芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ: その他議員活動

今日は母校である関西学院大学において行われた関西学院公共政策研究会設立総会に参加しました。 アメフトの件で色々とニュースやワイドショーなどで名前を聞かない日はありませんが、今日は完全別件です。

32893500_1662113190576199_1870410428652191744_n

公共政策研究会とは、以下の目的で以って設立されました。

Mastery for Serviceの精神に基づき、公共政策分野において実務的立場又は教育・研究者的立場で関わり、 あるいは関わってきた者たちの相互の意見交換・親睦・研鑽を通じて、関西学院(在校生含む)及び社会に貢献すること。

関西学院出身者でかつ、公務員や議員、公共政策に関する教育者・研究者等が参加できる会とのこと。 今日は議員さんのみならず、大学の教授先生方もお越しでした。

同校の卒業生は主に経済界への進出が多く、政治や行政の方にはあまり積極的でない…という状況があったようです。 でも、最近は関学出身の議員さんも増えてきているとのこと。芦屋市議会でも、僕含めて3人いますね。 あんまり関学カラーはないですけど。

しかし、公共政策の授業があったり、学生さんの中でもそっちに進みたい人もいる…という状況もあり、 いっそ、そういう研究会をつくろう!という動きがあったようです。

個人的には10年間お世話になった学校です。 何らかの形で還元したいという思いもあったので、参加しました。 議員さんは主に神戸市会の先生方が多く、自分の課題、自治体の課題にストレートに反映するのが難しそうでした。 ただ、参加されている教授先生の専門性の高いお話も伺えそうで、意義ある会になりそうな気がしました。

今年中に、何らかの動きをしましょう!ということで今日はお開き。 上述のとおり、大学教授の先生方の専門性の高いお話は、何らかの形でプラスになるので、今から楽しみです。

どうでも良いことですが、久々に母校にやってきました。 卒業して以降、ここには極たまに来るだけなので、来るたびに景色が変わっているように思います。 こんなところに校舎ができている!?というのもあるんですけど、周りのお店も様変わりしています。 僕のときは、捌くのが物凄く早い店員さん達が働いていた某コンビニチェーン店は未だ健在でした(笑) 今でも鬼のような数のお客さん(ほぼ学生)相手に、鬼のような早さで接客されているのでしょうか。

今日は関西学院大学大阪梅田キャンパスにて行われた経営戦略講座「自治体監査のための監査論入門」に参加。 母校です。母校ですが梅田キャンパスは初めてです。 これから毎週火曜日の夜に研修があり、計10時間、みっちり勉強します。

自治体監査について、従来は議会からも1名選出するという法律でしたが 平成29年の改正において、そのルールがなくなりました。

第百九十六条 監査委員は、普通地方公共団体の長が、議会の同意を得て、人格が高潔で、 普通地方公共団体の財務管理、事業の経営管理その他行政運営に関し優れた識見を有する者 (議員である者を除く。以下この款において「識見を有する者」という。) 及び議員のうちから、これを選任する。 ただし、条例で議員のうちから監査委員を選任しないことができる。

これを受けて、大阪府などでは議選監査委員を条例で廃止することに。
大阪府監査委員、議員枠を廃止へ 条例改正案(産経WEST)

名誉職的な位置づけになっているというのが理由だそうですが、 全国的な流れとして議選監査委員の是非が問われている状況があると言えます。

一方で、僕が所属する芦屋市議会では、議選監査委員の枠をまだ設けています。 僕自身、監査委員に興味があり、やってみたいとは思っているものの、未経験。 是非と言われても、未経験だしよく分からんわっていうのが本音です。

なので、自治体監査とは何ぞや??というのを学ぼうと言うのが目的です。

アメリカ会計学会によると、監査の定義とは以下のように定義されているとのこと。

監査とは、経済活動と経済事象についての主張と確立された基準との合致の程度を確かめるために、 これらの主張に関する証拠を客観的に収集・評価するとともに、その結果を利害関係をもつ利用者に伝達する体系的な過程である。

貸借対照表に借入金:10億円と記載されている場合、経営者の主張としては以下のものがあります。

  • 借金は10億円(発生性)
  • 10億円以上の借金は存在しない(網羅性)

監査では、この両者を立証するための証拠を集める必要があります。 源泉が同じ証拠だと証拠としての価値が低いため、なるべく異なる源泉から証拠を集める必要があります。 借入金だけを見ても粉飾には気づきません。支払い利息と合わせて見ることで嘘に気付くことができます。

どれだけ源泉が異なる証拠を集めることができるか?が監査の鍵だそうです。

石原先生の授業は初めて受けましたが、かなりスピーディに進んでいくため ついていくのが大変。4回の講義でしっかりと勉強し、少しでも物にしたいと思います。

今日は芦屋市学童保育保護者連絡会の平成30年度総会に来賓出席。 天気は大雨でしたが、大勢の会員の方が参加をされていました。 とても熱心に活動されていることが伺えます。

議会としても、請願等を通して同会と関わっています。 昨年度は、平成28年度に請願として出されていた以下の2項目について実現することとなりました。

  • 学校休業日の開級時間を8:30⇒8:00に変更
  • 3月31日の開級実施

ただ、12月定例会で出されたすぎのこ学級(岩園小学校)の2学級化という請願については 市内全体の学童保育にかかるコストを踏まえた判断につき、ご期待に添えることができませんでした。

会派として、そして個人の議員としては、少しでも良い形で…という思いは当然持っています。 全体コストとのバランスを見ながら、対応できるところについては対応に進むよう 動いていきたいと考えています。

保護者連絡会の平成30年度の活動方針は、以下の5点を重点的に取り組んでいくとのことでした。

  1. 待機児童をなくすよう、積極的な取り組みを求めます。
  2. 子どもの安全を守り、保護者のニーズに合った学童保育の開会・開級を求めます。
  3. 全児童対策事業(キッズスクエア)・コミュニティスクール(コミスク)との連携を要望します。
  4. 地域、学校、学童保育など子育てをめぐる場で、保護者としての連携を大切にしていきます。
  5. 全学年の受け入れに関して、積極的な取り組みを求めます。

恐らく、議会としても動かないといけない部分もあろうかと思います。 芦屋市議会の平成30年度の委員会構成がどういう構成になるかはまだ分かりません。 ですが、今年度は4月時点で8学級のうち、5学級で待機が発生している状況であり、 待機児童のうち7名が低学年児童という状況です。

場所の問題、そしてトータルとして使える費用に限度がある中で、 弾力的な対応をすることで待機を解消していく必要があると思います。

また、市は平成31年度には6年生を含む全ての希望者を受け入れるという目標を持っています。 これを達成していくためには、にじいろ学級のように学外での施設も視野に入れていく必要があります。 議会として判断が求められていく機会が増えてくると思いますが、少しでも良い形で進められるよう 工夫・検討を考えていきたいと思います。

今日は 特定非営利活動法人 あしやNPOセンター の通常総会にお邪魔しました。 同センターは平成30年度で12期目を迎えることとなり、総会に市議会議員が参加したのは今回が初めてだそうです。 確かに、4年目で初めて案内が来たような気がする…。

平成30年度は、以下の3つの基本方針に基づき、活動を行われるとのこと。

  • 「芦屋市立あしや市民活動センター」を拠点とした市民活動支援の充実
  • 他世代間をつなぐ市民活動の支援
  • 地域課題解決のための多様な支援

芦屋市の発展のため、仕事の創出のために行政が積極的に動くのは当然のことですが、市民活動も必要不可欠です。 市民活動の盛り上がりは、芦屋市の盛り上がりにも繋がってきます。 行政と市民のかけ橋の役割を担っている同NPO法人さんの活躍に期待したいところです。

総会が終了した後は、「災害支援の現場で私たちはどう働く?」というテーマでの特別講演会がありました。 普段の仕事はトップダウンで行われることが多いです。ですが、災害という想定外の事態が発生している状況においては 上司からの指示を仰ぐだけでなく、現場判断も必要となります。当然のことだと思います。

市民も同じ。行政の力に頼るだけでなく、自らの判断で動く必要性も出てきます。 よく言う「自助、共助、公助」のうちの自助と共助にあたる部分です。 阪神淡路大震災の際、自助・共助の力が如何無く発揮されました。 なので、芦屋市としては、自主防災会の設立を推奨しています。

災害の際には、色々な「想定外」が起こります。 BCP(事業継続計画)をしっかり立てていたとしても、想定外が起こります。 なので、マニュアル外の判断が迫られることも少なくありません。

今日の講演会では、それのリハーサル的なゲームである「クロスロードゲーム」が行われました。

災害対応カードゲーム教材「クロスロード」は、カードを用いたゲーム形式による防災教育教材である。

ゲームの参加者は、カードに書かれた事例を自らの問題として考え、YESかNOかで自分の考えを示すとともに、参加者同士が意見交換を行いながら、ゲームを進めていく。

参加者同士の意見交換が目的のゲームでしたが、 一つの質問でも、色々な考え方があるものだと参考になりました。 自主防災会の勉強会等で実施すると、良い取り組みになるのではないかと思います。 全市的に…という前に、とりあえず地元の呉川町の自主防災会において提案してみたいと思います。

今日からオープンガーデンの後半戦がスタートしました。 今日から13日までの期間、開催されます。

以前の記事において、今年は回ってみようかなーと言っておきながら 4月については回れませんでした。ただ、今日は少し時間がありましたので 市内を回るついでに10箇所ほど、オープンガーデンを回ってみました。

スタンプを探すのはフィールドワーク的なもので、なかなか楽しい。 なかにはすごくきれいなところもありました。 特に、前回のコミュニティ部門で市長賞を受賞された 「芦屋ハイタウン管理組合緑化委員会ガーランド(花冠)」さんのお庭はすごいクオリティでした。

32084213_1653399984780853_6229523683988209664_n

これだけのお庭をつくろうと思うと、かなりこまめな手入れが必要だと思います。 お花に対する愛情がないとできませんね。

ただ…スタンプラリーって言う割には、スタンプを押すシートがイマイチ。 スタンプラリーの醍醐味は「何個集めたかなー」っていうところにあると思います。 でも、以下の画像の通り、オープンガーデンのはそれぞれのページにスタンプを押します。

0001

なので集めた数がパッと見で分からなくてあまり楽しくない。 せっかく楽しいイベントですから、もっと楽しめるよう、提案しておきたいと思います。 こういうのは参加してみないと分からないことですね。

市長のように全箇所まわるかどうかは分かりませんが、 少なくとも粗品がもらえる20箇所は頑張りたいなぁと思うところです。

↑このページのトップヘ