芦屋市議会議員 大原ゆうき活動報告

芦屋市議会議員、大原ゆうきの活動内容などを記したブログです。 日本維新の会、兵庫維新の会所属です。

カテゴリ: その他議員活動

昨日、いきなりLINEで厚労省からのアンケートが通知されました。 一瞬、詐欺かな?と思ったものの、とりあえずどんなんか見てみようと思って 見てみたら、個人を特定する内容を聞いてこなかったので問題ないと思いました。

Screenshot_20200401-235411

LINE 国内8300万人の利用者に健康状態調査 厚労省と協定(NHKニュース)

厚労省がLINEとタッグを組んで健康状態の調査を行ったとのこと。 上述のとおり、国内のLINEユーザーはかなりの数になっていますから 手っ取り早くデータ取りができるやり方で、珍しく合理的なやり方をやってるな!と 感心した次第です。

同時に特殊詐欺も…

特殊詐欺が普段から横行しているのは周知の事実ですが、 新型コロナウイルスにもばっちりアジャストしています。 ホント、人の不安に付け込むところについては抜け目ないですね。

手口としては、厚労省を騙ってクレジットカード番号を聞き出そうとする案件が 生じているようです。

感染拡大防止のLINE調査 偽メッセージに注意を 厚労省(NHKニュース)

症状の把握において、クレジットカードは関係ないです。 もっと言うと、個人を特定するような個人情報も関係ないです。 いらない情報なので、求める必要がありません。なので書く必要がありません。

怪しいリンクは触らない方が良い

ショートメッセージ(SMS)だとかで来るようなやつは大体フィッシングサイトです。 メールに添付されているものと違って、サイトにアクセスするだけでは害はないんですが フィッシングサイトに個人情報(クレジットカード番号など)を入力したらアウトです。 彼らはそうした情報を集めようとしています。

とにかく、不安な場合はクリックしない。 そしてクリックしてもすぐ閉じる。がよろしいかと。

セキュリティアプリをインストールすると尚良い

スマホにもセキュリティソフト(アプリ)があるので、 それをインストールしてやるとより安心だと思いますが、結構重たいアプリなので 自己判断にお任せします。ですが、スマホはOSも入っています。 セキュリティソフトでガードした方が良いとは思います。

僕は無料のですが、入れています。 常駐型なので重たいです(笑)

昨日今日と地方自治法第179条に基づく専決処分を行いましたという報告がありました。 3月26日に行われた本会議での結果ともリンクするところなので、事実ベースで紹介しておきます。

なお、専決処分とは以下のとおりです。

議会が議決すべき事項を、時間的に議会の招集を待てない緊急な場合などに、市長が代わって意思決定することをいいます。 専決処分の後には、議会に報告し承認を求める議案の提出が必要です。 このほか、あらかじめ議決によって特に指定したものは専決処分(議会の委任による専決処分)ができますが、その後議会への報告が必要です。

一連の流れでは、以下の2つの予算についての専決処分が行われました。

  • 令和元年度一般会計補正予算
  • 令和2年度都市再開発事業特別会計暫定予算

一般会計について

基本的には新型コロナ関係。 民生費と衛生費と教育費について、新型コロナ感染症対策の国庫補助が降りてきたので それに伴う対策を行いましたというものです。

バクっというと、以下の予算をプラスするとのこと。

  • 児童福祉施設等への備品配布
  • 放課後等デイサービスの体制強化
  • 放課後児童クラブの体制強化
  • ファミサポ事業の利用助成

詳しい内容については、6月定例会の委員会で報告を受けることになると思いますのでそのときに。

特別会計について

前提として、3月26日の本会議において原案が否決されたということがあります。 特別会計予算の中には人件費など、4月1日からの通常業務にかかる予算も含まれています。 これらもまるっと否決となると、4月1日からの業務ができなくなります。

当然、職員の給与も支払わないといけませんからそれは困ります。 なので最低限必要な部分だけを暫定的に予算組みした上で、最低限の部分の業務を行います。

僕も初めての経験なんですが「暫定予算を組んで対応する」というのはそういうことだそうです。

暫定予算での対応については、やむを得ない部分があると思います。 再議を経て、原案が否決されていますから、議会の認可を得るためには何らかの修正は必要だと思います。 議会では過半数を超えないとどうやっても可決にはならないので、仕方ない。

今後の動き。これは予想の範囲ですが、 暫定予算を組む一方で、再開発事業を進めるための予算を含む補正予算の検討に入っているはず。 再編成された予算は恐らく6月の定例会で示されることになるのでしょう。

ただ6月に出すのもギリギリなのかな。というのも予算編成にはそれ相応の時間がかかります。 そもそも論として3月26日~年度末までのわずかな時間で修正するのは無理な話。 6月に間に合わせるよう、今、急ピッチでやってくれているのだろうと予想します。

旧芦屋市営宮塚町住宅の国登録有形文化財の登録が決定したそうです。 内々で、登録されそうだという話は聞いていましたが、この度、正式に決定したという記事が出ていました。

国登録有形文化財に阪神間の2施設 関係者ら喜びの声(神戸新聞NEXT)

芦屋市のHPにも、掲載されていました。

旧芦屋市営宮塚町住宅の国登録有形文化財の登録が決定しました!(芦屋市)

市内の国登録有形文化財としては7件目

市内の国登録有形文化財は7件目になるそうです。 ちなみに、その他の登録済の文化財は以下のとおり。

  1. 芦屋仏教会館
  2. 旧芦屋郵便局電話事務室(芦屋モノリス)
  3. 旧松山家住宅松濤館(芦屋市立図書館打出分室)
  4. 旧松山家住宅塀
  5. 中山家住宅主屋
  6. 中山家住宅表門及び塀

国登録有形文化財に登録されました!という話をちょいちょい聞くけど、 どこが登録されたんだっけ?よく分からんなぁと思っていましたが、 文化庁の方で提供されている『国指定文化財等データベース』を 活用することでばっちり分かりました。

それぞれの文化財についての詳細も記載されているので、 結構面白いデータベースです。興味があれば、見てみてください。

国登録有形文化財とは?

ちなみに、登録有形文化財とは何か?というと、 文化庁のパンフレットに以下のような記載があります。

私たちの周りには, 残していきたい風景がたくさんあります。 身近な建造物であっても,地域に親しまれている建物や,時代の特色をよく表わしたもの, 再び造ることができないものは, 貴重な文化財です。この文化財建造物を守り, 地域の資産として活いかすための制度<文化財登録制度>が平成8年に誕生しました。 登録有形文化財建造物は, 50年を経過した歴史的建造物のうち,一定の評価を得たものを文化財として登録し, 届出制という緩やかな規制を通じて保存が図られ,活用が促されています。 既に10,000件を超える建造物が登録されています。

国内には歴史的、文化的に価値がある建物等はとてもたくさんあり、 国指定重要文化財として国が指定する形だけでは守りきれないという背景があったため、 指定重要文化財を補填する形で設立された制度であるということだと思います。

文化財は活用が求められる

関係する法律である文化財保護法の第一条には、法の目的として 以下の文言が記されています。

(この法律の目的)
第一条 この法律は、文化財を保存し、且つ、その活用を図り、もつて国民の文化的向上に資するとともに、世界文化の進歩に貢献することを目的とする。

ということなので、登録有形文化財についても大事にする一方で積極的に活用していかないと!ということです。 旧宮塚町住宅については、昨年6月以降、紅茶専門店の老舗や革製品、革靴、ガラス工房等の創作活動をする職人に各部屋を賃貸し、 順次営業を開始しています。特に紅茶専門店は結構人気みたいですよ。

旧宮塚町住宅については、当初から「どうやら貴重らしいので壊さずに残しときます」 ということが言われていました。だから、テナント貸しをして活用していたんですね。 ただ市としても「貴重らしい」ベースでの動きだったので、さほど活発な動きということではなかったように思います。

今回、歴史的、文化的に価値あるものであると文化庁からお墨付きをもらったことで 「貴重らしい」から「貴重である」にステータスが変わりました。 今後は、そういう方向性でもPRをしてもらい、文化財としての目的も十分に果たしてもらいたいと思います。

昨日の夜に新聞報道が出ていたので多くの方はご存じかと思いますが、 芦屋市内で新型コロナウイルスの感染者が出ました。

新型コロナウイルスについては、保健所が所管です。 芦屋市として保健所を所持していないので、県が所管となります。 だから基本的には、県からの連絡を受けた後、市が発表という流れになっています。

芦屋市からの公式発表

市からの公式発表については、下記ページに全ての情報が網羅される形になっています。 適宜、必要な情報を見るようにお願いします。

新型コロナウイルス感染症に関する情報(芦屋市)

議会での対応

議会では議会での対応について、協議しました。 が、特に何か決めごとをした訳ではないと思っています。 基本に立ち返って、感染予防のためのマスク着用、アルコール消毒、換気をしっかりやりましょうと。

予算が決まらないと色々な福祉施策などがストップしてしまうことになりますから 地方自治体にとって、新年度の予算を議決するのは何よりも重要。 議会に求められる仕事をしっかりやりましょうということになったと思っています。

個人的なスタンス

個人的には非常時にはある種の情報統制をすべきだと思ってるので、 市の公式発表以上の情報を僕から発信することはありません。 個別で…ということであれば、ある程度は受け付けますが。

ウイルスについて、個人的に思うところはありますが 僕は別に医療の専門家じゃないので詳しい話は書きません。 ただ、ウイルスの致死率等を見る限り、芦屋市内で感染者が出たからといって 過度に不安になる必要はないのかなと思っています。

人々の不安に付け込んだ新型コロナウイルスがらみの詐欺もめちゃくちゃ増えています。 正しい情報に耳を傾けて、冷静に生活してほしいと思います。

今日は朝から総括質問のヒアリングでした。 総括質問は、施政方針全般に対して広く質問するものなので 所管部署の数もえらい多くなります。

通告期限が21日までで、ヒアリングが25日までというスケジュールの中、 21日に通告してしまった関係で、今日はヒアリング三昧です。 人がどんどん入れ替わるので売れっ子気分でした。 今日1日でえらい疲れたので、実際に売れっ子の人は大変ですね。

いや、通告を早くしなさいよっていう話もあるんでしょうが、 自分一人で完結する一般質問と違い、総括質問は会派を代表しての質問になるので 会派内調整も必要だったんですよと言い訳。

ヒアリングは質問を円滑に進めるために必要な工程

ちなみに、ヒアリングは事前にゴニョゴニョするための機会ではなくて 質問の意図を間違いなく伝えるということを目的とした機会です。 時間制限もありますから、質問が噛み合わないということがないように という趣旨でやっているものです。

決して、台本づくりのための事前打ち合わせではありません。 僕は、壇上に上がって行う一度目の質問以外についてはアドリブでやっています。 原稿がないから、スラスラ言えなかったりしますが原稿を読むだけの会議はつまらないし 議場でやる意味がないと思うのでアドリブで頑張っています。

原稿作成で夜も眠れず

ヒアリングのあとは、恒例の原稿作成です。 これも別にお遊戯会にするためのものではなくて質問の意図を 文章に起こしたものを渡すことで、質問趣旨の齟齬が生じないようにするためのものです。

原稿の提出は今日中ということになりました。 なので、今日は多分寝れません。前職の関係で徹夜は慣れっこですが 若くないので無理しないようにしたいと思います(笑)

↑このページのトップヘ