芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ:その他議員活動 > 市内イベント

今日は芦屋市学童保育保護者連絡会の平成30年度総会に来賓出席。 天気は大雨でしたが、大勢の会員の方が参加をされていました。 とても熱心に活動されていることが伺えます。

議会としても、請願等を通して同会と関わっています。 昨年度は、平成28年度に請願として出されていた以下の2項目について実現することとなりました。

  • 学校休業日の開級時間を8:30⇒8:00に変更
  • 3月31日の開級実施

ただ、12月定例会で出されたすぎのこ学級(岩園小学校)の2学級化という請願については 市内全体の学童保育にかかるコストを踏まえた判断につき、ご期待に添えることができませんでした。

会派として、そして個人の議員としては、少しでも良い形で…という思いは当然持っています。 全体コストとのバランスを見ながら、対応できるところについては対応に進むよう 動いていきたいと考えています。

保護者連絡会の平成30年度の活動方針は、以下の5点を重点的に取り組んでいくとのことでした。

  1. 待機児童をなくすよう、積極的な取り組みを求めます。
  2. 子どもの安全を守り、保護者のニーズに合った学童保育の開会・開級を求めます。
  3. 全児童対策事業(キッズスクエア)・コミュニティスクール(コミスク)との連携を要望します。
  4. 地域、学校、学童保育など子育てをめぐる場で、保護者としての連携を大切にしていきます。
  5. 全学年の受け入れに関して、積極的な取り組みを求めます。

恐らく、議会としても動かないといけない部分もあろうかと思います。 芦屋市議会の平成30年度の委員会構成がどういう構成になるかはまだ分かりません。 ですが、今年度は4月時点で8学級のうち、5学級で待機が発生している状況であり、 待機児童のうち7名が低学年児童という状況です。

場所の問題、そしてトータルとして使える費用に限度がある中で、 弾力的な対応をすることで待機を解消していく必要があると思います。

また、市は平成31年度には6年生を含む全ての希望者を受け入れるという目標を持っています。 これを達成していくためには、にじいろ学級のように学外での施設も視野に入れていく必要があります。 議会として判断が求められていく機会が増えてくると思いますが、少しでも良い形で進められるよう 工夫・検討を考えていきたいと思います。

今日は 特定非営利活動法人 あしやNPOセンター の通常総会にお邪魔しました。 同センターは平成30年度で12期目を迎えることとなり、総会に市議会議員が参加したのは今回が初めてだそうです。 確かに、4年目で初めて案内が来たような気がする…。

平成30年度は、以下の3つの基本方針に基づき、活動を行われるとのこと。

  • 「芦屋市立あしや市民活動センター」を拠点とした市民活動支援の充実
  • 他世代間をつなぐ市民活動の支援
  • 地域課題解決のための多様な支援

芦屋市の発展のため、仕事の創出のために行政が積極的に動くのは当然のことですが、市民活動も必要不可欠です。 市民活動の盛り上がりは、芦屋市の盛り上がりにも繋がってきます。 行政と市民のかけ橋の役割を担っている同NPO法人さんの活躍に期待したいところです。

総会が終了した後は、「災害支援の現場で私たちはどう働く?」というテーマでの特別講演会がありました。 普段の仕事はトップダウンで行われることが多いです。ですが、災害という想定外の事態が発生している状況においては 上司からの指示を仰ぐだけでなく、現場判断も必要となります。当然のことだと思います。

市民も同じ。行政の力に頼るだけでなく、自らの判断で動く必要性も出てきます。 よく言う「自助、共助、公助」のうちの自助と共助にあたる部分です。 阪神淡路大震災の際、自助・共助の力が如何無く発揮されました。 なので、芦屋市としては、自主防災会の設立を推奨しています。

災害の際には、色々な「想定外」が起こります。 BCP(事業継続計画)をしっかり立てていたとしても、想定外が起こります。 なので、マニュアル外の判断が迫られることも少なくありません。

今日の講演会では、それのリハーサル的なゲームである「クロスロードゲーム」が行われました。

災害対応カードゲーム教材「クロスロード」は、カードを用いたゲーム形式による防災教育教材である。

ゲームの参加者は、カードに書かれた事例を自らの問題として考え、YESかNOかで自分の考えを示すとともに、参加者同士が意見交換を行いながら、ゲームを進めていく。

参加者同士の意見交換が目的のゲームでしたが、 一つの質問でも、色々な考え方があるものだと参考になりました。 自主防災会の勉強会等で実施すると、良い取り組みになるのではないかと思います。 全市的に…という前に、とりあえず地元の呉川町の自主防災会において提案してみたいと思います。

今日からオープンガーデンの後半戦がスタートしました。 今日から13日までの期間、開催されます。

以前の記事において、今年は回ってみようかなーと言っておきながら 4月については回れませんでした。ただ、今日は少し時間がありましたので 市内を回るついでに10箇所ほど、オープンガーデンを回ってみました。

スタンプを探すのはフィールドワーク的なもので、なかなか楽しい。 なかにはすごくきれいなところもありました。 特に、前回のコミュニティ部門で市長賞を受賞された 「芦屋ハイタウン管理組合緑化委員会ガーランド(花冠)」さんのお庭はすごいクオリティでした。

32084213_1653399984780853_6229523683988209664_n

これだけのお庭をつくろうと思うと、かなりこまめな手入れが必要だと思います。 お花に対する愛情がないとできませんね。

ただ…スタンプラリーって言う割には、スタンプを押すシートがイマイチ。 スタンプラリーの醍醐味は「何個集めたかなー」っていうところにあると思います。 でも、以下の画像の通り、オープンガーデンのはそれぞれのページにスタンプを押します。

0001

なので集めた数がパッと見で分からなくてあまり楽しくない。 せっかく楽しいイベントですから、もっと楽しめるよう、提案しておきたいと思います。 こういうのは参加してみないと分からないことですね。

市長のように全箇所まわるかどうかは分かりませんが、 少なくとも粗品がもらえる20箇所は頑張りたいなぁと思うところです。

今日は打出集会所で行われた「市民と市長の集会所トーク」を傍聴。 4月14日から始まっていた同取り組みですが、本日で最終。 14箇所ありますから、1ヶ月で全ての集会所を回りきるのはすごいですね。

今日もたくさんの方がお越しになられていました。 議会報告会や市政報告会ではなかなかこれだけの人は来られません。 継続してきたことで、市民の間に定着しているんだろうと思います。 やはり、継続してやり続けることが大事です。頑張ります。

今日だけでなく、僕が傍聴した集会所トークにおいて様々なご意見がありました。 個別のご意見を取り上げることはしませんが「なるほど」というご意見もありました。 1人の方のご意見で以って、民意だからやらねばならぬということではないと思います。 が、個人的にも対応すべきだと感じた部分については、 適当なところで所管課に進捗状況を確認しておきたいと思います。 恐らく、議会で確認するのではなく、内々で確認すると思いますが…。

全ての集会所トークを傍聴した訳ではありませんが、地域が変わると問題視するところも変わると 改めて感じました。当たり前のことですが…。議員さんがいらっしゃる地域については 僕が敢えて出張って調査や対応をする必要もないような気がしますが、 ご意見をいただいたら、すぐに調査や対応ができるよう、アンテナを張っておきたいと思います。

今日は浜風集会所で行われた「市民と市長の集会所トーク」を傍聴。 集会所トークも26日の打出集会所で終了です。 市長就任以来、毎年欠かさず開催されている姿勢には頭が下がる思いです。

市民と市長の集会所トークの開催のお知らせ(芦屋市)

さて、今日の会ですが、外は大雨。 なので、来られる人は少ないかなと思っていましたが、少し甘く見ていました。 ほぼ満席。座る席が無いぐらいキチキチでした。地域の方々の意識の高さが伺い知れます。

なお、普段は自転車で行くところを雨だから歩いて行きました。 せっかくなので、行き帰りのルートは普段、夜に歩かないルートを選択してみました。 特に新たな気づき等はありませんでしたが、普段歩かないルートを歩くのも楽しいです。

今日はたくさんの方がご発言された活発な会だったように思います。 たくさんの方がご発言されたので、多岐に渡るご意見がありました。 中には初めて聴いたと言うか、思いもつかなかったご意見も。 こういうのがあるから、市民の方のお話をお伺いするのは面白いです。

自分自身(会派)の市政報告会も今年度中に何回か実施したいと考えています。 まだちょっと企画には至っていませんが、早急に企画して、実施したいと思います。 その際には、今日のように色々な方が発言できるような敷居の低い会にしたいと思います。

敷居を下げるという意味では、会議室での会ではなくて カフェとかで座談会みたいなものをやった方が良いのかもしれませんが…。 ちょっと検討したいと思います。

↑このページのトップヘ