blur_20181020_111248 Point Blur_20181021_000623

僕は競技には参加していませんが、昼休憩後に行われたフォークダンスと○×クイズに参加しました。 フォークダンスは初めはなんか気恥ずかしいですが、やっていくと楽しくなりますね。 ○×クイズは第1問で脱落…。というか、第1問から絹ごし豆腐に含まれるたんぱく質は8%以上か?(正解は5%) という設問はあまりに難しすぎませんか(笑)

全国どこの自治体もそうですが、少子高齢化が叫ばれています。 芦屋市でもやはり高齢化率が高く、後期高齢者医療費や介護保険費は年々増加している状況です。 この額を削減することはできません。重篤化しないように介護予防に取り組んで行くことは非常に重要です。

重篤化の抑制は社会福祉費の抑制という観点も非常に大きいですが、 ご本人にとっても、介護するご家族にとっても喜ばしいことだと思います。 また、高齢者の方々のノウハウや経験の伝承ができるという効果もあります。 介護予防施策は行政にとっても本人にとってもプラスが大きく、重要性の高い施策だと思っています。

ただ、介護予防施策は「これ」という特効薬はありません。 とにかく体を動かして、毎日充実した生活を送っていただくことで、重篤化を防止するしかないと思います。 芦屋市では、高齢者スポーツ大会のように高齢者の方々の楽しみになるようなイベントも行っています。 こういう取り組みは、応援していきたいと思います。

今日は芦屋市立幼稚園の運動会。 僕は自身の出身園でもある伊勢幼稚園に行きました。

43829038_1867148676739315_2830946350772781056_n 43878054_1867148640072652_3559531941302632448_n 44047542_1867148753405974_1786166513451925504_n 44023146_1867148720072644_5512726408591310848_n

ここんところ、週末は大体天気が悪かったですが今日は秋晴れ。 僕は最前列に座らせてもらっていましたが、直射日光がずっと当たる席だったため、 暑いぐらいでした。あまりに直射日光が暑いので、陽が当たらない後ろの席に避難したぐらい(笑)

今年は「あつまれ!いせよう魂!ネバーギブアップ!」を合言葉に、運動会が行われました。 なんと素晴らしいことに、1人の欠席者も出ずに全員で運動会に参加していたとのこと。 ご家庭での体調管理もバッチリ。最高の運動会でした。

年少さんの種目を見ると、半年前の入園式のときと見違えるように成長していると感じます。 やはり、この年頃の子供たちはあっという間に成長しますね。 卒園式のときに見ると、もっと成長しているんでしょうね。

年長さんの「レッツ チャレンジ!」という種目では、子供たちが「自分ができないことにチャレンジする」 ために様々な種目にチャレンジしました。当然、チャレンジなのでできないこともあります。 苦手だけど頑張っている子たちを別の子たちが応援している様が印象的でした。

年長さんのリレーでは、最下位に終わったグループは悔しそうでした。 幼稚園では、最下位のグループに対しても温かい拍手を送ります。 ですが子供たちは悔しい思いを自覚していました。悔しさは大事だと思います。 真剣に取り組んだからこそ、悔しい訳ですから、次は負けないように頑張ってもらいたいと思います。

幼稚園の運動会で子供たちの成長と頑張りを見せてもらうと力が出ますね。 僕も頑張って行きたいと思います。

今日は市民センターで行われている「芦屋市立学校園 自由研究・教育活動展」を見に行きました。 毎年この時期に行われる同展は、今年で39回目。

DnwsD1RVsAAFoXP.jpg large

家族の方以外の撮影はご遠慮くださいということなので、写真は撮っていません。 主に市内小中学校の夏休みの自由研究について展示されています。

日常生活で生じた疑問を調査する研究から、授業で習ったことに興味関心を抱いた末の研究まで 多種多様のものが展示されていました。個人的には、手っ取り早く済ますタイプの自由研究よりも 子供が感じた疑問について、自分なりに回答を出しているものが好きですね。

ただ、今年はプログラミングについての研究も見られました。 僕は元々プログラマもやっていましたから、頼もしい限りです。

プログラムは芸術品的なところもありますので、同じ挙動をするものだったとしても 「もっと少ないコードで実装できないかな?」「処理速度を上げるには?」 「拡張性を高くするにはどうしたら良いか?」など、色々と工夫することができます。 今後、授業でプログラミングに触れるようになると、もっと色々作品が出てくるのかなと 楽しみになりました。

小中学生の学力テストについて大阪市で話題になっていたのが記憶に新しいですが、 芦屋市では例年、平均点を上回る高水準で推移する傾向があります。

全国学力・学習状況調査結果(芦屋市)

塾に行っている子が多いからやでと言われてしまうと、それはそうなのかもしれません。 でも展示されている研究内容を見ると、塾の影響は大きいものの、それだけでは語れないんじゃないかなと思います。

勉強をする上で大事なのは「疑問に思うこと」と「調べてみよう」と実践することだと思います。 これは大人になって、強く思います。自発的にやる勉強じゃないと、身につきません。

展示されている研究内容を見ると、そういった基本的な勉強に対する姿勢が定着しているんだろうと感じます。 よく「芦屋市の教育は質が高い」と聞きます。いつも「質ってなんやねん」って懐疑的になってしまいますが、 こういう展示を見ると「なるほどな」と感じさせられます。

同展は明日まで。9時~17時まで間、市民センターの3階で行われています。 興味のある方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

↑このページのトップヘ