芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ: その他議員活動

今日は芦屋市立幼稚園の運動会。 昨日は大雨だったので天気が心配されましたが、雨が降らなくて良かったです。 結果的には曇りだったので、暑すぎず寒すぎずでちょうど良い天候だったんではないでしょうか。 かんかん照りだと熱中症も心配ですしね。
22450155_1441618089292378_9177550207287367209_n 22490236_1441618112625709_4009134749241970236_n

僕は今日は伊勢幼稚園に。自身の出身園ですから、どうしてもここに来てしまいます。

伊勢幼稚園では「燃えろ!いせよう魂!団結パワーでエイエイオー!」というスローガンのもと、 元気に運動会に取り組んでいました。園長先生のお話では、欠席者はゼロだとか。 季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですが、ご家庭での健康管理もバッチリで最高の運動会になりました。

今日は残念ながら最後まで観ることができませんでした。 行事に勝手に来ておいて、途中で抜けるのは失礼だとは承知していますが、 止むを得ない事情だったので…。申し訳ありません。 楽しみだった帽子とりが観られなかったのは残念でした。

ただ、年長さんが取り組んだ「レッツ チャレンジ!」という種目は感動しました。 できないことにチャレンジしてみようというのが趣旨の種目なため、残念ながらうまくできない子もいました。 でも、そういう子も最後まで諦めずにチャレンジし続けました。 また、他の子たちはうまくできない仲間をしっかり応援していました。

個人的には、何度失敗しても諦めない姿勢が何よりも大事だと思います。 そして、仲間を応援する気持ちも大事。大人になると何故かこの辺がうまくできなくなってくるんだ…。 できない理由を探して諦めるし、打算で動いてしまうし…。 子ども達には今の純粋な気持ちを持ったまま、大きく育っていってもらいたいなぁと思います。

今日は芦屋市立美術博物館にて行われた『生誕220年 広重展-雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとく-』の開会セレモニーに出席。また、今日から展示が開始なのでセレモニー終了後に展示を見せていただきました。
22228390_1434914166629437_8518085051441129389_n

今回の展示は浮世絵。その中でも歌川広重にフィーチャーした展示です。 また歌川広重の作品の中でも、彼が得意な風景画の特集。個人的には好みのやつです。
22196338_1434914256629428_6392593717161054302_n 22279894_1434914216629432_4699648136826750670_n

開会セレモニーは朝だったため、天気は雨。普通であれば、初日から雨っていうのは嫌な感じがします。ですが、開会セレモニーでの副館長の挨拶の中で「広重の作品の中には雨を表現した名作も多数存在しているので、縁起の良い雨」というような話がありました。

物は言い様って気もしますが、確かに芸術の世界においては雨の日には雨の日の風情があると解釈されると思います。音楽でも雨をモチーフにした名曲がありますし、美術でも雨をモチーフにした名作があります。

芦屋市立美術博物館の展示には何度か足を運んでいますが、その時にいつも感じていたのは「物足りなさ」。僕は別に美術に詳しい人ではないので、作品数が少ないとすぐに見終わっちゃいます。いつもの展示だと、作品数があまり多くないので物足りない感が残りました。

ですが今回の展示は、なんと合計148点もの作品が展示されています。 これはかなり見応えがありました。美術博物館、こんな風に使えるんだ!とプチ感動。 作品集めが大変だと思いますが、いつもこれぐらいのボリュームでの展示を要望したいです。

展示されていた作品は、ほぼ東海道五拾三次の作品。 僕は保永堂版しか知らなかったんですが、行書版や有田版など色々なバージョンもあるらしく それらも展示されていました。初めて見る作品も多かったんですが どれも色使いがきれいで、とても楽しく鑑賞できました。

同展は10月7日~11月26日の間で開催されます。 芦屋市立美術博物館へのアクセスはあまり良くないので山手の方からお越しになるのは大変だと思います。ですが僕みたいに美術的な知識がなくても楽しく見られますから、足を運ぶ価値はあると思います。

ちなみに、10月22日は津軽三味線と民謡によるホールコンサートもあるようです。 入館者であればコンサートは無料で観られるようなので、お得です。 あ、22日は衆院選の投票日ですね。22日は投票に行くついでに芦屋市立美術博物館に行ってみてはいかがでしょうか。

今日は台北駐大阪経済文化弁事処主催の中華民國(台湾)建国106年国慶節祝賀レセプションに出席。 芦屋市議会の日台友好議員連盟に所属している関係で、ご招待いただきました。
22221670_1434170873370433_2351892825649800989_n 22195386_1434170766703777_3546277915207389761_n

国慶日とは、台湾における建国記念日のことです。1911年10月10日に中華民国が成立したため 毎年この時期に祝賀レセプションが行われます。昨日は東京でも行われていたみたいです。

雨がかなり降っていましたが、大勢の方がお越しになられていました。 ピーク時には知り合いを探すのが大変でした。それぐらいの多さ。 以前、参加させていただいたときにはたくさんの国会議員の方々が来られていたように記憶していますが、今回は少なめ。 まあ、選挙直前ですから仕方が無いと思います。それでもお越しになられている前衆議院議員の方もおられました。 あまり票には繋がらないでしょうに、わざわざお越しになるのは素晴らしいスタンスだと思いました。

芦屋市には友好議員連盟の他にも日台交流芦屋の会という市民による交流団体があります。 今日は日台交流芦屋の会の役員の皆様もお越しになられていました。 なので芦屋市は特に台湾との交流を深めようとしていると思います。国際文化住宅都市ですし。

何度も書いていますが、日本と台湾の友好関係はとても強いです。 国家としての交流を進めることが難しい状況にありますが、 芦屋市のように市民レベルで交流を結ぼうという動きもあります。

今はグローバル社会。国際交流はとても重要です。 しかし国際間の友好関係は一朝一夕で結べるものではありません。 台湾のように、今ある友好関係は大事にしていきながら、 色々な国の文化を認め、国際交流を深めていく必要があると思います。この辺は議員としてもできることがあるでしょうから、しっかりと取り組んでいきたいです。

昨日で決算審議は終了しましたが、以下のとおり、宿題が残っています。

  • 決算特別委員長報告掲載希望事項の提出
  • 市議会だより決算特集の[会派から一言]の原稿提出

どちらも近日中に提出する必要があるため、今日はそれを作成。

決算特別委員長報告とは、来週行われる本会議の冒頭で委員長から報告する内容に関するもの。通常の委員長報告の場合、委員会のやりとりからピックアップして事務局と委員長で作成します。しかし、決算審議は範囲も多く、会議時間も長く、濃いものになっています。なので委員側が「これを報告してほしい」という要点を提出するという方式を採っています。

市議会だよりの原稿については、9月定例会の特集号に掲載するものです。例年、9月定例会の報告事項については会派からの一言を掲載しています。紙面の配分的には小さいので、細かいことをつらつらと書き連ねることはできません。ですが会派としての立ち位置を明確にできるのでこちらとしても、市民としても有益な情報だと認識しています。

ところで、衆院選挙をめぐる政局が刻々と変化していますね。議会中、他の議員と選挙絡みの話をする機会も少なくありませんが、正直、今の政局の流れは誰にも読めてません。政治の最前線に身を置いている僕らも混乱してるのに、市民の方々が混乱しない訳がないですよね。

個人的には、今の流れは本当に国民にとってプラスになる流れなのかな?と疑問に思うところ。僕は国政政党の特別党員である以前に芦屋市の市議会議員なので、芦屋市のことを最優先にしたいところです。と言いながらもいざ選挙が始まってしまうと、そうも言ってられないのかもしれませんが…。

今日は議会の予定はありませんが、打合せのために登庁。市民の方々に市役所までお越しいただき、お話をお伺いしました。

込み入った話なので、この場ではオープンにはできません。ですが良いお話をお伺いすることができたとだけ書いておきたいと思います。

来週になると、市長提出議案の採決を行う本会議や決算特別委員会が行われます。本会議では討論をする必要がありますし、僕は決算特別委員会に所属することになりましたので、その重要性は言わずもがな。議会の予定はないものの、自ずと机に向かう時間が長くなります。

そういえば、決算特別委員会のメンバーについてお知らせしてませんでした。市議会のホームページ上にもアップされていますが、以下の顔ぶれで審査します。

委員長山田 みち子(真政会)
副委員長田原 俊彦(公明党)
委員福井 美奈子(真政会)
大原 裕貴(維新の会)
松木 義昭(真政会)
平野 貞雄(共産党)

計6人。少な!って感じですが、会派推薦で構成される委員会である以上、予想外に人数が少なくなる可能性がある訳です。極論を言うと、仮に真政会さんが解散したら委員は3人に…。

決算審議は最重要と言っても過言ではないですから、現行のように流動的な委員構成になる形じゃなく、全員参加の予算特別委員会と同じような位置づけにしたらええのになって思います。

決算特別委員会は、1年目のときに所属しました。ですが正直、よく分からんままで終わりました。なので今回はリベンジ!のつもりです。

ただ、決算の質疑の準備もしたいのに、選挙絡みで慌ただしい雰囲気が漂ってますね。困った。でも、忙しいなら睡眠時間を削れば良いじゃない。ってことなので、寝る間を惜しんで頑張ります。

↑このページのトップヘ